2019年02月16日

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ コミュニティライフへ
(ランキングを上げて多くの人に読んで頂きたいので1日1回上のアイコン達のクリックもお願い致します)

最近、上のアイコン達のクリックが減っています。
クリックして頂くと順位が上がり、このブログを広く読んで頂けるようになります。
ご面倒でもクリックして頂けると幸いです。


今の日本には学問の場が、属国の末学がほぼ全てで、本学の場がほぼない。
精神武装にも本学の学びが大事。
そのためのCGSとイシキカイカク。

本学は頭の座学だけでなく、心体の体感での学びと習いも大事。
また、「ひとりがたり馬渕睦夫」#10 移民受入問題と日本の危機 ~移民政策はディープステートの世界グローバル化プラン~
で述べられているように、Deep stateへ対抗策には、精神武装や本学の学習以外に、日本の伝統の強化が最重要の要。

その場として荒谷 卓さんの「国際共生創成協会・熊野飛鳥むすびの里」
元、理系で元自衛官で特殊部隊を率い明治神宮の武道館の館長を務められる荒谷さん;wiki荒谷 卓
(あらや たかし、1959年(昭和34年) - )は、現在、「国際共生創成協会・熊野飛鳥むすびの里」代表。武道家。元陸上自衛官(陸上自衛隊特殊作戦群初代群長)。


そして、命の水を護る大事:
日本水源ネットワーク「あらえびす」の活動は、公的機関『日本安全保障・危機管理学会』に推奨されています。 
「あらえびす」伏流水ネットワークの少量で貴重な伏流水は、家庭での飲み水に。
パイウォーターは、大量に使うお風呂や職場などで利用が良いように思います。
2019年01月20日失われた日本文明の水と絹と大麻とマコモそして衣食住の復活へ


本学としての性;
ついに「政治家と性を語れる時代」がやって来ました!

女性に宿る「マグダラのマリア」の伴侶となる男性の条件
補足:
大切なことは、このブログで記載した話を踏まえて、
>各人が自分達の幸福と、同胞意識が基盤の天皇陛下が家長の家族国家日本の国益のために、全ての問題と生物の根幹の性倫理道徳が、
どういうもの真善美妙かを自分の頭で考えて、話せるところで、素朴な疑問と本音で対話することだと思います。
関連情報;飛鳥昭雄・池田整治「日米関係のタブーと世界金融支配体制」p238性倫理道徳の改善による政性分離の大事

***一般社団法人「性・愛・命の学び舎」
代表理事:作家/カウンセラーでもある夏目祭子さん


**神谷宗幣オフィシャルブログ「変えよう!若者の意識~熱カッコイイ仲間よ集え~」Powered by Ameba

**2020年、食糧危機から日本を救う最強の有機農業多収穫・低労働・高収益と安心安全・健康・美味を両立させる究極の農法を徹底指導

**第275話:イシキカイカク大学 伊豆合宿 その5
イシキカイカク大学には、大学教授やフランス人や有名新聞を引退した人もいる。

有名新聞の人は、新聞業界の裏側を、引退しているから暴露してくれた。
新聞業界は新聞を売ることしか考えておらず、真実などどうでもいい。

だから、新聞なんか読んではいけない。

**2018.11.29週刊 事実報道 189号;江戸時代の寺子屋式の教育がこれから重要;
要約と言い換え;
p1; 大人に交じって最先端の課題を仲間と考え抜き、今を生き抜く力を:
今の日本の教育は、150年前の明治維新のやり方。
軍隊を手本に、従順に試験の点数だけを獲得するために学ぶ教育。
その先にあるのは立身出世で、地位や財産、つまり私権の獲得が原動力となっている。

今の時代、社会に出れば学歴だけでは生きていけないのは自明の理。
大人に交じって最先端の課題を仲間と考え抜く、そんな解放した学校や教育組織へ子どもたちをお送り出すことをお勧めしたい。

p4; 今の中高校生の学校には3つの本物、本物の人、本物の話、本物の課題がない。
何故なら、大学を出てすぐに教師になり、実社会で事を成していない今の先生に期待するのは根本的、構造的に無理なのだ。
学校が教師を自前で抱えるというシステムは、早々に崩壊していくと思われる。

将来は、教師はコーディネーターに徹し、3つの本物は、実社会から招聘することになる。
これは江戸時代の、医者や僧侶や商人などが仕事をしながら子どもたちの面倒を見ていた、寺子屋のイメージ。
明治以降の教育観が、今、大転換を迎えているようだ。


**執行草舟先生のお話より;神谷宗幣「もはや無知は罪」;
サイバー戦、情報戦、経済戦で負けたら、実戦の前に国は終わる。
「それでも、人が死なないからいいじゃないか!」という人には、
「あなたはお子さんが、発言や政治活動の自由を奪われ、外国人の資本家の利益のために、
低賃金でひたすら働かされるようになってもいいんですか?」

トーマス・ホッブスの言葉;民主主義社会における悪人とは;
「大人に成長したのに子供のままの者、あるいは子供じみた精神を持った人」。


**2019.1.21;ある方のFacebookより;
要約と言い換え;
***偏差値教育への問題提起;何故日本では戦後偏差値教育が進んだのか?
結論;
戦後、アメリカ並びにロスチャイルドは自分たちに上納してもらえるようにと、日本には彼らに上納できる資源を持たないが故に、
各日本人の生産性を一層上げるのを目的にしていた(人的資源の向上)。

一言で言ってしまえば、それ自体所謂奴隷化である。
悲しいことにそれに70年経った今でも日本人の大半は気づいていないが。
一方で、その真実に気づいて訴えた中川美由紀さん(検索しても他の名前の人が出て存在そのものが消されている)は35年前に逮捕させられてしまった。

更に再度日本が欧米に刃向かうことをしないようにと彼らは我々の考える機会を奪いながら、
連帯感並びに統率力を無力化して、日本の伝統的な道徳までをも破壊して分断化していった。

それに関して、アメリカは日教組という組織を編集し朝鮮人に教育を任せれば、
いとも簡単に日本人がアメリカの奴隷になると確信していた。

確かにユダヤ人は日本人よりも心理学においては200年も進んでいると言える。

***戦前は師範学校、戦後は教育学部について;
1)道徳(モラル)、礼儀挨拶、言葉使い、立ちい振る舞い
2)統率力(管理責任、管理能力;経営学用語)
cf.野球の監督は必ずしも名プレーヤーではない。それほど管理能力がある人材は稀有であるし、そういう人作りは難しい。
3)個人プレーヤーとしての能力(数値責任;経営学用語)

以上の中で、人間社会で身につけるのが最も難しいのは1。次いで2、最後に3である。
だからこそ、戦前はこの順に従って身につけられるようにと、師範学校が置かれたわけである。

しかし、終戦後GHQによって、アメリカ並びにロスチャイルドへ上納できる人材作りが急務となり、3だけに重点を置かれるようになった。
だからこそ、「教育学部」と改組させられたのである。
要するにGHQにしてみれば、知育偏重型の学校作りがメインであったわけである。
それによって、私たちはアメリカやロスチャイルドに上納する奴隷に成り下がってしまったわけである。

それからアメリカは決して日本人に考えさせないように仕組んで利潤が出る研究だけさせて各学生の連帯性をなくした。
それが会議室(ミーティングルーム)をなくした筑波大学の学寮が一例である。
その後、京大の吉田寮が最後に残されているものの、日本の国立大学の全ての学寮は筑波大学化された。

***アメリカの入試制度;
ケネディ大統領は、ハーバード大学へ入学してもペーパーテストだけでは決して優秀ではなかったのだ。
ただ、乗馬ができるとか、社交ダンスがうまいという面接での社交面の得点が高かったからである。

換言するならば、アメリカの入試制度は個人プレーヤー作りを目的にしたものではなく、
世界のリーダー作りが目的となっているからである。
具体的に言えば、ペーパーテストである一定の得点を越えれば、今まで社会に何をしてきたのか、これから社会で何で貢献していくのかという、
面接試験でのポイントの方が合格に大きく左右する。

確かに日本でもそういう風潮になったこともあったが、すぐにアメリカの出先機関である朝鮮人の日教組に潰されてしまった。
とどのつまり、日本の学生に考えてもらっては困るし、連帯感並びに統率力を持ってもらっても困るし、ディベートが上手くなってもらうと困るだけ。
だから、東大出の腰抜け外交官が幅を利かすわけだ。



**総括;
「あらえびす」伏流水ネットワークの少量で貴重な伏流水は、家庭での飲み水に。
パイウォーターは、大量に使うお風呂や職場などで利用が良いように思います。
 
また、古来からの健康食品であるマコモを飲む。

そして、農業は、国産の衛星による、自動運転農耕機などによる大規模農業へ。

衣類は、養蚕業の絹の復活と、大麻栽培の復活により、日本人の保健長寿へ。

住まいは、奥様や子どもは、土地の広い地方での、日本の伝統的な神棚や仏壇を祀るスペースや、地域交流する床の間や座敷や縁側という接客機能がある家に住み、
自然な地域交流の中で、子育てや地域活動を行い、旦那は都市で稼ぐ家族参勤交代制を検討へ。

奥さまになりたい女性は、学生の頃から家庭に入っても続けられる職業を考えて勉強する。

>移民は一時的受け入れを基本とし帰化は厳しくし、「郷に行っては郷に従え」で日本の伝統文化風習に合わせることを基本とする。
National stateは国連は誤訳で戦勝国連合で、ポリティカル・コレクトネスは、ユダヤ思想Deep stateの策謀であることを理解して同意しないこと。
しかし、日本の中枢にDeep stateの手下が蔓延しているので、しばらくは移民流入による格差社会になるが、日本独自の幸せ格差社会の構築を目指しながら、
理念で結束した政党を作るための、良き政治家を多段階小選挙区制を意識して育てる。

>また、明治時代からのキリスト教的な性の罪の意識の刷り込みにより、性や性倫理に関する素朴な疑問の議論も、出来ない空気が、今の日本を支配している。
支配者の強力な二大武器は、本来は当事者間の問題である「性」「金」。これで、支配者たちに都合の悪い人間は、社会的に抹殺してきたと言える。
金に関しては、マスコミは信頼せず、まず裁判所や裁判官がまともかを慎重に監視した上で、金の問題は当事者間で裁判で争った結果を国民が精査できるようにすること。
そして、生物そして人間の根幹である性倫理道徳は、性は罪でなく命である価値観で改善していき、政性分離をしていく必要があると思われる。

故に、生命の根幹の性や性倫理や政治や宗教の話題をタブーとする空気の打破のために、支障のない範囲の素朴な疑問の問題提起と、
CGSなどの本学の情報共有が可能なら行う、生活習慣の構築が最重要と言える。

これを多くの日本人ができる範囲で日々行うことで、徐々に日本に、健全な思想的生活基盤(思想的インフラ)が形成できていくように思われる。

ちなみに日本の国家宗教は、神道(宗主が天皇家、その神事が相撲)。
神道は江戸時代までは、仏教と融合し、神仏習合が一般的だった。
しかし、明治新政府は、欧米の植民地侵略に対抗するため、欧米同様の一神教として、神仏分離し国家神道という一神教体制を作った。
その結果、廃仏棄却が流行してしまった。

