井上浩二のブログ:現在(いま)を考える

株式会社ケーティーコンサルティング株式会社シンスター の代表取締役井上浩二が、ビジネスに関して日々考えていることを発信。

株式会社シンスターでは、人材育成に関するコラムを発信しています。是非こちらもご覧ください。

2014年02月

感動していますか?

ソチ・オリンピックもいよいよ大詰めですね。私は、今回の冬季オリンピックはこれまでになくテレビなどで観戦したように思います。参加している日本選手に話題が多かったからかな?あるいは、少しは生活にゆとりが出たのかな?皆さんは、如何でしたか?様々な競技がありましたが、皆さんは何かに感動しましたか?

人は何に、何故感動するのだろう?

直近の競技で、私にとってはちょっと驚いた事があります。それは、女子フィギュアスケート。皆さんご存じの通り、浅田真央選手は残念ながら6位でしたね。ショートプログラムで本人も、見ている誰もが信じられないような失敗。しかし、フリーでは正に見事な演技!この演技は、本当に素晴らしかったですね。(真央ちゃんのお姉さんの話しの前に、解説抜きの演技がフルで見られる動画があったので載せときます。)

この演技は演技で素晴らしかったのですが・・・びっくりしたのは番組を放送していたNHKで、演技終了後にスタジオのアナウンサーが泣いていたこと。私にとっては、本当に「えっ、何で?」と言う感じでした。しかし、実に多くの人が感動してるんですよね。日本中、感動の渦だそうです。(私が鈍いのかなぁ。)私自身は、ショートプログラムの失敗でほぼメダルの可能性がなくなってしまった浅田選手が、開き直って演技したら完ぺきな演技をするんじゃないかなぁ、なんて思いながら見ていたので、「やったね!」と言う感じでした。日本中からメダルを期待され、物凄いプレッシャーの中で五輪に参加し、考えられないような失敗をしてしまった。本人は、私なんかが想像もできないぐらい辛く、悔しい思いをしたのだと思います。最後の演技で、本当の自分の力を発揮できた時、様々な思いが突き上げてきたのでしょう。浅田選手は、天を仰いで涙を流していました。その姿には、「大変だったんだろうなぁ。よくやったなぁ。」と言う思いは持ったのですが・・・感動とは違いますね。これは、なんとなく私の感覚なんですが、どうも女性の方が感動しているように思えます。日本中の誰もが知っているトップ女性アスリート。失敗を乗り越えた素晴らしい演技に、女性だからこそ感じるものがあるのかなぁ?人が何に、何故感動するのか?個々人違いますからね。難しい。皆さんは、如何でしたか?

ビジネスで感動を生むのは難しい
スポーツの祭典、皆が注目している中では色々な感動がありますが、ビジネスの世界では感動を生むのは難しいですねぇ。喜んだり、驚いたり、そんな事はありますが、涙するような感動まではなかなか感じることがない。数年前のタイの大洪水、あるいは東日本大震災の被害からの復旧や再起などのストーリーには、実際に目にしたことでも感動したことが多々ありますが、日常の中ではなかなかない。今回、オリンピックを見ていて、それじゃいけないんじゃないか、なんて思えてきました。皆で力を合わせて何かに取り組み、その結果が出た時には感動できるぐらいのやり方をすると、当然皆が一枚岩にもなるし、その感動を生んだ活動は心に残る、次につながるように思います。でも、なかなか出来ていないですよね。どうしたら良いのかな、なんて考えてしまいました。これまで、私自身は何度か仕事で感動したことがあるのですが、その少ない経験から考えてみると、

・ストレッチが必要な少し高い目標を設定し、これを共有する
・各自の役割を明確にする
・取り組みの過程で、メンバーが役割を超えて助け合うように仕事を進める
・互いの努力がどこに出ているかを見える化する
・定性/定量双方の結果を具体的に共有する
・マイルストーンに小さくても良いからイベント(飲み会など)を皆で行う


なんて事をしっかり行うことが大事なのではないかと思います。これがちゃんとできれば、互いの苦労も貢献も分かり、皆でどうやって成果に結びつけたかも共有できる。高い目標を達成する中で、誰かが物凄いパフォーマンスを発揮したり、チーム全体で課題を乗り越えたりできると、感動が起こるのでしょうね。そこに貢献するためには、ナルシストではダメですが、自分の取り組みにも自分で感動できるぐらいでなければ、周りは感動しないのかもしれませんね。ビジネスでも、感動を生めるぐらいの取り組みができたら素敵ですよね。


