2017年04月28日

仏文学者で京都大名誉教授の桑原武夫さん(1904〜88)の遺族が京都市に寄贈した蔵書約1万冊について、市教育委員会は無断で廃棄していたと27日発表した。市教委は生涯学習部の担当部長の女性(57)を減給6カ月の懲戒処分にした(朝日新聞)。

価値も認識されなければ、ただのゴミと変わらない。
博物館・図書館などの運営が危機に瀕していることはとみに指摘されている。貴重な文化財が破壊されたり、廃棄されたりするニュースが、近年増加傾向にある印象がある。それはまずもって、金銭的な余裕がこの社会になくなってきていることの反映でもあるし、また歴史や文化というものに対する認識の問題でもある。

桑原武夫氏はその分野だけではなく、日本の「知」を代表する存在であった。だが没後30年近くにもなれば、知らない人も増えるだろう。だからこそ、その関連資料を残し、人物を研究し、業績を明らかにしておく必要がある。

もともと氏の蔵書は市国際交流会館にあって、閲覧することができた。それが08年に新しい図書館が右京区にできて、移動した。図書館内には桑原記念コーナーが作られたが、蔵書群は正式な図書目録には登録されず、別の市内図書館の倉庫に保管してあったという。その倉庫が改修によってなくなるため、スペースがなくなるので廃棄したいという相談に、該当の職員が了承の判断をしたのである。

判断の理由は、利用希望が極めて少なく、また既存の蔵書との重複が多いため、目録を残しておけば大丈夫ということだったらしい。それに、物理的な置き場所がないということが加わった。

いくつか問題があるが、まず「廃棄」という判断を図書館職員の独断で行ったことが問題だろう。館で購入した蔵書ではないのだから、寄贈した側に確認をとるのが社会的な常識である。資料の取り扱いについてはこうした場合、通常は施設側に一任されているが、さすがに「廃棄」となれば無断はまずい。これは文化的な問題以前のことであろう。

次に、図書群がそれ自体として、必ずしも貴重書でなかったり、ほとんど利用がないものであった場合に、図書館の判断として「不要」としてしまうことはありうる。しかしながらそれらは価値基準の一つではあっても、全部ではない。1万冊ともなれば、そのすべてがありふれた本だったとも思えないし、難解な本なら利用が少ないのはむしろ当たり前である。

そして、「桑原武夫という人物が持っていた本」であることに価値がある。彼が何か書き込みをしていたり、資料が挟まったりしている場合もある。彼の人物を研究する上で、どのようなことに関心があったのか、どんな本を参考にしていたのかなど、蔵書群が残されていることでうかがい知れる彼の人物像がある。

資料の経緯をみると当初あった場所から移っている。こうした経緯をたどると、当初の趣旨や価値判断が忘れられてしまうことが多い。しかもスペースがないという問題が起こったことを考えると、図書館がそもそも引き受けても活用できる力量がなかったのであって、資料を持て余していた実態がみえる。

こうした問題は全国で発生している。しかし、文化・歴史について全国にアピールしている京都市でもこういう実態であることは、日本全体の現状も推して知るべしなのであろう。


ktu2003 at 10:47コメント(0)トラックバック(0)国内ニュース 

2017年04月26日

今村雅弘復興相は26日朝、東日本大震災をめぐり「東北で良かった」などと発言した責任をとり、首相官邸で安倍晋三首相に辞表を提出した。辞表の提出後、今村氏は記者団に「大変申し訳ない。深く反省している」などと述べた(朝日新聞)。>

首相の目の前での失言だった。
今月初旬の自主避難者に対する「自己責任」発言があったばかりの今村氏だったが、派閥の集まりで「お騒がせしております」と前置きしてからの発言である。この種の、「首都圏だったら」的な発言や見解はたびたび発せられてきたのだが、これこそが日本の東京一極集中や、地方の疲弊を招いている、東京中心主義的な見方である。

日本は島国で、4つの大きな島と無数のその他の島からなる。決して広大な土地ではない。そこにひしめき合う人々が、運命共同体として生きてきたのが日本の歴史である。日本のどこで起こったことであれ、まったく関係しないことなどあり得ないのだ。たとえばチェルノブイリ級の原発事故が襲ったならば、日本全土が汚染されてしまう。巨大地震があれば日本中が揺れる。それを、東日本大震災で体験したのではなかったか。

