2018年11月18日

生物間共生講演会NO6「私たちと共に生きるウイルス」実施報告

実施日:11月10日(土)10:30〜14:30
場 所:博物館東講義室
参加者:17名
担 当:生田和史氏(東北医科薬科大学、准教授)

ウイルスは怖い、小さくてよくわからない形。そんなものだと思っていたので今回の講座はびっくりでした。
まずどこにでもいること。私たちの体の中にも普通にいて悪さしない。菌類と同じ!と思いました。
形が美しいこと。ガラスで作った作品を見て感動でした。カビも美しいけれどウイルスも!細菌も美しかったので、今まで細菌やウイルスはつまらない形と思い込んでいた誤解が消えました。生物は全て美しいということがわかった日でした。・・ウイルスを生物とした場合。
進化の歴史の中でウイルスは(私の中では)別の位置に追いやられてしまっていましたが、遺伝子に入り込むが如く進化の歴史の中に入ってきました。
ウイルスの構造とどうして薬が効くかを知ることができました。
ヒトゲノムの2%だけが遺伝子であることもびっくりでした。色々なものを取り込んでいるから、ここまで来られたのだと思いました。
全部わかりやすく話してくださったので本当に楽しい講義でした。
生田先生、ありがとうございました。(友の会 杉本泉)

「熱意ある生田先生」ウイルス講演会
熱意ある生田先生

「いろんなウイルス」  ウイルス講演会20181110 (10)
いろんなウイルス

ウイルスのガラス模型20181110 (8)
ウイルスのガラス模型

「板書に魅せられて」ウイルス講演会20181110 (2)
板書に魅せられて