井上浩二のブログ:現在(いま)を考える

株式会社ケーティーコンサルティング株式会社シンスター の代表取締役井上浩二が、ビジネスに関して日々考えていることを発信。

株式会社シンスターでは、人材育成に関するコラムを発信しています。是非こちらもご覧ください。

ちょっと先(未来)はどうなっていると思いますか?

漸く高齢者へのワクチンの接種も開始されるようですね。しかし、約16万人高齢者がいる八王子市で1,900人分の予約では・・・ネットも電話もつながらないと大不評だったようですね。もう少し、やり方考えられないものなのですかね。一方、市中ではまたまたコロナの猛威が再燃してきている。関西に続き、関東でも「まん延防止等重点措置」ですか。しかし、これって何なんでしょう?左記のリンク先では「緊急事態宣言」との違いが書いてありますが、正直どーでも良いような違いですね。国民が「具体的にどんな鼓動を取るべきか」を分かり易く伝えなければ効果がない!更に、国からの指示に従えばどういう未来が待っているか、その可能性を含めて伝えなければ国民は付いて来ない!と思うのですが・・・菅首相や河野新型コロナワクチン接種担当大臣の目には、どんな未来が見えているのでしょうね?

先行している国のデータから考えると・・・
日本では一般の方のワクチン接種はこれからですが、昨年の12月からワクチン接種が開始されたアメリカやイギリス、そしてイスラエルなんかはどんな状況になっているかご存じですか?3か国とも、最近の新規感染者のピークは1月ですね。米国イギリスでは1月8日に約30万人、6.8万人、イスラエルでは1月27日に1.2万人です。一方、先週の7日間平均の新規感染者数は、それぞれ6.6万人、0.29万人、290人です。つまり、ワクチン接種開始から4カ月でピーク比で約22%、4%、2.4%にまで減少しているわけです。フム、ワクチンが日本人にも同じ効果があるとすれば、日本はイスラエルよりも良い結果になる公算が高い。5月から接種が開始されたとして、8月には全国の新規感染者は300人を切る状態が作れているかもしれない。正直、日本人に対するワクチンの効果はまだ未知数ですが、こういう未来図も描けるわけです。何で政府は、こういうシナリオとか予測をちゃんと公表しないのでしょう?もしこういうシナリオが実現するとすれば、国全体で辛抱する、我慢する期間も見えてくる。ちゃんと我慢しさえすれば・・・国民にも光が見えるのになぁ。
一方、我慢が中途半端になるとどういう結果になるかもよく分かりますよね。そうです、アメリカです。週によってですが、例えばテキサス州は大リーグの試合観戦の人数制限を撤廃している。マスクに関しての規制も。そんなだから、イギリスやイスラエルに水を開けられる結果になっているのでは?

先を見据えた種蒔きも・・・
私のブログでは、コロナに関して初めて少し明るい話を書いた気がするなぁ。明るい話ついでに、今日はもう少し楽観的な話を。半年後、つまりは今年の後半、11月ぐらいには日本でもコロナが収束してきているというシナリオも描ける。もしそのシナリオが現実になるとしたら・・・10月ぐらいからどんな企てを実行したらいいでしょう?漸くビジネス街、飲み屋街にも明るさが戻ってくる。この機会をガッチリつかんで昨年からの不振を少しでも取り戻すためには・・・今から準備しておかないといけないですよね。どんな企画が出来るか、いつからプロモーションを実施すべきか、仕入や働き手の用意は・・・などなど、昨年からのコロナ禍で全てガラガラポンになってしまっていることを再構築しなければいけない。今はとても辛い時ですが、少し先の明るい未来に目を向けると、気力を振り絞って種蒔きを開始しなければと思ったりするわけです。皆さんも、是非こんなことも考えて準備に取り掛かっては如何でしょう?

さて、話は全然違いますが、我家の愛犬チュラちゃんのちょっと先も分からない。スター犬になっていたりして。最近CMでよく見かけるいなばのWanちゅ〜る。動画作成ソフトなんかも出しているんですね。友人が作ってくれたのですが、素晴らしい!このままCMで使っても大丈夫、なんて飼い主バカですかね。

相手を研究していますか?

