山登り

2009年06月21日

映画「剱岳〜点の記〜」

週末公開された、映画「剱岳〜点の記〜」観てきました。
剣岳1







明治時代、陸軍測量部が日本地図の空白の部分を埋めようと
苦難の末、北アルプス剱岳を測量登頂するお話しです。
原作は新田次郎でヤマ好きな我々はおなじみの作家です。
もちろん、原作は読んでいたので映画だとどんなだろう?
という期待がありました。
北アルプスの山容がドラマチックに描かれていて
非常に良かったです。
しかし、撮影機材を背負ってよくもまああんなところまで
行けたなあ〜。撮影隊は大変だったろーなー。




ks421026 at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月18日

鳥海山

夏休みに山形県にある百名山・鳥海山に行って来ました。
以前、登ったことがあるんですが日帰り弾丸山行だったので
もっとゆっくり登りたいと思っていた山なのです。
今回は鳥海ブルーラインから鉾立コース選択、
山頂山小屋泊という山の醍醐味を味わおうって計画です。
山中泊と日帰りとはかなり違いがあり、山から眺める
朝夕のドラマティクな光景はすばらしいのです。

またキューブのロングドライブデビューでもあります。
小さくて空気抵抗があるカタチなのですが思った以上に
静かで快適でした。

IMG_0180



登山口付近からの画像です。山の手前には深い谷があり
自然の営みの凄さを感じます。
IMG_0189

ちょうどコース中間地点、御浜山小屋付近です。ところどころに
雪渓が残ります。


IMG_0202

振り返ると、日本海が眼下に広がります。
海が見える山は気持ちいいですね〜


P1020661




山頂到着!頂上部は岩場で高度感バツグン!!





P1020659


独峰ならではの360度パノラマが楽しめます。


IMG_0210



日本海に沈む夕日がダイナミックっす。








帰路は、、、前日とは打って変わって嵐。
台風以上の風雨で山頂付近は大荒れです。
真っ白で何も見えません。いきなりコースを間違え、
コンパスで確認。修正しました。
山の天気は恐ろしいですね。往路は花や景色を楽しみながら
登った登山道とは思えません。
備えあれば憂いなし。装備と計画はしっかりと。ですね。
それにしてもあの悪天候の中、すれ違う登山者が2組ほど。
まあ、遠方からお金と時間をかけて来ているのは分かりますが。
そこで一句。
「気をつけろ!女心とヤマの天気」
お粗末。


ks421026 at 11:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月05日

佐渡

佐渡ヶ島に行ってきました。
2泊3日高速夜行バス利用での強行軍
家造り資金温存と燃料代高騰もありエコ旅を狙ったのです。
バスのシートはリクライニングの角度も足のせもあり
快適にはなっているんですがそれでも寝返りを打てないので
40歳の体にはちときついっす。
佐渡は3日間とも快晴に恵まれました。
DSC00096











山行は「ドンテン山」から佐渡最高峰の「金北山」までの
縦走です。登山道には春の植物が咲き誇り目を楽しませて
くれます。しかしブヨの猛攻と金北山山頂直下の雪渓は
ルートを探すのに苦労しました。
天候が悪かったら道に迷う危険を感じます。
こうして苦労して着いた山頂は佐渡の島の形が分かるぐらい
すばらしい眺めでしたよ。
日本海の向こうには飯豊連峰、朝日連峰、北アルプスが
一望できました。
海が見渡せる山行の醍醐味っす。
翌日はレンタカーを借りて島を半周しました。
DSC00097






北海道の礼文島を思い出します。
泊まった民宿の料理は新鮮な海の幸いっぱい。
刺身、焼魚、煮魚、カニ、サザエと豪華でした。
P1020562

ks421026 at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月20日

ヤマやってます。

f8d7fcaa.jpg






ヤマはいいっスね〜
夫婦共通の趣味です。
体にもココロにもいいんです。
昨年の山行といえば、なんといっても北海道・大雪山です。
コースは銀泉台〜赤岳〜白雲岳〜北海岳〜黒岳〜層雲峡で
山中テント泊。天気に恵まれてラッキー!
今年は家づくりで忙しくなるだろうけど、行くど〜
・・・行けるのか〜・・・



ks421026 at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)