井上浩二のブログ:現在(いま)を考える

株式会社ケーティーコンサルティング株式会社シンスター の代表取締役井上浩二が、ビジネスに関して日々考えていることを発信。

株式会社シンスターでは、人材育成に関するコラムを発信しています。是非こちらもご覧ください。

ポケモンはお好きですか?

えっ、私の部屋にもポケモンがいる!?下の写真の真ん中が、私の書斎で見つけたポケモンです。正直、私はゲームはあまり好きではなく、満員電車の中でもスマホなどのゲームに興じる大人を見ると、「一体世の中どうなっているのやら」と思ってしまう側の人間です。しかし、ポケモンGOは社会現象と言えるまでの大ヒット!やっぱり、一度は自分で体験しておかなければと、早速昨日ダウンロードして触ってみました。皆さんは、もう試されましたか?

社会の要請にゲームでも貢献し得る
菅官房長官も、日本での配信前から「ゲームを楽しむ方が安全に行動できるように」と注意喚起を促すコメントをしていましたが、本当にこれは注意してもらいたいものですね。正直、歩きスマホを前提としたようなものですから。ただ、使った限り、そんなに歩きながら画面を食い入るように見なければいけないものでもないですね。道を歩いている時は、気になるならたまにチラッと見るだけで良いし、ポケモンを捕まえたり、戦ったりするのであれば、それは周知の通行を妨げない所に立ち止まってやれば良い。基本、個人のモラルの問題ですね。それよりも、このゲームの良さは、「外に出る」ことと「歩く」ことを前提としているところだと私は思いました。ゲームというと、どうしても室内で閉じこもって遊ぶというイメージを私は持っています。このゲームは、そうではなくて兎に角外に出なければ話にならない。更に、歩かない事には卵も孵らないし、レベルも上がらない、ポケモンも捕まえられない。医療費の高騰に悩む日本。日本以外の国でも、同様の問題を抱える国は多い。メタボ検診をやって、運動をするように促しても、なかなか実行できない人が多い。ポケモンGOは、ゲームがこのような社会問題を解決する一つのツールにもなり得るという事を示したのではないかと思います。そもそも、運動が好きでない、歩くのが好きでない方は、本当に健康をひどく害さない限り、「健康のため」という理由だけではなかなか動かないですよね。楽しみながら運動する。任天堂は、Wii以来これまでのゲーム機とは異なったコンセプトを世に問うて来ていますよね。DSでは、すれ違い通信を使ったりして、ゲーマーを外に引きずり出した。そして、今回はそれを上回るやり方で、外で歩くかせるところまで段階を進めた。単にゲームでお金儲けだけを考えているのではなく、社会の要請にも応えようとしているのかな、なんてところが素敵に思えました。

岩田社長はやっぱりすごい人だった

ポケモンGOの爆発的な広がりを見て、もう一つ思ったことは、昨年亡くなられた岩田社長の凄さです。任天堂の業績が厳しくなる中、かなり強気の発言を繰り返していた岩田社長を見て、「この方、本当に次があるのかなぁ?はったりだけ繰り返していると、取り返しのつかないことになるのでは・・・」なんて思っていたこともありました。しかし、やっぱりあれだけのヒット商品を生み出し続けた人だけの事はあるのですね。ポケモンGOは、岩田氏とポケモンの石原恒和社長が2年越しで温めてきたプロジェクトだったそうです。ゲーム人口拡大を、ゲームが社会や子どもの親から嫌われない形で実現する。その思いを、実現イメージをしっかりと持ってビジネスに取り組まれていたのですね。スマホへの対応に関しては、

『広く浅く』から課金していただけるようなゲームが作れた時、本当に社会に受け入れられたことになり、そして世界中に広がり得る娯楽になると思っているんです。そこにチャレンジしたい

と語っておられました。その思いが形になる前に、成功する姿を見る前にこの世を去られたことは、本当に悲しい事ですね。ポケモンGOは、岩田社長からの任天堂への置き土産。個人的には、Appleはスティーブ・ジョブズの置き土産をジョブズの思いの方向では生かし切れていないように思っています。任天堂は、是非岩田社長の思いの方向で、この置き土産を生かしてもらいたいなぁ、と個人的には切に思います。

さた、ポケモンGOをやってみての感想なのですが、私は何だか少し懐かしい気分になりました。子供の頃、友達と一生懸命カブト虫やクワガタを探して森を歩き回り、捕まえた虫を友達に見せて自慢し、時に友達と虫を戦わせたり・・・ポケモンGOは、この電子版ですね。夏休みに入った子供たちが、ゲームで遊ぶにしても、外に出て色々なところを歩き回って、ポケモンを捕まえ・・・そんな風に過ごしてもらえたら良いですね。ただ、気になるのはやはり安全。そこをどう担保するか。子供が遊ぶ場合には、周囲の大人も少し気を使って譲ってあげたり、危ない時には知らない子でもしっかり危ないと注意する、そういうことも大事ですね。(大人がモラルもわきまえずに遊ぶのは、言語道断ですが。)ただ、私はというと、個人的にはやはり面白い、続けてやりたいとは思いませんでした。やっぱり、こういうゲームはそんなに好きじゃないんですね。それから、歩く理由や歩いている時の楽しみ方は他にもありますからね。ゲームを続ける皆さんは、本当に事故や周囲への迷惑などに細心の注意を払って楽しんで下さいね。
ポケモンgo

人を変えようとしていませんか?

