井上浩二のブログ:現在(いま)を考える

株式会社ケーティーコンサルティング株式会社シンスター の代表取締役井上浩二が、ビジネスに関して日々考えていることを発信。

株式会社シンスターでは、人材育成に関するコラムを発信しています。是非こちらもご覧ください。

お金を大事にしていますか?

「パパが渡してくれたクレジットカード、殆どのお店で使えないんだよね」と留学中の息子がクレームを。「マスターカードだから、そんなはずはないんだけど・・・」と言うと、「今日だって、使えなかったもん」とのこと。15歳の息子なので、当然のことながらその時チャージしているお金が使用限度額のカードを渡しています。で、残高を確認すると・・・何と僅か2週間で2万円入れたカードの残高が265円に。「残高ないから、使えないんだよと」と説明すると、「僕は、そんなに使ってない」と切り返す。で、一つ一つ使用履歴を確認して行くと・・・当然のことながら、やっぱり使ってるんですよね。お金の管理の仕方、教えないと。

管理しながら本当に必要なことに使う
そもそもカードを使わせるのは、あまりよくないですよね。しかし、現金持ち歩きより安全なので、今回は持たせました。しかし、カードで払うとお金を使っている気にならない。そこで、まず金銭感覚がなくなるんですよね。今回、その事をしっかり教えるつもりです。使ったお金はメモするように。これに加えて、USドルの感覚がないのも金銭感覚のずれを生むんですけどね。ま、何れにしても、親が与えたお金なので、自ら管理しようという意識が薄い。一応、外で毎日買わなければならない昼食用として渡しました。本人に、毎日お昼代が幾ら必要かを聞いて、確認して、チャージしたわけです。但し、もし毎日の昼食代を節約したら、その分は自分の小遣いにしても良いとも伝えました。本人、その時は分かったと言いながらも、買わなくても良いくだらぬものを買い、友人とレストランで昼に2000円を超える金額を使い・・・ま、そう言う意味では、本当にチャージした金額しか使えないカードで良かった。
息子にも教えないといけないですが、実は大人でもお金を「管理」しながら、「本当に必要なこと」に使うが出来ていない人がいますよね。先日から、社会を賑わせている山口県阿武町のコロナ給付金の件。誤送金の原因が、チェック漏れのようですね。しかも、振込依頼のデータを新人が作っていたとか。これ、当然のことながらこの新人さんが悪いわけではない。やらせた側、チェックすべき側が悪い。こんな多額の支払をするのに、なんでその管理が出来ていないのか?そもそも、政府は一律の支援金や助成金を何故払うのか?その額は、どうやって決めたのか?良いですよね、自分の懐が直接痛むお金じゃないですから。ま、政治家の皆さんも一部は負担することになるでしょうが、それよりも企業や一般人の方が圧倒的に税金でこれを負担している。また、債務が膨らめば、今後の国民負担、つまり若者につけを回すことになる。そこに対しての責任を考えた上で本当に必要な事に使おうとしたら・・・給付金や支援金の在り方、あるいはその支給の仕方、事務処理も今よりずっと良くなると思うのですが。何となく、今のわが息子と政府や地方自治体が同じレベルに見えてなりませんでした。
20220522_ルームメイトと友達

冒険していますか?

息子が、アメリカ留学に旅立って行きました。しかし、今は便利なもんで、着くとすぐLINEで連絡、ビデオ電話。まるで隣にいるみたい。ちょっと閉口したのは、月曜日から毎朝?2時にLINEが鳴る。今日の予定が分からない、事務局の人が言っていることが分からない、Homeworkへの対応の仕方が分からない・・・こんなんで大丈夫かと思っていたのですが・・・

