ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは程々にとらえてお読みください。

ニュージーランド

ベルヒル ピノノワール 2014をテイスティング

タカムラワインハウスさんの実店舗で有料試飲です。
ニュージーランドのワインです。
ベルヒル・ピノノワール 2014をティスティングしました。





ニュージーランドの南島、カンタベリーに位置するブティックワイナリー。
マルセル ギーセン氏とシャーウィン・ヴェルドゥイツェン氏の夫婦により1997年に設立。

土壌はチョークが取れると言う石灰質。生産量がごくごく少量であり、シャルドネは1樽、ピノノワールは5樽というレアワインの一つ。

14年のベルヒル ピノノワールの生産本数は2,881本です。



この記事では、タカムラワイン&コーヒーさんでのワインの試飲の機械「エノマティック」にて試飲をしています。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入し、金額をチャージするスタイルです。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所と、現状の試飲リスト・金額は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※掲載されている試飲可能な銘柄は、更新されていたりされていなかったりします。
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います





IMG_1029


香りからは、湿った木の葉のような香りがあり、雨上がり、もしくは朝の森のような印象を持たせます。

果実はラズベリーやストロベリーなどの赤系の果実。
わずかにバニラのような甘い香りがあります。

また、土や藁を思わせるアーシーな印象があります。毛皮のような動物的なニュアンスも感じられ、主となる露に濡れた葉のような香りの他に複雑な要素が感じられます。


口に含むと、味わいはいちごやラズベリーなどの赤系の果実。
いちごのヘタの部分のような青さを感じます。

わずかに生クリームのようなバニラ香があり、いちごのパフェのような上品なかわいらしい酸を感じます。
味わいの後半には温かみのあるポンカンのようなオレンジ系の酸や果実みもあるように思います。


余韻はスパイシーでいちごやオレンジのような果実みや酸が残ります。
しっとりとした落ち着き、瑞々しさ、流れるようなイメージの湧くワインです。



おいしい!



さて、レアワイン、もしくはカルトワインたる風格があります。
ニュージーランドワインらしいみずみずしさ、はもちろんですが、シャンボールミュジニー的な森のような要素を強く感じました。多分ブラインドだとシャンボールミュジニーと答えます。
加えて、どこか赤系果実、バニラ香のキュートな感じ、またオレンジのようなあたたかい感じがあります。石灰質、とはありますがあまり石のようなミネラリティは(私は)感じませんでした。


割と、レビューを追うとしっかりした・パワフルな、という文言を(Vinicaとかでも)見るのですが、私は飲むタイミングが良かったんですかね。非常にエレガントで表情豊かなワインだと思います。

これは二万円でも非常に納得感でありました。
入手難、ではありますが、気合いで手に入れるべきワインの一つだと感じました。



試飲したタカムラさんの実店舗はこちら
image



〒550-0002 大阪府大阪市 西区江戸堀2丁目2−18
http://takamuranet.com/



オススメ記事一覧


image
⇒「南アフリカのワイン」がすごい!おすすめの南アフリカワインと定番銘柄



8386299d-s
⇒【ワイン初心者も選べる!】父の日のプレゼント向けワイン銘柄



極上の味わい!甘口ワインの代表「デザートワイン」のおすすめ銘柄
[PR] 極上の味わい!甘口ワインの代表「デザートワイン」のおすすめ銘柄



ワインのおすすめはこれだ!一度は飲みたい2,000円台のワイン
⇒ワインのおすすめはこれだ!一度は飲みたい2,000円台のワイン銘柄とは





Twitter




タン イン グルーヴ ピノノワール 2014をテイスティング

タカムラワインハウスさんの実店舗で有料試飲です。
ニュージーランドのワインです。
タン イン グルーヴ ピノノワール 2014をティスティングしました。





タン・イン・グルーヴはニュージーランドのワイパラヴァレーのワイナリー。アンジェラ クリフォード氏という女性リーダーが先導するチーム。農業と醸造学、またソムリエの知識を持ち合わせており、ここにもとペガサス・ベイのワインメーカーを20年務めたリネット ハドソン氏が加わっています。

タン・イン・グルーヴ ピノノワールは全房発酵40%、天然発酵で、新樽比率は25%。
全房の比率は上げているようで、12年は25%だったようですが、ワイナリー公式では14年は(グーグル翻訳で読むと)40%でした。フローラルな香りを意識的に出す目的のようです。