震災からの復興は国家的課題なのだ。その担当大臣が、これまでも不適切な発言をしたり、スキャンダルに見舞われたりするなどして、力を発揮しているとはいえなかった。人選も、およそ政権が重視しているとは言い難い、力のそれほどない政治家ばかりである。今村氏も比例の下位選出である。復興担当といえば、務台政務官の辞任もあった。国家的課題であるとの意識がなさすぎる。

さすがに、後任の吉野氏は福島選出で、復興問題に継続して取り組んでいる人のようだが、なぜそういう人選が最初からできないのか。派閥順送りで、専門外ないしは関心の薄い分野に取り組ませても、官僚のいいなりになる上、むしろ足を引っ張ってしまう。何人か、安倍政権でもそういう大臣が見受けられる。

野党の足元が揺らいでいるのも、こういう失言が続発する原因である。民進党は蓮舫代表のおひざ元で議員が続々と離党し、都議選で議席の確保すら難しいかもしれないというありさま。野党共闘も自公政権にとってかわる展望はない。

安倍政権の支持率は今も高い。だからといって、政治家のかじ取りに国民がついていくとは限らない。笛吹けど踊らない。そういうムードが、国も地方も覆っているのではないか。

ktu2003 at 19:01コメント(0)トラックバック(1)国内ニュース 

2017年04月21日

この春、テレビ朝日が昼間に帯ドラマ枠を設定した。
その第一弾として放送されているのが、「やすらぎの郷」。倉本聰が脚本を書き、主演の石坂浩二はじめ、70代以上の俳優が顔をそろえるという、かつてない作品である。

高齢化社会の進展とともに、テレビを観る視聴者の傾向も、高齢化社会を反映したものとなってきつつある。若い世代向けの番組が視聴率が上がらない。すでに、子ども向けのアニメーションはほぼゴールデンタイムから消えている。そして、いわゆる「学園もの」と呼ばれる中・高校生役が多数登場するドラマも、そういえばほとんど消えてしまった。フジテレビ「月9」の低迷は、恋愛ものがうけなくなってきた象徴とも指摘される。

一方で、中高年以上の視聴に耐える番組が増えているのかというと、そうでもない。やはりスポンサーは、消費意欲の高いより若年層向けのCMを打ちたいのであり、そうした層の観ない番組には関心が低いともいわれている。テレビ局もやはり若者向けの番組を作りたい気持ちが、まだまだ強いようだ。ところが、肝心の若い世代がテレビから離れていっている。視聴率が上がるのは、比較的高齢者も観る番組になってきているのが現実だ。

すでに、テレビ東京が「三匹のおっさん」で60歳の3人組をヒーローとしたドラマを作って成功。テレビ朝日は「相棒」に代表される中高年向けシリーズ化路線が成功しており、この春も安定した成績をあげている。「やすらぎの郷」のような作品が出てくるのは、当然の流れである。

舞台は往年のスターが集う老人ホーム。そこで繰り広げられる、元スターたちの人生模様。まだはじまったばかりで方向性は不明だが、高齢者には高齢者しか表現できないテーマがたくさんある。ではより若い世代に道はないのかといえば、そうではない。若い芸能人はこういう作品に出て、ベテランと絡んで勉強し、高齢者にも顔を売れば、若者人気とは違った安定した知名度と人気を得ることができる。視聴者は親世代・祖父母世代の考え方を知ることができる。おもしろければ年齢は関係ない。

ktu2003 at 18:18コメント(0)トラックバック(0)テレビ 

2017年04月16日

今年は去年よりも安定している。

そんな戦いぶりだった。このカード勝ち越しは大きい。

初回に早くも先制され、ヒットをたびたび許す展開だったが、何とか最少失点で能見が踏ん張った。そして打線も好調・九里に手こずったが、何とか1点は返して終盤へ。

そして決勝点を挙げたのは原口だった。盗塁からチャンスを作って、しぶとく持って行ったレフト前である。この1点を守り切った。

開幕カードはエラー・四球続発でどうなることかと思ったが、ここまでのところ、守備陣に不安定さはみられるものの、打線は好調であり、広島についで2位につけている。おおむねメンバーも固定され、その中で競争も発生している。
投手陣は藤浪のインフルエンザということはあるにしても、とりあえず故障は発生していない。早く安定したローテーションを確立してほしい。マテオ・ドリスの救援陣も、不安はあるのだがここまでのところは抑えている。ただ登板過多になると昨年のようなことになりかねないので、そのあたり気を使ってほしい。