今、国家神道という一神教体制の強みを生かしつつ、
神仏和合の修験道を見直し、現代に適した形を考えるのも、陽明学的な観点から善いかもしれない。

日本の神道と仏教は、性質のよく似た神道の天照大神と仏教の大日如来を融合して、
神仏習合を成し遂げた。

これと同じことを個人と神様でやると、心身の衛生上にとても良い。
つまり、古事記の主神の数が多いので、必ず自分に良く似た神様がいる。
その神様と自分を結合すると、神社で祀られている神様の中に、その自分とよく似た神様がいる。
これを古事記オラクルカードを発明した小坂達也さんは「人神結合」と命名されています。

その神社をお参りすることで、自分に似た神様を通して、自分を見つめる(内観)ことが出来る。
また、神社の繋がりも古事記を通して知ることができ、多様な神様を通して自分の改善(修身)の方法も具体的に考えられるようになる。

「受け入れる思想」「大らかさ」が、おそらく1万年前には世界にあったであろう世界的縄文文明の最大の「強み」であったように思われる。
この受け入れる思想の根幹には、自然の中で感じて育った、万物の内に神が宿る八百万(やおよろず)の神の思想があり、
この普遍的な同胞意識を育てる「普遍的同胞意識の体感思想」だからこそ、神は世界の内にあるので、自分の中の神に気づかせるための穢れを祓い清める(教育)思想になったのだと思われる。

これに対して、支配欲の強い人間達が構成した支配至上主義の思想では、神は世界の外にあり、
神と契約した人間は、契約しないできない人間を自分の下にみることが正当化でき、同胞意識を完全に欠落でき、
契約しないできない人間を家畜や奴隷にすることに何も罪の意識を感じることがなく、凄惨な行為を平気で出来るようになると思われる。
これは支配する人間には極めて都合の良い思想と思われる。

受け入れさせる思想では、語弊があるが「善い教育は相手の人生が親善微妙で豊かで幸せになるようにする洗脳」と言えるかもしれない。
しかし、この発想には、詭弁により相手を利用する正当化が生まれる隙があるように思われる。

これに対して、相手の中の神仏を見出して、穢れを祓って清めるという、相手の神仏を「受け入れる思想」ならば、相手を利用する発想そのものが生まれにくい。

結局は、「情けは人の為ならず、巡り巡って己がため」で、ユダヤ人への差別が人類全体に想像を絶する壮絶な災厄として降りかかっているように、
他者を尊重する関わり方の「受け入れる思想」「大らかさ」が真善美妙の原理的に正しいのだと思われる。

そのためには、ポーターの5つの態度の唯一の相手の「非操作の態度」の「共感の態度」の習得も重要と思われる。
この共感は具体的な「受け入れる思想」の態度と思われる。
同感と共感は違う。
同感は、相手の気持ちの中に自分の気持ちを見つけて「わかる」ことで、相手と自分が同一になり、
相手を操作したり依存したりする「受け入れさせる思想」になりやすい。
相手が操作や依存を拒むと、その相手に攻撃的になる。

これに対して、共感は、自分が相手の感情がわからなくても、受け止めて「受け入れる」こと。
補足:ただし、これが成立するには、「相手が良心(同胞意識)を持たない人間や孫子や朱子学の思想の人間」ではないことの、前提条件がある。
これにより、相手との適切な心理的距離を保ち、相手を本当の意味で尊重できる。

また、性は罪ではなく命で、玉(魂・霊)産み。
玉は祓い清めて輝かなくてはいけない。
補足:神武(じんむ)につながる「ぶ」のひとつが相撲や武産合気(たけむすあいき)。

今の日本の問題の根本解決の答えは、昔からの日本の言葉にある。
目の前に答えはあった。それが「穢れ」「祓い」「清め」「感謝」「祈願」「決意」「神」「躾」「忍耐」。

こうして、我々が皇室を支えて、そして皇室が「「おおみたから=日本国民」を大切にする、日本国が生まれた。
これが、日本国がこれまで続いてきた最大の理由。

政治を急いで変える必要もない。
ただ、下の本来の日本人として為すべきことをやって行けば、自ずと政治も日本も変わる。
補足:ただし、政治を意識することは生活習慣に組み込んでいく必要がある。

為すべきこと;
私たち国民にできることは、守るべきものに同一化することしかない。
自分が守るべきものと関係を絶って、守ることなどできるはずがない。

天皇の大御心を奉体(天皇との同一化)
在所共同体の一員として日本文化を体現(自然・郷との同一化)
日常において日本人の伝統慣習を実践して生活(神々との同一化)
補足;
この中に、神社での奉納演ぶを基盤とした「ぶ」(相撲、チャンバラ、巫女舞、武道、舞踊)が含まれると思われる。

>そして、仁を感じて、義が産まれ、礼が育ち、智に目覚め、上下関係の意味を理解し忠を体得し、信が確立し、自分のルーツの親へのあるべき感謝の孝を理解し、
他の仲間との同胞意識の悌そして、善き次世代育成のための善き異性への敬意の貞が生まれる。
自分の子どもだけでなく、仁義礼智忠信孝悌貞により育成された善き同胞や次世代であれば、他人にも真善美妙の「みたま(玉・魂・霊)」の家風(Meme)は伝承つまり輪廻転生できると考えることもできる。
これが本当の意味の親善微妙の不死と言えるように思われる。 
この仁義礼智忠信孝悌貞により、善き容貌辞気と、仏への道ができるように思われる。

>以上により、過度な競争や評価および過度な同感や共感による様々な弊害を抑制できると思われる。

つまり、
>>・伝統的な力=外国人を日本人化する力を発揮すること
>>・外国から来た人やモノを土着化(日本化)する力のこと
>>・この力が今の日本は弱っている
・日本は単一民族とはいえ純血ではなく、外国の血や文化を受け入れて来た歴史がある
;この伝統の力が弱まっているから、移民による国家内国家があちこちにでき始めている。
つまり、日本の伝統の力を強めていくことが、移民の様々な問題を改善する最善の方法!!


>以上より、本来の「受け入れる思想」の日本を取り戻すために、日本の国体である皇室を護るために、
まず、戦後に廃止された宮家や華族を復活させる。

この「受け入れる思想」の家風が残る宮家や華族の方々に、参議院に入ってもらう。
そして、本学を学び習って明確な理念を共有した人たちを増やすとともに、
西部邁さん提唱の多段階制小選挙区で、国益となる政治家を輩出し、政治を本当の意味で身近なものにする。

>更に、
結局、国連などでの国際的な争いは、結局、コネ(互恵関係か友人)。
他の国は、このコネを作るために、国家予算をかけて人材(NGOや委員会の委員)を送り込んでいる。
日本だけが、この人材を国連や国際社会に国家予算をかけてに送り込んでいない。
国際社会は、コネの世界。
国際的な争いに勝つためのコネを如何に自分たちのところに持ってくるかで、
世界は国家予算をかけて激烈に争っている。
「法律論や意見を言って真実を」と言っている時点でズレている。
皆んな、国家予算をかけて、ハーバード大学などに留学させて、
コネを作らせていかないと、マスコミなどの情報操作で負けてしまう。

活動をしていて、怖い圧力をかけてくる人は、無駄に反応しないことが最善。
そうすると、彼らの活動資金が底をついてきて、反日工作をできなくなるから。

つまり、日本の親日勢力は口だけでなく海外コネ作りと地道な現場活動へ。

以上が、今も続くGHQ(コミンテルン&グローバリスト)が構築した日本滅亡の総力戦の仕組みに打ち克つ方策と思われる。


>この方策の実現のためには、一番重要な教育を、文科省から、江戸時代の寺子屋や私塾の現代版の、フリースクールや私塾や文科省からの補助金をもらわない私立大学などに取り戻すことが極めて重要と思われる。
>また、文科省は、少なくとも単線の進学ラインでなく、複線の進学ラインにする、及び学校のクラスで一番出来る子供が、政治家や起業家になりたくなる教育を行うようにしていく必要がある。
こうすることで、学びと習いの場の学校が、支配者のための属国の末学でなく、独立国の本学を学ぶ場となり、自然と三昧=ゾーンに入れる夢中になれるものを探し対話し議論し深める場となる。

>そして、穢れ祓いと清めの最大の神事でもある、神社での祭りを盛り上げ、結びがたき人との非日常の結びの場を作り、日常の人との結びへの橋渡しとする。
この祭りで、穢れを祓いと清められると、善い流れでのまつり(政り)の基盤ができ、多段階制小選挙区が具体的に出来上がっていくと思われる。

また、ステージ理論のステージは、心の有り様に伴い、社会的地位が上がるので、
社会的地位主体の心の理論と言えるかもしれない。

これに対して、一円相による人の「結び」の思想は、心の有り様主体の理論と言える。

だから、「ステージ理論」はあるべき社会的地位の「人の有り様」の理解として、一円相による人の「結び」の思想は「心の有り様」の理解とすれば、
ステージ理論の思想と一円相による人の「結び」の思想は、両立できるように思われる。

更に、天分の概念は、「鶏口牛後」と「寄らば大樹の陰」のせめぎ合いの中にある。
真善美妙の鶏口や大樹でなくては、善い状態で永続きはしない。

ゆえに、1流2流の評価でなく、ステージ理論ですらステージの概念そのものを捨て、
「天分」の「役目」に「最善を尽くす」「覚悟」考え方が、天道人道として、全人類に普遍的な真善美妙の考え方のように思われる。

この思想を基に、教育勅語の実践を試みるのが最善と思われる。
すると、立場が上になるほど、自然に頭が垂れてくる。

しかし、1流や2流の考え方が気分がいいから、どうしても人は、この考え方に引っ張られやすい。
また、結び難き人を結ぶには、善き仕組みと善き素行と容貌辞気が必要。

この善き仕組みは、天皇家や皇族や華族に(天皇機関民本主義)、もしくは共産党にならないように注意した多段階小選挙区制かもしれない。
また、これらを実現するための、本学の学習での、善い理念による、強い組織力の政党の構築かもしれない。

更に民主主義でなく、民本主義でも重要な、三権分立の中で、立法(政治家)・司法(法の策定)・行政(法を施行する官僚)の中で、
工作員が蔓延している司法の法務省や裁判所や裁判官(特に最高裁判官)の人材と体制に関して、特に注意を払い、改善していく必要があると思われる。

>ただし、以上は、言うは易し行うは難し。
しかし、日々是好日、日々是修行で、自分の最善を尽くし、死ぬ時の仏を目指して、できるだけ楽しく精進して行くことが肝要と思われる。

ちなみに、中共は、内部の権力闘争が凄まじいので、周りが策謀に騙されなければ、自滅する。



 にほんブログ村 ライフスタイルブログ コミュニティライフへ
(ランキングを上げて多くの人に読んで頂きたいので1日1回上のアイコン達のクリックもお願い致します)

最近、上のアイコン達のクリックが減っています。
クリックして頂くと順位が上がり、このブログを広く読んで頂けるようになります。
ご面倒でもクリックして頂けると幸いです。


