釜石シーウェイブス寸聞 電子版

<<ふっくら応援団HP>> ラグビークラブチーム・釜石シーウェイブスを応援するふっくら応援団のHPです。 試合のリポートをはじめ、応援団の活動(飲み会)、関東でのイベント報告等々を掲載し、八王子から釜石シーウェイブスに関する情報発信をしていきます。 頑張れ!釜石シーウェイブス!!

勝点(10月7日更新)



勝点
1 近鉄 20
2 NTTドコモ 19
3 三菱重工 14
4 栗田工業 9
5 釜石SW 6
6 マツダ 5
7 九州電力 4
8 中国電力 0

(10月7日更新)



栗田工業の残り試合:三菱重工相模原、マツダ、釜石SW
釜石SWの残り試合:中国電力、近鉄、栗田工業

1試合1試合が大切です。1つのトライ、ひとつのタックルが重要です。
1点でも多く勝ち点をゲットするべし。


頑張れ!釜石シーウェイブス!!

トップチャレンジリーグ 1st-5節


トップチャレンジリーグ 1st-5節

開催日時:10月20日(土)11:30K.O.
対戦相手:中国電力
試合会場:コカBJIスタジアム


ここは、キッチリ勝ち点5をゲットでしょう。


頑張れ!釜石シーウェイブス!!


トップチャレンジリーグ 1st-4節 【試合結果】


トップチャレンジリーグ 1st-4節 【試合結果】

開催日時:10月07日(日)14:00K.O.
対戦相手:NTTドコモ
試合会場:鵜住居スタジアム


釜石SW 27-52 NTTドコモ
(前半 釜石SW 17-21 NTTドコモ)




釜石SWのタックルの甘さは永遠の課題なのだと、
実感させられるゲームでした。
タックルポイントが高いから相手選手は倒れない。
釜石SWのタックルをくるりくるりとうまくかわして
走られる。
前半の相手のトライは、甘いタックルによるもの。
ディフェンスの隙は確実についてくる。
未だ未だディフェンス面での課題は大きい。

後半は、前半の疲れが出てNTTドコモについていけず、
スキル面だけでなく、フィジカル面でも
劣っていることがあきらかになりました。
スキル面は、個々の選手の天性の部分もあり、
やむを得ないかもしれませんが、フィジカル面は
ただ単に練習不足なだけ。
スキル面が劣っているならせめてフィジカル面を
ガンガン鍛えてほしいものです。
試合巧者のNTTドコモは、パスミス・ハンドリングミスを確実にトライに結び付けてきます。

フィジカル面だけでなくメンタル面も、と付けくわえます。
前半終了間際の失点、後半開始早々の失点は、
いずれも集中力を欠いたものです。
メンタル面での劣勢もそのまま得失点差に表れてます。
後半はいとも簡単にターンオーバーされ、そのままトライされる。
もっとマイボールを大事に。
基本プレーの粗さが見えてます。


残り3試合、全力で戦ってほしい。


頑張れ!!釜石シーウェイブス!!

トップチャレンジリーグ 1st-4節


トップチャレンジリーグ 1st-4節

開催日時:10月07日(日)14:00K.O.
対戦相手:NTTドコモ
試合会場:鵜住居スタジアム



勝点14のNTTドコモに勝点6の釜石SWが挑む。


これまでのNTTドコモの戦績は、
  NTTドコモ31-12三菱重工
      (4T-2T)

  NTTドコモ52-19マツダ
      (8T-3T)

  NTTドコモ53-17栗田工業
      (9T-3T)

対する釜石SWの戦績は、
  釜石SW17-42三菱重工
      (2T-6T)

  釜石SW28-29マツダ
      (4T-4T)

  釜石SW30-10九州電力
      (4T-1T)

三菱重工とマツダを物差しにすると、
あきらかに分が悪いリーグ前半戦の戦績ではありますが、
それを跳ね返すパフォーマンスを期待します。
鵜住居スタジアムでの公式戦、大暴れしてほしいものです。

頑張れ!釜石シーウェイブス!!



