喫煙至上主義。

-The Smoking Supremacism.-
日常思う煙草のあれこれを書き綴る。

マジで不愉快すぎるCM。

オヒサで御座います。
皆様煙草は美味いでしょうか?俺は相変わらず煙草は吸えません。
皆様健康に留意して一日でも長く美味い煙草を愉しんで下さい。

さて、今の俺だからこそ言えるし言いたい事がある。

「禁煙外来なんざウンコ以下の存在だ!!!!」

と言う感じだな。
特に最近のファイザーのCM、「親子禁煙講座」って奴に関しては冗談抜きで殺意が湧く。 
ゴールデンタイムのCMでボランティアぶった内容を子供を使った情に訴える形で垂れ流してる、さも「良いことを言ってますよ」ってツラで、マジで死ね糞共。
大体に置いて禁煙に禁煙外来なんぞ一切必要無いし、禁煙外来でやってる事って言わば「煙草に対してPTSDを作って、煙草替わりの噛み煙草や貼り煙草を売りつける」と言った医療を形取った煙草の販売としか言えない、冗談抜きの詐欺行為なんだよ。
真面目に嫌煙の豚共はアレを良いことの様に言ってたが、彼奴ら冗談抜きで頭に脳の代わりにクソが詰まってるから、「ゴールデンタイムに高い金払ってCM打てる時点で商売」って言うサルでも解る理屈が全く解らんのだな。

取り敢えず、JAROには何度か訴えたが、クソ詐欺師共は手を変えてまた噛み煙草を売りつけてこようとするだろう。 











  人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ

オグデンズ・ナット・ゴーン・フレイク

俺は自分で言うのも何だが、かなりのロックマニアなんだな。
で、また何か無いかな〜と色々とAmazonやら何やら見てたんだが、「Small Faces」の1968年の名盤が目に付いた。
「Small Faces」ってのは65年デビューのスティーブ・マリオット率いる「MODS」の雄、まぁMODSバンドと言うとまず挙がるのは「The Who」なんだろうけど、Whoの場合はガチMODSはベースのジョンだけだったと言う話も有るんで、まぁ俺的には「MODS」と言えば「Small Faces」なんだな。 
それは兎も角、なんでこの Blogで「ロックの話」なんだ?と疑問に持たれるかも知れないが、答はジャケットにある。
オグデンズ・ナット・ゴーン・フレイク
スモール・フェイセス
ビクターエンタテインメント
2001-03-07

 そう、これだ、「タバコ缶」を模したジャケットなんだなコレが。
各種解説サイト等を見て「紙巻き煙草」とか「手巻き煙草」とかいい加減な事を書いてあるんだが、コレどう見ても「パイプたばこの缶」だよなぁ、手巻きやシガレットに「フレイク」は使わんだろう、と。
当然68年だから「レコード盤」だったわけで、このアルバムはジャケット自体が「缶」な訳だ。
まぁそう言う特殊なブツだからアナログ実物は結構な高値が付くのだが、このBlogの読者は別の事に気を取られるだろう。

「この銘柄は実在する、若しくは実在していたのか?」

とこんな感じか。

残念ながら このアルバム自体がスティーブ・マリオットとロニー・レーンの与太話から生まれたコンセプトアルバムだし、架空の銘柄臭いけど、どっかの粋な煙草会社が版権クリアして、このパッケージで本物のフレイク煙草を売ってくれたら最高にクールでイカス事だと俺は思う。

まぁここの読者さんの興味の対象では無いかもしれんが、このアルバムの内容は「イカしたサイケポップ」ってな感じで非常に格好いい、良い作品である。
このアルバムからの代表的なヒット曲である。

うむええのう。 







れ〜いじぃさんでいあふたぬ〜なっ!
  人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ

かなりどうでも良い小ネタ。

ここしばらくヤフオク絡みで色々やってきた訳だが、正直イラッと来る出品って凄く多いし、1000円級だと必ず入札して3千円程度で降りる貧乏野郎とかまぁ、何というか阿呆が多いなぁと色々思ったりした訳です。
イラッと来る代表は「無知」の上「調査しない奴」、出品者でパイプを煙管と書く馬鹿が結構な数居てイラッと来る。
物に対してさ、入手した物に対して、調査して「それが何であるか」とか普通知りたくならない?
と言うかそれが無いからこそあんな恥ずかしい文面でオークションに出せるんだろうな。
で、まぁ最近は少ないんだろうが安く買い叩かれる訳だよ。
ビンボ臭い奴が貧乏な訳だ、因果は廻るって感じがして何だかなぁと言う気分だ。