**「deep stateとは」で検索ヒット;ディープ・ステートの意味と陰謀論
公開日 : 2018年10月23日 / 更新日 : 2018年10月24日


**人工知能による人間管理の仕組み起動開始?

*** NHKクローズアップ現代;個人情報格付け社会 ~恋も金回りもスコア次第!?~
2019年2月12日(火)
学歴や職業、購買履歴に交友関係…こうした個人情報をAIが解析、点数化し一人ひとりを「格付け」するシステムが世界に広まっている。中国では格付けスコアを基準に結婚相手を探す人や、家賃が当面無料になる恩恵を受ける人が現れるなど社会の隅々に浸透。日本でも、睡眠時間や食生活、読書や散歩の習慣といった多様な個人情報からAIが割り出したスコアによって、低金利で融資を受けられる新たなサービスが始まり若い利用者が増えている。「個人情報格付け社会」の到来で、世界や私たちの暮らしはどう変わるのか迫る。

出演者
宮田裕章さん (慶應義塾大学教授)
武田真一・鎌倉千秋 (キャスター)

要約と言い換え;
中国では、どうやって格付けしているかはブラックボックスの人工知能で、人間の格付けスコアを行い始めた。
そして、スコアの低い人がSNSで友人だと、自分のスコアが下がるので、スコアの低い友人は、友人リストから削除するようになっている。
こうして、スコアの低い人は、社会から弾かれていく。

日本でも、このスコアの方式の導入が検討されている。

*** 宮田裕章さん;医療政策・管理学教室 慶應義塾大学医学部
医療政策・管理学とは
医療政策・管理学とは、医療においては、政策(policy)に基づいて管理(manage)する必要があることから令名された学問領域である。Policyは「政府の策」と日本語で訳されており、確かに政府の政策によって医療のあり方は大きく変わる。だが、それだけでなく、policyには基本方針という意味もあり、医療機関においては医師を始め職員の提供するサービスの質を保証し、公益性を優先するという理念に基づいて管理する必要があることにも由来している。





**【FAKEBOOK BUSTER】遂に!『はすみとしこの裏世界』が発売開始されました! 
2019/02/03 23:22
2月1日に遂に!『#はすみとしこの裏世界』が発売開始されました

「大人の事情」で、出版社からの出版の審査をパスしなかった作品と、新たな描き下ろしで構成されています。
「大人の事情」破りの加藤清隆氏特別監修での自費出版です。

本体 1,000円(税込) 

**韓国がでっち上げた慰安婦問題(最近は更にでっち上げ徴用工)の日韓合意について;REIKO CHIBA
@CHIBAREI_DURGA
 2019/02/13
「合意書が何十件あっても何だというのか」
「被害者の最後の容赦があるまで謝れ」(国会議長談)

…。

一旦合意したとしても、お代わりし放題。永遠に謝罪と賠償を続けろと言うわけだな。許すまじ!

**チャンネルくらら
@chanelcrara
 2019/2/14
日本も韓国に次ぐくらいロビーイング費用をかけ、ロビイスト登録数は中韓より多いらしいけれど…
貿易とか観光の話が多いのかな?


**シャープ買収事件 その2  深田萌絵
Official Fukadamoe
2016/03/09 に公開
深田萌絵がシャープ買収事件の解説を始めてから、Yahooコラム削除、アメブロ削除、DDOS攻撃などの言論弾圧が始まりました。すっぴんですみません。化粧ポーチも忘れてました。

要約と言い換え;
シャープを買収した台湾の暴力団組織のトップが、政党の党首となった。
台湾もかなり末期的症状。

**深田萌絵
@Fukadamoe
 1月18日
その他
ファーウェイは三菱UFJ銀行も支配してる。三菱UFJ銀行は、ファーウェイの要望が通り、私の口座から預金を横領し、勝訴した今でも返金してこない。


**【徹底解説】中国の5G覇権を絶対阻止せよ!【WiLL増刊号 #06】
WiLL Moe Channel
2019/02/02 に公開
チャンネル登録 3800
深田萌絵の直言 辛言 暴言ですが何か!【WiLL増刊号 #06】

深田萌絵さんの著書『日本のIT産業が中国に盗まれている』が大増刷絶好調!

00:25 深田氏の元にスパイ工作を仕掛けた男が、ファーウェイ関連企業の取締役に出世していた!?
08:47 昨今話題の「5G」。一体4Gと何が違くて、どんな危険性があるのか。

中国が5G覇権を握ったらどうなるのか。その危険性に警鐘を鳴らす!

書籍『日本のIT産業が中国に盗まれている』の詳細はこちらから↓
http://web-wac.co.jp/book/tankoubon/1462


要約と言い換え:
以前にファーウエイの社員だった人に聞いたら、
ファーウェイは開発予算をほとんどつけてないので、誰かの技術をパクるしかない。
情報を盗み出した社員がボーナスを貰えたり、出世したりする。

以前に私のところにスパイ工作を仕掛けた男は技術計画の部長だったのに、スパイに成功して、今はファーウエイ関連会社のスカイコムテック社の取締役に大出世していた。
しかも、人工知能チームの取締役も彼。

トランプ大統領とソロスとの攻防;
ジョージ・ソロスは、ユダヤ人の世界有数の投資家で富豪で、反トランプとして知られる。
当初はソロスは中国の習近平と、共通の敵のトランプがいて、仲がよかったが、今は、仲違いをしている。

以前にアンティファ(Antifa)というアメリカで活動する暴力的な極左団体が、
アンチファシストとして反トランプでデモをしていた。
しかし、今は、同じ団体がソロスに金払えとデモしている。
これはこの団体の反トランプのデモに支援していて、お金を払うのを渋ったからと思われる。

ソロスが昔は仲よかった習近平と仲違いをしているのは、中国共産党がGAFA(Google, Amazon, Facebook, Apple)と通じ始めたから。

5G覇権とは、中共によるほぼ完全なる世界の監視社会化を阻止するための、米中の諜報戦争。
何故なら、サーバーがスマホの情報を吸い上げること=アップリンクの速度が、毎秒で4Gではメガが、5Gではギガで、約1000倍の毎秒数GB。
つまり、1秒つながれば、スマホの情報のほぼ全てを吸い取れる。
(サーバーからスマホに落ちるダウンリンクはこれまで通りに十分に早いギガで大きくは変わらず、問題ない。)

中国は、これを完成させることで完全なる監視社会を作り、AIを使った機械学習で、要人の交友関係などがダダ漏れになり、要人をはめたり操ったり出来るようになる。
補足;必要があれば、適宜、社会的精神的肉体的に抹殺できる。

こうなったら、もう要人だけでなく我々全てが何も逆らえなくなる。

これを阻止しようとしているのがトランプ大統領。

**【深田萌絵】サイバー攻撃から国を守れ!【WiLL増刊号 #011】
WiLL Moe Channel
2019/02/12 に公開
チャンネル登録 6128
深田萌絵の直言 辛言 暴言ですが何か!【WiLL増刊号 #011】

知識のない警察、遅れる法整備、技術開発予算の少なさ──サイバー攻撃に丸裸な日本。
国はサイバー空間を守るため、施策を尽くせ!

要約と言い換え;
日本のITに関する法律は、LANがない頃のもので、サイバー攻撃は実害がないと言って警察は対応しない。
サイバー攻撃でサーバーやパソコンが壊れて実害が出てもサイバー空間関連の実害は法的に認めていない。
全く技術発展に追いついていない。

サイバー空間は軍事。
サイバー空間の基盤のインターネットは、今、日本は官公庁も含めて、半分はファーウェイ。
インターネットも、軍事と同様に、陸海空として宇宙と分かれている。
この内、日本の宇宙以外は、ほぼ中国のファーウエイに抑えられた。
だから、次は、中国は日本の宇宙も、ファーウエイで抑えようとしている。

アメリカのシリコンバレーもサイバー空間は、軍事の諜報の最重要空間なので、予算がたくさん来ている。
そもそもインターネットは、電話回線がツリー状で頂点は1つで軍事的に極めて脆弱なので、軍事的に最強の無数の頂点の連なりの構造で作れた。
今も昔もシリコンバレーは軍事転用できるから伸びている。今のブロックチェーン技術も軍事から来ている。

だから、日本学術会議が2017年に軍事研究に対して慎重論を発表したのは、寝ぼけているの一言。
また、日本の政府のサイバー空間対策で、今からハッカーを育てると言っている。
完全にずれている。
ハッカー育てるのに何年かかると考えているのだろうか?
ものを知らない人間が政策を決めている。

これからは、ハッカーはAIで撃退すべき!
また、サイバー空間で実害が出たら、物理的実害と同様に扱う法改正をまず行うべき。
そうしないと、サイバー空間は法的に守れない。

今の日本の法律では、サイバー攻撃で実害(壊されるので証拠もなくなりハッキングされたと言えなくなる)を受けて報復でやり返したら、
待ち構えられてハッキングしたとして弁護士と示し合わせて被害者のこちらが加害者にされてしまう。
だから、まずはサイバー空間にも「正当防衛権」を。

日本で安全に暮らせるのは、日本にきちんとした軍事力があり、国民を守れることが大前提。
これが、今、大きく壊れている。
特に、サイバー空間は、ほぼ丸腰。
個人情報抜かれまくりで、サイバーアタックは受けまくり。
国がサイバー空間を守るための、人工知能の開発をするべき!!

大使風
1 日前
杉田議員、和田議員、丸山穂高議員と繋がってるようなので安心してます。老害を相手にしても時間と労力の無駄。政府も漸く反撃にに出てきたようなのでここで一気に攻勢に出て欲しい。高市議員がサイバー対策をやってるようなので此をみて欲しい。

Kibitaki
1 日前
国は深田萌絵さんをサイバー攻撃対策アドバイザーに迎えるべきですね。政治家も官僚も無知なのか買収されてるのか知らないけど国家の危機を放置してるのは利敵行為です。


**【深田萌絵】中国に狙われる日本企業 -企業買収と国の安全保障【WiLL増刊号 #012】
WiLL Moe Channel
2019/02/14 に公開
チャンネル登録 6246
深田萌絵の直言 辛言 暴言ですが何か!【WiLL増刊号 #012】

中国による企業買収は安全保障に直結している。
事実、日本の半導体技術が中国に流出したことが中国の経済的・軍事的台頭を招いたと言える。
政府は早急に日本版シフィウス(対米外国投資委員会)を創設し、外国からの企業買収に備えよ!

要約と言い換え;
政府は早急に日本版シフィウス(対米外国投資委員会)を創設し、外国からの企業買収に備えよ!