「プロの世界は甘くないなぁ」、先日今年初のプロ野球観戦でそんな事を感じました。広島対阪神の今季第一戦を観戦させて頂いたのですが、私のお目当ては阪神のルーキー佐藤選手。オープン戦で打率3割6分1厘、12球団トップの6本塁打を放ったスラッガーを生で見られるのですから。最後の打席でヒットを打ったものの、チャンスでは三振。1打席目も三振でしたが、2打席とも完全に姿勢を崩されて打てる気配が全くなし。プロの洗礼に脱帽と言う感じでした。

相手を研究するからこそ・・・
ちょっと野球の話から離れますね。先日、お客様と営業上の値引き権限がどうあるべきかなんて言う話をしました。マネージャー、所長が承認すべき値引とは?そもそも、権限を付与する基準は?なんて話です。利益基準を置いて誰もが利益を考えてビジネスをするように変革しようという取り組みでもあるので、まずはそこに目が行く。ごくごく自然ですね。一方、営業は何故値引きするのかというイシューもある。これは、お客様の要求に応えようとするからですね。でも、お客様もなかなか不条理な値引きの要求はし難い。そこで引き合いに出されるのが、競合企業の価格や代替商品の値段。市場により競合の活動内容や出してくる値段も異なる。この観点から考えると、競合状況をよく理解した上で、商品やサービス別に適切な値引き権限も現場に与えないといけない。そして、実情をモニタリングしながら、競争に勝ちながらも利益を適正に保つ指導をすると同時に権限も調整し続けないといけない。競争相手を良く知ること、これが如何にビジネス上重要かなんて話をお客様と議論しました。
こんな見方で野球を考えてみると、本当にプロは相手を研究しているなぁと感心させられます。(ここからは、少々野球好きのおっさんの会話みたいなものですので・・・)阪神の佐藤選手には、他のチームのピッチャーは明らかにオープン戦で打たれることを覚悟で投げていた。どのコースのどんな球種なら打てるのか、ですね。だからストレートなんかを主体に、打てそうなところに投げる。そして、その打撃、打つ姿勢を見ながら、どうやったら抑えられるかを見抜く。先日は、まずインコースの変化球で空振りさせ、更に同じコースのストレートをズバリ!そして、最後は落ちる球で腰砕けの三振でという攻めでした。相手を徹底的に研究する姿勢、凄いですねぇ。一方、この試合でもう一つ物凄く感心したことが。阪神のピッチャーは西選手だったのですが、この日のストレートの最速は141キロ。多くは130キロ台半ばで、変化球は120キロ台半ば。高校野球のピッチャーより遅い。しかし、打たれない。外角の変化球の出し入れ、タイミングの外し方など素晴らしい。バッターも、結構芯で捉えるんですが、野手の正面かファウル。芯で捉えるから、音も良いし、気持ちも悪くないのかもしれない。で、いつの間にやら抑えられている。西選手は、きっと打者を徹底的に研究しているんでしょうね。脱帽です。
で、ビジネスを振り返ってみてみると、我々はこういうプロ野球選手ほど徹底的に競争相手を研究しているかというと・・・足りないですよねぇ、多くの場合。先の値引き権限の議論もそうですが、長期的な戦略を検討する際にも、もっともっと相手を知り、相手を押さえきることができるような策を立てないといけないなぁ、なんて再認識させてもらいました。

一方、今は押さえられている佐藤選手ですが、体の大きさやスイングの速さは素晴らしいポテンシャルを感じます。今度は、プロとして自ら相手を研究して、球界を代表するスラッガーになってもらいたいものです。巷では、桜は終わりましたが、春になって草木が芽吹き、色々な花が咲き乱れている。様々な世界の新人さん達も、どんどん勉強して素敵な花を早く咲かせてくれると良いですね。
20210403_プランター菜園と庭の花木

楽しく学んでますか?

津軽三味線は、打楽器?!昨日、友人が津軽三味線の演奏&体験会を花見に合わせてやって下さり、初めて知りました。三味線、見た目は弦楽器ですよね。しかし、話を聞くとべっ甲製の撥(バチ)で叩くように引くことで、弦をはじく音が胴体部で反響して津軽三味線独特の音色が出る。また、その音の大きさときたら、体験してみないと分からない!かなり面白く、自分でも「やってみようか」なんて思ったのですが・・・何と初心者用でも楽器の価格が30万円ぐらいするとか。敷居が高い!友人曰く、先生の少なさ、縦社会、そしてかかる費用が普及を妨げているとか。いろんな意味で勉強になったのですが、やはり何かを体験する、学ぶって楽しいですね。

