トップページ

2019年04月28日

最近はほとんどレースを見ることなく過ごしていて、新しい選手とか全然わからなくなっている。

4月30日から松戸ダービーがあるが、群馬の稲村が捲りで優勝したのが松戸ダービーではなかったか。
調べたら稲村が2001年。

2005年の鈴木誠も覚えてる。伏見が逃げて、最終2センターで他ラインの捲りを伏見が自分で止めて、空いたインを番手の鈴木誠がついて優勝。

2010年は村上博幸だった。いまいち覚えていないが、兄が逃げてすんなりのレースだったのだっけか。

松戸記念では、晩年の滝澤先生が逃げて2着に残って場内大拍手で、番手の誰だったか、千葉の選手が恐縮して勝利者インタビューにこたえていた。



ktu1 at 05:45│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 GI予想 | その他
























2018年12月29日

2018年12月30日競輪グランプリ

3脇本雄太−1三谷竜生−9村上義弘−5村上博幸
7平原康多−8武田豊樹
2浅井康太
4新田祐大
6清水裕友

KEIRIN.JP共同インタビュー
競輪メモ過去記事:GP予想

この一年はあまりレースを見ておらず、今日特別の決勝を中心にダイジェストを見返した。
脇本がものすごく強くなっていた。特に平塚オールスターの決勝で、竹内をねじ伏せて押し切ったレースは強かった。吉岡の全盛期は良く知らないのだが、こんな感じだったのかなと想像・・・

近畿4車の並びはダービー決勝と同じ。他が平原−武田に浅井、新田、清水と単騎3人。
これ脇本がすんなり主導権取ったら近畿で決まりそう。
平原は勝つなら三谷を飛ばすしかないが、三谷と絡んだ後に、脇本についていけるのかどうか・・・しかし勝つならここしかないという感じで行くのでは。
他、新田は前がごちゃついてくれるのを待っての捲り一発狙い。
浅井は、平原同様、前々から脇本の番手にはまれれば・・・

ここは脇本から。すんなりなら三谷に差されるかもだが、三谷は誰かに絡まれるだろうし、三谷の近況はあまり良くない印象。脇本がグランプリまで取って締めるのが一番良い。
2着はいろいろだが、妙に気合の入っている村上兄が怖い。あとは浅井、新田、清水の単騎勢と平原。
点数が多い気がするので、絞れば、脇本−村上兄か。

KEIRIN.JP前検日レポート
KEIRIN.JP初日レポート


2車単 3−9、3−2467

ktu1 at 06:21│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 GP予想 

2018年12月11日

いつの間にか年末で、グランプリメンバーも決まってた。
生存確認の更新。

脇本雄太−三谷竜生−村上義弘−村上博幸
平原康多−武田豊樹
新田祐大
浅井康太
清水裕友

清水とか全然知らないしリハビリ必要。
近畿が強力過ぎて、あっさりレースとなりそうか。

ktu1 at 18:53│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 GP予想