2016年07月26日

今日は雨にたたられ、各地で順延が相次いだ。どうもこの夏は雨にたたられることになったようだ。

・茨城
常総学院1−0明秀日立(常総学院は3年ぶり16回目)
本命が新鋭をかろうじてかわした。

・千葉
木更津総合3−2市船橋(木更津総合は3年ぶり5回目)
本命がこれも接戦をものにした。

・広島
広島新庄5−4如水館(広島新庄は2年連続2回目)
監督兄弟対決は弟に軍配。

・熊本
秀岳館13−2九州学院(秀岳館は15年ぶり2回目)
選抜ベスト4が圧勝。

・鹿児島
樟南3−2鹿児島実(樟南は3年ぶり19回目)
ライバルの切磋琢磨はなお続く。

・宮城
仙台育英3−4東北
利府3−1東陵
昨年準優勝の育英、ライバルにサヨナラ負け。

・群馬
前橋育英3−1前橋工

・埼玉
花咲徳栄5−0春日部共栄
聖望学園6−5大宮東

・東東京
関東一3−0城東
東亜学園7−6二松学舎大付

・静岡
常葉菊川12−0常葉橘
袋井14−10浜松商

・鳥取
鳥取城北3−7境
米子松蔭7−0鳥取西
本命城北、古豪に敗れる。

・山口
宇部鴻城13−0聖光
高川学園7−0長門

・高知
明徳義塾2−1高知商
中村12−4高知中央

・福岡
九州国際大付12−11自由ヶ丘

・宮崎
日南学園9−0宮崎工
宮崎商6−4宮崎大宮

公立と私学の決勝対決が多い。多くは私学が勝ってしまうのだが、そこにどんな差があるというのだろうか。



ktu2003 at 20:08コメント(0)トラックバック(0)高校野球 
26日午前2時45分ごろ、神奈川県相模原市緑区千木良(ちぎら)の障害者施設、社会福祉法人かながわ共同会「津久井やまゆり園」から、「ナイフを持った男が施設に来て、人が刺された」と110番通報があった。神奈川県や市消防によると、入所者19人が死亡し、重傷者を含む26人がけがをしているという。県警は、園の近くに住む植松聖(さとし)容疑者(26)を殺人未遂と建造物侵入の容疑で緊急逮捕した(朝日新聞)。

このところテロにより大量殺人が世界で相次いでいて、こうしたニュースに対する感覚がまひしてしまっている。ただ、幸いにしてイスラム過激派のテロもなく、銃規制も厳しい日本で、こんな惨事が起きてしまった。

容疑者は施設の元職員で、報道されるところでは障がい者への差別的な言動によって退職したという。大量殺人というから無差別かというとそうではなく、障がい者という存在への憎しみを深めた末の、ある種の「ヘイトクライム」といえる犯罪なのではないか。たとえば海外であれば同性愛者や人種を標的にした殺人があるように。

こうした犯罪を「防ぐ」などという発想はもはやむなしいだけだと思う。障がい者という社会的弱者と、深夜、そして内部事情を知る者ということで、多数の被害者が出る条件がそろっていた。容疑者の凶行にどんな背景があるのか、それが個人的なのか社会問題なのか、明らかにならないことには。

第二次大戦後では最悪の大量殺人になってしまった。おそらくこれを上回るのは「八つ墓村」で有名なあの事件しかないだろう。

ktu2003 at 19:59コメント(0)トラックバック(1)国内ニュース 

2016年07月25日

今日も各地で代表決定。天候に恵まれない地域もあった模様。

・秋田
大曲工8−7角館(大曲工は初出場)
8回に一挙逆転。

・京都
京都翔英11−1福知山成美(京都翔英は初出場)

・岡山
創志学園4−1玉野光南(創志学園は初出場)
併殺でゲームセット、と思いきや判定くつがえってファウル、そのショックを克服できずに逆転とは、気の毒。

・香川
尽誠学園5−1高松商(尽誠学園は9年ぶり11回目)
高松商、打線が一転沈黙し、完敗。

・佐賀
唐津商16−5佐賀商(唐津商は5年ぶり5回目)