中国は、紫光集団というあの清華大学が経営する半導体関連企業グループの中心企業で、半導体企業ばかりを買収しているファンドがある。
これをアメリカは親中の民主党政権の時ですら、このシフィウスがダメと買収を阻止した。

アメリカは基本的に右も左も一応は愛国。
日本は右が愛国だが、左は売国(Deep stateの手下)。

日本の優れた技術は軍事転用されやすいのに、その危険性に対して対策していない。

例えば、東芝を買収した中国のファンドには、東芝が危なくなる原因の、東芝から技術を盗んだ韓国のSKハイニックスという会社が参画している。
つまり、自分の技術を盗んだ会社に、経営を任せるということ。

アメリカなら、SKハイニックスから罰金をとって、アメリカ内の流通は禁止する。
また、シャープを買収した台湾のホンハイという会社も、親日台湾と日本人は勘違いしているが、実態は台湾の顔をした反日の中国企業。
そこで、私が記事を書いてWillの投稿したらホンハイに売るのはやめになったが、上のSKハイニックスという会社に買われた。
このSKハイニックスは、パナマ文書にも名前が出てる会社で、租税回避地を経由しているので、黒い会社の可能性が高い。

日本には、外国から来る資本のお金が本当は誰の金かを調べる機関がない。
日本の技術力が中国に、これで流れた。

日本に日本版シフィウス(対日外国投資委員会)があれば、これは防げた。

今、買収後の日本のシャープは一見、売上が上がって良かったねとなっている。
しかし、実情は、下請けが阿鼻叫喚。
シャープの下請けは、1万2000社だったが、買収後に700社が消えた。
また、帝国データバンクが、シャープの下請けのデータを発表しなくなった。
しかし、シャープの下請けの会社の人たちが私のところに相談にきて実情がわかった。
かなりの下請けの仕事が、ホンハイの関連会社に横取りされている。

つまり、日本のシャープを中国の会社が買収し、日本人をクビにして、中国人や台湾人がシャープに入り込んでいる。
ざっくり言って、日本から年間3000から4000億円の売り上げが消えている。
3年経てば、1兆円が消える。
これはシャープ1社のことではなく、下請けの1万社のシャープ経済圏を考えないとダメ。
政府がお金を支援しなかったから、こうなった。

失業した日本人が生活保護をもらうようになれば、さらに日本の経済への影響が大きくなる。
こう考えると、日本政府が数千億円出して、シャープの首を繋いでも良かったかもしれない。

しかし、経産省の中にも、あんな会社は売ってしまえという売国奴がたくさんいて、シャープなどを守れなかった。
今、他に中国に取られそうな日本の会社はたくさんある。

日本の官僚の売国勢力は大きくて、だから日本版シフィウス(対日外国投資委員会)が作れていなかった。

今の日本の大企業の社長は雇われだから、自分の給料や退職金しか考えない出世競争で勝ち上がってきたサラリーマン思想の社長。
だから、国益や会社の人たちのことを考える理念がない。

それでシャープの会社の社長も億単位の退職金をちらつかせられて、誘いに乗ってしまっている。
これはアナリスト界隈ではすごく有名な話。

しかし、日本の救世主が現れた。
それは、日本政府が全く機能していないので、アメリカが動いて、去年2018.8.13にアメリカのシフィウス(対米外国投資委員会)の、
権限が強化される外国投資リスク審査現代化法(FIRRMA)ができた。
これは日本の27業種へ日本も外国も投資する場合は、アメリカのシフィウスへの事前申告を義務付けた。
つまり、日本政府と日本の企業を全く信用せず、日本の企業も外国(特に中国台湾韓国系)の企業も審査する。
これは中国企業が日本企業を買収しようとすると、アメリカのシフィウスが審査する。
つまり、米軍と自衛隊の関係と同じ。

また、これは米中半導体戦争で、日本の半導体企業が中国に買われていると、アメリカが負けてしまうからの実情もある。

この審査は、中国との合弁会社を持っている会社にも適用される。
だから、佐川グループは危ない。
何故なら、中国保利集団公司という中国の企業グループと業務提携しているから。

ホンハイやアリババや上の会社は、アメリカの人工知能のある会社の20%の株を共同で持っている。
私の会社もシリコンバレーにあるので、その社長とお付き合いから商談してたら、この会社はアメリカ政府命令で閉鎖になった。
売り上げ100億円あったけど、これからどうしようとその女社長が言っていた。

国家の安全保障なので、日本もこのくらいの厳しさがないといけない。

次に来そうなのは、原子力の技術のある東芝、炭素繊維の三菱など。
何故なら、北朝鮮の核ミサイルの炭素繊維技術は日本から流れたと疑われているので。

日本の大企業は脇が甘くて、これまで、北朝鮮に無人機などの軍事技術が流れている。
また、日本の中小企業はもっと脇が甘い。
だから、いきなりアメリカから、調査が入る可能性がある。

東大卒の官僚たちは、これを予想して、もう調査していますと、アメリカへの報告書を準備していると思われる。
しかし、先日の統計問題と同じで、杉田水脈さんも言っていたが、根本的問題は、圧倒的な予算不足と人手不足であり、
こういう報告書の仕事をしているのは女性が多くて夜の仕事はしたがらない。
だから、夜の仕事の人たちの統計調査はできない。だからいろいろな問題が生じる。

この解決法は、帝国データバンクなどに仕事を投げて、お金つまり税金で解決するのがいい。
将来を考えたら、これくらいの投資は仕方がないと考えたほうがいい。

aobamaru 7
1 時間前
今度はショックアブソーバーで有名な「KYB」が狙われているんですかね?
日本企業の不祥事を大々的にメインストリームメディアが集団リンチして
株価を下げようとして買収を楽にする企みに怒りを感じます

shdenkai
16 分前
日本の企業はチャイナの企業を買収できない!チャイナの企業は日本の企業を買収できる。こんな一方通行の経済はない!
アメリカは資本の自由化を認めさせて、ハイテク技術ドロボー強奪詐取を禁止しただけ!
公平公正さを要求しているだけ!


Taro Jyo
9 分前
6年前、NTTdataも数年前に中国人がSIの社員として突然の人事異動があった、その後相当赤くなった。



**防衛産業の振興へ【2月2日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「自衛隊と防衛産業」江崎道朗【チャンネルくらら】
チャンネルくらら(毎日18時更新)
2019/02/02 に公開

要約と言い換え;
防衛産業は第四の自衛隊。
特に、この中でも兵站部門が重要。

舞台構成比は、米陸軍は兵站部門が全体の6割で、戦闘部隊が4割だから正常に機能する。
しかし、陸上自衛隊は兵站部門が全体の3割で、戦闘部隊が7割だから正常に機能していない。
足りない3割分を、兵站基盤として防衛関係の民間企業に多く依存している。

しかし、最近のコンプライアンにより、兵器の宿命の破損に対応するための、在庫保持が極めて困難になり、
ほぼ無償のボランティアで、関係者の多大なる善意でなんとか維持できているが、いつまで持つかは時間の問題の状況に。

つまり、今の日本の国防には、兵站部門の強化が必須。
また、今の働き方改革は、国防に単純に適用してはいけない。
例えば、平時でも兵器が故障して、定時以外は働かせてはいけませんでは、話にならない。

実際の話として、組合の力が強い部署では、ミサイルが飛んでくるところには行かせないと、もめていた。
組合にも色々あり、コミンテルンの影響を受けるところと、そうでない愛国派の組合がある。

防衛省の組合の愛国派「基幹労連」とは私(江崎)は昔から付き合いがあり、よく話を聞いてきたが、
今は、コンプライアンス(法令遵守)の働き方改革により、ボランティアが基本になり、
そのボランティア自体をみてみぬ振りができなくなり、限界にきている。

こういうことを言うと、お前たちは、防衛産業を儲けさせるために言っていると言われるが、
「儲けていない!!!」。

儲けるどころか、赤字になるところがある。
だから、儲けている部署からお金を社内で持ってくると、過大請求事案として叩かれる。
こうしないと回らず、防衛産業を継続できないのに、叩かれる。

では、日本から海外への武器輸出で防衛産業が救われるかと言えば、
それもない。これについては、次回で詳しく。

補足;
公職追放で、日本の中枢に入り込んだ勢力(東大法学部や電通の在日や中共帰化人?)が、
美辞麗句で国力弱体化の法律を作り、マスコミで正当化して実効してきた結果と思われる。

関連情報;
***自衛隊と防衛産業 単行本(ソフトカバー) – 2014/7/23
桜林 美佐 (著)
内容紹介
防衛予算の削減により、日本の防衛産業はいま崩壊の危機に瀕している――。
防衛産業は赤字にあえぎ、企業の誇りと使命感だけで支えられる「ひよわな存在」になりはててしまった。
暴走する中国軍に対抗するため、誰もが日本の復活を願っているにもかかわらず、日本人の無知と偏見が日本の国力を弱め続けている。はたしてこれでいいのか?! 

日本唯一の女性防衛ジャーナリストが防衛産業がかかえる「現場の疲弊」と「技術基盤の崩壊」を徹底検証。
米中の戦力バランスが変わり始める今こそ、日本の守りを真剣に考えなければならない。

出版社からのコメント
日本が誇る国産装備品の数々を、著者自らが現場を取材、実際に搭乗し肌で感じたままをレポート。
日本の技術力の真髄を伝える中で、技術の継承や運用の限界など
今後の日本の将来にも大きく関わってくるであろう問題点を指摘する。

日本の物づくりの原点が集約されて完成した装備品の数々を多数の写真と図版で詳細解説しています。

内容(「BOOK」データベースより)
集団的自衛権閣議決定!広がる自衛隊の役割!戦車、護衛艦、潜水艦、戦闘機、ミサイルはいかに作られ、いかに運用されているか、その知られざる現場を取材!

著者について
桜林美佐(さくらばやし・みさ)
昭和45年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒。フリーアナウンサー、ディレクターとしてテレビ番組を制作した後、ジャーナリストに。国防問題などを中心に取材・執筆。
著書に『奇跡の船「宗谷」―昭和を走り続けた海の守り神』『海をひらく―知られざる掃海部隊』『誰も語らなかった防衛産業[改訂版]』『武器輸出だけでは防衛産業は守れない』(いずれも並木書房)、『終わらないラブレター―祖父母たちが語る「もうひとつの戦争体験」』(PHP研究所)、『日本に自衛隊がいてよかった』(産経新聞出版)、『ありがとう、金剛丸―星になった小さな自衛隊員』(ワニブックス)。
月刊「テーミス」に『自衛隊と共に』を連載。「夕刊フジ」に『ニッポンの防衛産業』を毎週月曜日連載。


***書名 知りたくないではすまされない 
著者名 江崎 道朗
出版社 KADOKAWA
出版年月 2018.12
内容紹介 なぜ日本人は国際情勢の行方を見誤るのか? リベラル、保守派がともに「目を背けたくなるような現実」のなかにこそ、未来を読み解く鍵が落ちている。気鋭の評論家が、エコノミストの知らない国際情勢の読み解き方を伝授する。
著者紹介 1962年東京都生まれ。九州大学卒業。評論家。著書に「コミンテルンの謀略と日本の敗戦」「日本は誰と戦ったのか」「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」など。


**杉田水脈議員を京都地裁に提訴 阪大教授らが名誉毀損で
毎日新聞2019年2月12日 14時50分(最終更新 2月12日 14時57分)

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員にツイッターやインターネットテレビなどで誹謗(ひぼう)中傷され名誉を傷つけられたとして、牟田和恵・大阪大教授ら研究者4人が12日、杉田氏に計約1100万円の損害賠償とツイッターへの謝罪文掲載などを求めて京都地裁に提訴した。

 原告は他に岡野八代・同志社大教授、伊田久美子・大阪府立大教授、古久保さくら・大阪市立大准教授。2014~17年度に日本学術振興会の科学研究費助成を受けた「ジェンダー平等社会の実現に資する研究と運動の架橋とネットワーキング」の研究を担当していた。