安く出品されたパイプならどんなクズパイプでも必ず入札してる奴らって何なんだろうな?
俺には本気で意味が解らんよ、そんなパイプ集めてローテーション?つーか貧乏臭いにも程があると思うわ、因みに「ビンボ臭い」と「マジで貧乏」は根本が違うからね?
自分の行動が「イカス行動」かどうか考えましょうや、俺の場合は「痛い行動」ではあるがな。

つーかさぁ、業者面した馬鹿って結構な数居るし、今回も数人落札者に居たけど、マジで「本気で馬鹿だろお前ら」って感じで殺意の湧く輩は大体「業者ぶった馬鹿」なんだな。
「俺はもう慣れている、個々の落札者にかまけているヒマは無い」とでも言う感じでやり取りは全てコピペ、こちらの文を確認せずに文面を送ってきた事が完全に解るレベルの馬鹿って言うのが今回3人も居たよ。 
一人には、まぁこちらが落札者だったんだが、限度超えたんで「非常に悪い」と付けたがな。

俺知らなかったんだけど。「スリーナンズ」って国内廃盤だったんだね、 オークションに「パイプたばこの缶」売りますって感じで約十年前の未開封物を三缶取り混ぜて出品したんだが、みるみる内に値が上がって驚いた、それ落札したのが「買い物代行」とか抜かす中国人だった訳だよ、もの凄い失望感だったね。
商品発送のやり取り等で色々蘊蓄垂れるのも楽しいもんで、逆に淡泊な奴は面白くないなと思う訳です。
それが無い事にホント失望した訳だよ、まぁ凄くどうでもいい話だけどね。

因みに「ヤフオク」では煙草の売買は禁止項目なんだが、如何にしてそれを売るかというと。
物品の「オマケ」としたら良いわけだ、だから葉巻を売るとしたら「ヒュミ売ります、葉巻は入ってるかも知れませんがおまけと考えて下さい、売り物じゃ有りません」とするわけだ。
だからパイプたばこやシガレットでも売ろうと思えば、「パイプたばこの缶」として売ったり、「廃盤たばこの懐かしいパッケージ」として売るとか、百円ライター出品して「こちらがオマケに付きます」でも行けない事は無い訳だ。
まぁ最終的には、主催の判断次第ではあるがな。

そんなこんなで売りまくった喫煙具ですが、ダンヒルも残すところシェルのウィンドシールドだけとなりましたw
つか、正直予想通りに「塩漬け」状態になってますが、まぁ慌てて売る必要も無いのでのんびり構えております。
アレ、格好いいけど使い道に困るんだわな、ストライクする人が現れるまで塩漬けで問題ない。

なんか取り留めも無いので唐突に終わろうw








まぁ、愚痴だなこんなん。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ

煙草で健康を計る。

喫煙のメリットとして敢えてコレを挙げていきたい。
なんだかんだ言って煙草の美味い不味いはかなりの部分で健康状態に左右される訳で、葉巻やパイプを嗜む人間なら尚更だ。
ただ漠然と弱い紙巻きを吸ってるだけだと、そう言う健康の判断には使えないだろうけど、俺の例を取って判断基準として考えて貰えば良いかと思う。

基本的には「気分」での判断だ、「今日はパイプの気分では無い」「今日は葉巻の気分では無い」と言う事ね、まぁ気分的に乗らない時というのは基本的にパイプや葉巻が重く感じているって事が言える訳だ、
「え〜?」と思うかも知れないが、「潜在意識的」に重く感じていると言う事で納得して貰って、その回数の頻度で判断が出来るのでは無いかと思う。
「パイプ葉巻を回避する回数の増加=体調の低下」と言えるだろう、その段階で体調を整えるべく日常の節制や、体調の不安箇所を人間ドック等で検査してみるのも良いかと思う、次の段階として紙巻きが不味くなってくるのはもうそれは最終段階、倒れる寸前の体のサインなんで近日中に然るべき医師に相談すべきだし、「煙草吸ってないのにヤニクラが来るなぁ?」なんて時は、それは恐らく心筋梗塞やら脳梗塞のサインなんで即刻救急車呼びましょう。

俺の場合の、喫煙ピークが2010年として、ディアデマとかダブルコロナが普通に楽しめていた時から体力、体調が落ちていく過程を考えると、低下の開始は2011年辺りからだと言える。
先ずはだんだん葉巻のサイズが落ちる、その上で葉巻を吸って「もう満足」と言う感覚が早く訪れるようになんかって来た訳で、途中で置いて消す事が増えた。
パイプも同様でパイプを置いて冷ます、と言うよりも「パイプ疲れ」したから休む、と言う感じになっていった訳だ。
「なんかヤベぇなぁ…」と思いつつ、紙巻きが偶に不味く感じる様に、やたらヘビーに感じる様に成っていって、最後に心筋梗塞、と言う訳だ。

