健康番組ミーハー

自営業でありますので、健康診断は定期的に行わなかった が、最近は不定期でありますが、年に1回くらいは血液検査をします。
1年前、いくつかの項目の上限が、基準より越えてたので、かなり1日の歩行数を増やした(というよりその以前が運動不足だったのだが)そうした結果めざましい改善が。でも体重は殆ど変わっていないのです。にも関わらず数値が向上した。 歩くことの大切さを実感した次第。
実際に、英国の医学者が「よく歩く人ほど長寿」という統計を打ち出したとか。
  
血液サラサラにするには、あのサプリ、コレステロールにはこの野菜にこの魚、中性脂肪、血糖値にはこれにあれ。 スーパーではTVで紹介された食品が品切れになるとか、健康情報のめまぐるしいこと。
   
「私はこれで激やせしました」。 そんなに激ヤセするのなら、かなりアブナイ商品だと思うのだが。
   
「センセー、私はあのビョーキではないでしょうか(´`)」なんてTVの健康番組を観て疑心暗鬼になり、翌日病院に来る人も多いとか。
人目を引くために不安を煽ったり、大げさなことを言うのが民放TVである。人気のある病院や医者には大きな迷惑かも。
   
健康ミーハーは、何事も長続きしないのが90%やないやろか。
   
皆様、無理なく身体を動かしましょう。(私の経験からです) 急速に結果を求めないこと。
せっかちな人が、かえって悪い結果を招くようです。(^^) 急速な運動によって、ひざや腰を痛めたり。
あたしゃ、ずっこけてiPhoneを壊してしまった経験が(T-T)。
   
サプリは、まあ、あてにしないほうがいいような気がします。
 ↓ 一読を。
http://blogos.com/article/76369/

キングになったトランプ

家でTVを見ていると、チャンネルを変えても変えても、あの下品な次期大統領の勝ち誇った顔が金太郎飴のように出て来る。もう拷問状態。
選挙後、しばらくはTVを見たくなくなった。ゲンナリである。
ある。king

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)

FacebookというSNSを通じて海外から「あなたの絵が好きでいつも見ています」などというコメントをよく戴く。
きちんと返信したいのだが、翻訳サイトもなんだかヘンな訳が出て来るのであまりあてにならないような・・・。
私の他にも、こういういうものが開発されるのなら、外国人とのコミュニケーションのため、ちゃんと英語を勉強しておけば良かった、という人も少なからずいると思う。

私なんぞ、
    
英語教師:「はい、ならざきクン、Be動詞とはどういうもの?」
    
な:「センセーとボクの血液型が同じということでしょうか?」
    
この程度である。

口先三寸

初心者に対して「絵は技術で描くのではなく、心で描くのだ」と、いう先生もいらっしゃるという。
"心"だけで凄い絵を描けるのなら、大画家がこの世に溢れていると思うのだが。
あと、「我が教室ではあなたの自由に描いて下さい」とか「個性を尊重していますので」とか。
実はこれは講師にとって一番楽なのである。好きにさせておけばいいのだから。
やはり観た人が感動してくれるとしたら、最低限の技術は必要であると思うのですが。そういうことを具体的に教えてくれる先生に出会ってほしいですね。(^^)
あと、曖昧な言葉でもったいつけた言い方をする講師も薦めません。
エセ禅問答じゃあるまいし、こういうハッタリ講師、教えるのが面倒くさいか技術を盗まれたくないだけだけなのでは?。

イチローの言葉から

最近の試合で、「勝ち越し二塁打は気持ちが見えた打撃だったが」との記者の問い掛けに(多分日本人記者)、

イチロー:「気持ちで打てるわけじゃない。気持ちで打てるなら毎回打てますから。それなりのレベルの相手だったら技術で打たないと。気持ちで打てたことは一度もない」
    
日本のプロ野球中継の解説は「意地の一発でした!」だの「最後は気迫のピッチングで抑えました」だの、何だかスポ根漫画的な言葉が常々使われる。こんな解説を聞くと毎度鼻白む。

飛雄馬~!!(ノ`´)ノ︵ ┻━┻ ------と、父ちゃん(((T-T)
(怒号ちゃぶ台返し)
    
イチロー自身は、過去のインタビューでもそういう技術的な裏付けのない根性論は否定していた。
   
気迫とか、意地とか、根性論で勝てるのなら、日本も世界大戦に勝ってると思うのですが(笑)。
  
水彩画の制作の場合は気合い入れすぎると、余り良い結果にならないような気が・・・。^^;

私製葉書にも『郵便はがき』の表記が必要!

