コストコでトコトコ

大阪の吹田市にある弘済院第1特別養護老人ホームのエントランスホールに毎日座っているコストコで買ったクマが、ぼそっと会話しています

32A2B22D-6030-472A-95C5-FEB0D9E64A1C

平成29年5月17日の会話

クマA「2015年11月20日から、地下鉄堺筋線で「どうぶつデザイン列車」の運行が開始されている。 天神橋筋六丁目と天下茶屋駅を結ぶ電車だ。日頃、北千里行きにのるので堺筋線だけにはあまり乗らないけれど、久しぶりに乗ったらヒョウ柄ドアの電車に乗れた。17編成中の2編成のみなのでなかなかあたらない」

クマB「さすがに大阪人ですね。天王寺動物園の開園100周年を祝って作られたというけれど、どうみても大阪のおばちゃんに合わせたイメージだよね。」

クマA「でも、豹以外にデザインされている電車ってあるのかな。ゾウ、キリン、ライオン、トラなんかも必要だね」

クマB「それと、もちろんクマも必要でしょう。なんか大阪人にはヒョウ柄がすり込まれていて、入り込むのが難しそうだな」

940C8C28-A80E-4F77-B11B-D45312AE971B

6B353081-114B-411A-9E2D-39350A7FD6FF

平成29年4月25日の会話

クマA「昨夜(4月24日(月))は興奮したね。69歳のおっさんのギターのパワフルで超絶技巧のテクニックに参りました。9人グループの「サンタナ」公演で、大阪市中央体育館のステージが大きく揺れていた」

クマB「久しぶりに生のロックでしたね。お腹にズシンと響く、ドラムとベースの音。ギターとキーボードの織りなすテクニカルなメロディー。声量たっぷりのボーカル。アリーナ席はみんな立ってましたからね。ラテン・ロックの神髄を聴けた。JAZZぽい演奏もワクワクするよね」

クマA「ラテン・ロックのノリは座っては聴いてられないでしょう。でも、コンサートに来ている年齢層は高かったよね。平均すると60歳代かな。奥さんのシンディ・ブラックマン・サンタナは57歳だけど、これがまたすごいパワフルなドラムをたたき出すんだ。全体がノリノリでしょう」

クマB「今回のツアーは、カルロス・サンタナの他に以下の8人。シンディ・ブラックマン・サンタナ(Ds)、ベニー・リートヴェルド(B)、カール・ペラーソ(Per)、アンディ・バーガス(Vo)、トミー・アンソニー(G/Vo)、デイヴ・マシューズ(Key)、パオリ・メヒアス(Per)、レイ・グリーン(Vo)。パーカッションも最高だったね。打楽器が3人もいるとリズムが踊っているように感じた。」

クマA「当日のセットリストは、後日明らかになるけれど、誰もが知っている曲は一体感があって良いよね。
 Maria Maria
 Foo Foo
 Black Magic Woman
 Smooth
 Love, Peace and Happiness(The Chambers Brothers cover) 」

クマB「話は変わるけれど、ロックに開眼したのは、やっぱり、グランドファンクレイルロードでしょう。彼らの曲を浴びると当時のBEATLESなんかもぶっ飛びましたからね。」

クマA「1971年7月18日のなんばの大阪球場でのグランドファンクレイルロード公演は、前日の後楽園球場での雷雨の中敢行した伝説の公演の余韻を帯びており、しかも大阪公演も雨だった。この公演以降、球場の近所から苦情が来て大阪球場でのロックコンサートはできなくなったが、それぐらい巨大な音量が球場全体を渦巻いていた。これぞハードロック、もう最初から最後までみんながのりにのっていた。会場の一体感とエネルギーが、当時の閉塞した時代をぶっ壊す希望を観客に与えていたように思う。こんな伝説の公演に参加したことが、みんなやっぱり記憶に残るんだよね。」

