2008年02月02日

日教組の教研全体集会中止〜「自由」の自殺〜

日本教職員組合(日教組)は1日、2日から東京都内で開催する教育研究全国集会(教研集会)のうち、参加者が一堂に集まる「全体集会」を中止すると発表した。
会場に予定していた「グランドプリンスホテル新高輪」(東京都港区)が、東京高裁の会場使用を認める決定を無視して開催を拒んだため。今回で57回目となる教研集会で全体集会が中止になるのは初めて。
 ホテル側は、高裁決定に従わない理由として、街宣車などが押し掛ける「警備上の理由」をあげているが、憲法の「集会の自由」にも反する企業判断に批判が集まるのは必至だ。日教組は、同ホテルに損害賠償を請求するとしている(読売新聞)

いやはや、「集会の自由」がいとも簡単に踏みにじられたものだ。
この論理を使えば、サミットも「テロがありそうだからやめようか」という話にもなろう。

会場の利用の可否、については一般論としては、もちろん貸す側に判断する権利がある。もちろん、利用を断る場合にはなんらかの合理的な理由が必要である。
今回の「警備上の理由」とか「お客様の安全」とかいうのはいかにも「合理的でない」。
大体大ホテルの担当者なら、日教組がどういう団体で、どういう集会をやっているかぐらいすぐ悟らないといけないし、一度契約してから半年もたって断るなんていうのは非常識である。いやなら最初に断ればいい。「そういう集会には基本的にお貸ししていない」と言えば終わりである。

日教組の集会には街宣車が来るのは恒例だが、毎回警察側の警備も機能しているし、大きな混乱は生じていない。もっとも右翼の側も、街宣車でもって宣伝するのが目的なのであり、実際に妨害してしまったらパクられるのだから、本気で集会をつぶそうなどとは考えていないのである。

もっとも日教組も、民間ホテルを会場として使おうとしたのは初めてだった、という。会場確保が難しくなっているのだろうか?

これで「日教組の敗北」と喜んでいる右翼がいるとしたら、それは本当にバカだとしか言いようがない。「集会の自由」はその組織が不法な活動形態をとっていない限りは、どの勢力にも認められねばならないからだ。今回と同じ論理は右翼側にも適用されうる。

戦時中に弾圧されたのは左翼だけではなかった。左翼が壊滅したのちは、政府批判をした右翼にも弾圧が及んだのである。体制により近い立場からの批判だったから、それはより深刻なものとなった。
そんな歴史がちょっと思い浮かぶ。

