2008年05月31日

このコーナーはこちらに引っ越しました。
見た目あんまり変わってないところがミソです(?)
今後ともよろしくお願いします。


ktoriginal at 00:09コメント(0)メモ 

2008年04月18日

エーグル ラバーブーツ

なんだか雨降りが続いていて、なかなか釣りに行けません。

ところで、近ごろ長靴がちょっと流行っているんですかね?
このブログもバス釣りのタックル紹介をメインにしているにもかかわらず、一番多い検索ワードが「エーグルのラバーブーツ」だったりします。

ちょっと複雑…

まぁそんな世の中のカレントを反映し、さらに詳細の再投稿です。
(過去の投稿はこちら

このブーツを購入したのは確か3年前ぐらい。
野池や水郷エリアでの釣行や、冬のわかさぎ釣り、そして日常の雨靴として、タフコンディションのなか結構な頻度で履いています。

エーグルブーツその2

天然ゴム製なので手入れが面倒なのでは?
と思っている方も多いかもしれませんね。
ですが、ウチの場合はほとんど車の中に置きっぱなしで、まぁ直射日光が当たらないようにタオルを掛けてるとか、汚れたら軽く拭くとかそのぐらいです。
4年目を迎えても全く悪くなっているところはないので、特別面倒なことはないと思います。
むしろ丈夫です。
エーグルブーツその3

フィット感がよくて曲げ伸ばしも楽。
そのまましゃがんでも痛くないし、エレキの操船や車の運転も問題なしです。

当時はエーグルの直営店でしか売ってなかったはずなんですが、最近はこの長靴ブームにのってか、東急ハンズとか普通のアウトドアショップとかでも置いているようですので、ぜひとも一度履いてみてください。
もう他のは履けませんよ!



にほんブログ村 釣りブログへ←応援お願いします

ktoriginal at 21:11コメント(0)ウェア一軍 

2008年04月10日

JACKALL RS−225
61mm 10g

RS-225

JACKALLの記念すべき第一作目のルアーがRS−150で、これはそのシリーズ品。
当時は確かシャッドっぽいクランクって言うのがちょっと流行っていて、そこにフラットサイド的な形状と差し込み式の極薄リップという当時はまだ珍しかった2つの要素を組み込んで生まれたのがこのシリーズだったと思います。

最先端というか流行というか、何か実験的な要素をすぐに製品化してバンバン出しちゃう。
JACKALLってパワーありますよね。

このRSシリーズもすごく話題になったけど、決して品薄になるってこともなくどこででも手に入ったような。
だから当時マイブームだったCC.プレデターの代用的な意味合いで買ったのが最初でした。

ところが使用感はそれとはずいぶんと違います。
普通のシャッドやクランクはピリピリと動く感じが強いんだけど、こいつはパタパタパタッといういかにもフラットサイドな感じ。
障害物に当たったときも、普通のはヒラッとなって障害物をなめるようにトレースしていくんだけど、こいつの場合はビタビタしながら大きくそれていくような感じ。
しかもアイの調整がすごくシビアで、下手するとはるか遠くまでそれていく…

そんなわけでイマイチ好きになれなくて、いつロストしてもいい二軍扱い。
それで霞水系のゴロタ場とか杭周りとかでガンガン使っているんですが、一応ダブルフックにしてるとはいえ、購入してかれこれもう6年目、意外となくならない(笑)

横利根ファースト

逆にこういうところを積極的に打ってるおかげで、実は結構良く釣れてたりするんですよね。
横利根川で始めて釣ったのもこれだったし、このあいだの釣行でバイトがあったのもこれだし。

あれ、実はこいつ一軍?
なんて思い始めた矢先、このあいだの釣行でついにロスト
なんてヤツだ…


にほんブログ村 釣りブログへ←応援お願いします

ktoriginal at 22:55コメント(0)クランク一軍 

2008年03月13日

書きたいネタはいっぱいあるんだけど、他にやりたい事もいっぱいあって手がつかない。
いったい何時からこんなに冬が忙しくなったのか?
あぁ、ワカサギ釣りを始めたせいですね。ハイ

そんなワカサギ釣りが最近ちょっとブームになっているって聞きます。
そういえばTV番組で取り上げられる機会も多いですよね。
そのブームのおかげでしょうか、あのシリーズからまさかのワカサギ用が発売されていました。