ここまでのところ、広島がやはり今年も強いという感じはするが、阪神は十分に対抗できそうな予感である。

ktu2003 at 19:17コメント(0)トラックバック(0)プロ野球 

2017年04月11日

フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリストで、世界選手権を3度制した浅田真央(26)=中京大=が10日、自身のブログで現役引退を表明した(朝日新聞)。

それは深夜に突然に、表明された。
やはり、ソチで燃え尽きていたのだろう。あの演技を越えるものを、彼女が生み出せるとは思えなかった。
だが、ソチのあの結果では終われないとも考えたのだろう。休養を経て、復帰した。だが、ブランクを取り戻すことはできなかった。そして膝を痛め、得意のジャンプも思うようにできなくなった。

5歳でスケートを始めた。2歳上の姉がずっと成績では上回っていたという。それが逆転するのは10代初め。そして15歳にして、当時の世界王者を破った。しかし年齢規定でトリノ五輪には出場できず。その大会で、荒川静香が金メダルを獲得。日本人が初めてフィギュアの頂点に立った。

荒川は現役を退き、4年後は浅田が日本勢として連覇する。この未来を誰もが思い描いた。ストイックなまでのスケートへの情熱と、普段の天真爛漫な表情。このギャップから、彼女はフィギュアスケートの枠を超えて、国民的なスターとなっていった。トリプルアクセルは、かつて伊藤みどりが得意としたジャンプ。容姿で欧米勢に見劣りする日本勢は、技で彼らを上回らないといけない。その技を駆使し、かつ愛くるしい容姿。彼女なら世界の頂点にふさわしい。そして、現に世界を制していたのである。

ライバルとして立ちはだかったのは、年齢・体格ともほぼ同じだった隣国・韓国の金妍児。彼女はオリンピックに照準を合わせていた。そして、演技の構成で勝負する選択をし、浅田を上回ったのである。浅田はトリノ後の4年、成長に伴ってジャンプの精度が狂い、苦しんだ。それでも銀メダル。頂点は次に待っている。そういう期待が集まった。しかしソチでも、SPでミスをして大きく出遅れ、頂点は遠のいた。その翌日に見せたフリーでの圧巻の演技は、勝敗うんぬんではなく人々を感動させたが、メダルにも届かなかった。

女性のスポーツ選手で、彼女ほど国民的に知られ、愛された人はいなかった。実力と人気を兼ね備えていた。しかしすべてが順調にはいかなかった。そのドラマ性がまた人気を高めた。フィギュアスケートがメジャースポーツになったのは彼女の存在なしにはあり得なかった。一方で、なぜオリンピックで頂点を極められなかったのか。それは、彼女が極めてアスリートだったからだと思う。フィギュアスケートというスポーツはスポーツではあるが、演技力や表現力といった要素も、技に劣らず重要だ。その点で、少女性を残し、卓越した技を中心とした彼女の姿勢は、評価が分かれ、時に不安定になるものだった。体への負担も大きかっただろう。

フィギュアスケートが純然たる競技だったならば、彼女は頂点にいたに違いない。しかしそうではなかった。彼女とフィギュアスケートは、最高の相性ではなかったと私は考えている。とはいえ彼女は世界からリスペクトされ、多くの人々を魅了する演技をした。それだけで十分であろう。

今後の彼女にも注目が集まるのだろうが、一人の女性としての幸せが、彼女のもとに訪れることを願いたい。




ktu2003 at 19:22コメント(0)トラックバック(1)スポーツ全般 

2017年04月10日

2021年春に中学で実施される新学習指導要領の本文に、保健体育で武道の選択肢として「銃剣道」が初めて明記された。戦前の軍事教練の流れをくみ、インターネット上で賛否が渦巻いている(毎日新聞)。

耳慣れない「武道」が登場した。
銃剣道はその名のとおり、もともとは銃にさしてある銃剣の扱いを由来とし、これに日本の槍術を加えて出来上がったものだという。国体の種目にもなっているが、競技者はほとんどが自衛官ないし元自衛官で、学校の部活動はごく少数存在する程度である。

学習指導要領で選択できる「武道」の中に銃剣道は従来からも「含まれる」と解釈されていたようだが、これが明記されていないことを指摘したのはあの「ヒゲの中隊長」、佐藤正久参議院議員である。彼を中心にパブリックコメントで運動したようだ。もとは実施している学校が少ないということで明記の必要はないと判断されたが、これが修正されたことになる。

