話題の芸能情報

芸能まとめの情報を調べていると言う人には、絶対にこの専用サイトが重宝します。ユーザー目線での直近情報をもれなく記載しておりますので、あなたが望んでいた芸能情報まとめの情報を絶対得ることができると思います。

    芸能関係に最新ニュース配信



    1 砂漠のマスカレード ★

    芸能界が大激震に見舞われている。すべての始まりは3月13日未明に飛び込んできたテクノユニット『電気グルーヴ』メンバーで、
    俳優としても活躍中だったピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)逮捕の一報だった。コカインを使用したとして*取締法違反の疑いで関東信越厚生局*取締部に逮捕されたのだ。

    午前1時半ごろに出たピエール逮捕の一報に、出演作のあるテレビ関係者や広告代理店、映画会社は大急ぎで確認作業に追われました。
    本業はミュージシャンと公言するピエールですが、最近は俳優での露出が非常に多く、売れっ子だったからです」(芸能事情通)

    ピエールが芸能界でどれだけ売れていたかは、彼の年収を知れば理解できるだろう。なんと、軽く2億円を超えていたというのだ。

    「9割以上がCMやドラマ、映画などの俳優業。残りがアーティストとしての収入です」(芸能関係者)

    ピエールショックが芸能界に浸透する中、早くも話題になっているのが違約金や損害賠償の額だ。
    ちなみに、2月に強制性交の疑いで逮捕された新井浩文被告(40)の違約金&損害賠償額は推定3億円。
    明らかに新井被告よりも売れっ子だっただけに、金額は倍々になるのではと噂されている。
    事実、ピエール逮捕の一報を受け、一部メディアやネットニュースなどが5億円、いや10億円などという金額を書き飛ばしている。

    実際の金額はどの程度になるのか?
    「100億円を上回る可能性が十分、あります。おそらく今後は自己破産するしか道はない。
    彼が所属するソニー・ミュージックは早々に解雇をして問題解決を急ごうとしているが、そううまくは運ばない。
    ピエールが個人で支払えるのはせいぜい3億円前後。残りはソニー・ミュージックに請求が来るはずです。
    事務所には土屋太鳳、二階堂ふみ、徳光和夫が所属。他に氣志團、木村カエラなどの人気アーティストを数多く抱えている業界ガリバー。
    基本、ソニー・ミュージックが肩代わりすることになるでしょう」(前出・芸能事情通)

    違約金&損害額が100億円超なら、日本の芸能史上、最高額になること必至だが、気になるのはその内訳だ。
    「ウォルト・ディズニーを相手に交渉しなければいけないんです。
    まさに、この仕事がなければ、交渉次第で5億〜10億円で収まったはず」とため息を漏らすのは、ピエールの関係者だ。

    ’14年に大ヒットしたディズニーアニメ『アナと雪の女王』の日本語吹き替え版で、ピエールは雪だるまの“オラフ”役に抜擢された。
    しかも、11月22日には続編映画が公開予定だったのだ。
    「今回の逮捕を知り、さっそくウォルト・ディズニー・ジャパンは声優交代を発表した。すでに同社オンラインショッピングの『アナ雪』関連ページからDVDが削除されています。
    だが、事はこんなレベルでは収まらない。契約書を盾に、本国のアメリカから凄腕の弁護士が大挙してやって来る。“オラフ”だけでなく、世界的大ヒットを記録した『アナ雪』のコンテンツ価値の棄損ですから。
    ハリウッドでは『100・ゼロ』という裁判用語がある。この種の損害賠償案件においては文字通り100か0かということで、それこそ今回は典型的パターン。もしかしたら100億円以上の額に膨れ上がる可能性もありますよ」(同)

    『電気グルーヴ』のチケットの払い戻しやCD、映像商品の出荷停止。CM放映の中止。さらに映画『居眠り磐音』(5月17日公開)や『麻雀放浪記2020』(4月5日公開)などの撮り直し。
    現在、放送中のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺』を巡る編集問題などもあるが、ハリウッドの訴訟案件の前では霞んでしまうのだ。
    「とはいえ、NHKもやっかいですよ。昨年の紅白歌合戦に桑田佳祐が出演したのも、同様の問題を解決するための“裏取引”があったんです」(夕刊紙記者)