オンラインで学んでますか?
こういう物理的な学びの場、とっても良いのですがコロナ禍では実施が難しい。で、巷で流行っているのがオンライン研修やビデオ学習でしょうか。私のところにも、毎日のようにいろんな会社から「無料」の案内が沢山来ます。昨年の秋ぐらいにはいくつか見てみたのですが・・・タイトルや案内に実際の内容が伴っていないものが多く、今はほとんど見なくなってしまいました。もしかしたら、信用できる人がスクリーニングして、お勧めできるものをちゃんと説明しているようなサイトがあったら良いのかもしれませんね。今のまま、つまり提供者側が大げさなタイトル付けて宣伝するのでは効果が低そうですからね。
斯く言う私も、最近は「井上さんは、オンラインでの無料講和とかYoutubeでのビデオ配信してないんですか?」なんてことを良く聞かれます。やってないんですねぇ、残念ながら。ただ、私の会社ではもっと積極的な情報発信もしていかないといけないので、最近は少し考えています。特に、Youtubeにコンテンツを挙げていくのは自分でも体験してみる必要があるかとも思っています。そこで、今考えている内容を皆さんに相談です。良かったら、ご意見ご感想、更にはアドバイスなんかも頂けたら嬉しいな。
例えばですが、こんなのはどうでしょう?「時事ネタを使って5分で学ぶ、ビジネス論理思考!」多くのビジネスパーソンが学ぶ論理思考を実践レベルに高めるため、身近な時事ネタで考えるというものです。例えばですが、テレビによく出てくる飲食店時短対応の助成金問題なんて皆さんはどう思われていますか?「一律6万円は如何なものか?」なんて話をよく聞きますよね。先日、ある政治家の方が「確かにその通りなのだが、問題はスピードなんです。現在苦境に立たされている方々にいち早く支援を行うことが最重要なわけで、そのためには致し方ない事なんです」というような発言をされていました。ワイドショーのような番組だったのですが、この発言を受けてコメンテーターの方々は一斉に右に倣え。「XXさんの仰るスピードこそが大事なんですよね。例えば、新橋のあるお店では・・・」如何なものなんでしょうねぇ?冷静に考えれば、昨年の第2波以降、つまりは8月以降に次の波が来たらどのような対応が必要か、どう実施すべきかを考えていなかった、半年間何もしなかっただけだと思うのですが。今の対応スピードなんかを持ち出す前に、準備力のなさを反省した方が良いと思うのですが。
折角なので、同じネタでもう一つ。「大規模な店舗を構える飲食店では、1日6万円の支援金では全く足りない!」なんて話しを聞きますが、皆さんはどう思われます?例えば、簡単な話にすると、全く稼働しなくても30日休業すれば月に180万円支援して頂ける。こんな額じゃ経費を賄えないという。そりゃ、これだけじゃどうにもならないかもしれませんね。でも、他にも雇用調整助成金もある。つまり、アルバイト含め、人件費も全て補助してもらえる。それは、時短分も含めて。そうなると、営業活動して良い時間で最小コストで最大効果を上げる工夫をすれば・・・本当に1日6万円は焼け石に水なのかなぁ?提供されている助成金や支援策全体で考えてみると、かなり支援されていると思います。でも、テレビを見ていても誰もこんな話はしませんね。何故でしょう?目の前の、とっても大きく見える事象にだけ目を奪われて全体を俯瞰した議論が出来ていない?
ま、こんなネタでも論理的に見ると色々ある。飲食業の時短支援の話だけで、巷には論理思考を学ぶネタが満載。こういう分かり易い時事ネタを使うと、実務でも論理思考を生かすコツなんてものが学べるんじゃないかなんて考えています。こんなネタで5分ぐらいのコンテンツを作って行ったら、みんな喜んでくれるかなぁ?少しは、ビジネスパーソンのお役に立てるでしょうか?良かったら、ご意見頂けると助かります。
20210327_津軽三味線とお花見
livedoor プロフィール

Koji

美味しい食べ物とお酒をこよなく愛すコンサルタントです。戦略立案とBPR、及びこれを実現するためのITなどに関するコンサルティングを提供しています。また、ビジネスリーダーを育成するシンスターで企業研修などの講師も務めています。
株式会社ケーティーコンサルティング、株式会社シンスター代表取締役

Blog Ranking
人気ブログランキングへ
amazon.com
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
RSS
QRコード
QRコード