下に投稿した個人宛の個展DMを郵便局の窓口に投函しに行ったら、
     
「私製葉書でも上部に『郵便はがき』もしくは『POSTCARD』の表記がないと宛先様が支払うことになりますよ」
と女性職員に言われた。
    
しかも葉書扱いではなく、手紙扱いとなり1通82円 !。
(知らずに52円切手で出しても、少ない場合は郵便局で手書きしてくれる場合もあるとか)
    
なるべくシンプルなほうがいいいだろうと印刷業者へのデータは『郵便はがき』の印字を省いて大量に発注していたので、いざ出す段階になって指摘され焦った。
手書きでも良いと言われたが、ほぼ650枚郵便局で手書きで書くのは大変だし(汗)、その箇所だけ手書きというのも何だかサマにならないし・・・。
   
急きょ自宅に戻り、プリンタで『郵便はがき』の文字を部分印刷。普段当たり前のように使っているPCとプリンタに感謝(汗)。
  
いやはや、なんとも無知なことで痛かったけど勉強になりました〜。(^^;)
皆さんは知ってました?。

【謝礼は不要】(医療現場の声もあり)

手術の謝礼に関して。
クリックしてみて下さい。↓
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/173064.html?from=recommend
術前に、家族に圧力をかけられているようでかえって嫌がる医師もいるもよう。
お金次第で ”神対応” になるような医者は、間違いなくあの世のおさばきで、
   
エンマ:( `_´)「ジゴク行き!」
   
医 者:「お、お金ならいくらでも・・・・」
    
エンマ:( `_´)「んにゃ、因果応報。蜘蛛の糸も期待しないよう
 
   
医 者:

個展の準備など・・・

地元の教室展→遠方へのお出かけ講座3日間と、このところ忙しかった。
さて今月は横浜市での個展の準備にかからねば。
9月末からであるが、1ヶ月前になると、額装とかそのほかの準備で殆ど絵が描けない。
DMは印刷業者に発注済みだが、毎度ながら、何度チェックしても日時や文章にミスがないかと気になるものだ。
また、遠征展は持ち込む物に不備がないか、これも何度もチェックする。
地元に近いなら、不備があってもすぐに取りに帰ることができるのだけど。
備忘録をちゃんと作っとこうっと〜〜〜〜 (^^;)アタフタ
mosha
 

自分が自分らしくいられる時

普通の社会生活を営んでいれば

自分が自分らしくいられる場所と時間は 以外と少ない

家庭内でも孤独を感じ また息苦しい時もあるもの

人と関わりを持ちながら暮らす限り

葛藤や軋轢は避けられないが

やはり自分が自分らしくいられる時間と場所は

少なくともいくらか必要だと思う

絵を描くという行為はそれを得るためであってもいい。

最近は、若い時のように、旅に出ても気分それほど高揚することもなく、
ホテルで目が覚めても、日常の憂鬱がつきまとう。
外に出るまで、あまりヨソに来たという感覚が無い。
そこでネットで見かけた、大小説家さんのお言葉。
    
『あちこち旅をしてまわっても

 自分から逃げることはできない』
     
(ヘミングウェイさんです)  
なるほど。φ(.. )

生徒展での質問

観覧者
 センセーは学校はどこ出られたんですか。(?_?)
    
N:最終学歴?、西福岡自動車学校です。(`_´)
   
観覧者
 ・・・・(´∧`)

ただ飄々と・・・

他者と比べるから 自分の不幸を感じる
    
他者の成功をうらやむから 自分が哀れに感じる
  
人は 人と比べることがなければ
    
そこそこ幸せかも

禁煙16年!!

友人が肺がんになったのをきっかけに、禁煙して16年になる。
全然煙草を吸わなかった人と同等の肺がんリスクに下がるまで、禁煙して15〜20年かかるとか(吸ってきた本数にもよります)。
取りあえず15年はクリア。(^^)
    
禁煙に挑戦しては何度も失敗してきたが、何でかよく考えてみた。
依存症になっているからというのは勿論である。
    
が、どうも吸わないと手持ちぶさたというか、つい何かを指にはさみたくなる。例えば、昔のCMで「私はこれで会社を辞めました」で有名な「禁煙パイポ」、或いは電子煙草など、こういう"疑似煙草"に頼るのでは、やはり手癖は付きまとい止められなかった。
そこで、この ”手癖” を克服すれば何とかなるのではないかと考えた。
    
決心してからは、煙草が欲しくなった時、何かをくわえるのは止めにした。食後の爪楊枝も、使ったらすぐに口から離す。
食後が欲しくなるというが、私の場合、運転中の渋滞時や、信号待ちの時のほうが特に辛かった。指がいつも何かを欲しがってムズムズ。
口寂しさは、ガムだとか、あまり甘くない飴などでしのぎ、なんとかかんとか禁煙に成功。
   
私の場合、まずは手癖を取るのが一番効果的でした。
(疑似煙草は、かえって止めにくいという結論)
  
禁煙してみたい方、ご参考になれば。(^^)

傲岸不遜・自己愛の人

高飛車な人ほど
何故か
心にもない「持ち上げ」には弱い
   
と、思うのは私だけ?