・大分
大分8−2佐伯鶴城(大分は2年ぶり2回目)
延長戦を制して2年ぶり。

・茨城
常総学院6−2下妻二
霞ヶ浦1−3明秀日立

・千葉
市船橋5−1習志野
木更津総合6−5千葉経大付

・西東京
東海大菅生4−2日大三
八王子8−6創価

・神奈川
東海大相模11−3厚木
横浜2−0向上

・石川
星稜8−4小松大谷
遊学館5−8日本航空石川

・福井
福井商6−2奥越明成
北陸5−1坂井

・滋賀
滋賀学園2−7近江
高島3−1滋賀短大付
滋賀学園、力尽きる。

・兵庫
明石商5−4神戸国際大付

・奈良
智弁学園8−1奈良

・和歌山
市和歌山10−5智弁和歌山

・熊本
秀岳館7−1文徳
九州学院3−1千原台

今年は名の通った強豪が続々と敗退し、新興私学が台頭している印象がある。私学内での「勢力交代」がみられつつあるのか。公立復権、という兆しは見えてこない。とくに高松商敗退はショッキングだった。

ktu2003 at 20:21コメント(0)トラックバック(0)高校野球 

2016年07月24日

今日から各地で続々と代表校が決まってくる。

・岩手
盛岡大付1−0一関学院(盛岡大付は2年ぶり9回目)
花巻東とのあいだで隔年制覇が続いている。

・福島
聖光学院6−5光南(聖光学院は10年連続13回目)
戦後全国最長連続出場を更新。

・栃木
作新学院15−6国学院栃木(作新学院は6年連続12回目)
6連覇。

・山梨
山梨学院12−5東海大甲府(山梨学院は5年ぶり6回目)
本命を猛打で圧倒。

・新潟
中越10−2新潟明訓(中越は2年連続10回目)
連続出場。2強時代に割って入ってきた。

・長野
佐久長聖6−2松商学園(佐久長聖は2年ぶり7回目)
こちらも安定。

・島根
出雲6−1立正大淞南(出雲は初出場)
春夏通じて初。

・長崎
長崎商1−0大村工(長崎商は29年ぶり7回目)
ここのところ復活の兆しを見せていたが、ついに。

・鹿児島
鹿児島実1−1樟南
伝統の一戦は引き分け再試合に。

・宮城
仙台育英21−0佐沼

・埼玉
花咲徳栄9−0熊谷商

・東東京
関東一3−2修徳
ホームラン2発でサヨナラ。

・神奈川
横浜10−0相模原中等教育

・静岡
常葉橘8−7静清

・愛知
東邦8−0時習館

・岐阜
県岐阜商2−4長良

・三重
津商0−1海星

・富山
高岡商1−4富山商
富山第一9−0富山東

・京都
福知山成美4−0塔南
京都翔英9−2立命館宇治

・大阪
履正社11−1東大阪大柏原
大阪偕星11−2都島工

・兵庫
明石商2−1北条
滝川二1−3神港学園

・奈良
天理11−0奈良朱雀

・岡山
創志学園7−1おかやま山陽
玉野光南5−0倉敷商

・広島
如水館10−0広陵
広島新庄4−1崇徳

・香川
高松商9−1大手前高松
尽誠学園10−3観音寺中央

・徳島
鳴門5−2徳島北

・佐賀
佐賀商5−2伊万里

宮城、育英と他チームとのあいだにはまだまだ大きな差があるようだ。三重・富山では昨年代表の商業勢が相次いで敗れた。選抜準優勝の高松商はあと1勝まできた。夏復活してこそ真の復活だろう。


