家造り:工務店選び

2009年06月15日

だんだん夢がカタチに・・・

梅雨入りっすよ。
いやですね〜。でも梅雨があっての夏ですから。

木工事も佳境です。
こうして工事中の現場にお邪魔すると、
大工さんが一生懸命作ってくれてるのがよく分かります。

P1030205
1Fのキッチンです。天板が付くのが楽しみです!








P1030203
1Fキッチン対面の収納です。引き出しのレールも滑りの良くリーズナブルなタイプを選んでもらいました。









P1030197
風呂場です。ハーフユニット+サワラの無垢板で仕上げています。ほんのりいい香りがします。また、上下に窓を設けて積極的に空気の流れを循環させるアイデアを取り入れてみました。














20090613155353
2Fのキッチンです。明るい大きな窓があって借景も楽しめマス。














20090613155342
前回検討していたニッチが出来ていました♪まずは何を飾るんですか?副園長。















20090613153642
ロフトへの階段下にはミニ書斎コーナーを作りました。PCはここに置きます。





ks421026 at 22:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月21日

工務店選び:後期段階編

工務店選び:後期段階編

「こだわりのある工務店が建てる在来工法」という目的がはっきりすると
自然と見学会に行く工務店が絞られてきました。

この頃には予算という大きな壁も立ちはだかってきます。
取り壊しや両親の引越し、仮住まいにも費用がかかるし
二世帯住宅ならなおさらです。

しかし、建てた時からだんだんとありがたみが薄れてしまうより
建てた時はスタートで住むほどに素材が持つ味わいや愛着が増してくる、
「スルメ型(噛むほどに味が出るの意)の家造りをする工務店(失礼!)がイイ!」という
想いが強くもあります。
材質を吟味しながらローコストを追求する工務店も選択肢の一つですが
「スルメ型」家造りという点でどうしてもピンときません。

そこで我々の想いを整理してみると、、、
1.しっかりとしたポリシーを持っているか?
2.1が我々と共有できるか?
3.各スタッフにまでポリシーが浸透しているか?
4.予算問題に対して粘り強く相談に乗ってくれるか?

そうした考えの中で各工務店見学会を重ね、最後まで揺るがなかったのが
創建舎さんでした。予算面での不安は確かにありますが
創建舎さんならきっと見捨てないで全力で面倒見てくれるだろう!と、
勝手に開き直りです。

意思も固まってきたところで具体的な相談を重ね
ラフプランを作成してもらうことになりました。
この時点ではすでに創健舎さんのみに絞っており迷いはありません。

ラフプランへの期待と見積もりの不安が入り混りながら
提案日を待ちました。


おわり。(そのうち、打ち合わせ編もまとめておこうかな〜)


ks421026 at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

工務店選び:中期段階編

工務店選び:中期段階編

「大手メーカー = 安心感と最先端の技術」という概念があったのですが
色々インターネットや工務店選び本などで探っているうちに
小さくても安心感や職人の意気込みが伝わってくる工務店に
眼が留まるようになりました。

我々なりの選択基準は、、、
1.HPや紙面の感じ(誠実さ、ポリシー、こだわり具合など)
2.解りやすさ(どのような工法?施工例など)
3.なんとなく好み


この頃から「木の家」というだけでなく
どんな木の家?という一歩踏み込んだ内容を考えるようになり
SEや2×4も含め我々にとって良い家造りはどれか?
体感することにしました。
この頃から気になる工務店巡りが始まります。
工務店や見学会に行く回数が増えるに連れて
なんとなく自分たちの気持ち中で整理されていく気がします。

例えば、、、
1.構造材は集成材でなく無垢材
2.主要構造材は材質管理の行き届いた国産材
3.出来るだけ自然素材を使いたい

SEは悪いとは思いませんが我々の想いとしては
構造材は無垢のほうが安心感があります。
2×4は合理的ですが合板や接着剤などの影響もあってか
いまいち落ち着きません。
(カミさんはアレルギー体質なので敏感のようです。)
そうなると、我々にとって良い造りとは、
「こだわりのある工務店が建てる在来工法」となります。


工務店選び:後期段階編へと続く・・・


ks421026 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

工務店選び:初期段階編

工務店選び:初期段階編

土地が決まったら次は家造りですね。
当然ながら家に関して素人です。
オイラは専門学生時代、デザインの一環として
建築を習ってましたが覚えているワケありません。
どんな建て方がいいのか?何を基準に判断すればいいのか?
決まるまで何年かかるのか?
全くの手探り状態でのスタートです。

そこで、、、
1.予定地で○○坪の家が建てられそうだ。
2.在来、2×4、鉄骨などの工法がある。
3.外断熱と内断熱がある。
4.高気密・高断熱という言葉がさかんに使われている。

その程度の知識を頭に入れて
近所の住宅展示場に行ってみることから始めました。
会場ではCMで有名なメーカーが軒を連ねており
各社の説明員があれこれ説明してくれるので
最近の流行とか各工法の強みとか色々勉強になりました。
しかし、どのメーカーもデカイ家で広々空間。
我々の生活イメージは全く湧きません。
もっと我々目線に近づいた家造りの現場を見たくなってきました。
また色々な建築知識や工務店の特徴をたくさん知りたくなってきました。


工務店選び:中期段階編へと続く・・・

ks421026 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月20日

工務店選び:いきさつ編

忘れないうちに工務店が決まるまでの経緯をまとめてみました。
工務店探しを始めて「ココだろ!」と固まるまでの約6ヶ月。
意外と早く決まったな〜っていうのが正直な感想です。
では、始まり始まり



「親も年だし。そろそろ同居を考えないとなあ〜」
と、いうのが今回のそもそもです。

条件は、、、
1.小田急線沿線
2.周辺環境がいい
3.土地条件がいい
4.木のおうち

まずは小田急線沿線での土地、環境はあくなどからスタートしました。
現在の土地周辺で新たな土地を見つける案
職場が神奈川県厚木市なのでそちらに土地を見つける案
などなど。

今の土地を売って新しく土地を購入するとなると予算的にも
不便なところか?郊外か?ってことになります。

現在の土地は、、、
1.多摩川まで徒歩3分自然環境よし。
2.駅まで徒歩5分。
3.約50坪の土地で狭いけど南道路沿い。

現在の土地環境を考えると売買にはかなりのリスクがあります。
母親が今の土地から離れたくないというのもあって、
現在の土地に二世帯が住める家を建て替えよう!ってことに
なりました。


工務店選び:初期段階編へと続く・・・



ks421026 at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)