Berkley FireLine ワカサギ

私自身はすでに昨シーズンからFireLine Crystalをワカサギ釣りに導入してはいましたが、まさかねぇ、Berkleyですよ、イメージつながらないですよねぇ(笑)

発売元のPURE FISHING JAPANのホームページによると、去年の11月から発売されているみたいです。

しかし「わかさぎ用」と言うのはあくまで日本向けの販売名で、本当の名前は「FireLine Crystal MicroIce」と言うそうで。
「MicroIce」ってどういう意味なんでしょうか? 
まんま微小氷?
それとも氷上のミクロ釣り用とか??
後者だったらちょっと粋ですね。

で、肝心の特徴はというと、
寒冷地でもしなやかさが保てるよう特殊製法で作られている
というところのようです。

ふーん
まぁもし見つけたら買ってみたいけど(神奈川県で売ってるだろうか…)、でもいくら氷上の釣りといっても、まさか凍えるような寒さの中で釣りするわけじゃないですからねぇ、果たしてその特徴を実感できるのだろうか?

あっ、そうそう、一応ご存じない方のために言っておきますが、あんなに過酷な状況でやってるのはバラエティ番組だけですからネ(○○伝説とか)
実際の氷上のワカサギ釣りはこう↓

ぬる〜いワカサギ釣り

実は一番ぬるい釣りかもしれません(笑)

にほんブログ村 釣りブログへ←応援お願いします

ktoriginal at 20:55コメント(0)ライン・小物メモ 

2008年02月26日

ちょっと間が空いてしまいましたが、いよいよこのシリーズ最終章(たぶん)
これは今、本当に悩んでいる。
長文ですがお付き合いくだされ!

その3 GPS魚探 EAGLE Fish Elite 500C

車にナビついてないくせに魚探はGPS付なの?
って言われちゃいそうですが…(笑)

そもそもGPS魚探って何に使うのか?
「でっかいバスボートで琵琶湖とか霞とかを走り回るような人が使うもの」
最初はそう思ってました。

でもそういうことじゃないんですよ。
ボートの釣りで私が苦労していたあれやこれや
それが一気に解決してしまうかもしれないのです。


【解決その1】ピンスポットも一撃

GPS魚探の最も単純なメリットです。
沖目に沈む立ち木とかハンプとか、そういうインビジブルなピンスポットを記録しておけるんです。
「あれどこだったかなぁ」なんて探し回って無用なプレッシャーを与えてしまうことがなくなるので、釣れる魚が1、2匹は増える…かもしれません。


【解決その2】トレースラインもばっちり

ここってさっきも流したような…
ドラッギングも効率半減
迷えるドラッギング
ボートの釣りで一番苦戦しているのがこの問題。
おかっぱりは岸しか歩けないから自分がどこをどうキャストしてきたかは一目瞭然だけど、ボートの場合はどこでも進めちゃうから逆にどう流してきたのかが分からなくなっちゃう。だから沖目のポイントなんかは何度流してもいまいち湖底のイメージが浮かんでこないですよね。

ところがGPS魚探があれば自分が動いた軌跡がばっちり。
しかもGPSデータと魚探のデータを連動して記録させることができるので、後で復習出来たり、さらにはなんとPC上で等深線図や3Dイメージに変換することまで出来ちゃうらしい。
これってすごすぎません?



とまぁこれだけすごい装置。当然15万ぐらいしちゃうわけで、まぁ自分ごときが持つような代物じゃないよなと普通に諦めてたんですよ。
ところが!なんとこんなのが出てるんですよ。
→プラスダイレクトの通販サイト


ええっっ!想定の半額以下だよ!どうしよう、買っちゃうべきかなぁ…

いや待て、そうは言っても7万だぞ。決して安いものではないぞ。

でもさ、数量限定だってよ!!

落ち着け、EAGLEの本国サイトによればGPSアンテナ内蔵の次期モデルがすでに出ている。待つのだ。

でもさ、それってまた高いかもよ…



あぁぁぁぁぁっ、どうしたらいいんだぁ〜

にほんブログ村 釣りブログへ←応援お願いします

ktoriginal at 22:37コメント(0)メモ 
Recent Comments
Archives
親ページK&T Original
  • ライブドアブログ