「井上さんは、少し教えようとし過ぎるんだよね。」、30代半ば過ぎ、MBAスクールの講師でも少し経験を積み、企業研修の講師も大分やるようになった頃、ある企業の役員の方から言われた言葉です。グザッと来ましたねぇ。講師としての評価も悪くなく、少し調子に乗っている時でしたからね。自分としては、高いお金を払って頂き、時間を潰して受けて頂いている研修ですから、少しでも多くのものを持って帰って頂けたら、なんて思って、それが良いと思い込んで、セッションを行っていたのでしょうね。でも、その方からすると、それも悪くないかもしれないけど、ちょっと違ったのでしょうね。教える、教えてその人の考え方を変える、そういうことでは身に付かないんですよね。

自分で気が付かなければ、身に付かない
私がそこで思ったことは、「こういう考え方は良いな!」とか、「こういうものの見方は面白いな!」と気付いて頂くことが大事なんじゃないかということです。経営戦略やマーケティング戦略を策定する時の定石を、ケースなりなんなりを使ってお伝えすることは、それはそれで大事ですが、私がやらなくても世の中に良い本は沢山ある。それを読めばいいですものね。それよりも、定石なんかに出てくるフレームワークを使って分析してみると、こんな面白い見方もできる、こんなユニークな発想もできる、なんてことに「気が付いて頂くこと」が大事なんじゃないかと考えるようになりました。それからは、人前で曲りなりにも講師何て立場で話をさせて頂くときは、可能な限り聞いている方々に「面白い!」と思って頂けるようなことを、見る角度によっては違った解釈ができるとか、一つの事象から複数の、時には真逆の仮説が成り立つとか、手を変え品を変え、世の中の事象を分析して仮説を立てることの楽しさや、仮説を立てる際の私なりのコツなんかをお話しするように心掛けているつもりです。(まだまだ未熟ですが。)そういう議論を一緒にすることで、「こういう考え方って面白いな」とか「役立つな」と気付いて頂ければ十分。そういうことに気付いた方は、自分で普段からそういう考え方を取り入れ、継続してやり続けることで、その方の力になりますからね。

実際にやるのは難しい
でも、こういうことって、ビジネスの場で、特に上の立場にいる人がやるのは結構難しい。やっぱり、ビジネスの結果を出すことを求められるから、そのためには人を教え、変えようとしてしまう。
で、ここからが告知だったりして・・・
先日、ITメディアエグゼクティブに連載しているコラムの第3回が掲載されました。タイトルは、

「意識を変えざるを得ない状態」を作ることで意識変革を促しTransformationを実践する


です。コニカミノルタの経営陣の方々にお話を伺っていると、社員個々人が自ら変わらなければいけないと思う施策を色々と打つことで、皆が変わるように仕向けて行ったように見えます。(ま、現実には、勿論色々な試行錯誤があって、後から振り返るとそういう形になったというところもあるようですが。)

書き出しは、こんな感じです。

 企業を変革するのは、その企業で働く人である。どんなに合理性のある中計や戦略を策定しても、それを実行する人が付いてこなければ結果は伴わない。従来の考え方の延長で仕事をしていては、ちょっとした改善は行えても、Transformationという大きな変革を成し遂げることはできない。つまり、そこで働く人材には意識変革が求められるのだ。
 社員の意識変革というと、経営陣からの直接コミュニケーションや研修などを通じて、なぜ、どのように意識を変革して欲しいのかを経営が示すやり方がよく見受けられる。このような取り組みも重要であり、同社も相応に行ってきたが、それよりも経営陣が社員に対して「意識を変えなければならない状態」を作り上げることで、社員の意識改革を行ってきたように筆者には見える。つまり、人を「変える」ではなく、人が「変わらなければいけないという意識を強く持てる」ようにして、これを実践してきたように思われる。前2回のコラムでは、コニカミノルタの中核である情報機器事業を中心に考察を行ってきたが、今回は他の事業も含めて同社がどのような取り組みを通じて、このようなことを実践してきたかを考察してみたい。

良かったらお時間のある時に、是非ご笑読頂き、ご感想など頂けると嬉しいなぁ。本文は、こちらです。

話は全く変わって、昨日は逗子の夏祭りでした。息子を連れて行き、射的や金魚すくいなど楽しんだのですが、昔ながらのこういうお祭り、たまには行ってみるものですね。子供の頃を思い出しました。
逗子夏祭り

退化していませんか?

