2008年06月17日

嫌な気持ち

連続幼女誘拐殺人事件、宮崎勤死刑囚に死刑執行 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 法務省は17日、1988〜89年に幼女4人が殺害された連続幼女誘拐殺人事件で誘拐、殺人などの罪に問われ、死刑が確定した宮崎勤死刑囚(45)ら3人の刑を、東京、大阪両拘置所で執行したと発表した。

 死刑執行は、今年4月10日に4人に執行されて以来で、鳩山法相が就任してからの執行は13人となった。後藤田正晴法相が1993年3月に一時中断していた死刑執行を3年4か月ぶりに再開して以降、執行数は前任の長勢甚遠法相の10人を抜き最多となった。
 宮崎勤について、報道されている以上の事は知らない。
 それで、気味の悪い犯人だと感じていたが、かなり前に忘れてしまっていた。
 宮崎が異常者だというのは、誰もが感じていると思う。法律が厳密に適用されるなら、宮崎は、刑務所ではなく、病院に入れられただろう。
 そして、あのような病理を研究する学者たちが、研究しただろう。
 だが、日本では、法律は厳密には執行されなかった。
 宮崎とは別の異常さを感じさせる法務大臣が、おそらく、使命感に燃えて、死刑執行を認める書類に署名し、突然、法律は厳密に機能しはじめ、刑は執行された。

 気味の悪い事件は、後味も悪く終わった。


kozymemory at 23:54│Comments(0)TrackBack(0)Memorix 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