支援屋です。

やっと目標に戻ってきました。

あるべき姿を物理的制約なく定義して、これに物理的制約をはめ込んで現実的な将来モデルにする過程で、プロジェクト目標は定義されます。

つまり、あるべき姿に、プロジェクトの予算、期間、現行の技術を照らし合わせて実現可能な姿がいろいろ見えて、その中で、経営課題を解決するためのモデルとは何かを定義していきます。

詳細なモデルを定義する前提となるのは、物理的制約を踏まえた プロジェクト目標を道しるべにすることになります。

支援屋でした。