ktu2003 at 19:14コメント(0)トラックバック(0)高校野球 

2016年07月23日

今日は天候もよく、激戦が展開された。強豪同士の戦いになる。

・岩手
一関学院5−2一関工
盛岡大付13−3専大北上
私学の雄同士の激突。

・秋田
大曲工2−0大館国際
角館7−0能代工

・福島
聖光学院7−3日大東北
光南5−1学法福島
聖光、10連覇に王手。

・茨城
常総学院8−1常磐大
霞ヶ浦5−4波崎柳川

・栃木
作新学院10−3矢板中央
国学院栃木11−1茂木

・群馬
前橋育英3−0桐生市商
健大高崎9−0利根商

・埼玉
花咲徳栄10−0滑川総合

・千葉
木更津総合1−0東海大市原望洋

・西東京
早稲田実4−6八王子
東海大菅生14−3国学院久我山

・神奈川
東海大相模8−0日大藤沢

・山梨
東海大甲府4−0帝京三
山梨学院7−0日本航空

・新潟
新潟明訓6−4巻
中越6−3加茂暁星

・長野
佐久長聖6−3小諸商
松商学園7−4東京都市大塩尻

・静岡
常葉橘9−2浜名
静岡3−4浜松商

・愛知
中京大中京1−7愛工大名電
東邦9−0東郷

・岐阜
岐阜城北4−6中京

・三重
いなべ総合8−0稲生
津商3−0四日市工

・石川
星稜12−2小松明峰
遊学館6−5金沢

・滋賀
滋賀学園12−9光泉

・奈良
智弁学園5−4磯城野
延長11回サヨナラ。

・和歌山
智弁和歌山12−2新翔

・広島
崇徳7−6西条農
広島新庄5−4広島商

・鳥取
鳥取城北13−4米子北

・島根
開星0−7立正大淞南
出雲4−3大社

・愛媛
今治西3−7今治北

・高知
土佐6−8高知中央

・福岡
九州国際大付8−3西日本短大付

・長崎
大村工4−3創成館
長崎商3−2清峰

・熊本
秀岳館7−6熊本工
九州学院3−1必由館

・大分
佐伯鶴城5−2藤蔭
臼杵0−8大分

・宮崎
日南学園19−2佐土原

・鹿児島
鹿児島実10−0志布志
樟南5−3川内
名門対決に。

早稲田実が敗退した。清宮一人で野球をやるわけではない。総合力だ。強豪も延長やサヨナラで、やっと勝ちを拾う試合が今日は多かった。佐賀では龍谷が不祥事により準決勝の出場を辞退。連帯責任はなるべく避けるべきだが、今回はベンチ入りメンバーの試合前の喫煙、そして火災という事態は重大であり、やむをえないであろう。

ktu2003 at 20:57コメント(0)トラックバック(0)高校野球 

2016年07月22日

各地で終盤戦に差し掛かってきた。

・南北海道
北海7−2札幌日大(北海は2年連続37回目)
全国最多出場。北海道でのブランド力は健在だが、甲子園で勝てるかどうか。

・秋田
秋田商2−3大館国際

・千葉
木更津総合4−3専大松戸
選抜組が昨年代表に勝利。

・富山
富山第一10−0石動
高岡商5−4不二越工

・福井
福井工大福井4−5福井商

・大阪
履正社10−0茨木

・兵庫
明石商6−0高砂
滝川二10−0川西北陵

・和歌山
市和歌山8−0那賀

・山口
早鞆3−4長門

・香川
高松商16−0丸亀

・高知
明徳義塾8−1高知工

・熊本
九州学院8−3熊本商

今日は選抜組1校、昨年代表2校が敗退。

ktu2003 at 18:58コメント(0)トラックバック(0)高校野球 

2016年07月21日

今日は関東で雨が降り、順延が出た。関東・東北はまだ梅雨明けしていない。
長期予報では猛暑が言われていたが、天候不順が続いている。

・北北海道
クラーク国際3−0滝川西(クラーク国際は初出場)
創部3年の新鋭が、計画通りの出場を果たした。通信制高校で、全国に生徒がいる。全国でももっとも戦績のあがっていない地域で、強豪として定着できるか。

