2019年06月23日

よろずスタジオ「葉脈標本をつくろう」実施報告

日 時:2019年6月16日(日)13:00〜15:00
場 所:3階実習実験室
担 当:友の会スタッフ 9名
参加人数:102名(大人52名、 子ども50名)

 今回の葉脈標本はひと手間加えて栞に仕上げました。
 ヒイラギ、ツバキは葉肉がはがれやすい葉、ブナとキンモクセイは少し時間がかかる葉です。参加者は頑張って作り上げた自分の作品を見て誇らしげな笑顔を見せていました。2,3人の方が、下処理の仕方や使った薬品について詳しく尋ねられとても興味を持っていただいた様子でした。
 標本になると葉脈の細かいところまでよく見え、違いがよく分かりまたその美しさに見とれてしまいます。出来た標本を栞として利用したりへやに飾ったりして植物と友達になってほしいと思いました。         

作り方手順
1.葉肉がはがれやすいように下処理した5種類の葉(ブナ、ヒイラギ、ヒイラギモクセイ、ツバキ、キンモクセイ)から2枚の葉を選ぶ
2.水を入れた容器の中で歯ブラシで叩いて葉肉をはがしていく
3.ほぼ葉脈だけが残ったらアイロンで乾かす
4.ラミネートフィルムにできた葉を挟みラミネートする
5.パンチで穴をあけ、リボンを通してしおりにする
(友の会 浜岡史子)


201906161材料となった葉っぱ
材料となった葉っぱ

201906162家族でトントン
家族でトントン

201906163上手にできたね
上手にできたね

201906164リボンをつけて、しおり完成
リボンをつけて、しおり完成

201906165親子で参加
親子で参加