ちなみに、ソチオリンピックで特に私の記憶に残ったのは、葛西選手と羽入選手ですね。葛西選手には、正直ちょっと驚きました。これまでのオリンピックでもそれなりに注目された選手でしたが、個人ではメダルに手が届かなかった。41歳という年齢で参加した今回も、失礼ながら難しいだろうと思っていました。それを見事に銀メダル。「金を取ってレジェンドになる」と自分で自分を「レジェンド」なんて言うところも、正直驚きました。羽入選手の事は、前回のブログにも書いた通り、『想い』が素晴らしかった。正直、彼のインタビューは感動しました。やっぱり、スポーツは良いですね。理屈も何もなく、ただ全力を尽くす。ビジネスにも、取り入れたい要素が多々あるように思います。

「緊張」をうまく力に変えられますか?

葛西選手、銀メダル、凄いですねぇ!41歳、冬季五輪の日本選手最年長メダル記録。前日の羽入選手の金と言い、こう毎晩日本選手が活躍すると、どうしても見てしまう。その分、朝が少々眠いですが、気持ちの良い朝を迎えられる。きっと、皆さんも同じですよね。

最近の若者も緊張することに、ちょっと安心
しかし、ちょっとびっくりしたのは、羽入選手の演技後の「緊張しました」のコメント。4回転ジャンプ、3回転ジャンプとらしからぬミスを重ね、本当に残念だと思っていたのですが・・・その後の「緊張した」のコメントには、何だかホッとしました。羽入選手の次に滑ったパトリック・チャン選手も、

「われわれは皆人間だ。(スノーボード界のスター)ショーン・ホワイトでさえミスを犯す。残念ながら今回はミスが1回多かった」

と、プレッシャーから来る緊張からミスしてしまったことを語っていました。最近の若者は、大舞台でも緊張しない。逆に、「楽しみました」なんてコメントを多く聞きます。スノーボード・ハーフパイプで銀を取った平野選手は、「気持ちよかった」。銅の平岡選手は、「全然、緊張していなくて、大会を楽しめました。」ですからね。おっさん臭いかもしれないですが、「最近の若者は緊張しない人が多いんだ。凄いなぁ。」なんて思っていたので、悔しそうな表情を浮かべながら、失敗を「悔しい、緊張した」と裏表なく語る羽入選手に何か安堵感を憶えました。

「緊張」をどうマネージしてますか?
実は、私も知る人ぞ知る大の上がり症。人前で話すときなど、少人数でもかなり緊張してしまいます。若い頃は、声が震えてしまうので、人前で話すのは大の苦手でした。しかし、コンサルなんて仕事をしていると、当然のことながらプレゼンなど、人前で話す機会が多い。MBAスクールや企業研修の講師なんてやれば、もっと多くなる。若い頃は、毎度毎度の緊張をいかにほぐすか、かなり苦労しました。で、色々な工夫をして掴んだコツは・・・私の場合は「腹から声を出す」ことと、最初は大勢の中の特定の誰かに目を合わせ、その人に語りかけるようにすること、逆に言えば大勢全体を見ないことのように思います。グッとどこかに力を入れてしまえば、そこ以外は当然リラックスします。全体を何となく見渡してしまうと、その場の雰囲気にのまれることが多々あります。場数を踏むことで、自分なりに緊張を解す方法を身に付けました。しかし、未だに緊張するんですよ。しかし、こういう方法を身に付けると、緊張すること自体とてもプラスに作用しているように思います。緊張しているとアドレナリンが出て、神経もいつもより研ぎ澄まされるように私は思います。すると、頭の回転も速くなり、思考の瞬発力も上がるように思います。講師をしていても、お客様と議論していても、普段より集中して相手の反応、言うことを捉えることができ、適切な対応、アドリブを効かせられるように思います。逆に、緊張が足りないとダメですね。先日、ある場で300人ぐらいの方を前に1時間ぐらい講演をしたのですが、思いのほか緊張せず、自分としてはパフォーマンスが「イマイチだったなぁ」と反省しきりです。
オリンピックでは、やはり41歳の葛西選手が上手く緊張をマネージしていたように思います。「楽しむ」なんて一切言わない。「金を狙う」と公言し、「五輪はやはりビビる」とも漏らしながら、これまでの経験を活かして「緊張」を最高のパフォーマンスに繋げたように思えました。皆さんは、どうですか?緊張しますか?そんな時、どうやってその緊張をプラスの力に変えていますか?コツがあったら、是非シェアして欲しいなぁ。