丁々発止

まだネットで、水彩画のサイトが少ない時代から水彩HPを開設していました。
時々、メールに自分の作品を掲載して送って下さる方がいて、
「この作品どうでしょうか?」と問われることが度々。
率直に「これ、写真のパースそのままですよね。現実の遠近法より極端になってるようです」とか、
「写真のコントラストそのまま描かれているようですが、人間の目で視たときそんなにコントラストが強いはずがないと思います」とか、
人物だったら「正中線が少しずれているのが惜しいですね」とか
正直に返信しておりました(ちなみに私は人物は上手くありませんが^^;)。
そうすると反応はだいたい同じでした。
      
こういう人達はだいたい男性で、多少、いや大いに自信があったのかな?。
まあ、男の自己顕示というのか・・・。
      
私が正直に答えると、大抵は反論が返ってくるのです。
「いや、自分は強コントラストにこだわっているのだ」とか
「いや、これが自分のスタイルなのだ」とか
果ては「分かったようなことを言うな」とか。
   
そんなこと聞き耳持たないということなら、私のところへ何も画像を送ってこなくてもいいと思うのだが。
「褒めて、褒めてぇ」ではね・・・。
      
私は人様に「挑戦」されるような、ハイレベルの絵描きではないと思うのだけど、今考えると、私への挑戦のつもりだったのかな。
私はただ気が付いたことを述べただけに過ぎないのだけど
それとも「この作家程度の絵なら・・・」と思われてしまうのかな(?_?)。
   
そういうことが何度かあったあとは
「私は批評出来るような立場ではありませんので」
と、答えるようにしました。
   
ネット黎明期の話です。

【理に勝って非に落ちる】

まだ水彩画教室を始めて間もない頃である。
  
女性生徒:この水面のキラキラ感はどう表現したら良かとですか?。(?_?)
  
N:どれどれ、これはね、絵の具を着ける前に少し布で筆の水分を取ります。それでその筆に水分の少ない絵の具を着けます。(^^)
  
女性生徒:はあ?、それでどうするとですか?。
   
N:それで、「ドライブラシ」と言ってね、筆先をこうしてね、
こう!。((φ(_ _)(筆をバサバサにして水彩紙に擦り付ける)
  
女性生徒:センセー!!何ばすると〜?、アタシは物ば大事にするとですよ〜〜。(`´)
 
N:(((φ(◎◎;)
   
技法を指導して怒られたの初めてである。(´`)
(筆は本来消耗品です)

すまじきものは・・・

今は”絵描き”を名乗らせてもらってますが、若い頃は設計会社に数年勤めておりました。

サラリーマンやってりゃ上司の筋の通らん理不尽な要求にも、唯々諾々と従わんといかんです。

家庭とか立場とか、守るものがあれば、堂々と上司にもの申すというワケにはいかんです。ワタクシも経営陣や上司に
”納得のいかない事にはオトコらしく堂々とタンカ切って、ぐうの音も出ない程やり込める”・・・
という、サラリーマン漫画のようなはかないモーソーがアタマの中を巡っておりました。^^;

で、まあ現実はなかなかそうは行かないモンだから、退社後、同僚と居酒屋で上司の悪口と愚痴大会というお定まりの典型行動になるわけですが・・・。
まあ、これもコミュニケーションでしょう。
そうやってうっぷんを晴らす、絵に描いたようなお勤め時代もございました。今は昔のことであります。

しかし因果は巡ります。
その愚痴を言い合った同僚や先輩達も、管理職になったり、独立して会社を立ち上げたり。
今度は彼等が、自分の独善に気が付かず居酒屋で悪口雑言いわれる対象になってる事でしょう。
   
たまに、サラリーマンの多い居酒屋に行き、そういう愚痴や上司をやり玉に揚げている若いサラリーマンの会話を聞くと懐かしくなります。

ならざき 清春さんの写真

疑心暗鬼

ちょっとした体調の変化で、ネットで病気のことを調べていると、
本当にビョーキになりそうである。(′︿‵。)
ほどほどで良いかと。。。。
byoki

【袖触れ合うも・・・】(自戒を込めて)

『SNSは「友達」ではなく知り合い。適度な距離を・・・』
てなことをどこかに書いてあった。

相手と波長が合ったように見えても、急速な深入りは早期崩壊のもとかも。
お調子者のワタクシもよく蹴飛ばされます。(^^ゞ
13100940_562295150599211_6098340343041054287_n

避難所で息を引き取る方も・・・

皆様、温かい支援をお願いします。
画像をクリックして下さい。
http://grapee.jp/167570 

 01
02



livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