ほんと毎月同じこと言ってるけど、10月もあっという間に過ぎて優待権利確定日に。気がついたら今年もあと2ヶ月。なんか同じことを言ってるうちに年末になって、年越しを迎えて、翌年もまた気がついたら権利日で…となりそうなのが本当に怖い。ちゃんと目的意識を持たないとダメだなあとかなり危機感を持って反省。チクチクと優待銘柄が育っていくのを見るのは楽しいけど、それだけじゃ足りないか。

それはさておき、10月も権利取りお疲れさまでした。自分の10月権利の優待取得銘柄は下記2銘柄。毎度の通り、どちらも現物でクロスなし。

・学情(クオ500)
・オリバー(JEFグルメ1000)

去年までは3年連続学情とグッドコムアセット(3475)の2銘柄で、今年はオリバーが増えたので3銘柄になるかと思いきや、グッドコムが優待廃止になったのでプラマイゼロ。折角貴重な10月銘柄が増えたのに!とはいえ、グッドコムは廃止の代わりに増配&分割なのでまぁ良かったのか。増配後の配当は年間68円予定、計算上のYOCは7.03%と自分の保有銘柄の中でもかなり上位に食い込む数値。分割後は100株売却でもう100株は恩株として保有かなーと今は思ってます。

ちなみに今年の3月にファースト住建(8917)を買っており、優待が1年以上継続保有で4月・10月にクオ500円なので、何もなければ来年は3銘柄になるはず。ただ最近は優待変更が続いてるので捕らぬ狸の皮算用という感じか。やほーファイナンスの優待情報に「2020年4月末実績」とわざわざ書いてあるあたりがどうもザワザワするけど、幸い買値は超えてるので優しい眼差しで見守りたいところ。

そして今気づいたんだけど、ファースト住建は300株以上保有だと優待がクオカードから昆布の詰め合わせに変わるんですね。少しだけ気になるけど買い増す程ではないかなー。もしかしたら今年4月の実績が昆布だったということなのかしら?