支援屋です。

顧客要求に応じてERPシステムを改変して導入するサービス。
このサービスが支援屋としての最初のERPサポート業務になるとお話しました。

現実問題、Adempiereを改造しないで日本の顧客に導入することはいろんな意味で難しいと言えます。
事実、Adempiereの日本での導入事例は数字が明らかになっていないのが現状です。
しかしながら、この状況こそがAdempiereを日本市場向けに改変しつつ顧客に送り出すチャンスだとも言えると考えています。

顧客数が多くなった場合は、顧客毎の要求がソースコードに入っている状況ですとサポートに要する工数は計り知れないものとなり、事実上 サポートできなくなります。
しかし、サポートする顧客がいない現状であれば、全ての力をその顧客に向けて使える。その顧客向けのオンリーワンの体制で挑めるわけです。
力をその顧客へ集中することが出来るのなら、顧客独自の要求に応える開発も、稼動後のサポートも問題なくこなせると考えます。
さらに、日本市場向けバージョンをこの改造を施したものとすれば、次の顧客へもこのバージョンを適用できます。

このような立ち上げ方、できるでしょうか?

支援屋でした。

支援屋ver2