この記事では、タカムラワイン&コーヒーさんでのワインの試飲の機械「エノマティック」にて試飲をしています。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入し、金額をチャージするスタイルです。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所と、現状の試飲リスト・金額は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※掲載されている試飲可能な銘柄は、更新されていたりされていなかったりします。
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います




■タン イン グルーヴ ピノノワール 2014
IMG_9074


タカムラさんの価格は6,000円。

香りは埃や土を思わせるアーシーな印象、毛皮のような動物的な香り立ち。
同時にラベンダーのような紫系の花のような香りが感じられます。洗剤のような、もしくはポプリのようなドライフラワー的なフローラルな香りです。
また、埃のイメージとリンクするような石のようなキャラクターを香りに感じます。
あまり赤系の果実み、というよりは紫っぽい系統の香りがします。


味わいはチェリーやラズベリーのような果皮を帯びた果実みが感じられます。
革製品のような苦みがあり、渋みもしっかりとしていてボディ感があります。
どこか鉄のような硬質的なイメージです。

また、スミレやシャボンのような、ともするとシラーのような紫系の華やかな香りが口中に広がります。
後味にかけて、かなりタンニンは分厚くしっかりとベタッと口に残る印象があります。

アフターにも鉄のような硬質感、革製品のようなイメージが残ります。


さて、あんまりピノノワールっぽくないです。
香りや味わいにある紫系の花や果実のような要素が印象的。シラーと言われて信じてしまいそうかも。
抽出はしっかりと出ていて、華やかです。

基本的に、試飲の時は前情報まったくなしで味わいだけメモして、あとでテクニカルを見直すというやり方をしていますが、いまとなると全房比率が高いからなのかなぁ、と。

ラベンダーみたいな、洗剤みたいな要素が強く、味わいもややドライ。
舌の上でキュキュッと残る乾いたタンニンなどがあります。

ニュージーランドというと短角的に透明感のあるピノノワールかなぁという印象を勝手に持っていましたが、こちらのワインはかなりパワフルな1本でした。
経年による変化が気になる所です。参考になった試飲でした。



試飲したタカムラさんの実店舗はこちら
image



〒550-0002 大阪府大阪市 西区江戸堀2丁目2−18
http://takamuranet.com/




オススメ記事一覧


image
⇒「南アフリカのワイン」がすごい!おすすめの南アフリカワインと定番銘柄



5千円未満の南アフリカワイン
⇒【コスパ重視】今飲むべき5千円未満の南アフリカワイン10選



ワイン初心者にもおすすめの一万円ワイン
⇒ワイン初心者でもわかる!「1万円で買えるプレゼント向けワイン」おすすめ銘柄



[PR] 一度は口にしたいおすすめの「メルロー」の赤ワイン


[PR] ワイン好きなら絶対飲みたい「魅惑のピノノワール」おすすめ5本

キムラ・セラーズ マールボロ・ソーヴィニヨン・ブラン 2017をテイスティング

タカムラワインハウスさんの実店舗で有料試飲です。
ニュージーランドのワインです。
キムラ・セラーズ マールボロ・ソーヴィニヨン・ブラン 2017をテイスティングしました。




キムラセラーズは日本人の木村滋久氏により2009年に設立されたワイナリー。
もとキャピトル東急ホテルに勤務していたホテルマンであり、習い事で始めたワインスクールからワインの世界に魅せられ、2004年にニュージーランドに渡りワイン醸造・栽培学を学びます。

ナタラワワインズとクロアンリ、ヴィラマリアエステート、そしてアメリカのオレゴンでの修業をつんだのちに2009年にワイナリーを設立しています。
奥さまも木村美恵子氏も、同様にヴィラマリアエステートで醸造スタッフで働いていたという経歴を持ちます。

おもにはソーヴィニヨンブランを軸としたラインナップ。
ラベルはサクラをモチーフにしており、サクラが渦巻く姿はニュージーランド原産のシダの新芽の「コル」という植物の渦を巻く姿から配置をしています。コルは「新しい始まり」「成長」「調和」などの意味を持つとのこと。


本日はマールボロ・ソーヴィニヨンブラン2017です。



この記事では、タカムラワイン&コーヒーさんでのワインの試飲の機械「エノマティック」にて試飲をしています。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入し、金額をチャージするスタイルです。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所と、現状の試飲リスト・金額は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※掲載されている試飲可能な銘柄は、更新されていたりされていなかったりします。
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います



