2週連続ビショビショの小川山。

ほんといつになったら乾いた岩を触れるのだろうか。
渋滞に巻き込まれ11時前廻り目平着。
N氏K氏T氏H氏みんなでビクターへ。

前日の大雨のためかサブウェイ面には川ができていた。

KIMG0653
お分かりいただけただろうか。

岩も濡れてるしとりあえずのんびり。
その後8級→コンケーブ→ビクターとアップ。
うーん濡れてるわ。

昼過ぎまでこんな感じで過ごして、まあこの感じだと他のどの岩も濡れてるだろうし、このコンディションであまりやりたくはないがランペイジスタをトライ。

スタートと1手目は飛沫のために拭いてもすぐ濡れる。
なので棚からのムーブ精度を高めていくことに。

しかし棚の湿気り具合がひどい。
棚の持ちどころを探って、なんとか動けるようになる。
リップも止まるようになってきたのでとりあえず上部に突入するも、スラブのゴミカチ?は全く乾いておらず、命からがら飛び降りる。
なんか手が真っ黒だしどーなっとんねん。

その後、リップからスラブ面をできるだけブラッシングし、棚マッチスタートからのトップアウトにこれまた命からがら成功する。
マントルは以前よりも余裕があった気がする。
ランページを登った時はめっちゃサイズ攻めたドラゴンだったけど、今回はジャストサイズのドラゴ。
シューズ攻めすぎると縦リーチいっぱいのときに抜けやすくなるっぽい。

これで下部に5手追加すればランペイジスタになるわけで、その5手は強度そこまでじゃないしこれはもしや行けるのではとスタートからやってみたところ、スタンド合流後のムーブで落ちた。
まあスタートセットした時点でシューズ濡れちゃうしどっちにしろマントルは返らなかったと思う。

その後は棚でビーストメーカーごっこしたり裏面の三日月ハング組の応援したりして過ごした。
T氏H氏のトライは熱かった。
帰りは境川でサンマとそばといつもの小倉くるみパン。
嫁への土産も小倉くるみパン。
T氏がSAのトイレにスマホを忘れて中央道を行ったり来たりした後なんとか帰宅。
見つかってよかった。

トップアウトはできなかったものの、ワーストコンディションで「ランペイ」と「ペイジスタ」ができたので、コンディションが整えば完登できると思われる。
その日が待ち遠しい。