支援屋です。

前回まで経営課題、業務課題の解決にERP導入を と言う話をしてきました。

今回は、もっとも簡単なERP導入はどういうやり方かという話です。

ERP導入時に、最も費用と期間を使う事柄は何かと言うと

ERPパッケージと業務のギャップを埋めるためにERPパッケージを改造する行為が挙げられます。

ERPパッケージ自体が膨大なコードからなるシステムであり、これに負の影響を与えることなくコードの追加、変更を加えるというのは並大抵のことではありません。


解決に時間がかかる事柄としては、ギャップを逆に業務を変更することで埋める方法を取る場合です。

業務を変更するには、関係する組織の合意を得る必要があり、ここで大抵一悶着してプロジェクトが頓挫することになります。

このような問題は、顧客に牽引力の強いリーダーが存在することでプロジェクトの頓挫は救われるます。


いずれにしてもパッケージ機能と業務とのギャップが、費用と時間を消費することが経験則的にわかっています。

では、費用も期間もかけない解決方法はあるのでしょうか?

少し乱暴ですが、ギャップのある業務はプロジェクト対象から除外する方法があります。

プロジェクトの阻害要因を除外することでプロジェクトそのものは滞りなく進行することになります。

プロジェクトから除外して新たな課題として、別途解決することを考えればよいということです。


支援屋でした。

支援屋ver2