2008年03月05日

化粧品会社の求人が充実しているのは・・・

化粧品会社に就職したいなら、化粧品会社の求人がたくさん集まっているところを探すのが一番です。

意外と化粧品会社の求人情報が充実しているのが、サービス・販売のお仕事 >> 求人件数40万件 [シゴト.in]です。

実際に求人の内容を見てみると、資生堂、マックスファクター、ソフィーナ、エスティーローダー、モルトンブラウン、オルビス、ロクシタン・・・などなど。他にも会社名を伏せた求人が多数ありました。
外資系の化粧品会社や、勤務先が大手百貨店のお仕事も多数ありましたよ。

正社員を目指すのであれば、やはり紹介予定派遣の仕事を選ぶといいでしょう。
派遣のサイトですが、紹介予定派遣がたくさんあるので、実は大手の企業に採用される近道だったりします。

実際にお仕事をしてみて、職場のことをよく知った上で就職を決められるので、紹介予定派遣はおすすめです。
詳しい情報はこちらです。⇒⇒サービス・販売のお仕事 >> 求人件数40万件 [シゴト.in]

2007年11月28日

化粧品会社のどういう職種を・・・

サービス・販売のお仕事 >> 求人件数40万件 [シゴト.in]

化粧品会社の求人にもいろんな職種がありますね。一番人気なのはやはり美容部員ですよね。化粧品会社の就職といえば最初に思いつくのがこれです。お客さんを相手に、実際にメイクしてあげたり相談に乗ったりと、あこがれる人も多いんじゃないでしょうか。それだけに競争も激しいようですね。

他には研究・開発といった部門があります。これは薬学の知識などが必要になってくるようで、会社によっては有名大学の院卒でないと難しいところもあるようです。ただ、品質管理のほうならそこまでではないようですので、大卒で充分いけるようです。中には文系でも採用されたという人もいるようですから。
あとは営業とか、他の会社にもあるような部署での採用ですね。化粧品会社に入りたいという熱意のある人は、おそらくこのあたりを希望する人は少ないでしょうね。

CMで有名な再春館製薬所などは、電話のオペレーターをたくさん採用しているようですよね。お客さんの相談に乗って、美しくなりたいという欲求をかなえてあげるという意味では、美容部員にも少し通じるものがあるのかもしれません。

美容部員であれば、超高級なお店から、ローカルなところまでいろんな店舗がありますから、プロになるにはいろんな道があると思います。いずれにしても、最初からお客さんにメイクしたりという仕事をさせてもらえるわけではなく、露天のような感じで販売をさせられたり、下積みを積んで徐々にやらせてもらえるようになっていくようですね。個人向け国債

化粧品会社にはどんなところが・・・

サービス・販売のお仕事 >> 求人件数40万件 [シゴト.in]

化粧品会社に就職したい人がまずやるべきことは何でしょうか。やはりまずはリストアップでしょうかね。化粧品会社にも、大手なら資生堂(SHISEIDO) 、カネボウ化粧品(Kanebo)、コーセー(KOSE)、花王、ロレアル(L'Oreal)、P&Gなどがありますね。他にも オッペン化粧品、化粧惑星、再春館製薬所、シャンソン化粧品、ちふれ化粧品、マックスファクター、桃谷順天館、イオン化粧品、ELIXIR・・・とあげれば限がありませんね。
それから、各会社によって特徴やイメージがありますから、自分にあったところを選ぶ必要があるでしょうね。

さて、リストアップしたら次は連絡する段階ですね。あなたの化粧品会社に入りたいという熱意はどの程度でしょうか?断られても心が折れずに連絡しまくるくらいありますか?そこまで熱い人は、募集していようが関係なく連絡して自分を売り込みましょう。熱意はきっと伝わるはずです。募集していなくても、履歴書を送ってくださいというところも結構あるようですから。あきらめずにやり続けることができれば、きっと希望はかないます。

では、そういうのはちょっと・・・という人。求人サイトや雑誌、または化粧品会社のサイトをとにかく調べましょう。タイミングもありますから、すぐにはなかなか見つからないかもしれませんが、根気強くやることが大切です。あとは、アルバイトから入って、本採用を狙うという道もあるようですね。職種にもよりますが、化粧品会社の求人は人気がありますし、競争はなかなか激しいようですね。がんばりましょう。
ボイセンベリー

2007年11月11日

化粧品会社の求人について

サービス・販売のお仕事 >> 求人件数40万件 [シゴト.in]

化粧品会社の求人ってどうなんでしょう?
資生堂とか大手の化粧品会社は、やっぱり厳しかったりするんでしょうか。
化粧品会社の求人についていろいろと調べてみたいと思います。
調べた結果はお知らせしますね。

<気になったニュース>
■10代と30代は活躍 

 スポーツ界では競泳の朴泰桓(パク・テファン)=18=やフィギュアスケートのキム・ヨナ(17)、ゴルフのシン・ジエ(19)ら10代の選手たちが国民的なスターになった。テレビドラマでも『太王四神記』などに出演したユ・スンホ(14)やパク・ウンビン(15)といった10代の俳優たちがブレークしている。Kポップ界のスター、ソテジ(35)、パク・ジニョン(35)ら30代の人気もとどまるところを知らない。マーケティングリサーチ会社「リースPR調査研究所」が8月に13‐65歳の男女1319人を対象に行った芸能人人気調査によると、男性タレント・俳優部門ベスト10のうち、チャン・ドンゴン(35)、ペ・ヨンジュン(35)ら6人が30代だった。今年カンヌ映画祭の主演女優賞に輝いたチョン・ドヨン(34)やキム・ヘス(37)を見れば、「女優の全盛期は20代」という言葉が今や当てはまらないことが分かる。もちろん、芸能界にはRain、イ・ヒョリ、キム・テヒといったキラ星のような20代のスターたちも多く、その数もほかの年齢層に比べて充実している。「それでも最近、10代や30代のスターたちが頭角を現しており、一般の人々の目もそちらに向いている」とSMエンターテインメント関係者は言う。

■主要消費層から姿を消した20代 

 就職先が決まらず失業者グループを形成している20代は、経済力でも10代や30代に圧倒されている。このため、各企業も親から小遣いをもらえる10代と、働いて自分で稼ぐ30代の消費者に注目している。

 各インターネット通販サイトの多くが10代専用サービスを展開している。競売サイト「オークション」は今年8月に10代会員専用のコミュニティースペース「クラブティンプル」をオープン、ネット通販サイト「DアンドShop」は有名美容室のヘアサービスをオンラインで予約するサービスで10代を引きつけている。ロッテ・ドットコムやGマーケットなども10代の顧客をターゲットにした多彩なイベントを企画中だ。「MISSHA」「THE FACE SHOP」といった中低価格の化粧品ブランドも10代に関心を示している。

 かつて20代が主なターゲットだったゲーム業界では今、30代に注目している。8月にゲーム会社「ハンビットソフト」が新規開発ゲームの販売に先立ち、デモンストレーションユーザーを受け付けたところ、21万1967人のうち30代が26.8%の5万6801人を占めた。
(朝鮮日報)

韓国では20代の就職がものすごく厳しいんですね。
化粧品会社も20代から10代へと顧客層を移そうかというのは(そこまでではないかな?)、よほどのことですよね。
新卒の求人がよほど厳しかったんでしょうね。
お隣の国なので、とても気になりました。
アパレルの求人 バイト