2018年04月21日

よろずスタジオ「巻貝の中はらせん階段?」実施報告

実施日:2018年4月15日(日)
場所:博物館1階 東側講義室
参加者:164名(大人91名、子ども73名)
担当:スタッフ6人
協力:佐藤学芸員

 毎回スタッフ集めに苦労しつつ、どうにか切り抜けて実施してきた爐茲蹐坤好織献″、この4月から8年目に入った。
 7年前「博物館に来ると週末は何かワークショップやってるよ」という状態にして、博物館を好きになるきっかけにしたいと、相棒と相談し、「初めの一歩」と始めた企画であった。
 続けて来られたのは、学芸員の皆さんや友の会スタッフの熱い協力のお陰である。
 今では、展示物を見るだけではない参加型の催しが、博物館主催で毎週末開催されるようになって、嬉しい限りである。 
 さて、今回の貝類の企画は「巻き貝のらせん階段構造を知ってもらう」ことを願ったもので、実施三回目になり、事前準備もほとんど不要な完成したプログラムである。来館者は貝の断面で内部構造を実感し、その断面をクレヨンで磨り出して、造形の妙も味わうようになっている。
 子供も大人も貝の断面を始めてみて感心してくれ、紙に映し出された七色の断面構造も楽しんでくれたので、このプログラムは大成功と思う。
 何組もの来館者に、穏やかな口調で貝の構造の話をしてくれた佐藤学芸員にお礼申し上げる。(友の会:赤堀千里)

 <参加者感想>
・面白かった、楽しかった(小4男、小3女、年長男)
・巻貝の事が分かって楽しかった(小2)
・貝は食べるばかりで、真剣に考えたことがなかったが、意外な面を知って有意義だった。(大人男女)

看板
看板

(よすた貝類)こんなにきれいになるの?
こんなにきれいになるの?

お母さんも奮闘中(よすた貝類)
お母さんも奮闘中

(よすた貝類)僕たちの作品」見てください
僕たちの作品を見てください

こんなの如何?
こんなの如何?


1805030002_ギンタカハマ
ギンタカハマ

1805030003_ギンタカハマ磨き
ギンタカハマ磨き

1805030004_ギンタカハマ削り
ギンタカハマ削り

1805030005_ギンタカハマ断面
ギンタカハマ断面

1805030006_センニンガイ
センニンガイ

1805030007_キングチサザエ
キングチサザエ

1805030008_イトマキボラ
イトマキボラ

1805030009_クモガイ
クモガイ

1805030010_キリガイダマシ
キリガイダマシ

1805030011_オニノツノガイ
オニノツノガイ