京都宇治支部練習日程

NTT光ふれあいステーション
 01月31日(水)10:00〜12:00
 02月07日(水)10:00〜12:00
 02月21日(水)10:00〜12:00
東部コミュニティセンター
 01月31日(水)13:00〜16:00
 02月07日(水)13:00〜16:00
 02月21日(水)13:00〜16:00
伊勢田ふれあいセンター
 01月24日(水)10:00〜12:00
 02月14日(水)10:00〜12:00
南宇治コミュニティセンター
 01月28日(日)10:00〜12:00(1階会議室、交流室)
 02月11日(日)10:00〜12:00(1階会議室、交流室)
 02月25日(日)10:00〜12:00(1階会議室、交流室)
 03月11日(日)10:00〜12:00(2階会議室)
 03月11日(日)13:00〜17:00(創作室&小会議室、京都大会準備)
東宇治コミュニティセンター

 01月26日(金)13:30〜16:30
 02月09日(金)13:30〜16:30
 02月23日(金)13:30〜16:30
 03月09日(金)13:30〜16:30
 03月23日(金)13:30〜16:30

<練習予定日と会場>
第1・3 水曜日:午前
 NTT光ふれあいステーション(0774-20-0031)
第1・3 水曜日:午後
 東部コミュニティセンター(0774-55-7858)
第2・4 水曜日:
 伊勢田ふれあいセンター(0774-22-1503)
第2・4 金曜日:
 東宇治コミュニティセンター(0774-39-9183) 
第2・4 日曜日:
 南宇治コミュニティセンター(0774-39-9185)
不定期:
 南部コミュニティセンター(0774-55-1002)
 北部コミュニティセンター(0774-55-1001)
 西宇治体育館(0774-39-9251)
 黄檗体育館(0774-39-9249)
 莵道ふれあいセンター(0774-39-9285)
 西小倉コミュニティセンター(0774-39-9180)

予定は変更されることがあります。
気象状況などにより中止になることもありますので下記までお問い合わせ下さい。
(お問い合わせ先:黒田勝明 0774-24-0494 090-3169-6501)

<車でのご参加について>
南宇治コミセン、西小倉コミセンには駐車場がありません(近くにコインパーキングがあります)。
東宇治コミセンには若干の駐車場があります。
NTT光ふれあいステーション、伊勢田ふれあいセンターには数台の駐車が可能ですが、道具搬入以外の方は車での参加は原則、ご遠慮下さい。
黄檗体育館、西宇治体育館、南部コミセン、東部コミセン、北部コミセンには駐車場があります。

一般社団法人 日本スポーツ吹矢協会
京都府スポーツ吹矢協会 
京都宇治支部 

LEDライト取り付け位置の検討

平成29年12月8日、的照明のLEDライトの取り付け位置を検討しました。

LEDライトを的の上側に設置する場合には矢がLEDライトに当たらないような高さに取り付ける必要があります。
どの程度の高さにすれば良いかを調べるために矢の飛行軌跡を高速度撮影(240コマ/秒)しました。
LEDライトの先端を的外枠の上端の高さに設置しています。
矢は10mの距離から矢速70〜80km/h(少し遅め)の人が吹きました。

次の動画は矢が7点の中心近くに当たった場合を示します。
矢とLEDライトの間には大きな余裕があります。


次の動画は矢が上の1点に当たった場合を示します。
まだ矢とLDEライトの間には余裕があります。


次の動画は矢が上側の外枠に当たった場合を示します。
矢がLEDライトすれすれの位置を通過しています。


次の動画は矢がLEDライトに衝突した場合を示します。
矢は的外枠の上端辺りに向かっていますがライトに衝突してしまいました。
本来であれば的外枠に当たって0点になるものと思われます。


これらの動画から、LEDライトの先端は的外枠の上端よりも上側に取り付ける必要があることが分かります。
このことから、LEDライトを的の上側に取り付けることは適度な照度を確保する意味からあまり得策ではないように思えます。

スポーツ吹矢のばらつき(YO氏10m)狙いの定め方

平成30年1月12日、YO氏(10m)が「狙いの定め方」を修正しました。
その結果、一気に194点という高得点を出すことができました。
(これが単なる”瞬間最大風速”で終わらなければ良いのですが。)

 YO氏(10m)については昨年12月20日に矢速測定を行い、「筒先の振れ」「筒のくわえ方」に問題があることが分かりました。
その時の分析結果は「スポーツ吹矢のばらつき(YO氏10m)筒先の振れ、筒のくわえ方」(2017.12.31投稿)として紹介しています。

その後もなかなか成績が伸びないことから、何か他にも原因があるのではないかと考え、ある機会に同氏と狙い方について詳しく話し合ってみました。
その結果、意外にも同氏は非常に複雑な狙い方をしていることが分かりました。

その手順は次のようなものです。
 1)まず、目の焦点を筒先に合わせて筒先を見る(筒は1本に見え、的は2つに見える)。
 2)この状態で筒先の位置(狙い)を定める。
 3)次に焦点を的に移す(的は1つに見え、筒は2本に見える)。
 4)的を見ながら一気に吹く(この時、筒先の位置はあまり意識していない?)。

このような狙い方の問題点は、一旦狙いを定めてから焦点を的に移すので、吹くまでの間に筒先が微妙に動いてしまうことにあリます。
したがって、吹く瞬間には筒先の方向が当初の狙いから外れてしまっている可能性があります。
たまたま筒先の動きが少ない場合には良いのですが、多くの場合には筒先は動いてしまっていると思います。
狙いを正確に定めるためには、吹く瞬間まで筒先を狙い位置に保持することが大切であると考えます。

このような考えに基づいて狙い方を次のように修正しました。
 1)始めから目の焦点を的に合わせて的を見る(的は1つに見える)。
 2)この状態で筒を的に向ける(通常、筒は2本に見える)。
 3)2本の筒先(または利き目で見ている片方の筒先)の位置を定める(筒先を的のある位置に合わせる)。
 4)常に筒先を意識して狙い位置から動かさないように保持しながら一気に吹く。

これまで、7点に4本入っても1本だけが3点に外れてしまうという状況は「狙い」の変動に原因があったのではないかと思われます。
今後は、「吹く瞬間の狙い位置」を意識しながら吹くように心がけることで、更に成績が安定的にアップすることを期待しています。

記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