成長⇒冒険⇒成長の好循環
ビックリしたのが、金曜日、土曜日とかかってこなくなりました。で、心配になって私の方から連絡。話してみると、授業なんかはもうだいぶ慣れて、クラスが楽しくなっているとのこと。そして、週末はもう向こうで出来た友達とマンハッタンへ遊びに行く約束をしている。もっと驚いたのは、現地には日本人もそこそこいるのですが、出来る限り日本人には近づかず、日本語を話さないようにしているとのこと。日本語を話すのは、外人から日本語を教えてと言われた時だけにしようと極力頑張っているそうです。息子の成長に嬉し涙です!
今回、きっとかなり不安やプレッシャーもあったのだと思います。中学1年の時に3週間NYの学校に放り込んだ時は、日本人見つけて話していた息子がこんな風になるとは。成長したのだなぁと思います。成長して冒険する、その冒険がまた成長に繋がる。素晴らしい好循環!私も若い時にこんな経験したかった。

冒険しなくなる?
こんな息子を見ていて、ちょっと考えちゃいました。自分は、最近冒険をしているだろうかと。50も後半になり、何となく今までに蓄積したものを消費しながら生きている気がして来ました。まだまだ先は長いし、面白く行きたいとは思っている。しかし、日常を振り返ると全く冒険していない。テレビで、カンブリア宮殿、ガイアの夜明け、がっちりマンデー・・・などなど、色んなビジネス系の番組を見ると、老若男女冒険をし、そこで得たもので社会に貢献している人達が沢山いる。世の中の困りごとを解決する、利便性をさらに高める、全く無かった価値を生み出す・・・こういう事をするためには、冒険しなきゃダメですよね。たった1週間ですが、息子の行動を見ていて、反省すると同時に元気をもらったような気がしています。
20220508_浩喜USへ

日常に感謝していますか?

国外に避難した方が575万人、亡くなった子供たちが少なくとも223人ですか。信じられないですね、今の時代にこんな事が起こるなんて。ウクライナのニュースを毎日目にして、怒りも覚えるし、とても悲しくなるし、何もできない自分の無力さも感じるし・・・兎に角、何とかして早くこの惨事が終わって欲しいと祈るばかりです。

真実はどこにあるのか?
この戦争、色々な報道がありますが、個人的には何が真実なのかよく分からなくなってきました。我々が目にしているのは、勿論欧米の報道。現地の状況も、ちゃんと中継で繋がって報道される。きっと信じて良いのだろうと思います。一方、ロシアでは報道統制が行われて真実が国民に伝えられていないと言う。その結果、プーチン大統領の支持率は82%、ウクライナ侵攻も74%。報道統制だけで、あるいは恐怖政治でここまで現代の人を抑え込めるのでしょうか?本当に、我々には真実が伝えられているのでしょうか?自分の目で確かめなければ、本当の真実は分からないのでしょうか?情報技術のお陰で、世界中の情報を瞬時に把握できるようになった今、その技術を使って情報を分からないように改ざんして伝えられるようにもなっている。聞いたことを安易に鵜吞みにせずに、自分で考えて、必要に応じて自分の目で出来る限り事実を確かめながら物事を判断する力が求められているのでしょうね。善意で使えば人間の強力な武器になるはずの情報技術が物事を信じられなくするなんて、物凄く残念に思います。
ただ、言えることは、何の罪もない人達が犠牲になっている。一部の政治家、あるいは野心のある狂人のために。これは、何とかしないといけないのでしょうね。こういう事を目にすると、あの私の大好きな歌の歌詞を思い出します。何で、みんなジョンレノンのようになれないのでしょう?

Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too

Imagine all the people
Living life in peace

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one

そんな事を考える傍ら、個人的には平和な日常にもっと感謝しないといけないと思うようになってきています。この週末は、来週から留学する息子に料理を教えました。息子の中学での学校の問題とか、勉強の事とか、その時には色々大変だと思う事がありましたが、そんなのは些細な事。皆で、笑ったり、怒ったり、悲しんだりして過ごせる日常があるだけで、本当に感謝しなければいけないのだと思うこの頃です。
20220506_CheffKoki
livedoor プロフィール

Koji

美味しい食べ物とお酒をこよなく愛すコンサルタントです。戦略立案とBPR、及びこれを実現するためのITなどに関するコンサルティングを提供しています。また、ビジネスリーダーを育成するシンスターで企業研修などの講師も務めています。
株式会社ケーティーコンサルティング、株式会社シンスター代表取締役

Blog Ranking
人気ブログランキングへ
amazon.com
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
RSS
QRコード
QRコード