2006年08月31日

生涯一の恐怖

2bae9be8.jpg

←「墨壷(すみつぼ)」を見ると思い出す。

幼き日。

よく遊んでいた空き地に、小屋が建ち出した。

何の小屋かは分からないが、

毎日大工さんがやって来て、コンコン、カンカン音がする。

ボクたちからすると、更なる遊び場が増えた感じだ。

時間が許す限り、大工さんの仕事を見ていた。

ある日。

大工さんが休憩中のこと。

何気に置いてある「墨壷」がボクの目に飛び込んできた。

いつも大工さんが、まっすぐな線を引くときに

ぴゅー!と引いて、ぴん!と弾く。

すると、糸に付いている墨が、一直線を描く。

何とも古典的だが、その墨壷の形にしろ、墨の線にしろ、非常に興味深い代物だ。

ボクは俄然触ってみたくなった。

触りたいという衝動が押さえられない。

で、触ってしまった。

そして、壊してしまった。

ボクは怖くなった。

でも誰にも見られていない。

黙っていた。

友達にも。

親にも。

当然、大工さんにも。

そして、その日以来、その現場へ遊びに行かなかった。

一週間が過ぎた。

墨壷のことは、自分の中でも消えかけていた。

周りにも、まったくバレていない。

久しぶりに、友達に誘われるままに行ってみた。

墨壷は直っていた。

大工さんも普通だ。

何事もない。

元のままだ。

なぁ〜んだ。

ホッとした。

もう、こっちのものだ。

いつものように友達とふざけあった。

しかし、いつもより騒ぎすぎた。

おもむろに大工さんが振り返り、

「 コラァ 、また こわす気かぁ!」

  

Posted by ksmart at 14:33Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月30日

ぼくは おぼえている

5c7057e2.jpg

僕が幼年時代住んでいた町に

「へんこつや」という おもちゃ屋さんがありました。

僕は 交差点の角に位置する そのお店が大好きで

タラちゃんのように三輪車に乗って よく通っていました。

ある日のこと、いつものように「へんこつや」で思う存分楽しみ、

家に帰ろうと 三輪車にまたがって走り出した瞬間、

僕は、交差点を曲がってきた大型トラックに巻き込まれてしまいました。

その様子を見ていた周りの人たちは、悲鳴のような声を上げ、

その声を聞いたお店の人たちも 慌てて飛び出してきた。

周囲は大事故を目の当たりにして騒然となり、

トラックの運転手さんも「やってしまった」というショックでしばし呆然としていた。

一斉に人々が駆け寄り、僕を取り囲んで、

「大丈夫かぁ〜、大丈夫かぁ〜」と叫んだ。

三輪車はグシャグシャにつぶれ、誰もが僕の死を疑わなかった。

 

しかし、僕は無キズだった。

 

僕の身体はタイヤに触れることなく、

見事に地面とトラックの隙間にもぐりこんだ形になっていた。

僕は、周囲のあまりの騒ぎにキョトンとしていた。

その直後、大好きだった三輪車が悲惨な状態になっているのを見て、

僕は わんわん泣いた。

トラックの運転手さんがなだめてくれて、

死んだ三輪車と一緒に家まで送ってくれた。

数日後、運転手さんから、新品のピカピカ三輪車が届いた。

僕は大喜びした。

そして、すぐに「へんこつや」へ三輪車を走らせた。

何ひとつ変わらず、いつものように。。。

  
Posted by ksmart at 12:56Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月29日

親子

saru1973年4月4日最高裁により違憲であるとされ、

削除された刑法200条。

『尊属殺を犯したものに対しては重罰に処する』

尊属とは、

「殺人を行った者から見て、両親や祖父母などの祖先にあたる親族」のこと。

従って、尊属殺とは、その尊属を殺害すること。

panda要するに、

「この世に生を与えてくれた人を殺すこと」である。

その尊属殺が昨今頻発している。

一昨日の夜も、高校1年の長男が友人と共謀して、

niwatori母親の首や胸を刃物で刺して殺害した。

親を殺す。

それは、元(=親)を絶つこと。

すなわち、リセットすること。

zou家を燃やす。

すべてを白紙に戻したい。

もはやこの世は【リセット症候群】の巣と化している。

kamo私はゲームメーカーに懇願する。

すべてのゲームをリセット不可能にして欲しいと。

失敗しても、それを受け入れて先へ進めるように。

  
Posted by ksmart at 10:54Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月28日

