ヒールが抜けまくった日。

左足は走れないものの歩けるまでは回復した。
テーピングで固定すればシューズも履ける。
足の様子見をかねて瑞牆へ。

とりあえず前回スタンドを触った高き御座。
まずは前回やらなかった下部のムーブ出しから。
ランジが遠い。
足があれなんで着地も怖い。
思いきって飛んだらなんとか止まった。
思い切りがポイントなのかな。

で、スタンド。
カンテ飛ばしがムズくて、いい感じのところ叩いてるような気はするんだけど止まる雰囲気なし。
いいとこでヒール抜ける。
なんだよーとシューズ見ると、ヒールが段差で剥がれてた。

昼くらいになると逆光がすごくて何も見えない状態に。
しょぼくれてたら某マリオ似の有名クライマー登場。
パワースポットで飛ばし取れた後からやってたけど、そこからかなり悪そうだった。
やはり逆光がしんどいようで、かわいい感じで眩しがってた。

よくわかんないけど届き気味?で止まる気配ないということはもっと体勢意識した方がいいのかな。
ヒール外れないのは前提として、右足の
位置とか練り直したほうがいいかな。
もっとスタっぽく出たい。

段々左足が痛くなってきたので移動。
なんとなく瑞牆ピョンピョン。
両ポッケで飛び出せるけどなんかミートしない感じ。
ここで偶然M氏らにお会いする。
インドラ&阿修羅で熱いトライを繰り出していた。
ピョンピョンは左手の中指以外の指の背中側が岩に擦れて出血しまくって敗退。
毎回3回くらい出して止まったら登ることにしよう。

最後にナイトでキトラ。
上部真っ暗で前もこんなことしたなーって感じだったけど、マットに着地できなそうだしそもそも左足がやられてるので着地できそうもないしで死にそうになりながらトップアウトした。
ほんとに生還できてよかった。

帰りは双葉で一回降りてほうとう食って帰った。
翌日ヒールできそうな靴が欲しくてスクワマを買った。
スポルティバ何年ぶりだろう。
次回は一体成形ヒールが火を吹くはず…