支援屋です。

まだERP導入の入り口の前をうろうろしています。

ERP導入に踏み切るということは、経営改革に取り組むことに等しい知力と労力と体力が必要になります。

したがってIT部門主導でERP導入を決めようとしても、そこに経営判断が必要な業務変更なり、部門間の調整が必要になったりと、IT部門だけでは裁ききれない課題が出てきます。

ERP導入を成功に導く大きな要素は

経営者の気合


となります。

経営者が自社の経営を改革するためのツールとしてERPを使う。そのために必要なリソースをプロジェクトに注ぎ込む。そしてプロジェクトを成功に導く。

泥臭い話ですが、じつはこれがERP導入を成功に導くはじめの一歩になると思います。


支援屋でした。


支援屋ver2