ぼくのなつやすみ

夏休みも残りわずか。

夏の終わりになると、私は必ず思い出す。

幼少期を過ごした香川県小豆島。

boukugouまだ防空壕があちこちに残る昭和40年代。

よく友人と通った「僕たちのヒミツの遊び場」。

いつ行っても薄暗い神社。

神秘的な防空壕。

200段を超える石の階段。

見知らぬおじさんが、僕たちにこう言った。

kaidan「この階段を上がって降りてきたら1000円やるぞ」

僕と友人は駆け上がった。

ヘトヘトになりながらてっぺんにたどり着く。

そして一気に駆け下りる。

おじさんは僕たちに1000円をくれた。

そしておじさんはこう言った。

「おじさんの左の頬には肉が無いんだぞ」

「ケンカした時、割れたビール瓶でえぐられたんだ」

そう言って おじさんは、自慢そうに僕たちに皮一枚の頬を触らせた。

次の日も僕たちは、おじさんに会う為に神社へ行った。

おじさんはいなかった。

僕たちは、防空壕や階段で日が暮れるまで遊んだ。

誘拐されることも、包丁で刺されることも無く、

蚊に一杯刺されながら、思いっきり遊んだ。

 

続く。。。

  
Posted by ksmart at 12:39Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月26日

情報求む!

bibinba一週間遅れで放送の「いまどき!ごはん」を見ていたら

素人のお父さん2人が番組内で、

「絶品!フライパンビビンバ」と

tikinkare「とろとろ!チキンカレー」を作っていました。

どちらも とっても美味そう!でした。

そんな中、今、我が家では、

razania「ラザニアを作ろう計画」で盛り上がっています。

ラザニアは、息子がホームスティー中に、

ホストマザーに作ってもらった料理の中で

一番美味しかったメニューだそうで、

是非とも、もう一度食べたいと言うのです。

しか〜し、肝心の「ラザニア=平たい板状のパスタ」が見つからない。

ここらのローカルスーパーでは見当たらないのです。

もし、このブログをご覧の方で「ここの店に売ってるよ」という情報がありましたら

こちらからお知らせ下さい!

ただ、出来ましたら「通販」や「超遠方」ではなく、近場でお願いしますね。

  
Posted by ksmart at 11:21Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月25日

開花させる力

8ab17893.bmp

「桜塚やっくん」って、

素顔も結構かわいい系です。

エンタの神様も、仕込みを使ってるかと思いきや、

ちゃんと素人の本物の観客らしい。

絵やネタも、かなり緻密に作られている。

「タレント=talent 」とは、「才能。素質。技量。」のこと。

これに人間性が加わって、「人気」に結びつくのでしょうね。

私も中1までは「ドリフターズ」志望でした。。。

  
Posted by ksmart at 12:16Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月24日

My son came back!

0298e223.jpg

息子がホームスティーから戻ってきた。

中2だが、小6並の英語力を引っさげて、

外人だらけの中で過ごした3週間は

彼にとって最高の日々だったようだ。

帰国し、ひと晩眠って目覚めた時、

彼の中に、あらためて 込み上げるものがあったのだろう。

現実を受け入れるのに半日かかっていた。

感覚が普段の生活に戻るのに 少し時間がかかりそうだ。

それにしても、君は度胸がある。

何一つ勉強は出来ないが、この手の度胸だけは、君の唯一で一番の長所だろう。

一生涯忘れられない夏休みの思い出を胸に、

丸々残っている宿題をどうするのかな???

  
Posted by ksmart at 13:42Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月22日

The end is a start.

