2007年04月29日

「神曲奏界ポリフォニカ(PS2版)」感想

神曲奏界ポリフォニカ

実は最初のプレイで終わってしまったという事実。やり過ぎですかね。

PS2版ポリフォニカ公式サイト

物語に関しては、ちょっとネタバレにならないように書くのであんまり深くは触れませんです。

PS2版はPC版で言う「1話&2話BOX」にあたるので、残念ながら2話までしか収録されていません。
ちなみにプロローグ、1話、2話の総プレイ時間は6、7時間前後ですかね。あくまでギャルゲーではなくノベルゲーなので選択肢はないです。つまり一通りプレイするとやる事ありません。
これで2940円(実売はもっと安いかと)なので、コストパフォーマンスは・・・中身次第という事ですね。


まず「キネマティックノベル」というのがPC版での謳い文句で(PS2版ではデジタルノベル)、これは「小説」と「映画」の高度な融合、というものです。まぁつまる所画像とか音楽とか小説をどれも高レベルで提供してくれる、という事ですかね。



この手のゲームで大事な要素の内、2つは「グラフィック」と「テキスト」です。

グラフィックに関しては、見ての通りです。好きな人はまぁ好きなんじゃないでしょうか。ちなみにイラストの担当は神無月昇氏は、このポリフォニカで現在ヒット中。それまでの経歴は各自ぐぐるように(ぉ
個人的には、結構レベルは高いかと。皆同じ人に見えるギャルゲー絵師と違って見分けつく(ry

(ちなみにプログレ出力とアンチフリッカー機能まで搭載。画像に関しては非常にこだわってるみたいですね 笑)


そしてシナリオは「スクラップド・プリンセス」「まじしゃんず・あかでみぃ」等の人気ライトノベルシリーズの著者である榊一郎氏、それとMF文庫の「ナースウィッチ小麦ちゃんまじかるて」で榊氏と共著である武乃忍氏です。
文体としてはクセが無く、比較的読みやすいです。話も起伏が上手くつけられていて、更に世界観もよく練りこまれている為(これはマルチメディア展開による他シリーズとの調和を取る為と思われるが)、読み物としても申し分ないですね。

(まじしゃんず・あかでみぃは今年PS2でS・RPGで出ますね。大人気です)


物語は「精霊」と呼ばれる不思議な種族と、精霊との積極的交歓を持てる「神曲楽士」である人々との関わりを中心に描かれます。


幼い頃から要領が悪く、何かと他人に疎まれ続けてきたフォロン。自分に自身の持てないフォロンは、その人の心情を強く反映する神曲も上手く演奏できず、神曲楽士を養成する学院でも落ちこぼれだった。
しかしある時、ふとした出来事がキッカケで、フォロンは上位精霊であるコーティカルテと契約を結ぶ事となる。

その事がキッカケとなり、フォロンは神曲楽士になろうとした理由を見出す事なる。性格上、他人より多く苦悩し、挫折を経験するフォロンは、しかし確実に前に進み始める。
それと同時にフォロンとその周りの人々は、動き始めた大きな陰謀に巻き込まれる事になる・・・



「神曲」と言うだけあって、その為の手段として音楽がよく用いられるのですが、言うだけあって結構音楽は良いかと。これは小説では堪能出来ない、デジタルノベル特有の楽しみです。
美麗CGのみならず、エフェクトも多くフルボイス、そしてサウンドも高品質という事でデジタルノベルとしてはかなり高レベルかと。



ただ。
悪い所が無い訳ではないです。まずは2話で終わってる事(笑
PC版の1&2話がPS2に移植されるまでに1年程かかりました。そして3&4話は来月発売です。・・・て事はPS2版の3&4話は来年?ってそりゃ無いか。しかし消化不良は否めません。

そしてボイスの音量が非常に幅があります。小さい時はよく聞こえないんですが、大きい時は結構デカいです。夜やってるとビビります。俺だけか?
それと一部キャストが変更されているようです。サブキャラは知りませんが、主要キャラは1人・・・まぁこれは悪い部分って程でもありませんが(笑

後は追加CGがあるのはいいんですが、ペルセの下着姿CGが一部しか見え(ry

・・・


そして俺が気に食わないのが、先述の通りマルチメディア展開である事。
まず、ポリフォニカの世界の中で同じ時間軸の別の場所、または同じ場所でもすれ違い続ける、更にはまったく別の時代まで存在します。


<クリムゾン・シリーズ>
・PC、PS2版の「学生時代編」
・GA文庫のライトノベルで展開される「社会人編」

<ブラック・シリーズ>
・同じくGA文庫のライトノベルにてシリーズ展開
・2007年、PC版発売予定

<ホワイト・シリーズ>
・同じくGA文庫のライトノベルにてシリーズ展開
・同じく2007年、PC版が2本発売予定

<ぶるう・シリーズ>
・同じくGA文庫のライトノベルにてシリーズ展開


というのが現状です(ちなみにクリムゾン・シリーズ以外はそれぞれの著者と絵師が居ます)。

これは悪い点だけではないのですが、これだけ手広く展開していると手を出し辛い人も居ると思います。ただ、基本的には密接に関わりを持つ事はないようなので(そもそも「ぶるう」に関しては時代が違う)、PS2版をプレイして興味を持ったのならクリムゾン・シリーズのライトノベルを購入するだけで良いと思われます。

ま、だから俺も買ったんですがね、PS2版(笑



総評すると、やはりADV好きなら購入するべきじゃないかと思います。3&4話がいつ発売されるのか気になりますが、まぁ1年は待たないでしょう。早ければ半年ぐらいでしょうか。
ボイスの音量差等、物凄い小さい部分は気になりますが、ライトノベルのシリーズも少し読んで見ようと考えさせられました。
榊一郎、恐るべし(笑

質の良いノベルゲームをプレイしたい人は、是非。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
古雑(こぞう)

漫画とゲームに金が飛ぶ人。
どっちかって言うとネガティブ論者。

Recent Comments
今後の注目作
テイルズ オブ バーサス(初回生産限定:「無料プロダクトコード」同梱)
テイルズ オブ バーサス
初回生産限定:「無料プロダクトコード」同梱
2009/8/6発売

ラブプラス
ラブプラス
2009/9/3発売

イース 7(通常版) 特典 イース・ミュージックヒストリー & 英雄伝説 7 極秘設定画集付き
イース 7(通常版)
特典:イース・ミュージックヒストリー&英雄伝説 7 極秘設定画集付き
2009/9/17発売

Halo 3(ヘイロー3): ODST(通常版)
Halo 3(ヘイロー3): ODST(通常版)
2009/9/24発売
Archives
古雑の最近読んだ本
  • ライブドアブログ