 訴状によると、杉田氏は昨年3~7月、自身のツイッターや出演番組などで、原告らが16年に開いたシンポジウムを巡り「活動家支援に科研費を流用している」と発言したり、科研費を使わず原告らが昨年5月に制作公開した動画「慰安婦問題は#MeTooだ!」などを「助成期間終了後に科研費を使って制作した」「国益を損なう」と述べ、名誉を傷つけたとしている。【澤木政輝】

<杉田議員「生産性ない」はナチの優生思想 識者ら批判> 
<杉田水脈議員の差別思考 国民の代表とは呼べない>
<自民党が杉田議員を「指導」 形だけ取り繕う空々しさ>
<首相はなぜ杉田議員をかばうのか> 
<「生産性がない」先輩議員が擁護> 
<杉田氏擁護特集 新潮社社長コメント「常識逸脱した」> 

補足;
この杉田水脈さんへの訴訟は、個人に対して1000万円規模の訴訟を起こすことでの恫喝が本質と思われる。
この実態は、戦勝国連合(国連)にいる日本NGOはほぼ全ての反日勢力で、この国連で日本で始めて親日の発言を日本の親日NGOとして行ったので、
ほぼ全ての反日NGOを敵に回したためのアタックと思われる。
詳細は、以前の下のブログはご参考にしてください。
***2019年01月20日現代社会では知らないことは罪:戦勝国連合(国連)と日本NGOの恐怖の実態




 にほんブログ村 ライフスタイルブログ コミュニティライフへ
(ランキングを上げて多くの人に読んで頂きたいので1日1回上のアイコン達のクリックもお願い致します)

最近、上のアイコン達のクリックが減っています。
クリックして頂くと順位が上がり、このブログを広く読んで頂けるようになります。
ご面倒でもクリックして頂けると幸いです。


**チャンネルくらら
@chanelcrara
 2月11日
チャンネルくららさんがワタセユウヤをリツイートしました
外務省も財務省も、どうせ大臣や首脳は数年で変わる、自分たち官僚こそが国家運営を継続しなくては、という奢りがある。
有権者が選んだ政治家がどれだけ馬鹿にされてるか、ということ。


**CI 調査研究機構設立準備会
@Shimakaze172
元小役人。我が国の自由で公正な社会経済活動に向けられた外国機関の有害な諸工作について有志とともに調査研究し、これを発見、抑止するためのノウハウを広く共有、啓発するためのプラットホームを目指しています。できるだけ多くの人と危機感を共有したいので記事のシェアは大歓迎です。
2018年4月30日
返信先: @kotamama318さん
多数の観光客が来る→観光客相手の商売が儲かる→観光客相手の商売を始めて定着する→本国が彼らを組織する→自治体、地方議員、地元企業をビジネスチャンスで誘惑する→地方議会への影響力を強める→中央政府の要求にNOと言わせるっていうパターンは世界中で現認されてます。
2019年1月26日 21:49 · 
※共産主義は経済的に恵まれた先進国での労働者革命が失敗したことから、歴史、社会、道徳、家族を分断する文化革命からアプローチする戦術をとった。拠りどころを見失い、疎外された個人はイデオロギーに容易く洗脳できるからである。そしてマイノリティを過激化し、それに対するマジョリティの過度な譲歩を良しとする風潮は静かな文化革命を容易くするために彼らによって創造されたものである。戦後、容共GHQの公職追放で空席になったポジションに数多くの共産主義シンパが流入した。時を経て、彼らが相応の地位についた時、文化革命を推進し、この国はほぼ乗っ取られた。抵抗する保守もリアリストに徹することができず、容易く分断されて力がない。経済界は共産主義のパトロンである国際金融資本にいいなりだ。いまだに教育現場が殺戮の歴史で血塗られた共産主義国家に寛大なのは、その証だろう。

take4
@sumerokiiyasaka
 2月6日
アイヌ新法は危ない。アイヌ協会が認定すれば誰でもアイヌ民族になり、生活支援を受けられる利権が存在し「プロ・アイヌ」が税金を食い潰している実態。厄介なのはこれを日本分断に利用しようとする反日勢力(中韓及び反日左派勢力)の暗躍です。詳細は正真正銘のアイヌ系日本人の砂澤陣氏のご著書に。

我那覇真子
@ganaha_masako
元共産党職員で国会議員の秘書もしていた篠原常一郎さんと対談しました。
内部情報を知っている方のお話はびっくり仰天な事ばかり!
沖縄と北朝鮮の繋がり”チュチェ思想“のお話はこれまで誰も話したことがない内容です。身の危険もあるので。どれほど沖縄にチュチュ研が根ざしているのか知ると恐ろしい

上念 司
@smith796000
 2月3日
これはすごい!勉強になった!!→中国共産党の元スパイが激白「俺は日本人情報源をこうして籠絡した」(クーリエ・ジャポン) - Yahoo!ニュース 
中国共産党の元スパイが激白「俺は日本人情報源をこうして籠絡した」
2019.2/2(土) 12:30配信

**チャンネルくらら
 @chanelcrara
https://twitter.com/chanelcrara
 1月19日
なぜ日本は官僚主導なのか。官僚と族議員が事前折衝してつくった予算を国会で承認するだけだから。官僚と与党議員が結託しているので、
>総理が反対しても覆せないシステムに。
官邸主導で政策決定ができたのは小泉内閣。
竹中平蔵氏の経済政策と飯島勲氏の霞が関コントロールが揃い、可能になった。

**深田萌絵
@Fukadamoe


**深田萌絵 本人公式 ITビジネスアナリスト 深田萌絵ブログ
新たなる妨害工作への警告 (119)
2019/02/04 15:44
最近、取材されることが増えてきました(;´・ω・)
そこで、CTOから警告を受けました。

「俺も昔、台湾である人間にアレンジされてどんどんメディアに出ていくようになった。そうすると、社員に不満もたまった。その一方で、資金がどんどん調達できて、上場を果たすことが出来た。ところが、上場して暫くしたら『青幇」と検察に嵌められて、俺は社会的信用を失い、冤罪で投獄されて殺されかけた。社会的信用会がある段階で突然死ぬと、『事件に巻き込まれた』と思う人がいるが、社会的信用を落として逮捕して獄中死させれば「あんな奴、殺されても仕方ないね」と世間は関心を持たないからな」
って。
うーん。怖い!!

>確かに、杉田水脈さんもジャーナリスト時代や野党時代から言ってること変わらないのに、自民党に入った瞬間から、すごい潰しを掛けられたもんね。

>田母神さんも選挙に出なかったら、冤罪で潰されることもなかったのに。そして、本当に証拠はなかったらしいしね!

>昔、若林文江さんと同じ番組にでたことあるけど、テレビ局って彼女を利用するだけ利用して、たたくときは散々たたいた。持ち上げてネタとして儲けて、叩き落してまたネタとして儲けて。究極の両取り。

>あれを見て、人間って怖いなと思ったよ。

いま、開発も大事な時期なので、真面目に本業に打ち込みたいと思ってます。
あ、5Gや人工知能の本なら書いてもいいと思っていて、実は書き始めています。

もう、半分書いたw
出版社は決まってないけどね。深田萌絵と浅田麻衣子の連名で書きたいと思ってます。5Gって何なのか、一般の人は、実はよく理解できていないと思う。技術的な課題がどこにあって、中国が謳う5G技術や人工知能による社会信用制度の何が本当で何がコケ脅しなのかもね。

そして、日本は何をするべきか。
具体的に書いていきたいです。

**深田萌絵
@Fukadamoe
アメリカはトランプのおかげで司法が機能してるけど、日本は私がファーウェイ被害を訴えても警察も政治家も全く動かないもんな。

日本は技術盗まれまくっている。

**深田萌絵
@Fukadamoe
 2月2日
その他
四年前にファーウェイスパイに時価総額10億円の私の会社を潰された。
無一文から二年、新会社も時価総額10億円を超えた。

次は100億円を目指す。
負けたくない。
諦めたら終わり。

日本のIT産業が中国に盗まれている | 深田 萌絵 |本 | 通販 | Amazon
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
深田/萌絵
ITビジネスアナリスト。Revatron株式会社代表取締役社長。早稲田大学政治経済学部卒。学生時代にファンドで財務分析のインターン、リサーチハウスの株式アナリスト、外資投資銀行勤務の後にリーマンショックで倒産危機に見舞われた企業の民事再生業務に携わった。現在はコンピュータ設計、チップ・ソリューション、AI高速処理設計を国内の大手企業に提供している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

**深田萌絵
@Fukadamoe
なんか伸びないと思ったら、中国批判に妨害工作がフェイスブックから来ていた。
Amazonからも、深田の本が届かないとの報告が。
そして、書店にも「深田萌絵の書籍は取り扱わない」と宣言されたとの報告が(・_・;
また、抹殺されるのか。

**深田萌絵
@Fukadamoe
 1月21日
省庁の役人を紹介してもらって、スパイ事件の相談をしたけど、紹介者がその後役人から「あいつ、深田萌絵じゃないか!!バラされるだろ!」と怒られたそうだ。
何がバレたら困るんですか。

**ご心配なく!通報済み (112)
2019/01/21 20:10
盗撮と嫌がらせの件、写真や証拠を残しています。
通報済みです(^▽^)/

日本のIT産業が中国に盗まれている | 深田 萌絵 |本 | 通販 | Amazon
文教堂浜松町店でも平積みして頂いています。

アベ友トンデモ列伝の近くなのが、なんか気になるけどww
盗撮の件を相談したら、「セキュリティを付けましょうか?」とご配慮いただきました。
そもそも日経新聞配達員ストーカー事件をきっかけに今のとこに引っ越してきました。
マンションには一応警備員が24時間いるのと家の前は交番です。
ストーカーにせよ、スパイにせよ。
ス、のつくものはなんだかなぁ。

**深田萌絵
@Fukadamoe
 1月21日
無論、ファーウェイのスパイ事件も現場にいたので警察に通報した。外事警察に回されたが、桜田門から来た担当刑事はファーウェイから接待を受け、その後、事件はなかったことになった。


**深田萌絵
@Fukadamoe
 1月19日
その他
さっそく脅迫文ww
いい身体と言ってくれてありがとう( ^∀^)

**深田萌絵
@Fukadamoe
 1月19日
その他
脅迫文でナイスバディとか言われて
ショック~。
もう少し知能の高い工作員いないのかー

**深田萌絵
@Fukadamoe
 1月18日
その他
Amazonで「深田萌絵」を検索すると、若い時の自分に似たグラドルが何故かヒットする。
やめてくれ

**深田萌絵
@Fukadamoe
よく見たら、深田萌絵の「ツイートの何割かは女性設定を忘れた内容」とか書かれてるけど、実際に会った人にも言われるニャンコ!
親友にもオッサン呼ばわりされているニャンコ!

**深田萌絵
@Fukadamoe
Googleが中国化している証拠ですが、『深田萌絵 IT』という検索で先日まで私の新刊「日本のIT産業が中国に盗まれている」が出てきたのに『深田恭子』に変わりました。

Googleは以前も中国の為に、『深田萌絵』を検索から排除しようとしました。

**深田萌絵
@Fukadamoe
ファーウェイ事件をブログで書き、犯人の一人の写真をアメブロに載せたらブログごと削除され
複数ウェブサイトにはテラバイト級のサイバー攻撃を受け全てのサーバは落ちた。

警察は「実害が無いから被害届は受付ない」と答えた。

**深田萌絵
@Fukadamoe
技術が盗まれ、国がそれを守らず産業が潰れていく。
じゃあ、私たちはどこで働くんですか?
大企業が消えたら、中小も消えるんですよ。

トランプは中国の不正競争から国民を守ろうと戦っている。
日本はどうする?