若いのにしっかりしているのに驚き
もう一つ、羽入選手に関しては、驚きと言うか、感動したことがありました。私は、特にフィギュアスケートに大きな関心を持っているわけではないので、どんな選手か全く知らなかったのですが・・・宮城出身なんですね。東日本大震災を経験し、多くの苦労を経てのオリンピック出場だったんですね。「この金メダル獲得がスタート。金メダリストとして復興に貢献したい。」と公式記者会見で語るじゃないですか。素晴らしい!他人への感謝、復興への貢献の意思を持って、スケートに専心し、オリンピックに出場していたのですね。会見を見損なった方は、是非下の動画をご覧ください。後半部分ですが、真剣な表情で語る素晴らしい才能を持った若者に感動しますよ。

こんな事を言っては、またまたおじん臭いですが、最近の若者もしっかりした考えを持っている、その考えを持って今を大事に生きている人が沢山いるんですね。実に勇気づけられます。メダルの授与式では、屈託のない笑顔と、何度も何度もお世話になった方々への感謝の意を込めてお辞儀を繰り返す羽入選手の姿が、何とも印象的でした。素晴らしい感動をありがとうと私も御礼を伝えたい気持ちです。

戦う前から勝負がついている事ってありますか?

上村愛子選手、残念でしたねぇ。4位。これまで、長野オリンピックから、7、6、5、4位と順位を上げてきたから、最後のハナ・カーニーがコブでバランスを崩して失敗するのを見た時には、思わず「やった!今度こそ銅メダル!」なんて小さくガッツポーズしながらテレビを見ていたのですが・・・う〜ん、残念!

採点は正しかったのか?
決勝での上村選手の滑り、見事でしたよね。決勝に残った6人の最初、緊張するだろうに、私のような素人の目にはかなり完璧に見えました。特に、上村選手の代名詞でもあるターン。実に美しい!

果敢に攻め、タイムは決勝6人の中でベスト!私は素人ですが、これならもしかしたら22点近く・・・なんて思ったのですが、採点はなんと20.66じゃないですか。思わず目を疑いました。この滑りでこの点数ですから、その後の選手はかわいそう。決勝の舞台で2人続けて20点を切るスコア。しかし、4人目の優勝したジャスティン選手が素晴らしい滑りをしてやっと22点台を出すと、続くクロエ選手は21点台。ここまでは、まぁ納得の祭典だったのですが・・・ハナ・カーニー選手のミスの多い滑りも点数も21点台。これは、流石に採点が甘いのでは?と思わずにいられませんでした。公正な審判員が採点しているのですから、きっと正しいのでしょう。しかし、もし上村選手がハナ・カーニー選手の前か後に滑っていたら、この採点はなかったのではないのだろうかと本当に思わずにはいられません。名前、貫録、そして滑降順・・・滑る前から与えられている色々な要素が結果にも影響しているのではないかなぁ・・・それは、日本人を贔屓目に見る私も同じ?

やる前から勝負がついている事って・・・
しかし、こういう「やる前から勝負がついている事」って結構あるように思います。素晴らしい投手に向かうバッターが、打席に入る前に負けてしまっているシーンなんかもよく目にします。ビジネスではどうでしょう?昨日、ちょっと気になる記事を読みました。セブン&アイグループが、増税後も価格の高い高品質PB「セブンゴールド」を積極的に展開していくと言う記事です。鈴木敏文会長のインタビューも載せられていたのですが、会長は次のように述べていました。

「安さを求める客層は一定程度いるし、増税後はその傾向が強まるだろう。その一方で、高齢化に伴ってシニアを中心に質の高い商品を求める層も増えている。」

増税で安さへのニーズは強まるが、一方で少し高くても高品質な商品を求める層も依然としている。これは、良く分かるし、そこをしっかり見ているのは、流石、鈴木会長ですね。しかし、シニア中心なのかなぁ?と私的にはちょっと疑問。

