未確認 生物:ネッシーからミゴーやジャノまで

チュパカブラ

「チュパカブラ」とはスペイン語で「ヤギをしゃぶるもの」を
意味しており、この生物が家畜など動物の血液や体液を
吸い取る姿から名づけられました。
今までで2千頭以上のヤギや家畜が血を吸われ死んでいます。

チュパカブラの体長は約1〜1.8mで
大きな頭と真っ赤な目を持ち頭部から背中にかけて
グレーまたは褐色のトゲのようなものが生えています。
腕には鋭い爪がついている3本の指があり
口に上下両方から牙が2本ずつ突き出ているという。

また、生物には先が尖った舌があり
これで獲物の血を吸い取るのではないかとされています。
他にもチュパカブラには色々な目撃報告があり
6mもある高さの木を1回のジャンプで飛び越えたり
カンガルーに似ていたという目撃報告もあります。
また、チュパカブラは足跡も発見されており
幅は約20cmほどで指の一本一本が長かったという。

95年11月、プエルトリコ島で家畜の生き血が
抜き取られるという未確認生物による怪事件が発生しました。

被害にあった家畜などの動物の下アゴや首には2〜4つの
血を抜き取ったと思われる穴が開いていますが
不思議なことに、その辺りには流血した痕跡が
一切なかったといいます。

映像や動画・画像はありませんが、目撃者の証言から
この事件の犯人とされている動物が
「チュパカブラ」です。

また1996年5月にはメキシコのハリスコ州で
夜道で男性が突然チュパカブラに襲われ、格闘する
という事件も起きています。
未確認生物に襲われた男性は右腕を噛まれましたが
出血はあまりなかったそうです。しかし、その後吐き気や
悪寒に悩まされました。

チュパカブラは正体についても様々な意見があり
軍事目的で作られた生体兵器というものや
UFOが出現した直後にチュパカブラが目撃されたことから
この未確認生物は、宇宙人が連れてきたエイリアン・アニマルでは
ないかとも言われています。


ジャノ
ミゴー
ヒツジ 男 カルフォルニア州より
ニューネッシー
半魚人について
少年ゲドー
スカンク エイプ
恐竜 人間
はじめに