支援屋です。

気合が大事だと話をしましたが、今日は少しテクニカルなお話です。

最近のシステム導入の現場においては、Tobeモデルの定義から始めるのが流行りなのでしょうか?
現行モデルがどうなっているのかを検討することなく、あるべき姿にするべくぽうロジェクトを推進させる。

この手法はもしかすると、ユーザーは現行モデルを熟知していることを前提とした開発手法のような気がします。

ところが実際にはユーザーは現行モデルのビジネスプロセスもデータモデルも、あるいは帳票の用途も知らなかったりします。

このような状況のまま、あるべき姿だけを追い求めると、だいたいプロジェクトの後半戦あたりに現行モデルにけっつまづいてプロジェクトが頓挫することになります。


支援屋でした。


支援屋ver2