クマB「今日は昔の記憶が身体から蘇るような経験をした。やっぱりたまには大音響でロックやジャズを聴くのも良いことだね。元気になれる(^_^)」

3A2D08B8-8D70-48C3-9224-1B2D037A5399

6F597EFF-FAB3-4304-BC55-E26D557FB187

8EA8516C-BB8E-475C-9577-0B320B3C06C0

84D292D7-B615-4726-999C-D389773B9CD7

019827CC-2691-479B-AFE9-85950792DA54

B74A94DF-E283-47B3-9271-D5F3BD7A7D9F


811DD998-A82E-4D98-9BF4-53821C2ABA42

536D6FD3-CC63-4ED0-930D-718546B8EFB8

D4B499B3-E484-4CF7-9884-7FD4568CD167

35F10928-9A73-4531-A22C-30B35A73D4AF

E719C734-13B1-42B1-A701-3886EBA60DAA

AABD74B2-06E6-4FF4-A683-F08E61091F0A

サンタナ公演はスマートフォンでの写真撮影はOKでした。

WEB上で紹介されていた大阪公演のセットリスト。
2017年4月24日(月) 大阪市中央体育館
  O Paradiso
  Are You Ready People
  Love Makes the World Go 'Round(Deon Jackson cover)
  Maria Maria
  Foo Foo
  Corazón espinado(Santana feat. Maná cover)
  Incident at Neshabur
  Jin-go-lo-ba(Babatunde Olatunji cover)
  Evil Woman
  A Love Supreme(John Coltrane cover)
  Orinoco / Rain / Kate / La Jean
  Right On / Umi Says
  Black Magic Woman/Gypsy Queen
  Oye como va(Tito Puente cover)

  Soul Sacrifice
  Smooth
  Love, Peace and Happiness(The Chambers Brothers cover)
  

IMG_9736

平成29年4月23日の会話

クマA「2カ月間僕たちの会話が途切れてしまったけれど、原因は花粉症なんですね。二人ともこの時期は花粉症で頭がぼぉーとして働かなかった。毎年困ったものです。アレジオンやアレロックも飲んでいるのだけど、思っているほど効果出ていない。もちろん、鼻水垂れ流しのようなきつい花粉症状にはなっていないが、頭の中では思考停止の状態が続いていたんだ」

クマB「そうだよね。あの後はゆっくりと読書しかなかったね。森友学園問題なんかが話題になっていたけれど、それこそ何が真実で何が嘘なのか見えてこなかった。そんな中で、村上春樹の「騎士団長殺し」を時間をかけて読み終わった。久しぶりの村上体験は極上のケーキのように美味しい時間だった。読み終わるのが惜しかった。やっぱり、村上春樹を読まないと現在の文学を語ることができないと思った。確実と思っていた現実が、何かを契機にして溶解してく様は現代社会では十分に起こりうることなのだと思う。しかも、今回はラストに救いがあるのがうれしい」

クマA「ところで今日は家族のみなさんを対象にした試食会が行われた。鰻丼、美味しかったね。参加者からは800円を徴収したけれど、少なくとも1500円ぐらいの鰻丼定食(控えめな表現です)には見えたと思う。年2回の試食会にはいつも家族が60人あまりが参加してくれて、食事に対する意見がいただける。貴重な機会なのでこれからも続けていきたい。今回も美味しかったという意見が多かった。利用者のみなさんも鰻好きですからね。」

D411BA70-91EB-42DC-B751-80FB661592BC

クマB「ところで、試食会っていつからしているか知ってるかい。弘済院第1特養を大阪市から指定管理者としてみなと寮に運営が任されたのは、東日本大震災のあった平成23年(2011)の4月だった。そして翌年の4月に第1回目の試食会を実施したんだ。ご家族のみなさんに、施設の食事って美味しいですよと宣伝する意味もあって、この試食会を始めたんだ。なんとなく、病院や施設の食事って不味いと決めつけている人がいるけれど、そんなことはないと言うことを伝えたかったんだ。」