日本のIT産業が中国に盗まれている | 深田 萌絵

**オウム事件から見えてきた深層;池田整治さん
要約と言い換え;

オウム事件などを自衛隊の「作戦幕僚」の立場で知ったこと;
世界は、ピラミッド構造で、頂点には裏の真の支配者の国際金融勢力(Deep state)がいる。
この下に、表の支配者の米国大統領、政府要人、世界的企業主などがいる。

この下に、この裏の真の支配者を知らず、表の支配者の指示を受けて、国民を直接統治しているのが、
日本の首相、官僚、大企業主、メディアなど。

さらにこの下に普通の人々がいて、裏の真の支配体制など知らずに、真面目に働き、税金などを上納している。

国際金融勢力の中心は国際的な銀行家グループで、欧州の貴族階級と姻戚関係で一体化している。
彼らは、国家の通過発行権を握り、国家を借金漬けにしながら、国家そのものを裏から支配している。

彼らは、彼らの石油部、武器部、医薬品部、食料部、水部門などの世界的企業を通じて、
世界の人口を削減しながら、さらにお金を収奪する。
彼らの目的は、彼らの金融力の元での世界統一。
その強力な手段が、金融力で構築した世界的メディア構造によるマインドコントロール。

その主力であるAP, ロイターなどの配信で番組を作る日本のメディアがどういう報道をするかは自明のこと。

ただ、彼らの金融部門が実体経済でない金融経済で、リーマンショックを起こしてしまい、
彼らの本国と言える欧州や米国を中心に実体経済まで行き詰まって、
現在、実体的なお金を収奪できるところは、実は日本しかなくなった。

そこで、天皇陛下により思想的に最大の強敵である日本人を抹消化(抹殺より恐ろしい自虐的史観による歴史的抹消)しながら、日本から実体的なお金を吸い取る。

この仕掛けの構造に気づかなくては、戦後からの3世代で日本人は抹消される。
つまり、もう後1世代で、次世代から日本人は激減する。

***彼らの日本人抹消化の具体的方策;3つの方法;
共通原理はDNA異常で日本人を抹消化しながら、日本人が働いて稼いだお金は、海をこえてDeep stateのところへ届く。つまり植民地時代は、今も見えない形で続いている。

その1.化学物質漬け;
食品化学物質が日本の卓上にのぼり始めたのは東京オリンピックあたりから。
この頃から健康を害する食品添加物に、日本食が汚染され始めた。
特に大問題なのは1947年の水道法で、水道に蛇口で0.1ppm以上の塩素を含むことが決められた。
塩素はドイツが収容所のユダヤ人を効果的に殺戮するために開発された猛毒。

また、彼らの石油化学部が開発した農薬が日本で大量に戦後散布されるようになった。
特に日本ではメタン系農薬が使われている。

これらは畑、果樹園、水田、ゴルフ場で使われ、これらは水源の川に流れ、
浄水場で塩素と混じる。
そして、各家庭で水道水を沸騰すると、塩素とメタン系農薬残物の化学反応が促進され、
トリハロメタンという猛毒になる。
塩素は沸かして飛ばすという安直な指導が、とんでもないことを生み出している。
これへの対策は、水道水を飲まないことと、活性炭のしっかりした浄水器でトリハロメタンを減らすこと。

その2. 放射能とワクチン;
原発もDeep stateが日本に売りつけたもの。
また、日本のどこで地震が起きても、原発の暴発で、日本人が放射能汚染するように見事に配置している。
補足;しかし、もう設置され、廃棄する方が膨大なお金がかかり、ベースロード電源として、
他に代用できるエネルギー源はまだないので、今ある原発を有効利用するしかない苦しい状況にあると言える。

製薬会社の儲けが大きい予防ワクチンも抗体=免疫力の嘘の刷り込み。
抗体の主な役割は異物のマーキングで、免疫力そのものではない。
免疫力は、異物を分解して体外に出す能力で、主にNK細胞やマクロファージなどの免疫細胞が担っている。
抗体の主な役割は、一度に多くの異物が入った場合に処理できないときに、異物をマーキングするためのもの。
このマーキングを元に、免疫細胞が攻撃をする。

この抗体を効果的に作るためには、免疫力を一度下げる必要がある。
そこで、免疫力を下げるために免疫増強剤のアジュバンドとして水銀やアルミやタンパク質や防腐剤などを一気に入れる。
つまり、アジュバントとは実際は免疫減衰材。
子宮頚がんワクチン(HPVワクチン)は、特に最悪。
もし、このワクチンを子どもに接種しても、ホメオパシーなどで早めに排除すれば良い。

その3.遺伝子組み換え食品;
Deep stateの農業部門の代表企業がモンサント。
彼らは、遺伝子組み換え農産物をモルモットに与えて、遺伝子異常で発病する前の実験経過期間がたった3ヶ月で終えて、異常なしと報告している。
しかし、彼らの影響下にないフランスが実験したところ、100%癌などの異常が発生している。
まだ、日本では、遺伝子組み換え農産物は蔓延していないが、すでに日本で流通している大豆の99%は外国産F1種なので、油断をすると、大変なことになる。

以上のアタックなどもあり、今、現在、若者の平均精子数が1mlあたり、ついに3000万になっている。
以前は、1億2000万。故に、昔より妊娠が確実に難しくなっている。
このままでは代を重ねるごとに、日本民族は抹消化されていく。

ここまでやられているのに、気づかない日本人。まさに異常。

補足;
最近は、空気さえも塩素で汚染させるためのクレベリンも大々的に広めようとしている。
日本の政策は、政治家が決めた大きな方針に従って、官僚が専門家を収集し、その意見をまとめて具体的政策を作る。
しかし、日本の専門家の多くは、ノーベル賞を頂点とした欧米が主体の学界の配下にいる。
ノーベル賞は、実験で追試ができる自然科学系は嘘はバレるので、ノーベル賞の権威付けに利用されていると思われる。
ノーベル賞の真の目的は、Deep stateに都合の良い洗脳のための人文学、政治経済学の学者の権威化と正当化と思われる。

だから、日本の専門家の意見をまとめた政策は、日本のためにはならない場合が出てくる。
さらに、大きな政策の方向を決める一番重要な政治家は、戦後のマスコミや学校の洗脳工作で植え付けられた政治不信で、圧倒的な人材不足。

さらに、Deep stateに邪魔な政治家などの人材は、本来は当事者間の問題である異性と金の問題で、マスコミなども利用して潰す。
もっと大きな問題は、戦後の公職追放で、今も日本の中枢の電通と法務省(東大法学部など)に反日の在日(朝鮮・韓国・中国)や中国の帰化人などが権力を持ったことで、
日本を潰すための法案が議員を通して提出されたり、成立して行く。
というのが、今の日本の実情かも知れない。

Deep stateに洗脳された人間を脱洗脳するのは、極めて困難。
脱洗脳は、MacintoshのOSにWindowsのOSを入れるようなもの。
脱洗脳とは、認知的不協和との闘いとも言える。
特に、自分の価値観でレベルが低いと思っていた人や物事が、実は高いと言われた時は、自分の人生を否定されるように感じて、認知的不協和は耐え難いほどのものとなる。


関連情報
***五井野正;火星計画の目的と地球の大変動

***五井野正;ロシアの火星計画の主任として(二)

***五井野正さんとは

***五井野正博士が池田大作から受けた一念三千論 再検証 論文盗作被害


***五井野正博士の医学シンポジウム発表資料

***五井野正博士の特許 

***五井野正オフィシャルサイト

***また逢う日まで、五井野正博士
2018年02月07日


***書名 天才五井野正博士だけが知っているこの世の重大な真実 
著者名 五井野 正/[著]
著者名 小笠原 英晃/インタビュアー
出版社 ヒカルランド
出版年月 2016.11
内容紹介 ロシアやアルメニアで<日本の神>と呼ばれる知と科学と芸術の巨人・五井野正が、これまで人類が信じてきた唯物的な考え、思考、生命観、科学の<ウソ><デタラメ論>を一刀両断する。


***サルでもわかる子宮頸がんワクチン&遺伝子組換え危険性


*** wikiアジュバント
 (Adjuvant) とは、広義には主剤に対する補助剤を意味するが、一般的には主剤の有効成分がもつ本来の作用を補助したり増強したり改良する目的で併用される物質をいう[1]。ラテン語の adjuvare(助ける)に由来する。抗原性補強剤とも呼ばれ、抗原と一緒に注射され、その抗原性を増強するために用いる物質である。予防医学の分野では、ワクチンと併用することにより、その効果を増強するために使用される。

ワクチンにおけるアジュバント[編集]
2016年現在、日本で流通している日本製ワクチンで、アジュバンドを添加しているものは、小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー:リン酸アルミニウム添加)[4]やB型肝炎ワクチン(ビームゲン:水酸化アルミニウム添加)[5]、HPVワクチン、三種混合ワクチン[6]、四種混合ワクチン[7]がある。

作用機序[編集]
作用機構は様々で不明なものも多いが、以下のように考えられている。
抗原を不溶化することで組織に長くとどめ、抗原を徐々に長期間遊離させること。
投与局所に炎症を起こし、マクロファージが集まり抗原が貪食(食作用)されやすくなり、抗原提示が効果的に行われる。
投与局所や所属するリンパ節の、T細胞やB細胞の活性化を強める。

純粋なタンパク質単独では免疫応答が弱いときに、微生物やその分解産物を混合することがアジュバントとして機能する原因は、微生物由来の因子で表面の受容体が刺激されて初めて、マクロファージや樹状細胞といった抗原提示細胞表面にB7分子が発現するためと考えられている[8]。

種類[編集]
沈降性アジュバント(抗原が吸着する無機物の懸濁剤)
水酸化ナトリウム、水酸化アルミニウム(アラム、Alum)、リン酸カルシウム、リン酸アルミニウム、ミョウバン、ペペス、カルボキシビニルポリマーなど。
病原体やある抗原を吸着し、接種局所病原体を固定する利点もあるが、その性質のため、接種部位が硬結しやすい。
油性アジュバント(抗原水溶液を鉱油で包みミセルをつくり乳化する油乳剤)
流動パラフィン、ラノリン、フロイントなど。
乳濁液にするため粘性の高い液体になり、接種時に疼痛が起きる。体内に散りにくく、そのまま接種部位に残る性質も持ち合わせ、硬結することがある。

不完全フロイントアジュバント(Incomplete Freund’s adjuvant, IFA。パラフィンとアラセルの混合物)、完全フロイントアジュバント(Complete Freund’s adjuvant,CFA。IFAに死滅したミコバクテリアまたは結核菌の死菌を加え、抗原性をさらに増強させたもの)がある[9]。