92718ee4.jpg

高校野球も終わり、夏も終わった。


そして時を同じくして、息子のホームスティーも終わりをむかえた。

今朝、3週間一緒に暮らしたホストファミリーや学友と別れ、

ちょうど今頃は、ブリスベンを飛び立ち、シンガポールに向う飛行機の中だろう。

昨夜、ホストブラザーから電話があった。

どうやら、ホストマザーがEメール担当で、ホストブラザーが電話担当のようだ。

3週間前の到着の時と同じように、ブラザーは英語で矢継ぎ早に話しかけてきた。

Bye Bye」という言葉の後に、息子にかわった。

息子「もしもし お父さん」

私「なんかいっぱい話されたけど、お父さん、3分の1ぐらいしかわからんかった。」

息子「僕は全部わかったよ。」

私「ほんとに! じゃあ、僕のお父さんは英語が苦手でちゃんと話せなくてゴメンと伝えといて。」

息子「それはイヤ!」

私「なんじゃ、それ。 ホントにわかったの??」

息子「Short telephoneって言われてるから。」

私「あ、そう。 じゃあ、気をつけて帰っておいでね。」

息子「うん。」

短い会話の中で、ホストファミリーとの別れや

オーストラリアを去る寂しい気持ちが感じられた。

きっと「何か大事なもの」をつかんで帰ってくることでしょう。

そして、何かが始まるのです。

The end is a start.

写真は、ホストファミリーと息子。

息子の顔は今にも泣き出しそうである。。。

  
Posted by ksmart at 13:45Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月21日

スポーツあれこれ

towa夏が終わると思ったら、1日のびた。

今日、会社を病欠している人は仮病だろう。

王監督闘病中の母校早実の躍進はドラマだ。

そして、実は私、ボクシングの大ファンです。

タイソンの試合を観る為だけに、

15年前からWOWOWの視聴料を払い続けている。

しかし、乾家にCSは無い。

tai仕方なく、夜中、地上波で亀田大毅の試合を観た。

会心の戦いだ。

明らかに兄ちゃんより強い。

天才だろう。

あっさり1R1分45秒で終わったので

warubaその後は、ワールドグランプリ女子バレーボールの

ブラジル戦を観る。

ストレート負けしたものの、

今大会の柳本ジャパンは明らかに違う。

下北沢成徳高校出身の4人が大活躍だ。
 
masuko
 
それにしても、女子バレーOGの中でも
 
益子直美のキレイさは群を抜いている。
 
大林と中田は評価がムズカシイ。
 
 
 
マラソン界で言えば 、益子は谷川真理で
 
大林と中田は、松野明美と増田明美だろうか。
 
いや、ちょっと違うか。
 
マラソン界で例えるのが間違いだった。
 
takesita
それにしても竹下はイイ。
 
典型的な " 年をとっても変わらないタイプの顔 " をしている。
 
彼氏はいるのだろうか。
 
所属のJT・マーヴェラスのプロフィールを見ると
 
菅山かおると一番仲がいいと書いてある。
 
2人は同じチームに所属している。
 
じゃあ、全日本代表の中で、もう1人同じJT・マーヴェラス所属の宝来眞紀子はどうなるんだ。
 
まあ、いいか、このぐらいで。。。
  
Posted by ksmart at 10:42Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月20日

軽くTV話

『 新どっちの料理ショー 』が、9月いっぱいで終了するらしい。

こちら宮崎は、3週遅れで日曜日の朝 放送されている。田舎の宿命だ・・・。

なので、本日は、8月3日放送の『 広島お好み焼き VS.大阪お好み焼き 』。

粉モン好きにはタマラナイ対戦だ。

hirosima結果は完全試合で、『 広島お好み焼き 』が圧勝。

関西出身のゲストが多い中、この結果は若干の驚きがある。

 

osaka

しかし 私自身、『 大阪お好み焼き 』は大好きなのだが

もし両方が食べられるお店があったら

迷わず『 広島お好み焼き 』を注文するだろう。

大量のキャベツ、得をした気分の焼きそば

原点に返る潰し玉子、たっぷりのソースに、大好きなネギがトッピングされ、もう何も言うこと無し。

近々作ろっと。。。

oko

 

←ちなみにコチラは『 乾家のお好み焼き 』。美味いよ!

  
Posted by ksmart at 11:01Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月19日

どう思う?

o-kusyonさすが Yahoo! と言うべきなのか。

9e1fc035.bmpに登録していた宝飾品販売会社が

破産を申し立てた為に商品を受け取れず、

返金も受けられなくなった落札者全員(約450件、約9000万円)に対し、

全件、全額対象の金銭補償救済をするらしい。

太っ腹と言えば、太っ腹だし、

当たり前と言えば、当たり前だし、

何でこの件だけと言えば、何でこの件だけだし、

邪道と言えば、邪道だ。

もともとネットオークションは、

見えない相手を、五感、第六感を駆使して『大丈夫な相手かどうか』を判断し、

自己責任において入札・購入するゲームショッピングなのだ。

そこに救済措置は必要なのだろうか。私は疑問に思う。

と、言いつつも

自分がその立場になったら 『 神様 仏様 Yahoo様 』だよね。

  
Posted by ksmart at 11:16Comments(0)

