今週、ある企業で研修講師をやるのですが、その一コマで営業の成功事例を共有し、成功の鍵、大事なエッセンスが何だったかを議論しようと思っています。そのために、営業の方々から事例のインタビューをしたのですが、やっぱりしっかりお客様に評価されている方々は素敵ですね。「お客様ファースト」、「(お客様の)現場のハピネスを如何に作るか」などを軸にチームメンバーと一丸になって取り組んだ、なんて話を伺わせて頂きました。どの事例でも、「現場の人が何を、何故、課題と捉えているのか」、「本当は何を求めているのか」といった事を徹底的に議論し、「あるべき姿」をお客様と一緒に色々と工夫しながら描き、その実現に向けて取り組んでいるとのことです。素晴らしいなぁと思いつつ、一方で世界にはなかなか解決されない問題、課題が沢山ある、こういう問題を解決するにはどうしたら良いんだろうなんて事も考えてしまいました。中でも、日本の「今そこにある危機」ですか、北朝鮮の問題、皆さんはどんな風に見てらっしゃいますか?どうしたら解決できると思いますか?

何が欠けているのか?
北朝鮮、核開発にミサイル発射実験、駄目ですよねぇ。世界で決めているルールがあるのだから、それを勝手に破っては絶対にいけない。トランプ政権、上手く行かない内政を外患転嫁しているようにも見えますが、「テロ(支援)国家」に再指定ですね。北朝鮮を非難する機運を高め、日本も含め他国と強調して制裁を強めようとしている。でも、私には何かしっくりこないんですよねぇ。金正恩委員長は、どうやら金正男氏の暗殺は決行しましたが、イスラム国のように自爆テロを行っているわけでもない。中国のように、日本の排他的空域や水域を犯しているわけでもない。(ミサイル実験では、1発落ちたかな。)朝鮮戦争終了後、小さないざこざはあるものの、韓国と内戦を起こしているわけでもない。(中東情勢などとは、大違い。)天安門事件のように、民主運動を軍が武力で弾圧しているわけでもない。(日常的な弾圧を行って、起こらないようにしているだけですが。)裏ではイラクと繋がっているのかもしれませんが、そういう立場に追い込んでいる気もする。そもそも、北朝鮮は何故核開発を、ミサイル開発を行うんでしょうね。金正恩は、世界制覇を企んでいる?トランプが、Smart cookieと呼ぶくらいですから、そんなことは考えないんじゃないかなぁ。何を望んでいるんでしょうね。そもそも、北朝鮮はどんな国家になりたいのでしょう?北朝鮮の国民は、何を望んでいるのでしょう?当然、現状から脱したいという強い思いが金正恩にはあるのでしょうが・・・本来であれば、ここを対話で共有することが大事なのでは?もし、世界征服を企んでいるのであれば徹底的に阻止しないといけませんが、現支配体制の維持と国の経済的発展を望んでいるだけであれば、今とは違う対応の仕方もるように思うのですが・・・根っこを議論せずに、表面的に起こっていることだけに対応していると、本当には問題は解決しないですよね。(ま、経済的な発展を遂げながら現支配体制を維持するのは、外からは難しそうに見えますが。

相手の立場に立って考えてみる
個人的には、日本が平和で暮らしやすいアジアを作るリーダーになって欲しいと思っているのですが、なかなか難しそうですね。比較論では、当然経済的には北朝鮮よりずっと豊かなわけで、議論ではこちらから相手に対して理解を示しながら問題を一つ一つ丁寧に話し合っていければいいのですけど・・・どうも、そうはならないですね。日本の場合、どうしても拉致問題が出て来る。これは、相手に非があるし、御存命の方々には出来るだけ早くご家族との再会を果たしてもらいたいと、誰もが願うことだと思います。一方、日本も第二次大戦中には強制労働や慰安婦の問題も起こしている。北朝鮮の人から見たら、どう見えるんでしょうね?北朝鮮による拉致の問題、これはきっと朝鮮戦争の延長線上にあったことなんでしょうね。最近になって、北朝鮮が日本人を拉致している訳ではありませんから。日本人は、第二次大戦中に起こった事はもうけじめがついたと片付けようとしている。北朝鮮の方々からすれば、第二次大戦中に拉致した朝鮮人の問題はどうなのかと言いたくもなるのかもしれませんね。また、私が子供の頃は、電車の中で朝鮮の人民服を着ている学生さんを「チョン高」と蔑んだり、「バカチョン」という言葉で卑下したり、色々と日本の方にも問題はあったと思います。北朝鮮は、金やレアメタルなど豊富な鉱物資源を保有しながらも、それを活かすことができないとも耳にします。第二次大戦で壊滅的な被害を受けながらも、ここまで世界の大国となり、比較論では経済的な発展を謳歌している日本が、経済的に立ち遅れている北朝鮮の現状をもっと理解し、相手の立場に立ってどうやって現在の問題を解決すべきか議論すれば、時間はかかるかもしれませんが、より良い解決に繋がるようにも思うのですが。甘いですかね。

ま、北朝鮮の問題はさて置き、どんなことも相手の立場に立って、相手の現状をきちんと理解し、互いにハッピーになる「ありたい姿」を描いて、課題を解決していくというアプローチは、どんな事にも非常に重要!自分達の生活レベルから国家レベルまで、こういう考え方が実践できると、世の中はもっと素敵になると思うのですが・・・そんな素敵な世界の象徴、花火!(強引な展開ですが)先週金曜日に、花火大会の先頭バッターである逗子の花火大会がありました。今年は、花火大会30周年記念だそうで、スポンサーのコロワイドさんの気合が違ったように思います。物凄く綺麗でしたよ。
逗子花火大会201705