2018年06月19日

勝負事はやってみなければわからない。
ネガティブなことをきりがないほど言われた。
しかし結果は前回大会で敗れた相手にリベンジを果たす、という最高のものだった。

ワールドカップというよりも、サッカーの試合ではなかなかないシチュエーションがいきなり生まれた。ちょっとしたエアポケットだったのだろうが、大迫が抜けて決定的なチャンスをつかんだところに、コロンビアのサンチェスがハンドを犯し、一発退場になった。おそらくそれがなければ、ゴールが決まった可能性もあるというジャッジだった。そして香川がPKを決める。

数的優位になったはずだが、そこからむしろコロンビアが押し始めた。日本側はリスクを避ける戦いぶりとなり、なぜか守勢に回っていった。そして長谷部が不可解なファールをとられたあと、キンテロのFKを川島が取れず、同点。ここまでのムードでは、10人のコロンビアがむしろ良かったぐらいである。

1−1で迎えた後半になると、日本が攻撃を始める。柴崎や乾が積極的に動き、大迫が走る。そしてコーナーキックから大迫が合わせて勝ち越しゴールを決めた。こうなればあとはどう残りを乗り切るかで、コロンビアが攻め手を欠き、日本のパス回しが生きた。そして、戦前には散々言われたベテランの多い選手構成が、こういう展開になると生きたように思われる。

コロンビアは立ち上がりの予想外の展開に、さすがに焦りを隠せなくなり、エースのハメス・ロドリゲスもベストでない中、攻撃のパターンが少なくなって日本のディフェンスを破れなかった。内容からいえば日本にミスは多かった。パスもシュートも精度が低い。しかし相手は10人であった。それが幸いした。やはり、攻撃の姿勢を見せないといけない。怖がるよりも前に進むこと。

日本のスポーツ界では、海外の強豪を時々驚かせることがある。奇しくも西野監督は、96年のアトランタ大会でブラジルを破った試合がある。あのときは川口がスーパーセーブを連発し、相手DFのミスから得点した。今回はいきなり相手が退場者を出した。そんなアクシデントがあるにしても、勝利という結果にはなんの優劣もない。

これで色気が出てくる。残り2試合で結果を出して、1次リーグを突破するというところまで行ってはじめて誇れると思う。


ktu2003 at 23:13コメント(0)スポーツ全般 

2018年06月18日

18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱の地震を観測した。気象庁によると震源は大阪府北部で深さ約13キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・1と推定される。大阪府内で震度6弱が観測されたのは統計を取り始めてから初めて。(朝日新聞)

人々が週明けの通勤・通学に向けて、動き出した時間を直撃した。
震源は高槻市内で、同市ほか大阪府内北部で被害が大きかった。死者はブロック塀の倒壊や本棚の下敷きになったという。建物の倒壊はなかったようだが、火災も発生し、各地でライフラインが止まる影響があった。

建造物の耐震化については相当取り組まれつつあるが、野外にある構造物などには危険なものがなお多い。ブロック塀は被害が問題になったはずだが、基準制定以前のものが多く残っており、手が回らないようである。小学生が亡くなった地点のブロック塀はかなり高さがあり、基準に違反している可能性が高いということだった。外壁や看板、窓ガラスなど、地震の際には危険になる。これらの老朽化や耐震化などにも、留意しないといけないだろう。

交通の混乱は続いている。東日本大震災のときにもあったが、帰宅困難者を生む可能性が高い場合、企業・学校などは迅速に出勤・授業に関する判断をしたほうがいい。どのみち安否確認や余震などがあるため、まともな仕事や授業にならないのだから。もちろん個人が判断することも大事だ。

ktu2003 at 19:04コメント(0)国内ニュース 

2018年06月17日

始まってみればやはり面白い試合が続く。

試合の時間帯は日本時間で夜から早朝にかけて、とリアルタイム観戦はしにくい。
サッカー通になるためには深夜帯での観戦平気、という体力と環境にしておかないといけない。そういう意味では、日本人にとってはハードルの高さがある。

試合は、ロシアが大勝を収めたほかは、好ゲームが続く。
アジア勢はサウジの大敗はあったが、イランは終了間際にオウンゴールでモロッコを破り、20年ぶりの勝利。オーストラリアは健闘したがフランスに敗れた。だが戦えない内容ではない。

