こんにちは
支援屋@高橋です

今回も前回から引き続き「オープンソースERPを...」テクニカルインストレーション編の7回目 今回は

6.ERPの動作確認

です。一応、テクニカルインストレーション編の最終回となるでしょう。この作業はERP?用語1? ?用語2? ?用語3?の節目となる作業となり次のERP導入プロセス(用語リンク探したけど適切なのがないなー。そのうち自分で書くか)タスクに移り変わるための引き継ぎの意味合いももちます。次のタスクチームに迷惑をかけないよう、しっかりとERPが動くことを確認し、文書化するべきものはしっかり文書化しておきましょう。(ちゃんと地球の言葉でね!)。

前提
今回のテクニカルインストール編では1階層構造までです。サーバとクライアントが一つの環境に同居してる構造です。ネットワーク越しのクライアント接続は支援屋@高橋が最新ネットワーク技術を理解した時点または支援屋@003が暇になったらトライすることにします。

では作業開始。インストールマニュアルを確認
以下 Adempiere install nanualから引用
1.インストール
1-1 動作環境
1-2 オラクルXEのインストール
1-3 Java JDKのダウンロード
1-4 Java JDKのインストール
1-5 Adempiereのダウンロード
1-6 Adempiereのインストール
1-7 データのインポート
1-8 Adempiere サーバーの起動
1-9 Adempiere クライアントのインストール

ブログ記事の都合で例によって少し改変します。
    Adempiere 動作確認 作業手順
  • 7-1.Adempiereサーバを起動
  • 7-2.Adempiere クライアント操作(Web)
  • 7-3.Adempiere クライアント操作(sun java6 console)
  • 7-4.Adempiereサーバの停止


  • 7-1.Adempiereサーバを起動

    神の端末でコマンドを実行しましょう。サーバ起動端末は他には何も使えなくなりますので思い切って完全に神にしておきます。

    # su
    パスワード:??????

    サーバ起動コマンドを実行

    # ./<アデンピエーレのホーム>/utils/RUN_Server2.sh

    Setting myEnvironment ....
    =========================================================================

    JBoss Bootstrap Environment

    JBOSS_HOME: /home/kpuichi/Adempiere/jboss

    JAVA: /usr/lib/jvm/java-6-sun-1.6.0.15/bin/java

    JAVA_OPTS: -server -Xms64M -Xmx512M -DADEMPIERE_HOME=/home/kpuichi/Adempiere -Djava.awt.headless=true -Dprogram.name=run.sh

    CLASSPATH: /home/kpuichi/Adempiere/jboss/bin/run.jar:/usr/lib/jvm/java-6-sun-1.6.0.15/lib/tools.jar

    =========================================================================

    :
    省略
    :

    20:34:58,254 INFO [JkMain] Jk running ID=0 time=0/119 config=null
    20:34:58,304 INFO [Http11Protocol] Starting Coyote HTTP/1.1 on http-ubuntu%2F127.0.1.1-443
    20:34:58,339 INFO [Server] JBoss (MX MicroKernel) [4.0.2 (build: CVSTag=JBoss_4_0_2 date=200505022023)] Started in 1m:42s:181ms
    21:12:59,265 INFO [[/admin]] Request: /admin/adempiere.jnlp
    21:12:59,279 INFO [[/admin]] User-Agent: Mozilla/5.0 (X11; U; Linux i686; ja; rv:1.9.1.6) Gecko/20091215 Ubuntu/9.10 (karmic) Firefox/3.5.6
    21:12:59,299 INFO [[/admin]] Resource returned: /adempiere.jnlp
    21:13:24,721 INFO [[/admin]] Request: /admin/adempiere.jnlp
    21:13:24,783 INFO [[/admin]] User-Agent: JNLP/6.0 javaws/1.6.0_15 (b03) Java/1.6.0_15
    21:13:24,783 INFO [[/admin]] Resource returned: /adempiere.jnlp

    ↑のログを端末に吐き出して停止(イベント待ち状態なのか?)します。この状態になればサーバは起動されているはずですので次のステップに進みましょう。

  • 7-2.Adempiere クライアント操作(Web)

    GNOMEからブラウザを立ち上げましょう。
    うっ!ブラウザ操作は文章での説明が難しいな...
    firefox使ってる人はここ
    IEを使っている人はここ
    でブラウザ操作の基本を見てから(見るまでもないか...)