国体でも実施されているのだかられっきとしたスポーツであり武道であるし、もともとの由来を問うなら柔道や剣道も戦いの中で使われた技術だ。しかし違和感はやはりぬぐえないところである。公立中学で授業をしているのは全国で1校しかない。要するに指導者がいないわけだ。この現状が、学習指導要領に明記されたからといって、急に変わるとも思えない。

ではなぜ、銃剣道の明記は運動されたのか。これも、教育勅語と似ている文脈で考えることができる。戦前とまったく同じ形ではないが、戦前にあったものを何等かの形で復活させておきたい。そして少しでも、戦前の制度や価値観に対する忌避感を減らしたいのである。まことにそれは、迂遠な運動なのだ。実際問題として、銃剣道を実施する学校がそれほど増えなくてもいい。銃剣道という武道が、「公認」されていることが重要なのである。明記しておけば、誰か取り入れようとする人が出てくるかもしれない。それだけで十分なのだ。

少しずつ、戦前的なものが「日常」に入り込んでくる。なるほど、こうやって世の中は変化していくのだな、と感じる。それが「少し」にとどまるのか、ほんとうに「戦前」に回帰してしまうのかは、私たちのこれからにかかっている。

ktu2003 at 19:02コメント(0)トラックバック(0)国内ニュース 

2017年04月08日

西 三雄氏(にし・みつお=元プロ野球大毎、大洋投手、元西武コーチ)5日午前8時32分、肺炎に伴う呼吸不全のため死去、78歳。(時事通信)

和歌山県出身。高校卒業後社会人入りし、丸善石油で都市対抗に出場。1959年には優勝して橋戸賞を受賞した。62年、大毎(現・ロッテ)に入団。2年目には先発・リリーフと47試合に登板して6勝を挙げた。その後は主に中継ぎとして起用され、66年には大洋(現・DeNA)に移籍し、68年東京(現・ロッテ)に移籍して引退。
通算成績は188試合、26勝25敗、防御率は3.14。

その後、76年から太平洋で二軍投手コーチとなると、97年まで一貫して西武のコーチ、スカウトを務めた。

ktu2003 at 09:56コメント(0)トラックバック(0)プロ野球 

2017年04月04日

松野博一文部科学相は4日、戦前・戦中の教育勅語を教材で使うことを政府答弁書で認めたことに関し、「この教材はだめなどと発言するのは、教員の教材や教え方をつぶすことになる」との認識を示した。そのうえで「道徳を教えるために教育勅語を使ってはいけないと私が申し上げるべきではない」と述べた(朝日新聞)。

教育勅語の「活用」ということだが、争点になっているのは文科相が言っているような話ではないはずだ。道徳教材として教育勅語が「活用」されるとしたら、それはどういうことになるだろう。

教育勅語の内容は一般論としては、個人が守るべき道徳を示している。それは正しいが、ではなぜそのような勅語を天皇の名で示したかという、文脈が問題なのである。すなわち国家の一員としての個人であり、国家=天皇への忠誠のために、道徳を教え込む必要があった。それが時代の要請だった。そういう文脈をすっ飛ばして、「教育勅語にはいいことが書いてある」と言い続けるのはなぜか。

少しずつ、少しずつではあるが、戦前の価値観や制度に対する、批判的な態度・議論を弱めていこう、という潮流がある。まったく同じ形ではないが、現代社会に復活させたい。そういう目論見なのである。そして日本会議などのような団体や思想を持つ人々が、今の自民党政権の重要な支持層であり、政治家の供給源になっている。教育勅語を明確に否定できないのは、支持層への配慮ということができる。もし自民党が右翼・保守層を切り捨てることを選ぶと、維新の会やこころのようなウルトラ右派政党に票を奪われてしまう。あるいは不満を持つ政治家たちも離れてしまう。そういう風に整理できるだろう。

塚本幼稚園のグロテスクな光景が示したように、「暗記」であったり、拝礼であったりというような、形式的なことにこだわる方向性を、かつての教育勅語体制は持ったし、これからそのように機能する可能性もあるだろう。たとえば国旗・国歌にしても、「職務命令」として従わない教員を弾圧しているが、これらを儀礼的に肯定している教員が、逆に社会に害を及ぼすことも大いにある。内面を明らかにしている教員がとがめられ、面従腹背している教員は弾圧されない。

130年前に出された天皇の勅語に、日本の道徳教育は依存するしかないのか?21世紀を10年以上も過ぎた現代に則した教育はできないのだろうか。たとえば民主主義や人権というような近代的普遍性をまったく勅語は獲得していない。そこにある道徳は、2000年以上前の中国で生まれた儒教の教えである。そういう普遍性ではあるが、日本固有のものではないし、天皇にも帰属しない。