■キムラ・セラーズ マールボロ・ソーヴィニヨン・ブラン 2017
IMG_7421


香り立ちは白ネギを思わせる青さを感じるスパイシーな香り立ち。
レモンやシトラスの清涼な香りなど。

白ネギやシトラスのような爽やかな香り立ちが主体で、非常にフレッシュです。
少しレモンキャンディを思わせる印象もあり、親しみやすく、またスマートな印象を受けます。


味わいはシトラスのような柑橘を思わせる酸、グレープフルーツのような果実み。
柑橘や果実の皮のようなワクシーなイメージがありますが、あまり苦味は主張的ではなありません。
マスカットのようなわずかな甘みを感じます。とてもフレッシュでイキイキとしています。

酸は豊かでボディに軸がある印象です。


余韻にはグレープフルーツを思わせる苦味や白ネギのようなスパイシーさが残ります。


さて、ミルキーな感じもなく、それでいて苦味もほぼありません。
果実のフレッシュさ、瑞々しさ、豊かな酸、ほんのわずかな甘みなどがあります。

さわやか、柑橘系の酸、ほんのり甘い。
各要素に嫌味がなく、バランスが取れており、非常に近寄りやすく飲みやすいイメージがあります。

ヴィンテージは2017年ということで、リリースホヤホヤな状態ですので、当然待った方がいいのでしょう。
それでも現時点でボディ感を持ちつつもキャッチーな、飲みやすいソーヴィニヨンブランとしてまとまっています。


値段とのバランスは良いと思います。飲みやすさがありますのでワイン初心者でも抵抗なく入れるソーヴィニョンブランかと思います。



マールボロ・ソーヴィニヨン・ブラン[2017]キムラ・セラーズ(白ワイン)[Y]




試飲したタカムラさんの実店舗はこちら
image



〒550-0002 大阪府大阪市 西区江戸堀2丁目2−18
http://takamuranet.com/




Twitter




サーヴェイヤー・トムソン ピノノワール 2012をテイスティング

タカムラワインハウスさんの実店舗で有料試飲です。
ニュージーランドのワインです。
サーヴェイヤー・トムソン ピノノワール 2012をティスティングしました。






サーヴェイヤー・トムソンはニュージランドのセントラル・オタゴに位置するワイナリー。
香港に住むデイヴィット・ホール・ジョーンズとPMチャン夫妻が所有しています。

ドメーヌ・トムソンというジュヴレ・シャンベルタンを拠点とするワイナリーが
NZで手掛ける別プロジェクトがサーヴェイヤー・トムソンという位置づけのようです。
公式サイトにも双方のサイトが並列で掲載されています

公式サイトのドメーヌのロゴにもブルゴーニュのドメーヌトムソンを北半球の北緯47度(47N°)と数字で表現し、また、NZのサーヴェイヤー・トムソンを南緯45度(45S°)が表記されています。
ブルゴーニュのドメーヌ・トムソンはともかくとして、NZのサーヴェイヤートムソンもピノノワール専科という位置づけであり、北半球、南半球、それぞれのテロワールを表現するというテーマのようです。

サーヴェイヤートムソンは14ヘクタールの畑を有し、2000年の植樹、2003年のリリース。
ワインメーカーはディーン・ショウ氏とのこと。
輸入元はBB&Rさんです。詳細もBB&Rさんのページをご覧ください。
参考:2012 ピノ・ノワール、サーヴェイヤー・トムソン Medium Bodied ベリー・ブラザーズ&ラッド


この記事では、タカムラワイン&コーヒーさんでのワインの試飲の機械「エノマティック」にて試飲をしています。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入し、金額をチャージするスタイルです。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所と、現状の試飲リスト・金額は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※掲載されている試飲可能な銘柄は、更新されていたりされていなかったりします。
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います



■サーヴェイヤー・トムソン ピノノワール 2012
IMG_3925


輸入元価格は5,400円。

香りは極めてみずみずしい香りが主体です。
茎のような青さ、チェリーやラズベリーを思わせる香り立ち。

特に赤いベリーの水を含んだようなフレッシュな香り立ちが強く、
ピュアで、チャーミングなイメージが先行します。

いくぶんのナッツのような香ばしさがあり、
また時間の経過で血液や鉄のようなニュアンスがあり、
いわゆる甘ったるい印象などは無く、凛とした印象があります。


味わいは幾分の塩気と、イチゴやラズベリーのイメージ。
赤い果実の明るさが前に出ていて、
ピュアなイメージとみずみずしい印象を強く感じます。

一定の酸を感じますが、タニックさはあまり感じません。
苦さは一定に感じるので、香り立ち同様、決して甘いイメージはありません。
苺の白い部分のような果実の青々しさからくる苦味が近いように思います。


