2017年02月13日

basic3
soutaihou1
soutaihou2
 
 訪問出張専門でやっているせいか、ぎっくり腰の依頼が多いのですが、伺うと痛みでほとんど動けず何時間も同じ姿勢のまま寝たきりという方や、トイレに行くにも這って行くという方もおります。
 ぎっくり腰になってしまった時に、少しでも痛みが軽減するような対処法を教えて差し上げたいと対処法を公開します。

その1 
 上図を見ながら、頭のテッペン触ってみてください。おでこから後頭部にかけて縦にミゾが触れると思います。
その縦のミゾをおでこから後頭部にかけて親指以外の指を交差させて、そのミゾを横に開くようグリグリと順に押していって痛い所がありましたら、その部分で指を止め、息を吸った時に左右に開くようにし息を吐いた時に力を抜くようにして下さい。それを10回位行います。

その2
その後少し動いてみましょう。痛みが軽減していないようでしたら、上記の方法を繰り返すのですが、プラスして息を吸った時につま先を頭の方向に反らせます(背屈)、吐いた時につま先を伸ばします(底屈)。やはり10回繰り返します。

その3
又、少し動いてみましょう。少し痛みが軽減していましたら仰向けになり、両膝を曲げます。息を吸った時につま先を反らせます。吐ききった時に「パタッ」と力を抜くようにつま先降ろします。それを3回位繰り返します。

その4
さらに、曲げた膝をふくらはぎと太ももがくっつく位まで深く曲げます。上記を同じ動作を又、3回繰り返します。

その5
次に膝を深く曲げたまま、両膝を揃えて左右に倒してみます。倒すと痛い側とそうでもない側があると思われます。そうでもない側に倒し切り、先に枕やクッションなどを用意し倒した膝側に置いて下さい。、その状態でリラックスします。
又、深呼吸をし息を吐きながら両膝を揃えたまま、枕やクッションに押しつけるようにし息を吐き切った時に倒していた膝の力を「フッと」抜きます。
それを3回繰り返すます。
もし左右共倒して痛むようでしたら、その5は止めて下さい。

その6
上記の対処法をやってもダメでしたら、「鍼灸 利平」にご依頼下さい。
ほとんどの方が1回の治療で85%位は痛みが治まり、動けるようになります。動けるようになっても完全に治った訳ではありません。ご無理はされませんように!






 


コメントする

名前
URL
 
  絵文字