アジュバントに対する薬害説[編集]
アルミニウム化合物をアジェバンドとして使用したワクチンについては、マクロファージ性筋膜炎(MMF)という問題があるのではないかという仮説があるが[10]、大規模臨床試験の結果は、仮説を支持する結果が得られていない。
2009年の新型インフルエンザの際に、欧州諸国とスカンジナビアでは、インフルエンザワクチン摂取とナルコレプシー(突然眠くなる症状がある)との関連が見られ、研究はアジュバントの影響に言及している[11]。
2004年に、ジェファーソンらが実施したシステマティック・レビューは、アジュバントとして使用されるアルミニウム化合物が、重篤あるいは長期的な有害事象と関連することを見出さず、証拠の品質が低かったにもかかわらず、さらなる調査の終了を推奨した[3]。

その後登場した「AS-04」という新しいタイプのアジュバントが『HPVワクチンによって生じる症状の原因である』という仮説があるが、このことを肯定するにも否定するにも、比較するためのデータは不足していると、2017年のコクラン共同計画によるシステマティック・レビューは結論している[3]。2012年に世界保健機関は、アジュバントとして使用されるアルミニウム化合物と自閉症の関連を指摘する研究には『欠陥がある』と指摘した[12]。

>2011年にショーンフェルドとレヴィンが Autoimmune Syndrome Induced by Adjuvants(ASIA、仮訳・アジュバント誘発性自己免疫症候群)を報告し[13]、2016年までに約4500の症例があり、うち約300例が重症で、220例はHPVワクチンであり、
>重度の症例のほとんどが、HPVワクチン、インフルエンザワクチン、シリコン、鉱油注射(mineral oil injectionの仮訳)に関連する[14]。
>>世界中の様々な医師からの報告であり、様々な自己免疫状態が収集されている[15]。

アレルギーにおけるアジュバント[編集]
「アレルゲン#ハプテンとアジュバント」も参照
花粉症などのアレルギー疾患において、アレルゲンによる抗体産生能を高める物質もアジュバントと呼ぶ。例として、ディーゼルエンジンの排気ガス中に含まれる粒子状物質の関与が考えられているが、機序の詳細は不明。

******アジュバントで不妊にはならない(笑
要点抜粋;
書いている人は中途半端な知識でいろいろ大げさに書いていますが、百害あって一利なしだと思います。
厚労省が辞めたのは当たり前ですが、副作用が思ったより多く発生している可能性を考えてだと思います。
不妊の事なんか、この短期間で分かるはずがないではありませんか(笑
それならば、むしろ諸外国で昔から使われているアジュバントを使用しているので、そちらで問題が発生していないことの方が根拠として強いように思います。
唯一良いことを言っているのは「ワクチンは万能ではない」ということです。ワクチン接種をしたから大丈夫とは考えずに、健診と併用した方が良いと思います。

補足;
ワクチンも全てが悪いわけではないが、ワクチンの正当な効用と副作用のバランスの評価が、どうしても製薬会社を守る必要もあり、難しいのだと思われる。
少なくとも言えることは、衣食住を体に良い絹や大麻を着て、良い水やマコモや添加物の少ない食べ物を食べ、神棚や縁側などの祈りや交流スペースのある住まいに住むことで整えたり、
日常の運動や睡眠などの生活習慣を整えることで、免疫力を普段から整えることが、ワクチンを頼ることよりも、遥かに健康的であると思われる。

*** 書名 マインドコントロール 
副書名 日本人を騙し続ける支配者の真実
著者名 池田 整治
出版社 ビジネス社
出版年月 2009.12
内容紹介 GHQによる自虐史観の刷り込み、宗教を隠れ蓑とした謀略、水道水に投げ込まれた塩素、どちらが戦勝国となっても儲かる支配層の仕組み作り…。
武士道なき日本の「驚愕の末路」に現役自衛官が警告する。


***書名 マインドコントロール 2(今そこにある情報汚染)
著者名 池田 整治
出版社 ビジネス社
出版年月 2011.3
内容紹介 子宮頸ガン予防ワクチンの異常なまでの宣伝、二酸化炭素を悪者に仕立てた茶番劇、日本は中華圏だと主張する赤色万歳論…。日本人家畜化計画が売国奴の手で進行中! 真の日本人を覚醒すべく元自衛官が警告する。

(他の紹介)内容紹介 日本人家畜化計画が売国奴の手で進行中。子宮頚ガン予防ワクチンの異常なまでの宣伝、ホメオパシーバッシング、執拗に繰り返される原発繁栄論、
二酸化炭素を悪者に仕立てた茶番劇、戦後から続く教育洗脳、日本は中華圏だと主張する赤色万歳論…
「彼ら」にとって都合の悪いことは、私たちにとっての真実である。デビュー作を遙かに凌ぐ内容で真の日本人を覚醒する。

(他の紹介)目次 第1章 日本人を搾取する三つのエゴ資本主義
第2章 日常生活は情報と化学物質で汚染される
第3章 地震国家・日本に世界一の原発が存在する理由
第4章 教育洗脳と日本人劣化プロジェクト
第5章 牙を剥く赤いエゴ資本主義国家
第6章 暗躍する白いエゴ資本主義者と人類の次元進化
(他の紹介)著者紹介 池田 整治
 元自衛隊陸将補(退官時、小平学校人事教育部長)、作家。空手道八段。1955年愛媛県愛南町生まれ。防衛大学校国際関係論卒業。全日本実業団空手道連盟理事長。90年代半ばの第一次北朝鮮危機における警察との勉強会、それに続くオウム真理教が山梨県上九一色村に作ったサティアンへの強制捜査に自衛官として唯一人同行支援した体験等から、世の中の「真実」について研究を始める。2002年には、初めて出品した「日本一の夕陽フォトコンテスト」でグランプリを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

***書名 この国を操り奪う者たち 
副書名 私が自衛隊で見て知った本当の敵
著者名 池田 整治
出版社 ヒカルランド
出版年月 2015.4
内容紹介 日本社会を巧妙に裏から情報支配し、私たちを誤った道に導いて経済的に搾取しているものとは何か? 元自衛隊陸将補が、国家の命運を考える「作戦幕僚」の立場で知った、真の世界の構図を綴る。

****** 書名 この国根幹の重大な真実 
副書名 日本が危ない!今この9人が緊急に語り尽くす
著者名 飛鳥 昭雄/著
著者名 池田 整治/著
著者名 板垣 英憲/著
出版社 ヒカルランド
出版年月 2016.3
内容紹介 エリート支配者たちの最新動向、まやかしの医療とマインドコントロール…。2015年12月にヒカルランドパークで行われた丸一日セミナーを書籍化。この国民の未来を守り抜くために<絶対に必要な情報群>を語り尽くす。



内容細目表:
1 すべてを奪い取りたい《サイコパシー/エリート支配者たち》の最新動向とその性格分析   11-38
宮城 ジョージ/述
2 日本でテロは起こるのか!?イスラムの視点とイスラエルの視点で見た《テロ》の様相   39-60
菅沼 光弘/述
3 この暗黒の今を超えて日本人は《縄文の知恵》を活かして7代先までサバイバルして行こう!   61-95
池田 整治/述
4 政治も外交ももともとすべてが陰謀!日本の取るべき進路と日本人の生活防衛の指針!   97-124
板垣 英憲/述
5 テロも株も選挙も-世界《超》八百長劇場へのご招待!   125-154
ベンジャミン・フルフォード/述
6 《今この日本》にいる魂たちは皆、この世界に対して大きな使命を約束してやってきているのです!   155-178
中丸 薫/述
7 マイナンバーは死のチップの前哨戦!まやかしの医療とマインドコントロールを吹っ飛ばす!   179-221
船瀬 俊介/述
8 「十年先は五六七の世ざぞ」日本人よ!逆説の神仕掛けを肚に据えて生きよう!   223-260
内記 正時/述
9 アメリカにやられっ放しばかりではないぞ!最後は日本が必ず勝ちます!   261-286
飛鳥 昭雄/述


要約と言い換え;
池田 整治さん「自衛官として唯一オウムのサリン工場の現場に入った際に、
このオウムの後ろに巨大な組織があることを知った。それを具体的に言うと命の危険があるので言えない。
ただ、世界の支配者は、王侯貴族の暮らしを望んでいて、人類で必要なのは奴隷として5億人程度。
だから、今の残りの65億人は不要なので、減らそうと考えている。」
補足;
様々な情報から推測すると、世界の支配者(Deep state)は、上のように考えている可能性が高いかも知れない。

策謀や陰謀まみれの世界では、真実を洞察するのは極めて困難。
この本に書かれていることは、本当の意味で、世界のもう一つの見方について書かれている。
妄想かと思われるようなことも多々あるが、きちんと読んでみると素朴な疑問及びブレインストームとして、面白い。
ただ、不信の視点で、見過ぎている側面があるようにも思われる。
実際に、この本に書かれているような悪意の人間がいる可能性はあるが、それに対抗する真善美妙の人間もいるので、
世界の真実の姿は、より見えにくくなっていると思われる。
一度、目を通すと、いわゆる常識の見直しによる、新たな発見や発明のヒントがあるように思われる。

**古事記や日本書記について;池田整治さん
要約と言い換え:
1万年以上は平和だったからこそ産まれた、日本の縄文文明の様々な神代文字が、漢土に伝わり、漢土は多様な民族であるが故の必要性から進化した漢字を、
日本が逆輸入した。つまり、漢字の起源は日本。


京都の側の西宮市のマークは五芒星の中に西。
日本の歴史
五芒星はユダヤのダビデの紋章。
この意味は、上むきのの三角は自分が修行することで高める意味を、下向きの三角は宇宙の真理が降りてくる意味。
この2つの真ん中で国作りをするということ。
西宮は、古事記で漢民族に女性神に書き換えらた本来は男性神の天照大神の妻の、女性神の瀬織津姫(せおりつひめ)が祀られている、
廣田神社(ひろたじんじゃ)がある。
漢民族の思想が色濃い中臣鎌足と中大兄皇子(天智天皇)と大海人皇子(天武天皇)が、前代未聞の天皇陛下を暗殺し、自分が天皇になり、推古天皇、聖徳太子・蘇我馬子の功績を自分のものにし、
自分たちに都合の良い歴史を塗り替えるために、消失した古事記と日本書紀を新たに作り、一番の核心部分の男性神の天照大神(ニギハヤヒ)を女性神にし、女性神の瀬織津姫(せおりつひめ)の名前を消した。
補足;これにより、天照大神が女性神であることを理由とした、女系を認めるべしという論法も成立することになる。
ただし、改変された古事記と日本書紀も、良識派の人たちも大勢いるので、この他の改変は行えなかったと思われる。
ちなみに推古天皇を含めてこれまで生涯独身を貫いた女性天皇はいたが女系天皇はいない。
更に、女系天皇問題の本質は、女系天皇は婿をとる必要があり、婿がなりすまし反日だと、日本を乗っ取られること。

京の西にあるから西宮。
この辺りのことについては、西宮の郷土史研究家の方々はたくさん本を書いている。
その一つが「たからづか物語?」。
だから、地元の人でこの辺りは詳しい人が多く、
阪神タイガースの人たちも、中心地から外れた廣田神社(ひろたじんじゃ)にわざわざ参拝にくる。


