トップページ

2018年02月12日

いつの間にか決勝か。

3古性優作−9村上義弘−7村上博之−4椎木尾拓哉
2吉澤純平−5平原康多
1新田祐大
6山田英明
8原田研太朗

地元がいない決勝。
近畿4車だが、先頭が古性。引っ張って2段3段が決まるイメージがわかない。吉澤に叩かれて終了とか?
各選手の調子がわかっていないが、みんないいと仮定すると、展開的には、吉澤に乗る平原か。あとは、近畿がレースを作れなければ、新田をはじめ単騎勢にも目がありそう。
平原=新田中心で、平原から山田と原田。

2車単 5=1、5−6、5−8




ktu1 at 14:02│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 GI予想 
























2018年02月09日

いつの間にか全日本選抜が始まっていた。

スタールビー賞くらいから。

今年は6月の岸和田宮杯あたり久々に本場に行けたらいいなと思ってます。
それに向けてリハビリがてらレースを見ないと。

ktu1 at 12:40│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 GI予想 

2017年12月31日

グランプリは深谷の先行から6番手三谷が最終ホームから巻き返し、3番手平原も2角くらいから出る。
平原不発から、平原3番手の諸橋がインをついて浅井を飛ばしにいくが、バランスを崩して落車。深谷、桑原も巻き込まれる。
深谷番手から浅井が伸びて優勝。武田2着で、捲った新田が3着。

諸橋は浅井に当たり負けしたというよりか、当たるタイミングがちょっと悪かったような印象で、タイミングが少し違えば、浅井を飛ばして直線突き抜けて諸橋−浅井があったかもという感じ。そんな脚ではあった。

今年は競輪よりも株という感じで、ブログの更新もたまにであった。どこかで書いた気がするが、今は競輪よりも株の方がワクワクする。底知れないよくわからない感じが良く、かつて競輪に感じていたワクワク感を今は株に感じているということで。

競輪も、レースを見続けて展開や予想を考え続けることを積み重ねていくと、面白さが倍増するのはわかっているのだが、なかなかできていない。きっかけがあれば、また昔のように競輪について深く考えてることができるかもしれない。今は株について考えることが楽しい時期ということで。

2018年もブログはマイペースでやっていくので、よろしくお願いします。

ktu1 at 22:10│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 GP予想