東京電力の清水正孝社長は28日、福島第1原発事故の被害補償に関し、
巨大災害の場合は電力会社の責任を免除する原子力損害賠償法の規定について

「私どもとして、そういう理解があり得ると考えている」と述べ、
東日本大震災による大津波が免責理由に該当する可能性があるとの認識を表明した。


なんとなく理解できるような気がする。
国家の大切なエネルギー問題を全て民間会社に任せるのもおかしいし、
このような災害の時に東京電力の責任というのもかわいそうな気がする。


役員報酬の半減はともかく、リストラや東京電力の仕事がなくなれば、
その下にぶら下がっている企業や中小企業などにも多大な影響があると思う。


今の政府は、なんとなく全て東京電力に責任を押し付けようとしている
ような気がしてならない。


尖閣諸島の時にもそうだったように…


小熊恒久 ダーツ投げ方上達練習法
試験最短合格勉強法 平成の資格王 中村一樹
ホットなスポーツニュース
気になる今日のニュース