中国・雲南省の旅12「元陽から昆明に」

諸々の事情で、ブログ更新が滞っていました
雲南省を訪れてから早一年経過してしまいました。
今年度が終わる前に終了させないと・・・
ということで、あと数回、中国の旅日記を書こうと思います。

◆◆◆
さて世界遺産の棚田を見終わって、今回の旅も終盤です。

翌日、元陽から昆明に戻ります。
新鎮街ではこんな三輪車をよく見かけました。
IMG_2913
ちょっとバランス悪そう(^_^;

宿の受付けに貼り付けてあった天気予報。
IMG_2912
予想は「くもり」でしたが、実際は結構晴れていました☀☀☀

バスに揺られて約7時間。
昆明に到着しましたが、これまたよく分からないバスセンターでした。
IMG_2920
近くの鉄道駅に「南~」と書いてあったので、南部バスセンターであることが分かりました。

地図を見ると列車でも昆明中心部に行けそうだったので、まずは腹ごしらえ。
センター内の食堂で回鍋肉チャーハンを注文して出てきたのがこれ。
IMG_2917
どうみてもチャーハンではありません。店の人に「これ、違うかも」とジャスチャーで示したのですが、取り合ってくれませんでした。

「なら食べちゃおう」と食べはじめて数分後、別の店員が注文の品らしい料理を運んできました。
僕のそばで2人の店員が言い合いをしていましたが、僕は知らんぷり。
「もう食べはじめちゃったもんね」と思いながらしれっとしていました。
ちょっと悔しかったのは回鍋肉チャーハンのほうが美味しそうに見えたことです(^_^;

公共の交通機関にも慣れてきたのでバスで中心部に向かうことに。
IMG_2921
バスを使いこなせるようになれば、こんなに安くて便利な移動手段はありません。

バスの中はこんな様子。5元。
IMG_2922
乗車するときに料金を支払います。

昆明駅前に到着しました。
IMG_2926
街中なので宿は2、3件訪ね歩けばすぐに見つかります。

屋台で売っているものが美味しそうに見えたので買ってみることに。
IMG_2927
愛想の良いご夫婦でした。

これは豆腐のようなもの。IMG_2930

そして蒸し饅頭も・・・
IMG_2931

夜の街をぶらぶらしながら、はたと気付きました。
「あと一日余裕が残っている・・・」。
そうです。旅が予定通りに進んでいたので、万が一のためにリザーブしておいた一日がまるまる使える事に気付いたのです。

早速宿に戻って予定を立てることに。
屋台で買ったものを食べながらだったのですが・・・すっごくまずくてその衝撃にしばらく立ち直れませんでした


中国・雲南省の旅11「棚田最終日」

午後は今回の旅で最後の棚田「老虎嘴梯田(ろうこしていでん)」へ。

これまで訪れた展望所より棚田に近いところで見物できます。
IMG_0653
ステンドグラスのようにも見えます。

それにしても、驚く広さです。
IMG_0656
元陽での棚田は総面積が約12万ヘクタールとのこと。
ざっくりいうと鹿児島市と霧島市のすべてが棚田という計算になります。

さてこの時は乗り合いバスで向かったのですが、交通手段がたくさんある昼間は料金交渉がスムーズです。

最初に声をかけたドライバーは「棚田まで100元」と言ってきたので「無理無理」と返答すると、それを横で見ていた別のドライバーが「70元で行くよ」と(^_^;
結局、30元まで値切って出発。値段交渉は結構、楽しいです。

棚田に到着後、夕日が見えるまで少し時間があったので、近くの村を歩いてみました。
IMG_0676
土壁なのでしょうか。壊れかけや作りかけの家などがありました。

中国っぽいデザイン。いいですね。
IMG_0678

生活の風景を少しのぞかせてもらいました。
IMG_0683

IMG_0679

燃費が悪そうなトラックです(^_^;
IMG_0685

村の中をぶらぶらしていたらいつの間にか展望所に続く道に出ました。
IMG_0686
展望所では民族衣装を着た女性たちが飲み物を売り歩いたり撮影場所への案内などをしていました。

少し離れたところで編み物をしていたおばさん。
IMG_0649_face
筆談で「ここには梅雨はあるんですか?」と聞いてみましたが、通じませんでした。僕の書いた漢字がだめなのか、そもそも言語が違うのか分かりません。