クマB「ついでに今までの試食会の資料を管理栄養士にもらったので紹介したい」


弘済院第1特養の試食会の歴史

第1回 平成24年4月8日(日) 家族会総会後
献立名:海鮮ちらし寿司、炊き合わせ、菜の花の和え物、すまし汁、いちごプリン
参加人数:37名
材料費:徴収なし

平成25年4月9日(火) 家族会役員会の日に役員の方を対象に実施
献立名:ごはん、焼きたてパン、月見ハンバーグ、シーザーサラダ、コーンスープ、レアチーズケーキ
材料費:徴収なし

第2回 平成25年4月27日(土) 家族会総会は4月13日(土)実施した
献立名:豆ごはん、刺身(中トロ、たい、サーモン)、天ぷら(玉葱、たけのこ、なす、ミニアスパラ)、青菜のポン酢和え、茶碗蒸し
参加人数:44名(申し込み:53名)
材料費:徴収なし

第3回 平成26年4月19日(土) 家族会総会後
献立名: 山菜ごはん、お刺身(マグロ・鯛・甘エビ)、若竹煮、吸物、饅頭
参加人数:54名(申し込み:60名)
材料費:350円

第4回 平成26年12月10日(水)
献立名: 海鮮丼(マグロ・たい・ブリ・甘エビ・いくら)、かぶと油揚げの煮物、すまし汁、デザート
参加人数:56名(申し込み:60名)
材料費:350円

第5回 平成27年4月25日(土)  家族会総会後
献立名:カツカレー、野菜サラダ、漬物(福神漬け、らっきょう)、ヨーグルト
参加人数:59名(申し込み:66名)
材料費:350円


第6回 平成27年11月19日(木) マグロの解体ショーの当日に実施
献立名:ごはん、マグロ3種盛り、なすの味噌煮、すまし汁
参加人数:47名(申し込み:56名)
材料費:500円

第7回 平成28年4月24日(日) 家族会総会後
献立名:筍ごはん、お造り(マグロ・鯛・はまち)、若竹煮、吸物、よもぎ饅頭、茶碗蒸し
参加人数:84名(申し込み90名)
材料費:350円

第8回 平成28年12月15日(木) 「ぶりの照り焼き」を予定していたが、厨房のスチコンが壊れて献立変更をした
献立名:ごはん、ミックスフライ(海老、椎茸、エリンギ、豚肉)、ポテトサラダ、コーンスープケーキ
参加人数:39名(申し込み:55名)
材料費:350円

第9回 平成29年4月23日(日) 家族会総会後
献立名:うなぎ丼、ほうれん草のお浸し、すまし汁、漬物、う巻き卵、果物(いちご)
参加人数:68名(申し込み:70名)
材料費:800円


クマA「こうやって見ると、なかなか壮観だね。試食会は特別献立を中心に来ていただいているけれど、実際の献立の中にも特別献立は多いわけなので、提供している食事の質はこういう感じですって伝えることができる。これだけ見ていると、ほんと美味しいものを食べているんだと実感してしまう」

クマB「正直なところ、自分家の食卓を考えるとうらやましくなる。お米なんかも美味しいお米をプロが選んで食べ比べできるというのだから、やっぱすごいことをしているのだと思う。有料老人ホームでもここまでできているところは少ないのかもしれないね」

クマA「昨年から実施している、五ツ星お米マイスターが毎月推薦してくれるお米は、適切な値段で断然美味しい。これは他の施設にも教えたいよね。ご飯が美味しいと食欲がそそるからね。家族さんも試食会で、ここの施設の美味しさにびっくりしていた」

クマB「食に徹底的にこだわる老人ホームって、食べ物好きには魅力的だよね」

IMG_9730

平成29年2月24日の会話

クマA「村上春樹の7年ぶりの長編「騎士団長殺し」上下巻が今日発売。やっぱりノーベル文学賞に最も近い作家の新刊となるとどこでも大きなニュースになっている」

クマB「結構好きだけどなあ。初期作品はあまり読んでいないけれど、やっぱり騒がれてからは社会常識として読んでます。2002年の「海辺のカフカ」、2009年から2010年にかけての「1Q84」なんてなかなか良かった」