    同様の問題とは何か?
    「未成年の少女に対する淫行問題で書類送検(のちに不起訴)された小出恵介ですよ。ピエールの大河ドラマとは比較になりませんが、小出もNHKの出演作が多数あり、損害賠償の話になった。
    小出が当時所属していたアミューズとしては、何とか安くしたい。そこで、同社に所属するトップアーティストの桑田を紅白に出すことで、穏便に済ませたという噂が根強いんです」(同)

    ピエールも、この事件さえなければ、電気グルーヴの30周年を記念して紅白に出場できる予定だったとされている。
    「ソニー・ミュージックも多くのタレントを抱えていますが、桑田ほどプレミア感のある大物はいません。アミューズのように賠償金を“値切る”ことは難しいかもしれませんね」(同)

    本人だけで済まず、事務所まで破産しそうだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12151-226702/
    2019年03月23日 00時30分 週刊実話


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 Youtube)


    【【芸能】ディズニー激怒で損害賠償100億超!?ピエール瀧「自己破産」確定】の続きを読む



    1 影のたけし軍団ρ ★

    【記者の目】会見で浮かび上がったのは、山口と運営側の深い溝だった。

    山口の主張で一貫しているのはグループの“浄化”だ。
    一連の問題の核心は、風紀の乱れを端緒とするメンバー間の確執にある。

    だからこそ運営側に風紀を乱したメンバーの厳正な処分を求めた。

    今回の報告書でメンバー41人のうち12人の私的交流が判明。
    だが、運営側の判断は証拠がないから「不問」。

    事件が騒動化した原因を「ガバナンスの欠如」「コミュニケーション不足」にあると主張した。

    肝心の風紀の乱れに関して抜本的な調査には消極的。
    これでは山口も納得できない。彼女を擁護するメンバーの菅原りこ(18)も「悲しい」と反応。

    万全を期したはずの会見で事態はさらに悪化した。

    山口は卒業を示唆するメッセージをファンに送っており、このまま辞めれば運営側は信頼回復の機会を失う。
    とはいえ、松村氏が山口の「謝罪要求された」などの主張を認めても嘘をついたことになり大問題となる。
    山口に向き合う中で最善の道を探るしかないが、解決の糸口は全く見えない。 
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/23/kiji/20190322s00041000523000c.html

    (出典 Youtube)



    (出典 i.ytimg.com)


    【【NGT48】 山口真帆、グループの“浄化”要求 風紀を乱したメンバー処分を】の続きを読む



    1 ガーディス ★

    【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は22日、米財務省が北朝鮮に対する国際的圧力を強化するために科した制裁を撤回すると発表した。

     トランプ氏はツイッター(Twitter)に「財務省がきょう、現行の対北朝鮮制裁に加え、大規模な追加制裁を発表した。私はきょう、これら追加制裁の撤回を命じた」と投稿した。

     トランプ氏が言及した制裁は、21日に発表された中国企業2社に対する措置を指すとみられる。2社は、国際社会が北朝鮮の核開発を終わらせるために科した制裁の回避を支援したとされる。

     この制裁は、ベトナムの首都ハノイで2月末にトランプ氏と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長との会談が物別れに終わった後、北朝鮮に対し初めて圧力をかける措置となっていた。

     サラ・サンダース(Sarah Sanders)米大統領報道官は「トランプ大統領は金委員長に好意を持っており、この制裁が必要だとは考えていない」と説明した。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16202414/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【ゴルフ外交とは】トランプ氏、対北朝鮮追加制裁を撤回 金委員長への「好意」で】の続きを読む



    1 サザンカ ★

    ザギトワ圧巻演技で初の世界選手権V 紀平4位、日本勢は表彰台ならず
    3/22(金) 21:26配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000210-spnannex-spo
    フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位発進のアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)が圧巻の演技を見せ、
    155・42点、合計237・50点で初の世界選手権優勝を飾った。

    SP4位の平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(19=ロシア)は149・57点で合計223・80点だった。