スペイン3−3ポルトガルは歴史に残るゲームになった。このレベルの試合を見せられると、日本はまだはるか彼方にいる。ロナウドのハットトリックは圧巻だった。しかしそれでも勝利とはいかないのが難しい。

大いに不安を残したのがアルゼンチン。初出場のアイスランドが堅く守ってきたのに対し、メッシを軸とした攻撃スタイルをかたくなに変えず、そのメッシがPKを外すなど不発に終わって、引き分けた。アイスランドを誉めるべきだろうが、図抜けたタレントがいてしまうことの弊害をみた思いがする。

ここまでのところをみると、日本が果たしてちゃんとした試合ができるのか、がまず不安である。欧州でプレーしている選手が今や多数派になっているのだから、本来そこに伍していっておかしくないはずだが。


ktu2003 at 06:56コメント(0)スポーツ全般 

2018年06月15日

ブルース・キソン氏(元米大リーグ投手)が2日、がんのため死去。68歳。

1971年にパイレーツでメジャーデビュー。6勝を挙げて以後先発として定着。いきなりワールドシリーズ制覇に貢献した。そして76年に14勝、79年にも13勝してワールドシリーズ制覇に貢献するなど、安定した力を見せた。80年にはエンゼルスに移籍し、一時低迷したが82〜83年に2ケタ勝利を挙げるなど復活。85年限りで引退。通算成績は115勝88敗12S、防御率は3.66。

引退後はロイヤルズ、オリオールズでコーチを務めたあと、オリオールズのスカウトの職にあった。

ktu2003 at 21:32コメント(0)プロ野球 
ワールドカップが始まった。

ロシア5−0サウジアラビア
サウジは本大会ではいつも大敗している印象があるが、今回はとくにきつかった。
それなりに攻撃しようという意図はみえるが、ロシアディフェンスにことごとくはねかえされる。そして高い位置でボールを奪われると、カウンターされて失点という繰り返し。

ロシアは今回は過去最弱ともいわれ、FIFAランクも参加国中最も低いが、予選をやっていないことと強豪相手の敗戦が多かったことが関係しているともいわれていた。やはりアジアとは差があるのか。

サウジは日本と同組で争ったチームであり、アウェーでは日本が敗れた相手。そう考えるとこの結果は日本にとって前途多難を思わせる。前回大会はアジア勢は1勝もしていない。1次リーグ突破うんぬんを言う前に、まず勝つことができるのか。日本もそういうレベルだということは自覚しないといけない。そして、日本の対戦相手はロシアよりもずっと格上である。


ktu2003 at 11:22コメント(0)スポーツ全般 

2018年06月13日

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、史上初の米朝首脳会談をシンガポールで行い、米朝関係の改善を目指す共同声明に署名した(朝日新聞)。

まず、敵対を続けてきた両国の首脳が、朝鮮戦争以来70年近くかかって、ようやく直接対話したというだけでも歴史的意義はある。そして決裂することもなく、合意文書を交わしたというだけでも、意味は絶対にあった。
とはいえ成果と呼べるような具体的な内容はない。かろうじて戦死者の遺骸や行方不明者の処理について取り組むという事項が入っただけである。非核化については南北首脳会談と同様、「朝鮮半島」の非核化に努力するというだけだった。そしてアメリカは北の体制保障に言及している。

トータルで見ると、北はアメリカと直接対話するという悲願を達成し、国内でのアピールには大いに利用できるだろう。体制保障も得たし、非核化には時間がかかる、とトランプ大統領が言っていたように、即時廃棄ともならない。米韓演習も交渉中はやらないというのである。相当な「成果」だろう。経済制裁の緩和はなかったが、中国やロシアが締め付けを緩めてくれるだろう。
一方アメリカは、ついに北朝鮮を対話に引っ張りだして、非核化に言及させたということで成果をアピールしたいようだ。イランや中東で強硬な姿勢を見せている中、北とも軍事的対決をするという選択はなかったらしい。おそらくは何度も話し合いの場を設定するという中で、非核化の具体的な内容を詰めていくということだろう。そこでらちがあかないなら再び軍事的圧力、というポーズは見せておくというところか。

およそ世界平和とは縁遠そうな2人のもとで、会談が実現した。従来の外交官同志の攻防戦ではなく、トップ同士でやり取りし合う、という手法は、案外両者が共感しているのかもしれない。

