1 ちーたろ ★

1/12(日) 23:30配信
(出典 amd.c.yimg.jp)

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第2話場面カット(C)読売テレビ
 清野菜名と横浜流星がダブル主演を務める日本テレビ系新日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(毎週日曜 後10:30)の第2話(19日放送)に、俳優の中尾暢樹がゲスト出演することが発表された。不正入学を疑われる学生を演じる。中尾が日曜ドラマ枠に出演するのは、昨年の『あなたの番です』以来となる。

 同ドラマは清野演じる囲碁棋士の川田レンと彼女のもうひとつの顔である謎の存在・ミスパンダ、そして横浜演じる大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レンを操ってミスパンダに仕立て上げる“飼育員さん”こと森島直輝の最凶バディが、世の中のグレーゾーンにシロクロつける様を描く。

 アクションシーンや、ミスパンダと飼育員さんがどのようにシロクロつけていくのか注目されていたが、第1話ではミスパンダの見事なアクションシーンが登場。さらに、直輝がミスパンダと共に真相を暴く理由も明らかに。単なる正義感からではなく、直輝の父(田中圭)を*真実を闇へ葬った人間への復讐のためだった…。

 第2話では、レンと直輝が東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフで刺される事件に遭遇。岸本は意識不明の重体に陥る。犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生。犯行の動機は、岸本の息子・俊一をめぐる東京誠立大学の不正入試問題だった。俊一の入試の成績表がネットに流出し、世間では俊一が父親の権力によって不正に入学したのではないかという疑惑が高まっていた。副学長の池渕は不正入試を認め、徹底的に調査すると宣言。東京誠立大学では、不正入試問題に関する第三者委員会が開かれる。そこにミスパンダが現れ…。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000309-oric-ent 

関連スレッド

【圧倒的人気】2020年グラミー賞でビリー・アイリッシュらのパフォーマンスが決定 日曜ドラマ「シロクロ」の主題歌へ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578814772/

【山口真帆】女優デビュー「強く生きていく難しい役」日テレ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(12日、日曜午後10時30分)
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578715211/





7


(出典 Youtube)


16

>>1
東京医大の裏口入学ネタやんのか


18

>>1
トッキュウ4号vsジュウオウイーグルか


14

1話の名シーン

(出典 imgur.com)


15

>>14
なんか面白そうじゃん