・青森
八戸学院光星11−0大湊(八戸学院光星は2年ぶり8回目)
大湊の悲願を打ち砕き、光星が王座を奪還。2年連続で公立勢に敗退するわけにはいかない。

・山形
鶴岡東10−8山形中央(鶴岡東は2年連続5回目)
逆転また逆転、そして驚異的な粘りを見せた中央を振り切り、延長を制して連続出場。

・南北海道
札幌第一4−6札幌日大
北海8−1東海大札幌

・岩手
一関学院4−0宮古

・宮城
仙台育英2−0聖和学園

・福島
聖光学院6−2小高工

・茨城
霞ヶ浦7−0勝田工
常総学院8−3中央

・栃木
作新学院6−4文星芸大付
作新、本命を破って大きく前進。

・群馬
前橋育英3−0桐生第一
健大高崎7−5桐生南
こちらは本命校が選抜出場校を撃破。

・新潟
新潟明訓1−0長岡商
中越10−1帝京長岡

・長野
上田西2−10東京都市大塩尻

・静岡
静岡15−4横須賀

・愛知
中京大中京8−0吉良
東邦5−0渥美農

・岐阜
岐阜城北9−2加茂

・三重
津商9−0松阪

・石川
星稜7−0七尾東雲
遊学館2−1小松

・滋賀
滋賀学園11−1比叡山

・大阪
大阪桐蔭1−2関大北陽
大阪偕星9−5初芝立命館

・兵庫
長田3−7市尼崎

・奈良
天理8−1御所実

・岡山
創志学園6−0岡山理大付

・島根
石見智翠館1−2大社
開星3−2浜田

・香川
小豆島4−7尽誠学園

・徳島
鳴門6−1板野

・高知
土佐1−0高知農

・佐賀
佐賀商9−7佐賀北
竜谷6−4鹿島

・長崎
創成館6−4海星
海星、投手のアクシデントが影響し敗退。

・大分
明豊5−12佐伯鶴城

・宮崎
宮崎日大4−3宮崎第一

大阪桐蔭が敗退した。相手が強豪とはいえ3回戦敗退は久々である。21世紀枠で出場した2校が相次いで敗れ、選抜8強の海星も敗れるなど、選抜出場校6校が今日だけで敗退した。強豪同士の戦いの中、どの学校にとっても甲子園は難関なのである。

ktu2003 at 20:29コメント(0)トラックバック(0)高校野球 

2016年07月20日

 テレビ司会者として知られた大橋巨泉(おおはし・きょせん、本名大橋克巳〈おおはし・かつみ〉)さんが、12日午後9時29分、急性呼吸不全のため千葉県内の病院で死去した。82歳だった。葬儀は近親者で営んだ。後日しのぶ会を開く予定(朝日新聞)。

テレビの黄金時代が歴史となった。そんな語られ方をするような気がする。

「放送作家」という職業が成り立つためには、それだけの「放送」の地盤が整わないといけない。「11PM」の司会者になったのは1966年。テレビが人々の生活に定着し、新しい文化となっていた。そしてその文化を担うのは、当時の30代〜40代の人々。若い才能が集まって、今までにないことをやろうとしていた。

「11PM」は「深夜番組」の深夜番組たるゆえんを作り上げた番組である。深夜なら多少のことは許される。番組名だけでいかがわしさを漂わせることのできる番組は、今はない。69年からの「ゲバゲバ90分」はテレビ史に残る高視聴率バラエティー番組である。

そして伝説のクイズ番組「クイズダービー」は、視聴率30%を超えるお化け番組だった。解答者を競馬の出走馬に見立て、そこに倍率をつけて一般人が賭ける。これは今考えても斬新な企画だと思う。そして司会者・巨泉の軽妙なトークが番組を盛り上げた。そして「世界まるごとHOWマッチ」は、ものの値段を当てる、というシンプルな番組だった。非常に俗っぽい両番組だったが、大人が楽しめるクイズ番組だったように思う。とはいえ子供がみても面白かった。