 「日々必要な商品が足りている大半の消費者は、むしろ新しさや驚きを提供する商品の方に強く反応する。(昨年ヒットした)『金の食パン』がいい例だ。メーカーのナショナルブランドで質を追求した商品は少なく、手つかずの分野がたくさんある」

モノが溢れている日本市場で、消費者が「新しさ」、「驚き」に強く反応するのは、正にその通り!しかし、これを作るのが難しい。そこに対して、鈴木会長はナショナルブランドの話をしていますが、このコメントを皆さんはどう思われますか?質を落としてでも価格を安くすることを求め、ある意味メーカーに強いてきたのは大手小売りのように思うのですが。時に、少し高いが良い商品を提供したいメーカーがいても、「その価格じゃ、値入率じゃうちでは扱えない」と切り返していたのは、セブン&アイを含む大手小売りのバイヤーではないのでしょうか?それを、ナショナルブランドは・・・とバッサリ切るようなコメントは、私としてはかなり疑問に思いました。
日本の日用品メーカーの雄である花王でさえ営業利益率9%台で、目標とするP&Gの16-20%超には大きく引き離されている。業界の構造特性で利益率が低い日本のメーカー、その構造を創り上げている大きな要因の一つである大手小売が、自分たちのルールでナショナルブランドの質を下げてきたんじゃないでしょうか。勿論、そこに果敢に攻め、高品質で少々高いものを作って持ち込む事も出来なくはないですが・・・そこに資源を投資すべきか、それとも小売りのバイヤーの意向に沿うビジネスに資源を投資すべきかの選択ですね。大手小売がナショナルブランドに可もなく不可もない商品をとにかく「安く」提供するように求めてきた。そして、市場の変化に合わせ最近力を入れていたPBでメーカーよりも先に動く、あるいは自分たちの枠組みに協力するように強いる、そんな構図が見えるようにも思うのですが。勿論、この構造を打破するための動きはメーカー側にもありますが、全体としては簡単には崩れない。小売有利のビジネス構造は、続きそうな気がするなぁ。

ま、勝負事、戦う前から勝負がある程度決まっている事もありますが、そんな中でもベストを尽くした上村選手。素敵ですね。涙を流す仕草を見せ、

「準備してきたことや、失敗なく攻めて滑りたいというのが(決勝の)3本全部かなった。自信を持ってスタートに立ち、最大の力を出して滑るというのが私の思っている理想。今日はたくさんそれができたので、すごくうれしいです」。

なんてすがすがしいコメントを遺してくれたことが、とても印象に残りました。

バレンタインに「ふんどし」しますか?

もう2月ですね。早いなぁ。2月と言えば、14日はバレンタインデーですね。ま、私には全く縁のない日ですが。2月14日は、バレンタインデー以外にも記念日に設定されているそうです。(正確には、設定して広めようとしている人がいる。)それは、なんと「ふん(2)どし(14)」の日だそうで・・・小田急百貨店では、特設会場まで設けて「バレンタインふんどし」としてチョコとセットで販売するとのこと。「笑い」は取れるかもしれませんよね。しかし・・・売れるのかなぁ?バレンタインにふんどしが。

やっぱり感性の差は埋められない
朝の電車でこんな記事を読んだので、早速お客様先でお茶を出してくれた30歳前の女性にちょっと聞いてみました。
「ねぇ、2月14日ってバレンタイン以外の記念日なんだけど、知ってる?」
「えっ、何の日なんですか?」
「『ふんどし』の日なんだって。チョコとコラボでふんどしあげるなんて企画もあるようだけど、どう思う?」
「ジョークの分かる人には、笑いがとれて面白いかもしれませんね。
「本当!?でも、本当に買う?お洒落なふんどし、略してSHAREFUNって言うらしいんだけど。」
「えっ、赤じゃないんですか?どんなふんどしなんですか?」
「こんなふんどしだよ。」と、iPadで写真を見せると・・・
SHAREFUNバレンタインSHAREFUN






「えっ、キティーちゃんのもあるんですか?わっ、本当にお洒落ですね。」
「お洒落?本当?ふんどしだよ。」
「何だか、前掛けみたい。ふんどしとして使わなくても良いじゃないですか?これなら、アリかも。」
う〜む。やはり、若い子の感性はわからん。最近は「友チョコ」も流行で、東急百貨店では「友フン」も狙っているとか。販売目標の2000枚は、もしかしたら軽く達成するのかもしれませんね。