さて、とにもかくにも「圧力」から「対話」モードにはなった。日本はしかしカヤの外である。果たして日朝対話を決断できるのだろうか?拉致問題についてはもちろん今回の会談で何か合意できるはずがない。日朝でしっかり話し合いをしてくれ、としかアメリカは言えないだろう。北の核放棄について日韓の費用負担話が出ている。たとえばそのプロセスと拉致問題の解決をうまく組み合わせることができれば進展があるかもしれない。

拉致被害者とされる人々が、全員生存してすぐに帰ってこられる状態にあるとは、さすがに年月の経過から考えて難しいだろう。その厳しい現実を含めて、正確な消息を明らかにするところから、始まるのだと思う。日本側でつかんでいる情報もある程度あるだろうから、そこから糸口をつかむしかない。特に横田家や田口家などは、北での被害者の動向について具体的な情報がある。確かなところから詰めていくのがもっとも有効だ。

ktu2003 at 00:26コメント(0)国際ニュース 

2018年06月11日

1966年に静岡県清水市(現・静岡市)で一家4人が殺害された事件で死刑が確定した元プロボクサーの袴田巌さん(82)=浜松市=について、東京高裁(大島隆明裁判長)は11日、再審請求を認めない決定をした。静岡地裁は2014年3月に再審開始を決定していたが、高裁は取り消した。弁護側は高裁決定を不服として、最高裁に特別抗告する方針。(朝日新聞)

こういう風に、司法の判断が正反対のものが出てしまう事件は、多くの場合冤罪を疑うべきだと考えている。この事件に関しては、過酷な取り調べや証拠の捏造疑惑など、当時にあっても問題であろう内容が明らかになっている。

超党派の国会議員による支援もある。歴代の法務大臣も判を押さなかった。そして地裁決定により、死刑確定囚としては異例の執行停止、釈放という事態に至ったのである。さすがに高裁は、再審取り消しをしつつも再収監の判断はしなかった。筋からいえば、確定判決が一度出ている以上、再収監せねばならないが、特例とみられる。こういう特例を適用すること自体、もはや通常の事件とは違う性質を帯びている。

最高裁が再審を認めない決定をした場合、果たして本当に再収監するのだろうか。何年後に判断が出るか不明だが、それはもはや人道上の問題になるだろう。また、法務大臣も執行のはんこはおそらく押すことはない。だとすると、死ぬまで拘置所に拘束することになる。それが許されていいのだろうか?

「疑わしきは罰せず」。それが民主主義の国における、裁判の大原則のはず。なぜそれができないかということを類推するときに、裁判所や検察・警察の名誉の問題以外にない。しかし過去には、死刑判決がひっくり返った例もあるし、捜査技術の発達した近年においても、冤罪事件はたびたび発生しているのが現実だ。

過ちを認めないことが、信用や面子を維持するのに必要だと考えられているようだが、そうではない。過ちを認めた上で、そこから何をもって償うか、あるいは改革するか。そのことこそが信用や面子を再生させるのである。白を切ることは不信感や恨みを募らせるだけである。


ktu2003 at 21:47コメント(0)国内ニュース 

2018年06月10日

【ミネアポリス共同】米大リーグ1年目から投打の「二刀流」で活躍するエンゼルスの大谷翔平(23)が8日、右肘の内側側副靱帯の損傷で自身初となる10日間の故障者リスト(DL)に入った。

これをみんな心配していた。かつてない野球選手としての能力を持つ大谷だが、故障の多さが気になる、とは以前の稿でも書いた。

チームも最善の配慮をして起用していたように見受けられる。だが開幕2ヵ月にして懸念される故障となった。肘は実は古傷なのだという。かねてから、今の投球スタイルでは故障する、という指摘があった。メジャーのボールは重く、肘に負担がかかる。日本人投手はことごとく故障に見舞われてきた。日本人だけではない。トミー・ジョン手術はあまりにもポピュラーな手術になってしまっている。昔のように再起不能にならないだけましではあるが、術後は1年半程度復帰に時間がかかり、しかも球速が落ちる。

今回は手術は回避する方向のようだが、いずれ手術に向かうような気がする。あれだけの速球と変化球だ。負担は今後もかかる。投球スタイルをより消耗の少ない形に変えていく必要がある。また、打者としてのプレーとどう両立していくか。日本でのように、打者にある程度専念する形で出場を続けるという選択肢もある。

