出逢ってから 1年弱位は 友達だった

互いの年齢からしても
友達以上の関係にはならないだろう と
勝手に 思っていた。
男性とはいえ、ある意味  安心していた。
会う度に、話は盛り上がり、楽しかった。
会う回数を 重ねる度に、
気が合い、互いをもっと 知りたくなる。

今思えば、その頃は 恋愛感情は無かった。
あくまでも 仲の良い男友達。
だから、仕事帰りに 彼と会ったり、
彼から 何か頂いたりした時は、
夫に そのままを話していたくらいだ。

きょうは、仕事帰りに○○さんと、おしゃべりしてくるからね。  とか、

きょう、○○さんから 頂いたのよ、って
お菓子などを 皆で食べたりしてた。

○○さんって、すごく面白い人だよ。
今度△△△も、一緒にお茶する?なんて、子供に言ったりもしてた。


何も 隠したり 嘘をつく必要など無かった。
あの頃は。。。


1年が 過ぎた頃から
夫や子供達との会話で、
○○さんという名前が 私の口から出ることはなくなった。

きっと、○○さんという名前すら、
今は、私が口にしなければ、思い出さないだろう。

すごく仲の良い男友達  だったあの頃が
懐かしいな。。
あの頃に 戻れるものなら、戻りたい。

振り出しに戻れたとしたら、
私達、今とは違う関係になっていただろうか

コーヒーを飲みながら、楽しくお喋りして、
じゃあ  またねーって、それぞれの家へ帰る。
切なさや寂しさ なんて、感じない。
気持ちが揺れ動くこともなく、
罪悪感なんて、まったく無し。
あの頃は。

でも、
約束はしなかったけど、
次に 会うのが 楽しみでもあったな。

仲の良い友達  で
ずっといられたら よかったのにな  って、
今になって  思う時が ある。