支援屋です。

サポートのお話に戻ります。

商用ソフトウェア製品の場合、発売開始から5年とか10年でサポートが切れます。
ベンダーはサポート切れは、さも大変なことのように喧伝して、最新バージョンへの買い替えを促します。
確かにベンダーサポートが切れてしまうわけですから大変なことのように思えます。
ところがユーザーはベンダーが慌てさせるほどには慌てないのが現状のようです。
というのは、長く使っているソフトウェアは使い始めた当初のようなトラブルがなく、いわゆる枯れた状態になります。これにより、特にベンダーサポートがなくても困った状況にはならないといったあんばいのようです。

これが基幹業務系のパッケージの場合はもっと顕著になります。

ベンダーは最新バージョンの機能の優位性をアピールしてなんとかアップグレードをしてもらおうと必死にユーザーと交渉します。
ところがユーザーはアップグレード作業費用とリスクその他でなかなか首を縦に振ってくれません。
サポート切れで脅しをかけても逆にリプレースをチラつかされては怯まざるを得ません。
サポート切れをビジネスチャンスにしようとして大失敗した例はこのように作られます。
業界ナンバーワンの戦略をナンバー2以下が真似てもうまく行かないってことですね。

古いソフトウェアをサポート切れにしたいのは商用、オープンソース問わず提供サイドの宿願でもあります。

...

支援屋でした。

支援屋ver2