    SP7位と出遅れた紀平梨花(16=関大KFSC)はフリーで巻き返した。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と3回転トーループは見事に成功。
    2本目の3回転半ジャンプは転倒したが、その後のジャンプもきっちり着氷。笑顔で演技を終えた。
    フリー152・59点で合計223・49点をマークした。

    SP2位で全日本選手権女王の坂本花織(18=シスメックス)は145・97点、トータル222・83点。
    SP8位スタートで前回3位の宮原知子(20=関大)は、145・35点、トータル215・95点だった。

    公式順位
    http://www.isuresults.com/results/season1819/wc2019/data0290.htm
    ショートスコア詳細
    http://www.isuresults.com/results/season1819/wc2019/data0203.pdf
    フリースコア詳細
    http://www.isuresults.com/results/season1819/wc2019/data0205.pdf

    前スレ
    【フィギュアスケート】世界選手権〜さいたま ザギトワ(ロシア)が復活の世界一 紀平4位 坂本5位 宮原6位★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1553264701/

    ★1が立った時間2019/03/22(金) 21:32:46.23
    【フィギュアスケート】世界選手権〜さいたま ザギトワ(ロシア)が復活の世界一 紀平4位 坂本5位 宮原6位
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1553257966/


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 Youtube)


    【【フィギュアスケート】世界選手権〜さいたま ザギトワ(ロシア)が復活の世界一 紀平4位 坂本5位 宮原6位★3】の続きを読む



    1 ガーディス ★

    誰にも気付かれず、過去30年で2番目に大きな隕石が地球に落ちていました。ですがそれを見ていたのは……?

    BBCが以下のように伝えています。

    12月18日の現地時間の昼頃、隕石が32km/sで大気圏に突入してきました。それは7度という急角度でした。

    大きさは数mで、地面から25.6kmの高さで爆発し、その衝撃エネルギーは173キロトンにもなりました。

    NASAの観測プログラム・マネージャーをしているケリー・ファストさんは「(2013年に墜落した)チェリャビンスクで放たれたエネルギーの40%に相当しますが、ベーリング海の上で起こったことでした。なので同様の効果もなく、報道でも紹介されなかったのです」と話しています。

    BBCいわく、この火球は最初、アメリカ空軍が人工衛星によって観測されたことを報告しています。NASAのファストさんは今週、テキサスで行われた50回目の月・惑星科学会議にて、この火球について話をされたとのことでした。

    見ていたのは、ひまわり
    またオックスフォード大学の気象学者で、人工衛星データの専門家でもあるサイモン・プラウドさんが、日本の人工衛星ひまわりによって観測されたことをツイートしています。

    Some colour views of the #meteor that flew over the North Pacific in December 2018, taken by Japan's #Himawari satellite.
    The meteor is really clear here - bright orange fireball against the blue + white ba*ground!

    Ba*ground: https://t.co/r403SQxicZ pic.twitter.com/ctNN8zxsXb

    - Simon Proud (@simon_sat) 2019年3月18日
    日本のひまわりが撮影した、2018年12月に北大西洋に飛来した隕石のカラー写真です。隕石は青と白の背景に対し、明るいオレンジ色の火球となってハッキリ写っています。

    怖いのは小さな隕石
    NASAは、2020年には地球の周回軌道に浮かぶ、直径140m以上の天体の90%を追跡しようと試みています。しかし問題視しなければいけないのは、それよりもっと小さな隕石です。それらはしょっちゅう落ちてくる上に、今回やチェリャビンスクでの落下もでしたが、いつ落ちてくるのか予測もできません。小さい隕石は地球規模の脅威ではありませんが、人口が多い地域に落ちれば大きな損害や、そこから人的被害も発生する可能性もあります。

    全文http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16203626/

    (出典 image.news.livedoor.com)

    (deleted an unsolicited ad)

    (出典 Youtube)


    【【⊂( ˆoˆ )⊃ヴーン】ここ30年で2番目に大きい隕石が落下。日本の「ひまわり衛星」が直前のカラー写真を撮影していた】の続きを読む

    このページのトップヘ