いずれにしろ前例のない選手。トレーニングについても前例はない。けがの治療についても。ただ、故障の多さだけは今のうちに改善しておかないと、選手寿命は短くして終わってしまうかもしれない。故障の多い選手はどのスポーツであれ、大成しないのは周知の事実である。


ktu2003 at 10:22コメント(0)プロ野球 

2018年06月08日

小山慶一郎(34)とともに未成年の女性と飲酒していたことが発覚し、ジャニーズ事務所から厳重注意処分を受けたNEWSの加藤シゲアキ(30)が8日、金曜レギュラーを務めるTBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)に生出演し、「深く反省しております。情報番組に関わる者として自覚が足りなかった」と騒動を謝罪した。(スポーツニッポン)

今回は芸能界を去るような話にはならないだろうが、それにしてもまたか、というところである。

かねてから小山については、素行の問題が指摘されていた。そもそもNEWSというグループ、かつてメンバーの未成年が飲酒したことから大ダメージを受けたことがある。そんな経験があってのことだから、何の教訓にもなっていなかったということだろう。

ジャニーズ事務所にとって、TOKIOの一件からまだ間もない中で、またしてもタレントが報道番組で謝罪という事態に追い込まれたのは大きなダメージである。今回は音声という物証もあり、もみ消しや否定は不可能と判断したのだろう。ジャニーズ事務所はSMAP騒動以来、ガタついている。不祥事もそうだが、ネット戦略を改めたり、ファンクラブ対応にもクレームがついて改めたりしている。つまりはジャニーズが進めてきた戦略が、時代の変化の中で通用しなくなっていることの表れでもある。

今や報道・情報番組にも多数のジャニーズ勢が進出している。もちろん彼らはそういう番組に携わるためにタレントになったのでもないし、教育も受けていない。音楽低迷、ドラマ低迷の中で、露出を減らさないための戦略だが、完全に裏目に出てしまっている。また、報道や情報番組がジャニーズへの配慮をにじませねばならない、というのはメディアにとって自殺的な行為だ。その点でもジャニーズの害は大きい。

また、かつて芸能人は「玄人」と遊んだなどといわれる。スキャンダルにならないような立場や職業の女性と遊ぶのが一種のマナーだった。しかしジャニーズ勢は若者相手の商売で、未成年と接する機会も多い。タレントをみていてもとても「玄人」を相手に遊べそうな感じではなく、自然リスクの高い遊びに走ることになる。かといって締め付けを厳しくすれば、ストレスのはけ口がなくなってどんなことになるかわからない。

ジャニーズだけではないが、酒にも、性的問題にも、かつてより社会規範が厳しくなってきている。労働環境にしてもそうだが、芸能界だから、ということで許されなくなっているのが現状だ。そしてジャニーズ事務所は、その時代変化に対応していくのが難しい体制にあると思う。じわじわと、こうした不祥事の積み重ねが事務所の体力を奪っていくだろう。


ktu2003 at 09:38コメント(0)芸能 

2018年06月07日

大リーグ・カージナルスの元二塁手で、1968年の日米野球では同チームの監督として来日したレッド(アルバート・フレッド)・シェーンディーンスト氏が6日に死去。生存していた殿堂入りメンバーの中では最高齢の95歳だった(スポーツニッポン)。

1942年にプロ入り。その後第二次大戦に従軍して負傷。デビューは45年で、137試合に出場して26盗塁で盗塁王を獲得した。翌年二塁手に転向し、ワールドシリーズ制覇に貢献。以後、守備の名手として知られるようになる。一方打撃でも50年にリーグトップの43二塁打、16犠打をマークし、52年には初めて打率3割を超えると、53年には.342で打率2位となるなど、打力も年々向上していった。
56年途中でジャイアンツ、57年は途中でブレーブスに移籍しながらリーグ最多の200安打をマーク。その後は出場機会が減って、60年からはコーチ兼任としてプレーし、61年には古巣カージナルスに戻って少ない出場ながらも2年間打率3割をマークしている。63年に引退しコーチ専任となった。通算成績は2216試合、2449安打、84本塁打、773打点、.289。

65年からはカージナルス監督に就任し、67年にワールドシリーズを制覇し、68年もリーグ連覇。76年まで12シーズンにわたって指揮を執り、監督としても成功を収めた。80年・90年にも短期間指揮を執っている。89年に殿堂入り。選手としても監督としても一流の実績を残した、メジャーでは数少ない人物である。

ktu2003 at 19:54コメント(0)プロ野球 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