心筋梗塞の症状として、喫煙者には伝えやすいと言えば伝えやすいのだが、朝起きて一発目の喫煙時に血管が縮んで頭がギュッとなる感覚というのに覚えが有ると思う。
アレはアレで「あ〜ニコチンが染み渡るぅ〜」と言う感じで気持ちいいのだけど、心筋梗塞の場合はアレをもっと命の危険を感じる程度に強くした感じで、それにノンストップの冷や汗、左腕の痛み、等々がある、まぁ「煙草吸ってないのにヤニクラ?」ってので覚えておくと良いかと思う。

まぁ心臓やっちゃったら他の病に比べて煙草の負担って相当にでかいんで、マジ禁煙待ったなしなんで、親戚等で自己の心臓病リスクを計って判断の指針にしておくと良いかと思う。
基本的に体を壊しての喫煙は冗談抜きで「美味くも無い」物なんで、煙草を愉しみつつ、それを健康の指針にする事をお薦めする。











「煙草の不味いは体調不良のサイン」
  人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ

葉巻は若いウチに吸えるだけ吸え!

葉巻自体は若すぎるとやけにアンモニア臭かったり、風味が暴れたりするから必要な熟成を取ってピークに楽しむべきだろうけど、葉巻を吸う人間は断然に若い方が良い。
結局所有していた80本ちょいの葉巻はヤフオクで裏技使って希望する人の手に渡ったのだが、正直送り出す時は忸怩たる思いしきりだった訳だ。 
あんな絶版葉巻やらこんな限定葉巻が沢山あった訳で、「何時か吸おう、何時か良いかな?」なんて思っていたらその何時かは二度と来なかったと言う最悪のオチが付いてしまった。

正直、葉巻を吸うには体力が必要だと言う事は、愛好家なら必ず実感しているはず、特に始めたばっかりの頃に葉巻の最後の方はヤニクラで倒れそうになったと言う人は多いはずだ。 
なんだかんだ言って、血管の収縮等は煙草吸わなくても気温の変化等で普通に起こる事で、嫌煙のお馬鹿さん達は「煙草特有の事だ!」とか勘違いしていて、まぁ煙草にしか無い様な事柄でも無いのだが、やはり肉体的に負担にならないかと言えば、間違いなくなる訳です。 
んで、年取って体力が衰えるとドンドンキツくなっていく訳です、実の所、俺がまともに葉巻吸ったのって一昨年の初夏が最後なのよ、実はこのぐらいから徐々に現状の前触れが有ったと言う事です。
一本を楽しむ為の体力が足りてないと言う事は、もっと正直に言うと3〜4年前ぐらいから感じていて、手にとってもデミコロナやプチコロナと言う状況が続いていた訳で、ダブルコロナやディアデマは勿論、ロブストで限界コロナゴルダは無理ってな状況で、自分の体調がヤバくなりつつ有る事はしっかり自覚していたってのが本当の所なんだな、命知らずだったなぁ。

まぁそんなこんなで実際、もっと若い時に葉巻覚えてたらもっと吸えたのに残念で仕方ない、と思う訳ですよ。
俺が言うと説得力出ると思うが、「健康に煙草を楽しめる時間って少ない」ぞ?
健康害した後の煙草って冗談抜きで「楽しく美味しい」物じゃ無い、正直こんな状況でも紙巻き止められないなんて言う人は結構居るが、俺には破滅への道標に見えてしまう、何というか「煙草にしがみついてる」?いやちょっと違うな、「自覚してない」?でも無いが、まぁ正直俺にとって煙草は大正義だがそう言う状況の煙草は「悲しい物」にしか見えない。 
そうか、自分に取って大事な物で有る煙草が「悲しい物」に見えるのが辛く悲しい訳か、まぁそれはそれとして。

若い奴に「葉巻吸え」と薦めると、「いや似合わないから」とか「もうちょっと貫禄出てから」とか言う奴多いが、年取って貫禄出たら葉巻を吸う体力が無くなっている可能性が高い、だからこそ「吸え」という訳だな。
貫禄なんて吸ってりゃ出るし、葉巻を買う経済力も葉巻を買う為頑張って仕事すれば付くんだ。
若い体力を持っているからこそ、強い葉巻に耐えられるし、体にダメージを残さず済むから、実際に葉巻は若者の内にしっかりと骨の髄まで楽しんで欲しいね、おぢさんからの提案だ。














ああ、おっさんは体に気を使いつつ葉巻を愉しんでくれ。
  人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
livedoor プロフィール
最新コメント