釜石シーウェイブス寸聞 電子版

<<ふっくら応援団HP>> ラグビークラブチーム・釜石シーウェイブスを応援するふっくら応援団のHPです。 試合のリポートをはじめ、応援団の活動(飲み会)、関東でのイベント報告等々を掲載し、八王子から釜石シーウェイブスに関する情報発信をしていきます。 頑張れ!釜石シーウェイブス!!

釜石シーウェイブスRFC新規加入選手・スタッフ発表記者会見

釜石シーウェイブスRFC新規加入選手・スタッフ発表記者会見が
公式HPで配信されております。

小村HCより、今シーズンの考え方について、発言がありました。

 ・ディフェンスとセットピースの強化
 ・体つくりからしっかり

新規加入選手による強化もあるが、
ポジションによっては、今の選手をどう鍛えていくか
という課題にも取り組んで強いチーム作りをしていくとのこと。

そして、
新規加入の各選手から、力強い抱負、意気込みが、語られました。


小村HCの発言の中で、ディフェンスの強化については、
最小失点に抑えたいと。
以前、マコーミック選手が在籍時には、合宿の半分をディフェンス練習に費やし、
細川選手、金選手の一発必中タックルを生み出しましたが、
今シーズン、釜石シーウェイブスの長年の課題であるディフェンスをきっちり強化して
いってほしいものです。



【2017 年春季試合日程】
5 月 06 日(土)練習試合 13:00 vs 秋田ノーザンブレッツ RFC:釜石市球技場
5 月 15 日(日)IBC 杯 13:05 vs 帝京大学:いわぎんスタジアム
6 月 10 日(土)秋田招待 13:00 vs 秋田ノーザンブレッツ RFC:あきぎんスタジアム
6 月 18 日(日)(仮称ラグビーワールドカップ開催地間交流ドリームマッチ 12:00 vs ヤマハ発動機ジュビロ:エコパスタジアム
6 月 25 日(日)北上招待 13:00 vs NEC グリーンロケッツ:北上総合運動公園

2017年新規加入選手のお知らせ

<公式HPより>


PR佐々木 仁(ささき じん)
生年月日:1999 年 1 月 14 日(18 歳)
身長:181cm/体重:115kg
出身校・経歴:釜石商工高校
所属:SMC 

HO原 遼太郎(はら りょうたろう)
生年月日:1993 年 5 月 27 日(23 歳)
身長:173cm/体重:98kg
出身校・経歴:オークランド工科大学、ポンソンビー(2012 年、2014 年)、イーデン(2013 年)、 マウントウェリントン(2015 年〜2016 年)
所属:螢肇茱織譽鵐織蝓璽拘篌 

FL佐々木 拓磨(ささき たくま) 
生年月日:1985 年 9 月 24 日(31 歳)
身長:173cm/体重:90kg
出身校・経歴:山形大学、奥州アテルイブレーブス(2010 年〜2013 年) 北上矢巾ブレイズラガー(2014 年〜2016 年)
所属:釜石市立小佐野小学校 

SHスコット・ゲイル(Scott Gale)
生年月日:1994 年 10 月 24 日(22 歳)
身長:186cm/体重:86kg
出身校・経歴:セントジョセフカレッジ、クイーンズランドレッズ(2016 年)
所属:釜石シーウェイブスRFC

SO中村 良真(なかむら りょうま) 
生年月日:1994 年 11 月 27 日(22 歳)
身長:172cm/体重:73kg
出身校・経歴:帝京大学
所属:新日鐵住金螻石製鐵所

SO福士 周太(ふくし しゅうた) 
生年月日:1994 年 8 月 15 日(22 歳)
身長:178cm/体重:88kg
出身校・経歴:立命館大学
所属:蟯篌蟠箙

CTB ロコツイ シュウペリ(ろこつい しゅうぺり)
生年月日:1983 年 5 月 14 日(33 歳)
身長:186cm/体重:109kg
出身校・経歴:拓殖大学、リコーブラックラムズ(2005 年〜2007 年)、 NEC グリーンロケッツ(2008 年〜2010 年)、 NTT ドコモレッドハリケーンズ(2011 年〜2012 年)、 三菱重工相模原ダイナボアーズ(2013 年〜2016 年)
所属:産業振興 