クマA「今回の本も早速購入。ちょっと字が小さいのが難点だ。職場で誕生日にもらっていた図書カードで購入。日頃はAmazonで買うので久しぶりに本屋さんで買った。」

クマB「読んでみてどうだった」

クマA「最高の睡眠アプリだ。10頁も読んだらもうよく分からなくて寝てしまった(^_^)だから内容の説明ができないよ」

クマB「おいおい大作家をそんな評価にするのはだめじゃないかな。もう少し敬意を払ってほしい。でも、あのなんともわかりにくいストーリーが彼の魅力なんだよね。だから睡眠のお伴と呼ばれても分からないこともないけどね」

IMG_9842


IMG_9732

平成29年2月23日の会話

クマA「ここ最近で一番大きなニュースって何だと思う。金正男殺害事件、豊洲移転問題、森友学園土地購入問題などいろいろとあるけれど、あんなのはすべて事務情勢論であってその時々ではニュースになるけど、本当の意味で世界に影響するわけでもないよね。やっぱり、僕が一番関心を持ったのはNASAの重大発表だろう」

クマB「そうだね。これはものすごい衝撃的な発表だった。生命体が存在可能な地球によく似た惑星を7個も同じ場所で発見したという信じられない発表だったね。新聞報道などをまとめると、みずがめ座の方角、39光年はなれた恒星「TRAPPIST-1(トラピスト1)」のまわりに、地球の0.76~1.13倍の惑星が7個見つかった。このうち6個は地球に似た質量で岩石でできているとみられる。少なくとも3つの惑星は地表に水が液体のまま存在する可能性があり、惑星は恒星からの距離が程よく「ハビタブル(生命が住むのに適した)ゾーン」に位置しているそれ故に、水が蒸発するほど暑すぎたり、凍るほど寒すぎたりすることはないとのことだ。」

クマA「これって二つの意味があって、一つ目は地球外生命体、異星人、宇宙人がいる可能性があることを示唆している。ひょっとしたら地球にもう来ているのかもね。二つ目は地球に何かが起こったとき(全面核戦争、彗星の衝突など地球の壊滅的事態)に移住可能な星があるってこと。でも、これってノアの箱舟と同じで地球人全員は助からないというストーリー」

クマB「実に興味深い発表だ。異星人については昨年85歳で亡くなった元アポロ14号の宇宙飛行士エドガー・ミッチェル(月面を歩いた6番目の人間)が晩年(77歳)にラジオ局のインタビューに答えて、『アメリカ政府は、過去60年近くにわたり宇宙人の存在を隠ぺいしている。また、宇宙人は奇妙で小さな人々と呼ばれており、われわれ(宇宙飛行士)の内の何人かは一部の宇宙人情報について説明を受ける幸運に浴した』と答えている。異星人はすでに地球に住んでいるというわけだ」

クマA「こういう話になると陰謀説じみてくるけれど、やはりどこかに真実が隠れているのかもしれないね。今では異星人なんて言うだけで、おかしなやつだと思われるからね」

クマB「僕は今回のNASAの発表はみずがめ座の時代(2012年12月12日からみずがめ座の時代に突入している)らしい発表だと思っている。この発表を読み解くには、みずがめ座と異星人がキーワードになるのだと思う。これもあまり細かなことを言うと、信用をなくすので言わないが、ここ数年でさらに異星人については踏み込んだ発表があるはずだ。SFの世界が事実として存在していることを認めなければならない時代が近づいているのかもしれないね」

クマA「そういえば、明日の村上春樹の小説発表が騒がれているけれど、「1Q84」って月が二つある世界の話しだったよね。」

クマB「時代は徐々に別の世界の存在の暗示を文学や美術で示してきている。後は科学でどこまで証明するかが問われているんのだと思う。やっぱこんなところでもひも理論とつながるのかな」

↑このページのトップヘ