2017年09月27日

中学生職場体験(H29.9.27)

一日目の収集・保管では、美術品をきれいに保管しておくための工夫を学びました。虫が美術品を食べてしまうなんて初めて聞いたときはとても驚きました。そしてトラップをかけましたが、虫はとれませんでした。
IMG_5047

午後に行った作品の展示・公開では、作品をより良く見せるための照明の明るさや、光をあてる角度などを学び、照明は大切なのだと感じました。
IMG_5069

次に行った、調査・研究では、大学にある彫刻の材質などを調べて、クリーニングをしました。
調査・研究を通して、作品を保つためには、まず調べることから入らなければならないと驚きました。
IMG_5060

最後に行った教育普及では、美術館の写真や資料を見て、自分で考えて行う、ギャラリートークをしました。
担当の方に発表をするときとても緊張して、ハラハラドキドキしました。やってみてギャラリートークの難しさを感じました。
IMG_7705



ksumuseum at 15:16|PermalinkComments(0)

2017年09月08日

中学生職場体験(H29.9.6)

2017年9月6日(水)から9月8日(金)までの3日間、九州産業大学美術館にて福岡市東区の中学2年生3名が職場体験を行いました。
以下、中学生による「九州産業大学美術館職場体験記」です。

----------------------------------------------------------------------------------------

この3日間の職場体験の中の1つの活動で、トラップをしかけて虫を取って調べるという活動をしました。活動前には、事業所の方から美術作品の管理方法についてのお話を聞き「虫が美術作品を食べてしまう」ということを聞いて美術館内に虫がいないかどうかを調べてトラップを仕掛けました。結果、美術館内には虫はおらず中庭には虫がいました。
この体験を通して、美術館で働くことはとても大変でしたがとてもやりがいある事だと感じました。
IMG_7232



  9月7日の職場体験学習の活動で、彫刻作品の清掃をしました。前の日に調べた彫刻作品の素材や清掃方法をもとに、エアースプレーで窪んでいる部分のほこりを落としクイックルワイパーで全体をきれいにしました。丁寧に1つ1つの作品を清掃していきました。特に、石膏でできた作品は、水に濡れるとしみになってしまうので、注意しました。
 この3日間の体験で、美術館では作品を良い状態で保つために、温度や湿度、清掃方法などいろんなことに気をつけていることがわかりました。 
IMG_7184



9月8日の最終日に「うちわ作り」をしました。ほねぐみに、ビニールテープやフェルトなどを使ってあみこんでつくりました。1から全て考えて作るので世界に1つしかないうちわです。とてもいい記憶にもなるし、とてもいい思い出になりました。
この3日間の職場体験を通して、美術館で働いている人は虫が入らないようにすぐドアを閉めたり、細かな所まで気を使い掃除をしたりしていました。絵や写真を見に来てくれる方々を第一に考えていつも仕事いているんだなと感じました。
IMG_7257




ksumuseum at 14:56|PermalinkComments(0)

2017年09月01日

中学生職場体験(H29.9.1)

2017年8月30日(水)から9月1日(金)までの3日間、九州産業大学美術館にて福岡市東区の中学2年生2名が職場体験を行いました。
以下、中学生による「九州産業大学美術館職場体験記」です。


----------------------------------------------------------------------------------------
IMG_7098
 私は今回九州産業大学美術館の職場体験をし実際に、作品を長くもたせる工夫をたくさん知ることができました。作品を保管してある収蔵庫の足もとには「粘着マット」があったり、湿度や温度で作品が悪くならないように、展示室と収蔵庫に「温湿度計」があったりしました。
こうした、細かいところまで気をつけてお仕事は大変だと思いました。美術館スタッフにインタビューをしたら、「お客様が喜んでいる姿を見て、今の仕事にやりがいを感じている」と言っていました。私も将来仕事をするときは、今回の職業体験を思い出して、一生懸命働きたいです。