CTB權 正赫(くぉん じょんひょく)
生年月日:1989 年 2 月 5 日(28 歳)
身長:178cm/体重:93kg
出身校・経歴:帝京大学、宗像サニックスブルース(2012 年〜2016 年)、韓国代表
所属:釜石シーウェイブス RFC

CTB伊藤 優駿(いとう まさとし) 
生年月日:1994 年 1 月 13 日(23 歳)
身長:167cm/体重:83kg
出身校・経歴:白鴎大学
所属:釜石市立双葉小学校


頑張れ!  釜石シーウェイブス!!

ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 2017-2018シーズン、参加8チーム決定


ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 2017-2018シーズン、参加8チーム決定

■参加チーム数:8チーム
釜石シーウェイブス
九州電力
中国電力
中部電力
日野自動車
Honda
マツダ
三菱重工
(50音順)

■試合数・方式:総試合数40試合 年間10試合/チーム
・1stステージ:8チームによる総当たりリーグ戦 7試合/チーム
・2ndステージ:1stステージ1〜4位同士による総当たりリーグ戦3試合/チーム
・2ndステージ:1stステージ5〜8位同士による総当たりリーグ戦3試合/チーム

■上位・下位リーグとの昇格・降格・入替戦:
【上位リーグへの昇格】
トップチャレンジリーグの最終順位が1位のチームは、トップリーグに自動昇格となる。
【上位リーグからの降格】
トップリーグの最終順位が16位のチームは、トップチャレンジリーグに自動降格となる。
【上位リーグとの入替戦】
トップチャレンジリーグ2〜4位のチームは、トップリーグ13〜15位のチームと入替戦を行う。
(1)トップリーグ13位×トップチャレンジリーグ4位
(2)トップリーグ14位×トップチャレンジリーグ3位
(3)トップリーグ15位×トップチャレンジリーグ2位
【下位リーグからの昇格】
トップイーストDiv1・トップウェストA・トップキュウシュウAのそれぞれの1位のチームは「3地域チャレンジ」(※)を行い、1位のチームがトップチャレンジリーグへ自動昇格となる。
【下位リーグへの降格】
トップチャレンジリーグの最終順位が8位のチームは、所属する地域リーグ(トップイーストDiv1・トップウェストA・トップキュウシュウA)へ自動降格となる。
【下位リーグとの入替戦】
トップチャレンジリーグ7位のチームは、「3地域チャレンジ」(※)2位のチームと入替戦を行う。
(1)トップチャレンジリーグ7位×3地域チャレンジ2位

入替戦結果


入替戦結果


トップリーグチームは、3チームとも残留。
昇格への壁は厚いということです。


1月28日(土)
近鉄(トップリーグ13位) 47-0 九州電力(トップチャレンジ14位)
コカ・コーラ(トップリーグ14位) 32-22 日野自動車(トップチャレンジ13位)
豊田自動織機(トップリーグ15位) 33-21 三菱重工相模原(トップチャレンジ12位)

トップチャレンジ1



1月15日(日)
トップチャレンジ1第3節
日野自動車(トップチャレンジ21位)31−0九州電力(TOP KYUSYU1位)
NTTドコモ(TOP WEST1位) 30−14 三菱重工相模原(TOP EAST1位)


第3節の結果、順位は、
 1位:NTTドコモ
 2位:三菱重工
 3位:日野自動車
 4位:九州電力
となり、NTTドコモがトップリーグ昇格が決定し、
また、入替戦は下記の組み合わせとなりました。


1月28日(土)
トップリーグ入替戦
近鉄(トップリーグ13位) − 九州電力(トップチャレンジ1・4位)
コカ・コーラ(トップリーグ14位) − 日野自動車(トップチャレンジ1・3位)
豊田自動織機(トップリーグ15位) − 三菱重工相模原(トップチャレンジ1・2位)
記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
楽天市場
livedoor プロフィール
TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