April 10, 2006

Jリーグ第7節 名古屋対京都@豊田スタジアム2

6174141a.jpg

名古屋1-1京都

また勝てる試合を落としてしまった。

そして、毎度の如く細かいミスが多すぎ。

前半は押し込まれる部分が多く、正直得点は望めなく感じていた。が、後半有村⇒須藤で「4−4−2」から「3−3−2−2」もしくは「3−2−4−1」のような感じで替わったときにちょっとは期待⇒得点できたわけだが・・・3バックでマークが外れまくる外れまくる。案の定、パウリ−ニョをどフリーにして失点。さらに、決定力の無さに正直呆れた。目を張ったのは唯一、後半に吉村がゴール前を詰めてシュートくらいか。

もういいかげん、スッキリした試合をできないのか。

いろいろ羅列していくと・・・

  • シュートへの積極性が無さすぎ。前から気になっていたのだけども、ゴール前でフリーの場面でも何故か横パスで預けちゃう。預けられたほうはマークつけられているのでシュートできない⇒奪われる場面が多い。
  • シュートできても枠に入れれなさすぎ。ちゃんと練習してるよね?体勢が崩れても枠に入れるんだというキモチは無いのだろうか?
  • 杉本を先発で出場、もしくはもっと早い時間で起用できなかったのか?あのスピードで相手DFをかく乱できたはず。キヨも悪くは無かったけど、相手に囲まれたときの対応ができずに正直気の毒だった。
  • 「パス&ゴー」が無さすぎ。この前どっかの番組で話していたけど、基本のこれができているところは各国リーグでも好成績をあげている。これがまったくと言っていいほど見られない。パスワークだけでなく、走ることをしないと流れでは得点はできない。
  • ボール持った選手に対するフォローがない。ロングボールでパスを受けても、周りが動かないから囲まれれしまうパターンが多い。(特にサイドでボールを受けた場面)
  • 古賀のマークミス多過ぎ。確認できただけでも3度あったように思う。ちゃんと連携取れてるのか?

   逆にいいかなと思うとこをあげていくと・・・

  • 増川はしっかり相手の攻撃をつぶすところをつぶしていた。
  • 角田を途中出場させたセフ。サンガサポの激しいブーイングは逆に爽快だった。その角田も、短い時間の間に攻撃参加はしっかりできたように思う。

試合後、ダラダラ挨拶に向かう選手に、俊哉が怒っていたのが今のチームの姿か。やる気無しなのか?選手には「引き分けでもブーイングした」サポーターのキモチを考えてほしい。引き分けでなく、ちゃんと「勝ち点3」がほしいのだから。いい試合をしなきゃ、サポーター・ファンも離れていくぜ。

 

【写真】こっそり当ってしまった「玉田サイン入り生写真」。まさか当るとは・・・。引き換えに行ってくれたHちゃんに感謝。ちなみに同行した友人は楢崎バージョンが当ってた。(´▽`*)

 

 


krkm999 at 00:06│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