ターゲットに「良いねぇ!」と言ってもらえるか
このSHREFUNですが、実は大まじめに取り組んでいる方がいるそうで、「日本ふんどし協会」なるものも設立して普及に取り組んでいるそうです。協会代表の中川氏は、
「各メーカーとも協力し合い、ふんどし人口を増やしていく活動を行っていきます。2022年までに日本人全員がふんどしを1着は持っているという時代を到来させることを目標にしています」

とのこと。一発屋の洒落ではないのですね。凄いなぁ。本当に、そんな日は来るのでしょうか?そもそも、中川氏は、
「仕事での無理が祟って自宅療養していた時期、尊敬している方から『私も昔(パンツ時代)は自分に自信が無かったんだ。だけど、ふんどしにしてから自信が蘇った』と、ふんどしを勧められたんです」そのアドバイスを受け、ネットでふんどしを購入した中川代表。半信半疑で着用したところ、快適でありつつ気持ちがシャンとする効果を実感したという。
というご自身の体験から、現在の活動を続けていると言うことです。面白い方ですねぇ。そんな話を聞くと、ちょっと興味は湧くのですが・・・なかなか本当に買ってまで試してみようと言う気には私はなれません。何故かって?今でも十分満足しているからですかねぇ。あるいは、困っていない。日本人全員がターゲットとなるとかなり難しいですが、恐らく重要な事は「体験してもらう」こと、なんでしょうね。一度体験してもらい、中川氏と同じような感動、あるいは違う意味でも良い感動を持ってもらえれば、購入に繋がる。その体験に導くために、医学的に本当に良い面があると立証できるのであれば、それを梃に市場とコミュニケーションして行くなんて手法もありますね。それでも、ターゲットが日本人全員と言うのは・・・?キーワードである、「自信」、「シャンとする」は感性の問題。そこに、何か課題を抱えている層をターゲットにすると面白いかもしれませんね。あるいは、もう一つのキーワードである「快適性」を軸に考える。これは、機能ですね。ま、ターゲットを絞って適切なコミュニケーションを取ると、結構面白い広がりなんかもあるのかなぁ、ターゲットが「体験」して、「良いねぇ!」と言ってくれると、もしかしたら・・・今年のブームの一つになったりして。

分かり易さが大事
先週のニュースでは、他にも興味を持ったものがありました。「食べられる食器を作る3Dプリンター」です。
食器3Dプリンターこれは、分かり易くて良いですね。作った食器を食べられるのですから。ただ、現在の仕様だと、そのまま食べると言うよりは、別途ちゃんと料理しないといけないようですが。また、サイズもまだまだ大きい。(高さが1mあるそうです。)現在は試作の段階なので、きっとそんなに時間をかけずにポットぐらいの大きさになるでしょう。また、使える原料のバラエティーも増えるでしょう。良いですよね。家で食器も作って食材を飾り付け、器まで食べられるなんて。その他、飾り付けのものも色々作れそう。私だったら、10万円を切って販売されたら、買っちゃいそうです。なんでかって?そりゃ、料理好きだからですね。目で見て具体的なベネフィットが分かる。そういうものは、実にマーケティングし易いですね。勿論、ターゲットにとって分かり易いからですね。ふんどしのようなものは、「笑いをとる」、ジョークとしての分かり易さはあるかもしれませんが、着用によるベネフィットは分かり難い。それを伝えるとしたら・・・誰に対して出すメッセージなのかをよく考えないと、かなり中途半端なものになってしまうリスクがありますね。そこが、マーケティングの難しいところかなぁ。何でもこの3Dプリンターのように分かり易ければ良いんですけどね。
livedoor プロフィール

Koji

美味しい食べ物とお酒をこよなく愛すコンサルタントです。戦略立案とBPR、及びこれを実現するためのITなどに関するコンサルティングを提供しています。また、ビジネスリーダーを育成するシンスターで企業研修などの講師も務めています。
株式会社ケーティーコンサルティング、株式会社シンスター代表取締役

Blog Ranking
人気ブログランキングへ
amazon.com
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