来月から
新たなLCC(格安航空会社)が
鹿児島・ソウル線に就航することが発表されました。

新たな顧客層を開拓しつつあるという海外LCCの就航、
鹿児島へはどのような影響があるのでしょうか。

すでに就航している香港エクスプレスを利用して
先日香港へ足を運びました。

170912_HK1


気になるのは価格です。
私が予約したのは搭乗3日前でしたが、
航空券代は往復で2万円以内に収まりました。
料金に変動はあるものの、
この料金、新幹線普通運賃で福岡を往復するより安いことになります。

片道約3時間から3時間半。

香港は空港から都市部へは鉄道でつながっていて
アクセスは抜群。

170912_HK3


目的の飲茶を楽しみ、鹿児島へ戻ってきました。


飛行機は往復ともほぼ満席。

このブログでも鹿児島空港の海外路線に
何度か触れていますが
利用客はほとんど香港のみなさんでした。

乗り合わせた人に話を聞いてみたら、
行きは鹿児島、帰りは福岡と、九州を周る人。
LCCならではの、チケットが安かったからとりあえず
鹿児島に行く人などさまざま。

170912_HK2



ソウル線の就航でどんな変化が訪れるのでしょうか。


鹿児島空港からの海外路線に注目です。