IKEAの家具は、基本的にお客様が組み立てて使用されていると思いますが、引越しする際に料金アップ等、困った点(デメリット)が数多くあります。

まずは、IKEAの家具は、解体(分解)しないと運び出せない場合が多々あることです。

あまり、イケアが流行っていない頃、引越し作業中に「この家具は、どのようにして、ここに入れましたか?」と、お客様に確認する事がよくありました。

大体は「イケアで買って、部屋の中で自分で組み立てました!」という返答が多かったです。

これは、見積もり担当のミスですが、最近では引越し作業に影響するので、見積もり時にイケアの家具か確認する事が増えてます。

日本の家具は基本的に解体(分解)しやく作られており、組み立ても容易にできるのですが、イケアの家具は解体(分解)する事や運ぶ事を前提としない作りになっています。

しかし、引越しするとなると解体(分解)しなければいけません。

イケアの家具は、かなりのネジを外さないと解体できず、解体後に組み立てようとしても、木ネジの為、ネジ穴がスカスカになってしまいます。

また、どの家具も日本の家具とは違いネジが多い。

そのネジの種類もかなり多い。

そして、かなり複雑です。

説明書が無ければ、解体後に同じ作業員でないと組み立てが難しい場合もあります。

木工用ボンド等使用し、ネジ穴を埋める事も可能ですが、次の解体がかなり難しくなる上に一回解体した家具は、強度の低下に繋がります。

結果、かなりの労力と時間を費やすので、引越し料金が上がります。

また家具自体の質の低下が危惧されます。

転勤などで、引越しする事が多い人で、毎回の引越し料金を安くしたいのであれば、購入前に検討する必要があります。

イケアの家具ではありませんが、子供用の机も家の中で組み立てられている事が多く、解体しないと運び出せない事があります。

しかし、一軒家ならほとんどの場合、子供部屋の窓は大きいので、窓から運びだします。

また、マンションなら、子供部屋の扉から出ない事は、ほぼありません。

イケアの家具は、他にも困った点があります。

お客様の組み立てが、しっかりできておらず強度が保てれていない事があり、トラックの振動や運び出す際に潰れてしまったり、家具が歪む事が多々あります。

見積もり時に、破損のリスクの説明をして、お客様に了承を得ますが、慎重な作業になるので、やはり時間がかかってしまいます。

このように、オシャレで人気のIKEA家具ですが、引越しにはデメリットがたくさんあります。

以上の事から、引越し見積もり時に、IKEAの家具とわからないようにする工夫も必要だと考えます。

ちなみに最近では、IKEAの家具は組み立てや解体を拒否したり、別料金を請求する引越し業者も増えています。

最悪、廃棄になる事も覚悟しておきましょう。

引越し見積りは、2社以上とる事が基本です。

無料なので試してみる価値ありです!

引越し豆知識もわかりやすく説明されていますので、確認してください!


スポンサードリンク