子供たちも働いています。
IMG_0680
ちょっと一休み中。

IMG_0682
夕方の気温は23度。湿度が44%と空気は比較的乾燥。蒸し暑さはありません。

日が暮れ始めました。
IMG_0658_face
ところが山の向こうに雲がかかってきて、夕日が沈む様子は見られない雰囲気に。「これはちょっと無理かも・・・」。

観光客が多かったので帰りのことも考えて、日が沈む前に退散することにしました。で、これが大正解。

帰りの乗り合いバスを見つけようと山道に戻ると大渋滞。上りも下りも全く流れていません。理由は不明。
IMG_2890

道路脇は観光バスがぎっしり連なっています。
IMG_2892
帰りのバスを見つけるどころではありません。
車が全く動いていないのですから・・・

とにかく帰ろうと山道を街の方向に歩き始めました。
どう考えても歩いては帰れない距離なのですが・・・

30分ほど歩くと、徒歩より遅いスピードで車が動きはじめていました。「街まで誰かに乗せてもらおう」と思い、遅々と進んでいた荷台付きのオート3輪のお兄さんに声をかけてみると「いいよ」。お礼は10元(170円)で良いとのこと。ラッキー(^_^)

ですが山道は砂利道。荷台はショックアブゾーバーなどはついていません。時々、天井に頭がぶつかるくらいに跳ねたりしながら街に向かいました。


街に到着するまで2時間くらいかかりました。
他の観光客たちの帰りは深夜だったかもしれません。

時刻は午後8時過ぎ。やはり食堂はほとんど閉まっています。
昨夜とは違う小さな店を見つけて入りました。
閉店間際だったので「麺類しか作れない」とのこと。もちろんOK。

出たきたのがこれ。結構おいしそう。
IMG_2897
スープは少し酸味が効いていました。辛そうな色をしていますが辛くはありません。でも今ひとつの味。前日に食べた細麺の方が美味しかったですね。値段は10元。

宿に帰る途中、広場で音楽が聞こえてきました。
地元の人?旅行者?みなさん音楽に合わせて踊っています。日本のラジオ体操のようなものでしょうか?

中国・雲南省の旅10「早朝の棚田」

翌朝は朝日が美しいといわれる多依樹梯田(たいじゅていでん)へ。

ここもスケールの大きい景色が広がっていました。
IMG_0575

もうアートの世界です。
IMG_0582

どこを切り取っても絵になります。
IMG_0624

雲に朝日が当たりはじめました。
IMG_0587

ハニ族の村でしょうか。
IMG_0612
こうして見ると欧州のどこかの国のようにも思えてきます。

遠くにかかる朝霧も幻想的な雰囲気を醸していました。
IMG_0616

山の端から朝日が出ると棚田が光り始めます。
IMG_0620

IMG_0594

展望台の様子。全員カメラマンです(^_^;
IMG_2877
みなさん中国の国内ツアーで来ているようです。場所取りも結構、大変でした。

見終わった後、街に戻って朝食タイム。
初日に入ったバスターミナル横の食堂に行きました。
B級グルメ、なんでしょうかね、こういうの(^_^;
IMG_2880
僕は好きです。10元(170円)。

店のおばさんが覚えていてくれていて、「これ食べて行きなさい」と小さな豆腐のようなものをくれました。
IMG_2882

味はあまりなく、厚揚げのような食感。
IMG_2881
素朴で美味しかったです。

広場ではカラフルな民族衣装を着た人が普通に歩いています。
IMG_0636_face

ハニ族、あるいはイ族の人だと思います。
IMG_0634

思い切って話しかけてみようとするのですが、近づくとスッと避けられてしまいます。
IMG_0630_face

平日でしたがファミリーでのどかな時間を過ごしている様子。
IMG_0631_face

午後は最後の棚田、老虎嘴梯田(ろうこしていでん)に行きます。
それまで宿に戻って昼寝(朝寝?)です(^_^)
KTS気象予報士
新井 雅則
あらい まさのり

  • 番組等:みんなのニュースかごしま
  • 誕生日:12月5日
  • 星 座:射手座
  • 出身地:埼玉県春日部市
  • 血液型:B
  • 入社年:2008年

ギャラリー
  • 中国・雲南省の旅12「元陽から昆明に」
  • 中国・雲南省の旅12「元陽から昆明に」
  • 中国・雲南省の旅12「元陽から昆明に」
  • 中国・雲南省の旅12「元陽から昆明に」
  • 中国・雲南省の旅12「元陽から昆明に」
  • 中国・雲南省の旅12「元陽から昆明に」
  • 中国・雲南省の旅12「元陽から昆明に」
  • 中国・雲南省の旅12「元陽から昆明に」
  • 中国・雲南省の旅12「元陽から昆明に」

●KTSアナウンサー

●KTS気象予報士

●KTSタレント