こんにちは
支援屋の高橋です
情報処理技術で横浜の地域企業を全力支援新する横浜の技術者ネットワーク 支援屋 ver2


今日の記事は、これから導入して評価しようとするソフトウェア製品を探すところを書いていきます。数あるソフトウェアをやみくもに探しても時間ばかり浪費してしまうのでここはインターネッツの力を借りて
Google検索 「オープンソース ERP 評価」で似たような記事を探します。
出ました。日経BP様の記事
記者の目 ついに実稼働が始まったオープンソースERP

この記事で紹介されている製品から以下の条件に合致するものから対象としていきたいと思います。
< 選定条件 >
1.中小企業の全体最適化に寄与できるだけの機能が備わっていること。
2.動作環境を完全無料で構築できること。製品はもとより使用するOS、ミドルウェア、開発環境にいたるまですべて無料で使えるオープンソースシフトウェアであること。ただしOSはWindows XPとVistaは既に所有しているので可です。
3.日本語対応していること。
4.利用条件、権利関係がシンプルであること。
この条件に合致するかどうかの観点で調査してみます。

この記事本文で紹介されているのは
 オープンソースERP&CRMのCompiere-Japan
コンピエールと発音するようです。で、↑の要件をHPから探します。
1.機能
_顧客管理、販売管理、仕入購買管理、在庫管理、財務会計
2.動作環境 
_WindowsXP以上、Linux
_JDK 5.0 Update12 以上
_Oracle XE(Oracle Database 10g Express Edition) 無料
_ディスク容量5GB以上(データベースを含む)
_メモリ容量512MB以上(1GB以上推奨)
_日本語対応 日本での導入実績もあり
_利用条件など よくわからない 今後の課題として残す
生産管理がないので製造業にはつらそうですが、生産管理は固有なニーズが多いので、MRP機能を別のところから拾ってきてカスタマイズしてくっつけちゃえばいけるかもしれなおので問題ないかもしれません。いけそうです。

次に
HOOP KN情報システムのERP

が紹介されていました。
1.機能
_財務管理,給与管理,勤怠管理,固定資産管理,業績管理 
うーん...少し我々と方向性が異なるような気がします。後回しにしましょう。

これ以外に以下のHPだけが紹介されていました。
ERP5
フランスのERPです。フランス製は機能が高いはずなので期待なのですが日本語対応が十分なのか不明なので やはり後回しにしましょう。

これ以外にもいくつか紹介されているのですが長くなりそうですのでまとめて後回しにしましょう。

結局 コンピエールか コンピエールから派生した
Adempiere
からインストール着手することになりそうです。

次回からテクニカルインストレーションに入る予定です。

それではまた