余韻にかけても依然としていちご・ラズベリーのような赤い果実
茎のイメージ、塩気などを感じ、味わいの印象を引っ張っています。


複雑みや、たとえば動物香、キノコのような印象などはありません。
そうすると、ニュージーランドのピノノワールという印象にはよくあっていて
良くできた1本だと思います。


実売が5千円前後であることを考えると、
特に「ピュアさ」「透明感」という路線のピノノワールを求めている方には
ブルゴーニュの村名よりも良い選択肢になるように感じます。


現時点でも楽しめると思います。良い印象を持った1本です。



サーヴェイヤー・トムソン・ピノ・ノワール[2012]サーヴェイヤー・トムソン(赤ワイン)[Y][P]



試飲したタカムラさんの実店舗はこちら
image



〒550-0002 大阪府大阪市 西区江戸堀2丁目2−18
http://takamuranet.com/



Twitter




サトウワインズピノノワール キュヴェ・バルティキュリエール 2013をテイスティング

タカムラワインハウスさんの実店舗で有料試飲です。
ニュージーランド・セントラルオタゴのワインです。
サトウワインズ ピノノワール キュヴェ・バルティキュリエール 2013をテイスティングしました。





サトウ・ワインズはニュージーランド・セントラルオタゴの2009年設立のワイナリー。
佐藤嘉晃氏、恭子夫妻によるワイナリーで共に元は銀行にお勤めという夫妻。
2006年にニュージーランドに渡り醸造学を学ぶ、という脱サラ系の経歴を持ちます。
ドイツのベルンハルト・フーバー、フランスのドメーヌ・マタサ、同ジャン・イヴ・ビゾー、ジャン・ピエール・フリックなどでワインを学んだ経歴なども持っているとのことです。

オーガニック、もしくはビオディナミで栽培された葡萄を使用し、生産はピノノワール、シャルドネ、リースリング、ピノグリなど。

ワイナリーの詳細はヴィレッジセラーズさんの資料を参考にさせていただきました。合わせてご覧ください。
参考:【ヴィレッジ・セラーズ】ワイン サトウ・ワインズ

こちらのキュヴェ・バルティキュリエール 2013は2013年が非常に暑い年の上、霜の影響で収量が落ち、そのためリリースされた特別リリースのキュヴェとのこと。
通常の、ピサ・テラス・ヴィンヤードとは別に、TOSQヴィンヤードと言う所の葡萄を使用しているとのことです。




この記事では、タカムラワイン&コーヒーさんでのワインの試飲の機械「エノマティック」にて試飲をしています。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入し、金額をチャージするスタイルです。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所と、現状の試飲リスト・金額は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※掲載されている試飲可能な銘柄は、更新されていたりされていなかったりします。
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います




■サトウ・ワインズ ピノノワール キュヴェ・バルティキュリエール 2013
image


香りは青い茎や、アメリカンチェリー、イチゴのヘタなど。
赤いベリーの要素や茎のイメージがハッキリとしています。
時間の経過であんこっぽい小豆のような風合いが出てきました。
全体的に、明るく、生き生きとした、爽やかなイメージが湧きます。

味わいは抽出は濃く、いちご、ラズベリーなどの果実。
青い茎のニュアンス、そしてバニラのようなほのかな甘みを感じます。
塩っぽい要素などは感じませんね。アフターにかけて苦味が強く引き締まりがあります。

余韻も味わいをひっぱり、赤いベリーやバニラの風合いが残ります。


生産本数がわずか1,300本台の限定キュヴェと言うこともあり、価格も7千円台と高額ですが、
価格を無視すれば青さがありながらも明瞭さがある、新世界的な分かりやすいピノノワールだと思います。
なんとなくあんこっぽいイメージもあり、熟成させるとよくなりそうな印象です。
好印象なワインでした。