90年にセミリタイアして、趣味の世界に生き、実業家へと転身した。芸能活動は抑え目にしていた。56歳だから、今の感覚からすると若い。60・70代でも第一線のタレントが今はたくさんいる。01年には参議院比例区で当選したが、民主党の意見と合わず半年で辞職。さすがに大きな批判を浴びた。そもそも彼を政治の世界に引っ張り出したことが間違いだったと思う。そんなところにはまる人ではなかった。

05年からはがんを患ったが、その闘病を含めてオープンにしていた。元気だったのだが昨年末から病状が悪化していた。

1月に永六輔とともに「徹子の部屋」に出た。あれが別れの挨拶だと、悟っていたように思う。テレビは今や制約のほうが多くなって、才能が集まらなくなっている。それもまた時代である。そのことを嘆きながら、彼は逝ったようだ。


ktu2003 at 20:11コメント(0)トラックバック(0)訃報 
今日のほうが休養日の地区が多かった。昔に比べると、日程がゆったりになっているのは事実。だが、もう一段日程については知恵をしぼってほしいところである。

・北北海道
クラーク国際5−4旭川実
滝川西3−1江陵

・山形
鶴岡東16−5酒田南
山形中央8−1米沢中央

・山梨
東海大甲府8−0日川

・京都
龍谷大平安2−3福知山成美
鳥羽0−3立命館宇治

・広島
崇徳3−1山陽
広島新庄6−0廿日市西

・熊本
秀岳館12−2済々黌

・大分
臼杵5−2情報科学

・鹿児島
鹿児島実10−3薩南工

今日は平安の敗退がニュースだ。選抜では活躍しているが、夏はまたも取りこぼし。采配の問題はかねて指摘されているのだが・・・。
北北海道では創部3年目のクラーク国際がチャンスを迎えた。3年計画の狙い通りといくか。監督は駒大岩見沢を率いた佐々木氏である。
山形は鶴岡東が酒田南を粉砕。90〜00年代県内無敵を誇った酒田南だが、鶴岡東に覇権が交代したことを象徴する一戦になった。

ktu2003 at 19:49コメント(0)トラックバック(0)高校野球 

2016年07月19日

今日は休養日になった地区が多い。

・南北海道
札幌第一5−0北海道栄
北海4−2北照
札幌地区が4強を独占。

・青森
八戸学院光星9−3八戸西
大湊8−4聖愛
光星に公立が挑むという、昨年と同じ構図。大湊は下北地区初の甲子園を目指す。

・秋田
秋田商12−5能代

・千葉
木更津総合11−0旭農
専大松戸7−0船橋北
昨年代表と選抜出場校の激突は次。

・東東京
関東一9−2足立西

・神奈川
横浜12−0松陽
東海大相模7−6瀬谷

・三重
いなべ総合10−0紀南

・大阪
履正社7−0汎愛

・兵庫
明石商4−0関西学院

・和歌山
市和歌山6−0紀北工

・鳥取
鳥取城北10−0米子工

・島根
石見智翠館10−0松江南

・山口
南陽工1−6高川学園
早鞆4−1萩

・香川
高松商8−1四国学院大香川西

・愛媛
今治西7−2宇和

・長崎
創成館7−0島原農

・熊本
九州学院8−7熊本国府

・大分
明豊7−0日田

・宮崎
日南学園13−2都城東

今日は南陽工の初戦敗退が一番の波乱。山口県も上位校の差が小さく、波乱が多いところではある。

ktu2003 at 19:57コメント(0)トラックバック(0)高校野球 
Archives
最新トラックバック
名取北 4−1 松島@鹿島台 (KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(livedoor移行中))
高校野球情報16−12
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