先日、NHKでちょっと気になるニュースを見ました。なんでも、近年、飛ぶことを諦めた、あるいは飛ばなくなった鳥が増えているとのこと。ニュージーランドのある渡り鳥は、長距離に適した長くてとがった羽を持っていたそうですが、約50年で短く、丸みを帯びた形に変化したそうです。温暖化の影響で、以前よりも気温が下がらなくなり、地上にたくさん食べ物もあるので、飛ぶ理由がなくなったとのこと。これを、ある学者は「進化」とし、ある学者は「退化」と指摘しているそうです。皆さんは、どっちだと思いますか?

利便性が上がると人は退化する?
先日、ある企業研修の講師を務めていた時、自分としてはかなり恥ずかしい思いをしました。板書しようとして時に、「示す」という漢字が急に出て来なくなったのです。致し方なく、ひらがなで「しめす」と書いたのですが、皆さんもそういうことよくありませんか?PCを使うようになってから、どんどん漢字が書けなくなる。だって、ソフトが変換してくれますからね。最近の若者はどうなんでしょう?我々おじさん世代は、学生時代はもちろん、社会人になっても数年は結構手書きをしましたが、それでもこのありさま。学生時代からPCやスマホを使い倒していると、テストのためぐらいにしか漢字を書かなくなるのかな?でも、今は変換した時に候補を見て、正しい漢字を選んでいるから、まだましなのかも知れませんね。これからは、そこに音声認識とAIが入ってくる。じきに、キーボードも叩かず、漢字変換も文脈でAIが全て正しく行ってくれるようになるかもしれない。更に、デジタル文章は機械が読み上げてくれる。こうなってしまうと、漢字を読む力もどんどん落ちるかもしれない。う〜む、そうなると人間としての基本的能力が退化しそうな・・・
PCだけじゃないですよね。家電もどんどん賢く、便利になっている。今や、電子レンジで何でも作れる。しかし、そうなると機械が提供できる範囲の味しか出せない。肉料理なんて、火加減ひとつで全然味も変わるのに。ま、入れる具材を工夫することはできますが、料理の腕はどんどん落ちる。新しい味の発見は、プロだけの世界になってしまうのかなぁ?

人次第で未来は変わる
IoTが浸透していく社会、その未来を語るに当たり、議論の中心は「人」なんです。先日、ある企業の経営者の方と議論していて、こんな話を聞きました。ITにより製造現場もどんどん自動化が進む。これから10年先は、どんな社会になるのか。その方は、こんな話を欧州やアジアの識者の方々と数多くの場を持って議論されてきているそうなのですが、どこで議論していてもやはり最後は「人」の議論に行きつくそうです。ITの進化でどこまで便利に、コストレス・工数レスで品質を上げるか、なんて話に終始してもおかしくなさそうですが、違うんですね。いくつかのシナリオで、人とITのコラボレーションがどうあるべきか、その中で「人」がどうあるべきかを議論されているそうです。興味深いですねぇ。物凄く極端で簡単なシナリオは、ITが機械を制御して、これまで複雑で自動化できなかった制御まで無人化される。そうなると、人はこれまでやってきた現場の労働から解放され、人間だからこそできる事、つまり考え、知恵を出し、新たな付加価値を作り出す本来業務?に専念できるようになる。その知恵を、またITに移植し、更に便利で快適な社会を作ることができる。夢のような話ですねぇ。しかし、そんなに単純な話ではないですよね。誰もが、そんな思考力を持っているわけではない。更に、先に見たように、ある意味人間は退化している部分もあるように思います。そもそも、人間だからこそ出来る事って何なんでしょうね。更に、少し現実的に考えると、このシナリオにはもっと暗い部分もある。現在色々なところで議論されているようなITの進化を企業が享受しようとすると、今まである意味単純作業をしていた人たちはこれまでの仕事を失う。もっと付加価値を出す仕事をするようにと言われても、急にはできない。そうなると・・・貧富の差ばかりでなく、スキルや知識と言った領域でも、持つ者と持たない者の差が今よりも広がるかもしれない。そんな社会って、本当にスマートな社会なんでしょうかね?技術の進歩、利便性の上がるところばかりでなく、社会の基本である「人」に焦点を当てた議論が、今後もっと、もっと必要なんじゃないかなぁ、なんて思わずにはいられません。
livedoor プロフィール
Blog Ranking
人気ブログランキングへ
amazon.com
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