    ↓のURLをロケーションバーに入れてEnter
    http://ubuntu/admin/
    Adempiereサーバが正常に動作していれば↓のページが表示されます。
    Adempiere342homepage_clientクリックで拡大
    赤いラインで示したリンクがAdempiereのクライアントですので迷わずに踏んでください。ログインします。
    以下画面遷移です。
    login_初期画面

    user ID SuperUser
    Password System
    language お好みの言語

    login_SuperUser

    login_2
    ↑これはデフォルトのままでいいでしょう。どういう意味なのかは別の導入タスクで解説してくれるでしょう。
    webUI初期画面クリックで拡大
    か かっこいい!!
    どっかの1ユーザーライセンスんんじゅうまんえんするベンダーのよか数倍かっこいい!
    がしかし 肝心なのはアプリケーションの中身。ちょいとつまみ食いしてみましょう。
    webUI取引先初期画面クリックで拡大
    webUI取引先リスト画面クリックで拡大
    すげぇ!
    つい無言になっちまう。がしかしこの手のやつはデータが登録できなかったり日本語が化けたりするんだよな。ちょいといじめてやれ
    webUIユーザー登録クリックで拡大
    webUIユーザーリスト画面クリックで拡大
    できるじゃん!
    なーんにも問題なさそうだね。こっからさきは次の人の仕事だな。
    おわたー!

  • 7-3.Adempiere クライアント操作(sun java6 console)

    これはもう蛇足ですね。一応ちょっとだけスクリーンショットだけでも
    アデンピエーレログイン

    アデンピエーレログイン2

    アデンピエーレ最初の画面クリックで拡大

    アデンピエーレメニュー

    アデンピエーレユーザーリストクリックで

    アデンピエーレユーザーメンテナンスクリック

    アデンピエーレ作業フロークリッ

    アデンピエーレ作業フローから機能呼び出し

    ↑作業フロー図から直接アプリケーションにリンクする機能は、某Q社だけの機能だってどっかのおっさんが吹聴してたけど...できるんじゃん Adempiere

    もはやなにもいいますまい...

  • 7-4.Adempiereサーバの停止

    業務が終了したらサーバを停止しましょう。
    おそらくサーバを立ち上げた端末で ctlrキーを押しながらcを押す。Win使いならコピーキーとしてお馴染み。これでサーバシャットダウンが出来てると思います。こんなログ吐いているし
    00:11:24,884 INFO [StandardService] Stopping service jboss.web
    00:11:24,965 INFO [Http11Protocol] Stopping Coyote HTTP/1.1 on http-ubuntu%2F127.0.1.1-80
    00:11:24,998 INFO [Http11Protocol] Stopping Coyote HTTP/1.1 on http-ubuntu%2F127.0.1.1-443
    00:11:25,023 INFO [TomcatDeployer] undeploy, ctxPath=/invoker, warUrl=file:/home/kpuichi/Adempiere/jboss/server/adempiere/deploy/http-invoker.sar/invoker.war/
    Shutting down
    00:11:25,452 INFO [Server] Shutdown complete
    Shutdown complete
    Halting VM

    kpuichi@ubuntu:~/Adempiere/utils$

    これでクライアントもつながらなくなりますしAdempiereAdminもつながらなくなります。(当然サーバを起動しなおせばつながります)
    おそらくこれでいいのでしょう。


おわたー!
大変だったー!記事にするのは。インストール作業自体はすごく簡単に出来たのですが文書化が昔から苦手なもんで えらく手間がかかっちゃいました。
次回は...次のタスクではなくって 失敗編を書きます。既にアップはしてあるんですが中身を書いていないので中身を書きましょう。恥さらしになるのであまり気は乗らないのですがね...

追記)
個別にサーバ落としたりオラクル落としたりするスクリプトも存在するようなんですが 何に使うんだろう?

テクニカルインストレーション編 目次
我が本家サイトにも掲載しました 宇宙人語だけどね。
支援屋ver2 インストールメモ