今週の土曜日に名古屋の「ステージあうん」で公演する「沈黙の朗読」ですが、まだ少し席があるそうです。水城さんの書き上げた現代人の悲劇!でもあり、その現代人の悲劇を生み出す浮遊感がしっかりと都会に住む一人のサラリーマンを介して描かれています。「それでも僕はやってない」周防正行監督の映画にも似ていなくもないといっても似ていない、まさにサラリーマン自身にも解らない不可解な事件が勃発!果たして、このサラリーマンはどこへ行ってしまうのか?こんな作品に、どう二人のミュージシャンが絡んで来るのか?どうぞ、ブログをご覧の方で「行ってみよう」は、29日夜7時、徳川町にある「ステージあうん」です。しっかり汗も恥も掻きますので、覗いて下さいな?料金は公演のみが4000円、おいしい料理がつくと9000円です。公演のみの4000円はやや高〜い!ですが、まあ、中年4人(照明の杪谷さんもおりました)ですから、老い先短いし、まあ、お許しくださいな?それでも“熟した旨味”はあると思います。イレギュラーで宣伝しました。どうもすいませんでした。日程も迫っての宣伝でした。