[2013] サトウ・ワインズ ピノノワールキュベ・パルティキュリエール 750ML



試飲したタカムラさんの実店舗はこちら
image



〒550-0002 大阪府大阪市 西区江戸堀2丁目2−18
http://takamuranet.com/




Twitter




おすすめ記事一覧
  • 「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
  • ワインのおすすめはこれだ!一度は飲みたい2,000円台のワインまとめ
  • 「ワイン一年生」という本が面白い!ワイン初心者はこれを読め!!
  • 女子会に使える!甘くて飲みやすい白ワイン&スパークリングワイン
  • ボジョレーヌーボーよりこれを買え!2千円で世界感が変わるおすすめワイン
  • ティムアトキンMWの南アフリカワイン格付け2016が発表。15ワイナリーが「第1級」の評価。
  • ワインのおすすめは「南アフリカ」にあり!いますぐ飲むべきおすすめワイン5選
  • 南アフリカワイン 2016年下期版 マスダの業者向け試飲会に行ってきました
  • 夏だから飲みたい!3千円台で飲める週末おすすめの白ワイン決定版
  • サントリー「日本ワイン×日本料理」ブロガーイベントに参加しました
  • 【大阪】ワインを大阪一安く飲む方法を伝授する【試飲】
  • 稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
  • ビジネスマンが選ぶべき、接待・贈答用におすすめのワイン銘柄とは
  • クリスマスに飲むべき!1万円未満の本気で美味い赤ワイン
  • 南アフリカのワイン会に参加して感銘を受けた話
  • 極上の味わい!甘口ワインの代表「デザートワイン」のおすすめ銘柄
  • 甘いものが苦手な彼に!バレンタインのプレゼント向けワインまとめ
  • amazonが高級ワインの品揃えを強化
  • カルディの甘口ワインは【これ1本】できまり!女子におすすめのワイン銘柄とは
  • 雑感:日本酒飲み比べ居酒屋から見る「ワイン」の見せ方とは
  • 【5分で選べる】母の日のプレゼントに使える!おすすめのワイン
  • 送別会・退職祝いのプレゼントに使えるワイン5選
  • まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
  • マツコがディズニーシーで飲んだ「バラのスパークリングワイン」とは
  • 甘口ワインのおすすめはこれだ!ワインビギナーのための2千円以下の甘口ワイン3本
  • 南アフリカトップワイナリー ブーケンハーツクルーフ マークケント氏来日セミナーに行ってきた
  • 【東京】南アフリカワインの凄い店「アフリカー」実店舗に行ってきた
  • 大阪梅田「コウハク」でフレンチおでんとワインが美味い!絶対に試すべき料理とワインのすすめ
  • 女子必見!男性へのプレゼントにおすすめしたいワイン銘柄とは
  • 【超おすすめ】ワイングラスに「ダイソーの『うすぐらす』」をおすすめしたいその理由
  • 【ワイン】プロフェッショナル仕事の流儀に登場 日本人ブルゴーニュ醸造家 仲田晃司氏が手がける 「ルー・デュモン」とは
  • Twitter プロフィール
    KOZEのワインブログ管理人 / 読みは「こぜ」/ フォロバはしません / 南アフリカワイン / ギリシャワイン / スペインワイン / ブログ運営
    何か掲載内容に問題あればメールでも承ります。

    kozewine@gmail.com

    @は小文字に変換ください
    個人的なワインに関する質問、ご相談などはお受けいたしかねます。また、メールの確認頻度はTwitterなどに比べ落としていますので、レスポンスにお時間かかることがございます。ご了承くださいませ。


    ギャラリー
    • 南アフリカ キアモント・エステートリザーヴ 2012を飲む
    • 南アフリカ ブーケンハーツクルーフ ジャーニーマン 2015をテイスティング
    • 【悲報】KOZEうっかり会社の送別会の持ち込みで3万円のワインを取り違え、開ける
    • 古葡萄でパラシオス・レモンドプロピエダッド 2012が再入荷
    • 古葡萄でパラシオス・レモンドプロピエダッド 2012が再入荷
    • 古葡萄でパラシオス・レモンドプロピエダッド 2012が再入荷
    • 古葡萄でパラシオス・レモンドプロピエダッド 2012が再入荷
    • 古葡萄でパラシオス・レモンドプロピエダッド 2012が再入荷
    • 南アフリカ デ・ウェホフ ボンヴァロンシャルドネ 2017をテイスティング
    • ライブドアブログ