【出場メンバー】

FW
1田邉 篤
2Matt Mafi(マット・マフィ)
3ホラニ 龍シオアペラトゥー
4Corey Thomas(コーリー・トーマス)
5Dallas Tatana(ダラス・タタナ)
6木村 優太
7高田 裕雅
8Kane Koteka(ケイン・コテカ)
HB
9南 篤志
10中村 良真
TB
小野 航大
12村田 オスカロイド
13菅原 祐輝
14星野 将利
FB
15Nick Jooste(ニック・ユースト)

RESERVE
16伊藤 大輝
17高橋 拓也
18ナウランギ シリベヌシ信玄
19上田 宥人
20中野 裕太
21森 雄祐
22佐々木 裕次郎
23村井 佑太朗

祝! 今シーズン公式戦初勝利!!

トップチャレンジリーグ 1st-3節【試合結果】

開催日時:09月29日(土)12:00K.O.
対戦相手:九州電力
試合会場:九電香椎競技場

祝!今シーズン公式戦初勝利!!
釜石SW 30 - 10 九州電力
(前半 釜石SW 6 - 3 九州電力)


なんとか4位以内の可能性を残したゲーム結果となりました。


ジャパンラグビートップチャレンジリーグ順位決定方法では、
まずは勝ち点。他チームより1点でも多く勝ち点をゲットすること。そのためにもボーナス点をもらえるよう、勝ちゲームは3トライ差以上をゲット、たとえ負けても7点差以内を確保すること。
そして、勝ち点が同じの場合、
 ‐〕数の多いチーム
 得失点差の多いチーム
により順位が決まります。
ゲームキャプテンは常に意識しながらゲームメイキングしてほしいものです。

頑張れ!釜石シーウェイブス!!





【順位決定】
リーグ戦の各チームの順位は次の方法により決定する。
なお、2ndステージ終了後の総合順位は2ndステージのAグループが総合1位〜4位となり、Bグループが総合5〜8位となる。

1. 順位の決定にあたり勝ち点制を採用し、全試合終了時点で勝ち点の多い順に順位決定を行う。
  各試合の勝ち点は、勝ち4点、引分2点、負け0点とする。

2. ボーナス点として以下の勝ち点を与える。
  負けても7点差以内ならば、勝ち点1を追加。
  勝敗に関係なく3トライ差以上獲得したチームに、勝ち点1を追加。

3.1stステージ、2ndステージ、それぞれ全試合終了時点で勝ち点が同じの場合、次の各号の順序により順位を決定する。
  勝利数の多いチームを上位とする。
  リーグ戦全試合の得失点差の多いチームから上位とする。
  当該チーム同士の試合で、勝ち点の多いチームを上位とする。
  3チーム以上が同じ勝ち点の場合、当該チーム同士の得失点差の多いチームから上位とする。
  リーグ戦全試合の総トライ数が多いチームを上位とする(ただし不戦勝などの理由で対象試合数が少ない場合はトライ数を当初予定の試合数に換算して比較する)。
  リーグ戦全試合のトライ後のゴール数が多いチームを上位とする。
 *ペナルティートライはゴール成功とカウントする。
  当該チームで抽選を実施。

4. 棄権(不戦敗)チームの取扱いと勝ち点等について。
  棄権(不戦敗)チームは、勝ち点0、相手チームは勝ち点5とする。
  棄権(不戦敗)チームについては通常通り記録は残すが、勝ち点が並んだ場合、当該チーム間のうち最下位扱いとする。

5.2ndステージのアドバンテージポイントの付与について
  1stステージの結果により、下記の通り2ndステージにアドバンテージポイントを付与する。
 *1stステージ順位
  1位…3点、2位…2点、3位…1点、4位…0点(2ndAグループ)
  5位…3点、6位…2点、7位…1点、8位…0点(2ndBグループ)

記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
楽天市場
livedoor プロフィール

ksw0717

TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