2006年08月18日

天に唾はけ

nekoどこの国だろうが、肌の色が何色だろうが、

何語をしゃべろうが、 しゃべれなかろうが、

手が不自由だろうが、手がなかろうが、

足が不自由だろうが、足がなかろうが、

目が見えなかろうが、目がなかろうが、

 

人は人 みんな公平 だ。

 

20歳の大学生が アルバイト先の書店で、

顔や腕を包帯で覆った重度の皮膚病患者の写真を隠し撮りし、

インターネットに「ミイラが来店」などと中傷する書き込みを繰り返し行っていた。

 

今世紀最大のショックな出来事だ。

  
Posted by ksmart at 12:23Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月17日

まだまだある

c26824ea.jpg

 

 

 

太陽系の惑星が3個増えた。

 「 水 ・ 金 ・ 地 ・ 火 ・ ・ 木 ・ 土 ・ 天 ・ 海 ・ 冥 ・ 」 となる。

セ ⇒ セレス

カ ⇒ カロン

2 ⇒ 2003UB313

惑星とは 「 太陽の周囲を公転し 自らは発光しない 比較的大きな天体 」とある。

天文技術が進歩するたびに、見えなかった惑星が見つかっていく。

惑 ⇒ まどう(惑う)こと

惑う ⇒ どうしたらよいか判断に苦しむこと。道や方向がわからなくなること。まようこと。

何で 「 惑 う 星 」なんだろう。。。

  
Posted by ksmart at 12:56Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月16日

羨ましすぎ

cb348847.jpg

オーストラリアのホストファミリーからメールが届いた。

先週末2泊3日で サンシャインコーストの北にある

ヌーサヘッズ(Noosa Heads)というマリンリゾート地へ

ホストファミリー、息子、そしてホストファミリーの友人家族とで

旅行に出かけた時の様子やその写真が添付されていました。

ヌーサヘッズについてちょっとばかし調べてみたら

サンシャインコースト随一のリゾート地で、

高級ホテルやコンドミニアム、ショッピングセンターなどが立ち並ぶ

とてもおしゃれな町だそうで

条例によって町の景観も守られているので、とても美しいのだとか。

そんな高級リゾート地へ連れて行ってくれるなんて

何て良いホストファミリーなんだろう。

それにしても 息子の分の旅費を払わなくてもいいのかなぁ。

それとも ホームステー代に含まれてるの??

  
Posted by ksmart at 14:19Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月15日

心広く

tetoraAh テトラポット登って てっぺん先睨んで宇宙に靴飛ばそう♪

Ah Ah あなたがあたしの頬にほおずりすると♪

♪二人の時間は止る♪  ♪好きよボーイフレンド♪

国分太一の恋人AIKOの「ボーイフレンド」の一節です。

「 テトラポッ 」は 正確には「 テトラポッtetrapod 」。

波消ブロックのことで、株式会社テトラの登録商標名であることは有名な話だ。

どうやらAIKOは「 テトラポッ 」と思い込んでいたらしい。

後に「 ポッの方が響きが可愛くて気に入ってるし、

     歌詞も重要な部分なので変えるつもりはない 」と語っていたとか。

 

dell私の友人に、パソコンメーカーの「 DELL=デル 」を

必ず「 デュエル 」と言う奴がいる。

何度違うと教えても 毎回「 デュエル 」と言う。

段々腹が立ってきて、最近は訂正しないことにしている。

 

remioもう1人「 レミオロメン 」の「 ン 」を絶対言わない奴。

  
Posted by ksmart at 12:21Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月14日

第2のライフラインが・・・

4afaa575.jpg

クレーン船の所有会社「三国屋建設」には

相当な「おとがめ」があることでしょう。

損害は金額にして 約23億円に上るとか。

きっと損害賠償とか来るんだろうなぁ。

大都会東京を中心に 千葉、神奈川と広範囲に停電を引き起こし

ヘタをすると映画並みの大パニックに陥るところでした。

完全復旧までの3時間、

140万世帯と、電車、信号、エレベーター、エアコンetc.が止まり

政府の危機管理センターをも動かした。

もし これが夜だったらと思うと 更にゾッとします。

それにしても、「電気の心臓部」って 意外に無防備なところにあるのね。。。

  
Posted by ksmart at 12:16Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月13日