また、この五芒星の基の人たちは、中近東の方から来た。
そして、この人たちの影響を受けた人がキリスト。
だから、元々のキリスト教の教えは、自分たちが輪廻転生(現代でいえば家風)を何回もすることで、
自分たちが高まって、神になれるというもの。

支配欲の強いエゴの人が、教義を変えた。
こういうエゴの人たちと対峙する時のやり方は2つ。
武力で戦うと、勝っても残る家族や親類の恨みで更なる戦いになる。
これをやると戦いの無限地獄で、大森林でピラミッドが、中東のように砂漠になる。

もう一つのやり方は戦わないで、愛の逃避行をすること。
これで、中近東のユダヤ人は、東に逃げて日本にたどり着いた。
そして、日本は日本文明の叡智で、戦いの無間地獄にならずに済んだので、
格言「50個のドングリがあったら半分もらって、残り半分は土に埋めなさい」で植林する文化。
これで、日本は砂漠にならずに済んだ。
補足;
ただ、この愛の逃避行の途中で、支配者からユダヤは裏切り者と嘘のレッテルを貼られ、
想像を絶する迫害を受けた結果、憎しみにより他教徒や異民族を家畜(ゴイ)と考えるようになったのがユダヤ至上主義とも言えるユダヤ普遍主義(リベラル)になったのかもしれない。
また、無限地獄の憎しみに囚われずに済んだのがユダヤ民族主義のユダヤの方々や、日本に辿り着いて同化して日本人になった元ユダヤの方々なのかもしれない。
その祖先が、西宮にいたのかもしれない。
東にある京都は東の叡智の縄文弥生文明で、西からきたユダヤ文明(シュメール文明?)だから西に宮を置いて西宮なのかもしれない。

ちなみに、旧約聖書はユダヤの教え。ユダヤ人の定義はユダヤの教えの信者ということ。ユダヤ人のイエスがキリスト教を作った。
つまり、イエスも元ユダヤ人。だから、ユダヤ人は裏切り者というのは論理破綻している。

関連情報
***wiki女性天皇
概説
日本では過去に8人10代の女性天皇が存在した。彼女ら全員が男系祖先に天皇を持つ男系女性天皇である。そのうちの6人8代は6世紀末から8世紀後半に集中している。また、全員独身(寡婦か未婚)で即位し、譲位以後も独身を通した[1][2][3]

***wiki大化の改新
この政治改革は、皇極天皇の皇居における蘇我入鹿暗殺により、当時天皇を次々と擁立したり廃したりするほど権勢を誇っていた蘇我氏を滅亡させた乙巳の変(いっしのへん、おっしのへん)から始まった。当初、難波高津宮以来、再び飛鳥から難波への形式上の遷都が行われたが、改革そのものは、天皇ではなく、皇極太上天皇とその親友とされる中臣鎌足(内臣)の主導のもと、年若い両皇子(中大兄=天智天皇、大海人=天武天皇)の協力によって推進された。

概要[編集]
大化2年(646年)1月に改新の詔を出した。この改新の詔を以て大化の改新の始まりとする。ただし、藤原京の北面外濠から「己亥年十月上捄国阿波評松里□」(己亥年は西暦699年)と書かれた木簡が1967年12月に掘り出され郡評論争に決着が付けられたとともに、改新の詔の文書は『日本書紀』編纂に際し書き替えられたことが明らかになり、
>大化の改新の諸政策は後世の潤色であることが判明した。この時代に改革に向けた動きがあったことは確かとはされているものの、
>>律令国家建設と天皇への中央集権化は乙巳の変以前の推古天皇、聖徳太子・蘇我馬子の功績であり、書かれていることは史実ではないことに注意する必要がある。

***wiki日本書紀
記紀編纂の要因[編集]
乙巳の変(いっしのへん、おっしのへん)で中大兄皇子(天智天皇)は蘇我入鹿を暗殺する。 これに憤慨した蘇我蝦夷は大邸宅に火をかけ自害した。 
この時に朝廷の歴史書を保管していた書庫までもが炎上する。 『天皇記』など数多くの歴史書はこの時に失われ、「国記」は難を逃れ中大兄皇子(天智天皇)に献上されたとあるが、共に現存しない。 献上されたことが事実であったとしても、天智天皇は白村江の戦いにて唐と新羅連合に敗北しており、記紀編纂の余裕はなかったと推測される。既に諸家の帝紀及本辭(旧辞)には虚実が加えられ始めていた。
>>そのために『天皇記』や焼けて欠けてしまった「国記」に代わる『古事記』や『日本書紀』の編纂が、天智天皇の弟である天武天皇の命により行われる。まずは28歳の稗田阿礼の記憶と帝紀及本辭(旧辞)など数多くの文献を元に、『古事記』が編纂された。その後に、焼けて欠けた歴史書や朝廷の書庫以外に存在した歴史書や伝聞を元に、さらに『日本書紀』が編纂された。

***wiki廣田神社
(ひろたじんじゃ)は、兵庫県西宮市にある神社。式内社(名神大社)、二十二社(下八社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
主祭神の天照大神荒魂とは、瀬織津姫のことであったとする説がある。戦前の由緒書きには、瀬織津姫を主祭神とすることが明確に記されていた。

***wiki瀬織津姫
(せおりつひめ)は、神道の大祓詞に登場する神である。瀬織津比咩・瀬織津比売・瀬織津媛とも表記される。古事記・日本書紀には記されていない神名である。
その他[編集]
平成27年(2015年)10月27日現在、「瀬織津姫」の神名は、個人の経営する民間企業(有限会社ヤンズ)によって商標登録されている(登録番号第5415463号)。神の名、またはそこから派生した語の商標登録として「アマテラス」「天照」「スサノオ」「ゼウス」「ガネーシャ」などが多数あるが、そのほとんどが商品・役務の指定を自社の製品・サービスにて使用する最低限の範囲に留めているのに対して、「瀬織津姫」にかかる指定が広範囲な43項目に対してされていることは、前例のない極めて異例のことである。

***映画「君の名は。」と瀬織津姫(瀧月桜神=コノハナサクヤ)の夫の天照(=ニギハヤヒ)
抜粋;
スサノオ、ニギハヤヒ、そしてセオリツヒメも絡み、またニギハヤヒと同じ魂の生まれ変わりと言われるイエス・キリスト、セオリツヒメと同じ魂の生まれ変わりと言われるマグダラのマリア、様々な登場人物や歴史、地域が複合的に絡み合っている映画「君の名は。」。

世界的なブームとなっているのは、見えない世界の神々の復活、支援もあるのかもしれませんね。

***書名 新説『古事記』『日本書紀』でわかった大和統一 (宝島社新書);男性神のニギハヤヒ(天照大神?)など
著者名 家村 和幸
出版社 宝島社
出版年月 2018.1
内容紹介 「古事記」と「日本書紀」の内容を重ね合わせ、さらに記紀より古い文献や漢土・朝鮮半島の史書も引用しながら、歴代天皇による大和統一の姿をリアルに再現。隠されてきた「日本古代史の真実」を明らかにする。
著者紹介 防衛大学校卒(国際関係論)。幹部学校戦術教官、研究本部教育訓練担当研究員等を歴任。兵法研究家。日本兵法研究会会長。著書に「真「日本戦史」」「真説楠木正成の生涯」など。

要約と言い換え;戦後に、中国や朝鮮から鉄器文明がきた(騎馬民族が天皇起源説も嘘;来れても年に数十人)や魏志倭人伝(偽書)が正史というのは、Deep stateに支配された学界が流布する大嘘。
p22; 日本書記より「吉備より更に東の方に、大和という大変良い土地があり、位置的にこの国の中心。しかし、私たちより先に天の磐船に乗って下ってきた者があるという。
おそらく私たちを祖先を同じくするニギハヤヒ(家系?)という者であろう」。
p30;古事記の火の神のヒノカグチチノ神の記述は、刀剣を作る手順を表している。これが暗に伝えているのは、古代の日本には、稲作が普及するよりもはるかに古くから、
鍛造製鉄の技術があったということ。縄文時代には、ヒスイや石や貝殻や動物の骨や角などに小さな穴を開けるような精密加工を施された装飾品や釣り針や裁縫針が大量生産されている。
これらには鋭利な鋼鉄製の工具が不可欠である。しかし日本列島は火山灰による酸性土壌のため人骨化石でさえ残りにくい。ましては土中の鉄などはすぐに腐食し、跡形もなく消えてしまう。
それゆえ、今日これらが出土することはあり得ない。
p53;古事記や日本書紀に記されたこれらの血縁ネットワークの展開は、日本全国の前方後円墳の分布状況とほとんど一致しており、しかも砂鉄の産地や製鉄遺跡も多く含んでいることから、
実施に天皇の子孫が全国各地に派遣され、鉄製の武器を生産する上で極めて重要な地域を治めていたことがわかる。
p58;竹内文書によれば、孔子が二十二歳から5年間、日本にきて呉服に居住し帰って行ったとある。
他の古い漢土の文献には、上古時代の日本を、君子和楽の国として描いているものが多々ある。孔子が帰国した漢土は、無道極まる世の中であった。
それ故、論語の中には、孔子が再び東方の君子国たる日本に行きたいと思っていたことが伺える箇所が二つある。
p66;始皇帝の政の実父は、支那を統一する前の秦の王に使えた宰相の呂不韋で、呂不韋はペルシア帝国滅亡後に、秦にやってきたユダヤ人の子孫であった。
p184;正史の日本書紀や晋書や三国志の巻三十の魏書の高句麗伝の記述が正しければ、魏志倭人伝の中の記述は全て偽史=偽りの歴史である。
補足;戦前は、魏志倭人伝は偽史として広く知られて相手にされていなかった。魏志倭人伝が正史として扱われたのは戦後からである。

**産経ニュース;周到な「聖徳太子抹殺計画」 次期指導要領案は看過できない 拓殖大学客員教授・藤岡信勝
2017.2.2
抜粋;
なぜこんなことになったのか。その根拠は、今から20年近く前に、日本史学界の一部で唱えられた「聖徳太子虚構説」と呼ばれる学説だ。その説は「王族の一人として厩戸王という人物が実在したことは確かであるが」「『日本書紀』や法隆寺の史料は、厩戸王(聖徳太子)の死後一世紀ものちの奈良時代に作られたものである。それ故、〈聖徳太子〉は架空の人物である」(大山誠一『〈聖徳太子〉の誕生』平成11年)と主張する。

 しかし、この説には根拠が乏しい。「聖徳太子」は100年以上たってから使われた称号だが、核となる「聖徳」という美称は、『日本書紀』以前に出現しているからだ。この学説が公表されたあとも、「聖徳太子」の名を冠した書物はたくさん出版されている。

 戦後の日本史学界では、さまざまな奇説・珍説が登場した。騎馬民族征服王朝説、大化改新否定論、三王朝交替説などが典型例である。それらはしばらくもてはやされても、やがてうたかたのように消え去った。「聖徳太子虚構説」もそのような一過性の話題として消え去る運命にあった。

 ところが、事情は不明だが文科省は、この珍説が歴史学界の通説であるととらえてしまったようだ。この説は日本国家を否定する反日左翼の運動に利用されているのであり、その触手が中央教育行政にまで及んだ結果である。