この勅語を根本にした教育を日本はやった。そして破滅した。それが歴史的事実である。改めて引っ張りだす価値があるものとは、私にはどうしても思えない。

ktu2003 at 18:49コメント(0)トラックバック(2)国内ニュース 

2017年04月01日

大阪を代表する強豪にして、全国を代表する強豪同士の一戦。

・大阪桐蔭8−3履正社

桐蔭が不調の藤原の先頭打者ホームランという、派手な幕開け。さらに2回に坂之下、6回にはまたも藤原と、3ホーマーで全得点を挙げる展開。一方、履正社はなかなかヒットも出ない。しかし桐蔭はホームランだけという攻撃で、徐々に履正社に流れがいき、8回に若林・濱内の連続タイムリーで一気に同点とした。
そして9回の攻防となったが、桐蔭が代打・西島のホームランから一気に5点を奪って、突き放した。

これは高校野球ですよね?というような試合。桐蔭が空中戦を展開し、決勝点は代打ホームランという、超高校級の試合を見せた。8回に同点にしたところは履正社もさすがだったが、力でねじ伏せられてしまった。

選手の力量や戦力の差はなかったと思うが、桐蔭は試合運びがうまい。強打だけではなく、小技もしっかりしている。履正社はチャンスをつくっていたが、あと1本が出ない展開だった。それでも前に比べると終盤の強さは出てきているのだが、大阪における序列を変えるには至らなかった。

全国の逸材があつまる大阪桐蔭は、これで春は5年ぶり2回目、夏も合わせると6回目の全国制覇となる。先ごろ事実上野球部が廃部となったPL学園が春夏合わせて優勝7回だから、あと1回で並ぶ。まさにPLに代わる、新たな高校野球界の盟主としての地位を謳歌しているのだ。その野球スタイルを比較すると、PLはすぐれたタレントを中心に、投打にわたるハイレベルなプレーを見せ、土壇場での勝負強さが光った。苦戦しても最後には逆転している。そんな強さがあった。桐蔭の場合は、目立ったタレントがいなくても総合力が高く、そして相手を圧倒する力がある半面、負けるときはあっさり負けるという印象がある。

履正社は、97年に甲子園に初登場したときは投手力のチームだった。近年はタレントを擁することが多いが、夏は桐蔭の厚い壁に阻まれ、甲子園でも接戦を落とすことが目立った。しかし10年代に入って上位進出するようになり、今回が2度目の準優勝である。神宮優勝という実績通りに勝ち進んできたが、最後に桐蔭の壁に阻まれた。選手は寮がないため、地元大阪を中心としている。

どちらか1校しか、夏の甲子園には出られないのだ。もちろん、他の学校がおびやかす可能性もある。ただ、軸がこの両校であることは当面動かないだろう。

今大会は選抜の一般的傾向に似合わず、打撃上位の大会だった。とくに2回戦が激戦となり、2試合連続で引き分け再試合が発生した。ただ全般的には、前評判の高かった高校が順当に上位進出した大会だった。夏はまた激戦になるだろう。

ktu2003 at 17:35コメント(0)トラックバック(1)高校野球 
WBCがあったり、高校野球があったりで、とっくに野球シーズンが始まっているので、
例年に比べると開幕の高揚感は薄い。ともかく長いシーズンが始まった。

昨年の覇者広島を相手にするのは困難が予想されたが、打線はオープン戦同様好調。
高山・上本の1・2番も機能し、糸井に早くも2本のタイムリーが出た。福留の併殺打のあとの、原口のタイムリーでの2点目が大きかった。あれでジョンソンの立ち直るきっかけが失われた。

一方、阪神先発メッセンジャーも本来の投球ではなく、6回にはエラーも絡んでしまい降板。その後は広島も追い上げて、大量リードしていたのに2点差まで迫られた。

しかし福留のホームランで追加点を挙げて、逃げ切り。
エラーが多くて内容としては今一つながら、開幕勝利。

先発投手はそろっているが、リリーフ陣は果たして1年乗り切れるか不安だ。
打線は糸井が1年間無事なら昨年よりは得点力は上がりそうか。外国人は果たして登場するのか。そして、原口・北條といったあたりは今年も活躍できるのか。いろんなことがうまくいってはじめて、優勝争いができるという感じ。

ktu2003 at 07:28コメント(0)トラックバック(1)プロ野球 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