新しい相棒来たる

n902i-1開店15分前に開けてもらい、1番乗りでドコモショップへ突入。

娘は事前に決めていた最新機種「SH902is」を購入。

私は控えめに型古機種「N902i」(写真)を購入。

妻は何も臆すること無く、娘とお揃いの最新機種を購入。

902i-2私もこれで「バキバキ」鳴る携帯電話とオサラバ出来た。

そして家族全員が「FOMA」になった。

もしかして、テレビ電話が出来るのかな。


まぁ何はともあれ、この携帯とも相当長い付き合いになることは間違いないでしょうしょう。。。

  
Posted by ksmart at 12:22Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月11日

はるばる南半球から北半球へ

11016205.jpg

オーストラリアの息子から手紙が届いた。

先週の8月4日に投函され、昨日10日に到着。

ざっと一週間かけてやってきた。

日本のように 切手に消印は無い。

剥がしてまた使うという輩は その国にはいないのだろう。

8月4日というと、オーストラリアに到着して3日目だ。

手紙には 少し慣れた感じの 若干の余裕が読み取れる。

それから一週間経った今は 更なる余裕が出来ていると思われる。

それにしても ちょっとビックリなのは

オーストラリアから日本までの切手代が、たったの「1.25オーストラリア$」ということ。

オーストラリア$は、1$=88.44円なので 約110円ということになる。

国内郵便で 隣町に出しても80円なのに、赤道越えても110円とは。

しかも消印無し。

さすが洗剤を流さないだけあって、おおらかな国民性がうかがえる。。。

  
Posted by ksmart at 10:18Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月10日

私はいつでもココに居る

4f1cb7c4.bmp

ボタンを押す度に、「バキッ、バキッ」という異様な音がする。

そういえば、かれこれ5年程使ってるなぁ。

5年前、娘に「携帯電話」を買い与える際、

小学生だった息子を除き、私、妻、娘の3人で 同じ機種を購入。

そして現在に至るまでに、妻が1回、娘が2回買い替えている。

その間も私は、バキバキいわせながら 大事に使っておりました。

今年の10月24日には、携帯電話会社を変更しても

電話番号が変わらない「ポータビリティー」がスタートする。

私も、現在の「ドコモ」から「au」に替えたいのだが

ドコモの罠にはまって 色んな契約をしてしまい

auに替えると 違約金を取られてしまう。

初めて携帯電話を購入した十数年前は

ドコモでなければ電波が入らなかったという田舎ならではの理由があった。

しかし今では、auの方が 断然ナウイ!

いや、ナウイという言葉が 非常にフルイ!

すでに娘は「FOMA」にしているが

今度の日曜日に、みんなで「新機種のFOMA」に替えようというムーブメントが起きている。

私は、メールもインターネットも パソコンを使うので

そんな仰々しい最新の携帯電話は必要ないし、

いつでもお店に居るので、ヘタをすると携帯電話自体なくてもいいぐらいだ。

しかし女性陣2人は、意気揚々と一致団結して盛り上がっている。

何とも、形勢が不利な情勢だ。

またまた予定外の出費が発生しそうな雰囲気。。。

  
Posted by ksmart at 11:38Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記 

2006年08月08日

英語は英語

6cd486fd.bmp

Hello.

I thank all of you reading this blog.

英語に触れる機会が 俄然多くなり

思考が英語的になってきた 今日この頃の私です。

聞く所によりますと 英語は英語でも

「オーストラリア英語」は ちょっと違うとのこと。

元々 イギリスの流刑植民地であったという過去から

大きく分けるとイギリス系の英語になるようですが、

発音記号で [ei]と表示されているものは、

[ai]と発音する特徴があるのだとか。

例えば、「today」は「トゥダイ」、

eight」は「アイト」 となるそうです。

先日、「G' day」というタイトルで

ホストファミリーからメールが届きましたが

これも「グッダイ」という発音になるということです。

オージー英語の代表格の「G'day  mate! 」という表現は

「グッダイ マイト!」という発音になります。

意味は「いい日だ!友よ!」ではなく、

「ご機嫌麗しく存じます」だそうです。

是非 使ってみんしゃい!

  
Posted by ksmart at 12:26Comments(0) ★ケイズマート★代表:乾 圭一の雑記