釜石シーウェイブス寸聞 電子版

<<ふっくら応援団HP>> ラグビークラブチーム・釜石シーウェイブスを応援するふっくら応援団のHPです。 試合のリポートをはじめ、応援団の活動(飲み会)、関東でのイベント報告等々を掲載し、八王子から釜石シーウェイブスに関する情報発信をしていきます。 頑張れ!釜石シーウェイブス!!

トップチャレンジ1st 第6節結果



トップチャレンジ1st 第6節結果

■11月18日(土)

釜石シーウェイブスRFC 31 - 31 マツダ

■11月19日(日)

日野自動車 42 - 33 九州電力

Honda HEAT 50 - 27 三菱重工

中国電力 35 - 7 中部電力




トップチャレンジ 1st 暫定順位(2017/11/19更新)

順位 チーム 勝点

1 Honda HEAT 30
2 日野自動車 28
3 三菱重工 24
4 九州電力 18
5 マツダ 11
6 釜石SW 8
7 中国電力 5
8 中部電力 0

ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 第6節結果

ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 1st 第6節結果

試合日時:11月18日(土) 13:00K.O.
対戦相手:マツダ
試合会場:コカ・コーラウエストラグビー場



釜石SW 31 - 31 マツダ

(前半 釜石SW 19 - 24 マツダ)



選手のみなさん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。
遠い遠い広島への遠征、大変だったと思います。


実力は互角でした。
前半の入りは、マツダ優勢で、FWは押され気味。
そして小刻みにパスで繋ぐマツダのペースにはまった前半でした。
マツダのディフェンスの出足は早く体を張って釜石の突進を止めてました。
密集ではマツダにマイボールを取られるシーンもあり。
釜石は後半やっと引き分けにもっていけてよかったね、という感じのゲームでした。
お互いにイージーミスの連発で、少々レベルの低いゲームでした。

2ndステージでは、きっちり勝ちたいところです。
おそらく、5位-6位決定戦となることでしょう。

  12月23日(土) k.o.15:00
  1stステージ5位 - 1stステージ6位(パロマ瑞穂ラグビー場)

順位決定戦では、快勝を期待しております。

頑張れ!釜石シーウェイブス!!

ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 1st 第6節

ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 1st 第6節

試合日時:11月18日(土) 13:00K.O.
対戦相手:マツダ
試合会場:コカ・コーラウエストラグビー場


これまでの共通する対戦相手との戦績を比較すると、

  Honda HEAT 53 - 12 マツダ
  Honda HEAT 60 - 3 釜石シーウェイブスRFC

  三菱重工 19 - 5 マツダ
  三菱重工 19 - 7 釜石シーウェイブスRFC

  日野自動車 68 - 19 マツダ
  日野自動車 24 - 11 釜石シーウェイブスRFC

  九州電力 31 - 20 マツダ
  九州電力 22 - 20 釜石シーウェイブスRFC


けっして油断できない相手です。

頑張れ! 釜石シーウェイブス!!

ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 1st 第5節 結果


ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 1st 第5節 結果

勝点
1 Honda HEAT 25
2 日野自動車 24
3 三菱重工相模原 19
4 九州電力 18
5 釜石SW 6
6 マツダ 4
7 中国電力 0
8 中部電力 0


■10月21日(土)
釜石シーウェイブスRFC 31 - 18 中国電力
マツダ 20 - 7 中部電力

■10月22日(日)
Honda HEAT 31 - 7 九州電力
日野自動車 22 - 16 三菱重工


三菱重工が日野に負けました。
初戦から三菱重工はいつもの元気がないと感じてました。
日野も釜石戦では圧倒的な強さではなかったので、三菱重工は昔ほどの勢いが
なくなってきたのでしょうか。
三菱重工初戦の戦いぶりをみて、これは4位あたりかなと思いましたが、
本当にそうなりそうです。

ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 1st 第5節 結果


ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 1st 第5節 結果

試合日時:10月21日(土) K.O.13:00 
対戦相手:中国電力
試合会場:北上総合運動公園


釜石SW 31-18 中国電力

(前半 釜石SW 12-10 中国電力)


選手の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
初勝利、おめでとうございます。


薄氷を踏む思いの、初勝利でした。
結局、上位4チームとの実力差は証明されたということです。
 Honda HEAT 103 - 0 中国電力
 九州電力  59 - 3 中国電力
 日野自動車 52 - 17 中国電力
 三菱重工  48 - 7 中国電力

上位4チームと比較でみてみると、釜石の
 31点は最小得点
 18点は最多失点
4連敗はなるべくしてなったということです。

勝ったものの、
日本人選手だけの中国電力にもたつき、
自陣での反則も相変わらずでした。

よかったことは、
試合中、
スクラムで相手チームが反則をすると、
佐伯選手が
「よくやった、ナイスファイト!」
といわんばかりに、フロントローの選手の頭を
ポンとたたいてました。
こんな小さいコミュニケーションの積み重ねが、
One teamを作りあげると思います。
さすが、前キャプテン!

残りの試合も勝ってほしいですね。


頑張れ!!釜石シーウェイブス!!


記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
楽天市場
livedoor プロフィール
TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