2018年05月27日

 日本列島のあちこちで、真夏日とやらを観測するような季節になってしまいました。毎年少しずつ早くなってきているような気がします。
 今年の前半もことのほか忙しくて、音を上げる日々が続いていました。描きたいと思っている水墨画もなかなか描けず、18年続けている陶芸もたまに休まなければならなかったりと、イライラというか、ストレスが十分に溜まっております。とは言うものの、毎日を忙しく過ごせる幸せは十分に感じており、最近は
 “ま、いっか!できないものはしゃんねえよ”
なんて開き直って、ストレスを次に引きずらないようにしております。元来が、あまりきゅうきゅうと考えない性格で、何とかなるさ的ないい加減さを兼ね備えた、人間らしい(?)人間なものですから、多分ストレスがストレスになっていないのかもしれません。
 遊蕎庵における今年の今までのそばに関する話題といえば、特別なことではありませんが、もっと美味しいそばを食べたい食べさせたいから、もっともっとそば打ちを高めていきたいという皆さんが、たくさん来ていただいているということです。こんなうれしいことはありませんから、絵が描けなくても陶芸が出来なくても、ストレスはたまらないのかもしれません。
 また、2月には、生徒さんが1名全麺協4段に合格しました。そして、3月には2名の生徒さんが、3段に合格いたしました。3名とも一発合格で、しかも上位合格でした。遊蕎庵では段位合格のために特別なことはしておりません。あくまで、美味しいそばを打つことだけを考えてそば打ちを行っております。その結果が出たにすぎません。ですから、合格した人たちも、合格したからと言って特別な感慨はないようです。ただ素直に、合格してよかったね。ということです。まだまだ、そば打ちのゴールは見えておりませんから。
 そんなことを言いながら考えてみると、我が遊蕎庵も今年の5月で、開庵以来10年目を迎えておりました。もう10年も経ってしまったのです。なんか、あっという間の出来事のようです。あとどのくらい出来るのかは皆目わかりませんが、もう少し頑張ってみようかなと思っております。今まで、来ていただいた皆さんには心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
 そういえば、開庵した時、“10年経ったら封を切ろう”と決めて置いておいた純米酒が2本あります。さあ、いつ開封しましょうかね。10年をゆっくりと振り返りながら味わいたいと思います。一緒に浸ってくれる方がいたら最高です。楽しみです。
 先日湯島の「けい吾」に行ってきました。実は、阿部ちゃんの娘さんの2歳の誕生日で、誕生日のお祝いにかこつけて(どちらにかこつけたのかはわかりませんが)、相変わらずおいしい料理としっかりと腕を上げた10割蕎麦を女房と二人で堪能してきました。お客さんも満席で、すっかりファンができているようで、うれしくなりました。ありがたいことです。
 

 

ktbopal at 14:30コメント(0) 

2017年06月29日

 もう6月も終わろうとしている今、やっと今年初めてのブログです。
 なぜか、年初めからバタバタと忙しく、いつの間にか半年がたってしまった、って感じです。忙しいことはいいことですが、いろいろなことをこなす能力があまり無い者にとっては、結構大変なことなのです。じゃぁ、何がそんなに忙しかったんだい、と言われて思い起こしてみると、あれもこれもと思い当たることはあったとしても、普通にやってれば何とかなったんじゃないの、といった気持になってしまうんですね。いったいなんだったのでしょうね。
 相変わらず、そば打ちをしたいという願望を持っている方たちは大勢おられ、年初めから、今年こそはそば打ちを、という皆さんが足を運んでくれました。例年、年初めはそういう方が多いのですが、今年はなぜか特に多かったように感じます。そして、体験だけではなく、続けて来ていただいている方が多いです。その方たちも半年が過ぎ、結構良いそばを打てるようになってきております。そして、いろいろな方たちに食べていただき、好評だと笑顔でおっしゃる方が増えておりますよ。うれしいことです。
 そんなこんなで3~4月が過ぎてしまいました。5月に入ってから、「テレビ朝日」の「おかしな刑事」のそば打ち指導とそば打ち教室の先生の指導のお話をいただきました。昨年の「ヤッさん」以来ちょうど1年ぶりのテレビの仕事です。おかげさまで、たいへん楽しく仕事をさせていただきました。主演の伊東四朗さん、羽田美智子さん、そば打ち教室の先生をやられた中田喜子さんをはじめ、出演者・スタッフの方たちには本当にお世話になり、また、勉強になりました。
 6月5日には伊藤四朗さんたちが蕎麦屋でそばを食べているシーンの撮影があり、その背景で蕎麦屋の親父としてそば打ちをしている役として出させてもいただきました。そば打ち教室のシーンを撮影した蕎麦屋さんのご主人・奥様ともとても気さくな方で、蕎麦屋さんのいろいろな話を伺うこともでき、まさに生の勉強もさせていただきました。私の関係している撮影は6月11日の、東映撮影所で無事終了しました。放送は7月30日午前10時からテレビ朝日です。どうぞお楽しみください。
 6月24日には、日本のロックのレジェンドと言われている、ロックバンドZIGGYの森重樹一さんが、ご自身のYoutTubuで発信する“樹一の11の挑戦”という企画に、ご本人が超好きな「そば打ち」を載せたいということで、来てくれました。正直良く覚えていなかったのですが、ずっと以前に、グロリアという曲を聴いた覚えがあるのを断片的ですが思い出しました、あの作者でもあり、ボーカリストでもある50歳過ぎのロックのレジェンドは、実にまじめな方で、気持ちよくそば打ちを楽しんでいただきました。また、途中途中で昔のロックの話などで盛り上がったりし、森重さんが「そば打ちもロックもシンプルだから、奥が深いんですね」とするどい感性を垣間見せていただいたのは、さすがにと感じました。“樹一の11の挑戦”はたぶん、7月11日がスタートだと思います。スタッフの方が、ZIGGYと森重樹一さんのCDを送ってきてくれました。早速聴いてみましたが全く違和感なくストレートに入ってきて、昔楽しんでいたロックミュージックを思い出しながら、また新たな発見をして聴いています。
 さあ、これからしばらくは一年で最も過ごしにくいじめじめとした季節です。でも、これもこうでないと、自然界や農作物などにとって絶対に良くないことです。ということは、人間にとっても良くないこと。じめじめを楽しんじゃうくらいの気持ちで、乗り切りましょう。こういう時は冷たいそばが超いいんです。さあ、そば打ちそば打ち。