IMG_5006
1日目に、虫がいるかを調べるためにトラップを設置しました。まず、虫害による被害や美術館内の施設環境の話を聞きました。ドアの下にゴムがつけてあったり、入り口の足拭きマットが長く敷いてあったりして、様々な工夫がされてありました。最初は、虫は全くいないだろうと思っていましたが、トラップを設置して、回収してみたら、建物内にも虫が潜んでいたことが分かりました。ゴミやホコリをそのままにしておくと虫が寄ってくるので、日々の掃除は大切だと感じました。





    


ksumuseum at 14:44|PermalinkComments(0)

2016年09月16日

中学生職場体験

2016年9月14日(水)から9月16日(金)までの3日間、九州産業大学美術館にて福岡市東区の中学2年生2名が職場体験を行いました。
以下、中学生による「九州産業大学美術館職場体験記」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
職場体験1日目,僕は,緊張しながら九州産業美術館に向かいました。そして,スタッフの皆さんに自己紹介をしました。みなさんやさしそうなおかたでした。その後,美術館をまわり,美術館の普段は行かない所などまわり,詳しく説明してもらいました。昼からは,集中力を結構使いました.それは、古賀アート教室の企画に参加して,デッサンを教えてもらったからです。最初は、鉛筆の持ち方などが違って慣れなかったけど徐々に慣れてきて最終的には、自分が描くとは、思えないほど、うまくなっていました。僕が体験したこの3日間で思ったことは、美術館の仕事が意外にいっぱいあって、たいへんだったけど楽しかったです。
IMG_2949




職場体験2日目の、午前中はオープンスペースに行き、彫刻作品の観察、記録をしました。たくさんの作品一つ一つに疑問がありました。それを、パソコンを使って調べて解決したら、とてもすきりしました。 午後は、作品の手入れ方法を調べて実際に消しゴムなどを使って掃除をしました。こすると、とても白くなるので消しゴムを全部使い切ってしまいました。3日目は照明器具について学びました。作品によって光の強さや色を変えて美しい作品にしたり、見やすくしたりするそうです。
僕は美術館に職場体験をしに行く前はみんな少しピリピリしているイメージがあったけど、本当はとてもやさしくて、めりはりがある職場なんだということが分かりました。とても楽しかったです。IMG_2963

 

ksumuseum at 15:06|PermalinkComments(0)

2016年09月08日

中学生職場体験

2016年9月6日(火)から9月8日(木)までの3日間、九州産業大学美術館にて福岡市東区の中学2年生3名が職場体験を行いました。
以下、中学生による「九州産業大学美術館職場体験記」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
職場体験一日目はかなり疲れました。具体的には、美術館学芸員の仕事の紹介や作品の収集や保管、美術館のバックヤード見学もしました。美術品の取扱いはかなりすごいものだった。
保管庫の中気温20℃湿度50%に保っていて作品が傷まないように保管していた。
その他温湿度計の記録やトラップの設置をしました。
教育普及活動の古賀アート教室の企画にも参加させて頂きました。一日目は初日ながら様々な事をさせていただきとても良い体験をさせて頂きました。 
  IMG_2103


今日は、三階のオープンスペースにある石膏像の清掃をしました。
午前中には、取扱い方、作家さんについて調査しました。石膏やブロンズなど種類にとって取扱い方が違うという事を確認しました。
クイックルワイパーやエアスプレーを使って彫刻の掃除をしました。固いものを彫刻に当てないことや、水に濡らしてはいけないことなどたくさん教わりました。
でも、館内はとても綺麗であまり掃除するところがありませんでした。
  IMG_6279


3日目は証明の設置の仕方について学びました。作品によって白の照明にしたり赤い照明にしたり工夫していることが分かりました。そのあとにレールで位置を動かしたりして、できるだけ人影が作品に当たらないようにすることも学びました。最後に機械で明るさを計り作品が効率よく照らされていることが分かりました。
これらのことから美術館では作品を置くだけでなく作品をよりよく見せるようにしていることが分かりました。

IMG_2124



ksumuseum at 15:02|PermalinkComments(0)