ktbopal at 16:42コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月31日

 今年も気が付けば最終日となってしまいました。相変わらずの筆不精に忙しさが相まって、このブログもあまり変化ありませんでした。申し訳ございません。
 「ヤッさん」の撮影が終わり、ほっと一息つく間もなく、新蕎麦祭や生徒さんの「蕎麦打ち段位認定会」挑戦準備などなど、毎日のようにうれしい悲鳴を上げておりました。そこに割り込んできたのは、テレビの蕎麦打ち体験30分番組の収録と、2社の雑誌の蕎麦打ち体験取材。蕎麦打ちの楽しさ素晴らしさ、そして打った後に待っている美味しさを、一人でも多くの方々に知っていただくきたいと思い、そういった取材などには出来るだけ応じて、若い方から中高年の方まで、幅広く見ていただけたらと思っております。
 10月2日には、「素人蕎麦打ち段位認定東京大会(初段・2段)」が行われました。毎年全員合格を果たしているので、今年もそんな結果を当たり前のように考えていました。技術的には受験者全員、ほぼ問題はないと思っておりましたが、どういうわけか、今まで経験したことのないようなアクシデントが、連鎖反応的に起こってしまいました。「切り」のところで、包丁で指を切ってしまう人が、初段で1名、2段で3名でてしまいました。3名は切っているときに包丁が小間板を越えてしまったミス。1名は切り終わって置いておいた包丁に指をひっかけてしまい負傷。長いこと色々な大会や認定会などをサポートしてきましたが、一度に4名ものけが人を出したのは前代未聞です。その人たちは残念ながら全員不合格となってしまいました。何事も最後まで気を抜いてはいけないということですね。
 10月30日は、「東京そばの会」の新蕎麦祭。朝7時から遊蕎庵に会員が集まり、もくもくとそば打ち。柳家わさびさんの落語と、みんなで打ち上げたそばという和文化の絶妙なコラボレーションに、日本人に生まれてよかったぁ、とつくづく実感いたしました。
 11月13日には、蕎麦打ち体験に来てくれた生徒さんのお話から話が進んで、江東区の老人ホームで蕎麦打ちのデモンストレーションと試食会を行いましたよ。私一人では無理なので、「東京そばの会」の会員有志10名ほどに協力を願い、午前10時からおこないました。蕎麦打ちを見に来てくれた人たちは40人ほど、食べていただいた人たちは70人ほどでした。蕎麦打ちをほめられ、おいしいおいしいとおかわりして食べてくれた方もいたほど盛況でした。
 11月27日は「東部フレンドホール祭」。メンバーが食べる予定にしていたそばまで売れてしまう盛況ぶり。うれしい悲鳴をあげました。
 そんなこんなで駆け足で秋が過ぎ、12月29日、30日は年越しそばを180人前ばかり打ち上げました(遠くに送る分は29日に発送しなければ、31日につかないのでやむを得ず)。生徒さんも10㎏打った人も出るほどで、皆さん三々五々、来ては打ち、打っては帰るをしておりました。
 本当に今年もお世話になりました。来年もさらに精進し、よりおいしいそばを求めて、最良の打ち方の追求していきたいと思っております。まだまだ進化は止まりませんよ。
 皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

                                             遊蕎庵   小池  晃

 

ktbopal at 15:20コメント(0)トラックバック(0) 
  • ライブドアブログ