今回の話だけではないが、世の中、各方面で窮屈になってきている気がしてならない。こんな流れが続くとは思いたくないのだが。

気になるニュース - livedoor Blog 共通テーマ



ktu2003 at 11:04コメント(28)トラックバック(19)国内ニュース  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 教師なニュース2題(無免許+教研集会編)  [ 時評親爺 ]   2008年02月02日 16:09
今日は単に”先生”繋がりで2題を扱うという、ボンクラ親爺のいい加減さということで・・・(笑)。最初はこちらの2日付エキサイトニュース・毎日配信から。それに依ると、「防府市立華浦小学校勤務の女性教諭(45)」が「97年2月に運転免許証の有効期限が切れていた...
2. [日教組]年に一度の注目度?  [ BBRの雑記帳 ]   2008年02月03日 13:07
毎年これをやるときだけその存在が注目される教研集会、と言う感じですが、これは毎年各都道府県の回り持ちで、たまたま今年は東京での開催だったようです。しかしまあ、他に適当な場所はなかったんかいな。 日教組が教研全体集会中止 会場拒否のプリンスホテル提訴...
3. 日教組集会拒否のホテルに朝日・日教組火病!  [ ネトウヨのブログ ]   2008年02月03日 15:02
 「こんな国は日本だけだ!」と日教組が怒りの声をあげているようです。  時代も変わったものです。  今回の日教組の問題では、ホテル側がよくよく調査してみたら、実際にはとてつもない大混乱が起きる可能性があるということで、使用を拒否したようです。これは貸す側と...
4. 日教組の集会を中止させたホテルの判断は良識的!  [ 憂国、喝! ]   2008年02月03日 18:47
[教研集会]全体集会初めて中止に ホテル側の開催拒否で  日本教職員組合(日教組)は1日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で2日から予定していた「教育研究全国集会」(教研集会)の全体集会の中止を発表した。右翼団体の妨害を理由にホテルが開催を拒否し...
5. 「日教組集会・会場使用拒否」に思うこと  [ Re:F's blogroom ]   2008年02月03日 20:53
 始めに言っておくが、自分自身は教職員ではないし(当然日教組の組合員の訳はない)、特に日教組を庇い立てするものでもない。  ただ、今...
6. ホテルを糾弾するだけでいいのか  [ 論駄な日々 ]   2008年02月03日 21:39
傍観しながら批判をするのは簡単だ。むろん沈黙するよりもはるかに評価できる。だが、いくら激しい言葉を並べても、切実さや痛みが伴わない言葉は届きにくい。そんなことを考えさせてくれたのが「日教組が教研全体集会の開催中止」のニュースである。客観主義の格率からの逸...
7. なーんだ、面白くないw  [ ピア 徒然見聞録 ]   2008年02月03日 22:51
もっと粘れよ、違約金を要求するとか、団体で押しかけるとか。特に団体交渉は得意のはずなのに、どうしてこうも簡単に引き下がるんでしょうかね?不思議 →日教組、ホテル使用拒否で教研集会「全体集会」を中止 : 社会 : YOMIURI ONLINE
8. プリンスホテル完全支持! 日教組拒否!  [ 時事問題ショートコメント! ]   2008年02月04日 02:40
プリンスホテル完全支持  なぜ彼らは裁判所の命に背いてまで、日教組大会を拒否したのか。そこには「最終的にそうした方が良い」という、彼らの判断があったのだ。それは十分に合理的な行動だ! まず表向きは右翼街宣によるイメージダウンである。だがこれだけではない。....
9. プリンスホテル新高輪は、ヘタレである  [ かめ? ]   2008年02月04日 20:45
下品だとでも、なんとでも言ってくれや。 プリンスホテル新高輪は 「ヘタレ」で「根性ナシ」で「くそったれ」で「ケツの穴が小せぇ」「バカヤロー」だ。 もっと罵倒語が浮かんだ方は、追加しといてください。 日教組が教研全体集会の開催中止 ホテルが使用拒否、...
10. 日教組集会を拒否したプリンスホテル  [ 天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳 ]   2008年02月04日 23:47
 日教組集会中止問題が波紋を広げています。会場使用契約をプリンスホテルが「右翼の抗議が予想される」理由から一方的に破棄したのが原因です。これに対して日教組側は東京地裁に使用許可を求めるよう申し立てを...
11. コンプライアンスを嫌う  [ FADの思考 ]   2008年02月05日 06:08
日教組の全体集会がグランドプリンスホテル新高輪で実施できなかった件、3度の司法判
12. 暴力的威嚇に屈するということ??日教組教研集会会場問題  [ 世界の片隅でニュースを読む ]   2008年02月05日 11:41
 つくばみらい市が右翼勢力の暴力的威嚇によりDV防止の講演会を中止した事件を、以前当ブログでも取り上げたが、この国では今や大きな声で脅かせば、行政も住民も唯々諾々と従ってしまい、全く無抵抗になってしまう風潮が広がっている。つくばみらいと同じ講演者による長...
13. 柔軟に意見が言える世の中がいい。  [ そらねっと通信局 ]   2008年02月06日 00:44
分と違う意見を「ここがおかしい」と「批判」するのではなく、「とんでもない」と押しつぶす方向の「圧力」が強くなっているような気がする。それはもはや議論の放棄だし、民主主義の放棄である。すなわち独裁国家への道である。
「君が代」不起立 教職員名の収集再開へ 神奈川県教委 「不適当」答申を無視 --------------------------------------------------------------------------------  神奈川県教育委員会が入学式、卒業式の「君が代」斉唱時に起立しなかった教職員の氏名について情報収集し...
15. 「日の丸・君が代」強制反対−都教委に 原告、処分撤回も要請−  [ 未来を信じ、未来に生きる。 ]   2008年02月06日 02:21
「日の丸・君が代」強制反対 都教委に 原告、処分撤回も要請 --------------------------------------------------------------------------------  東京都教育委員会による都立学校への「日の丸・君が代」強制に反対して裁判で争っている教職員、元教職員と支援者、弁護...
16. 改めて「日教組集会・会場使用拒否」問題の考察  [ Re:F's blogroom ]   2008年02月07日 22:09
 先日、当ブログにて『「日教組集会・会場使用拒否」に思うこと』と題して、自分の思ったことを書いた。その後、様々なブログを拝見させての..
17. グランドプリンスホテル新高輪に対する要請  [ JCJ機関紙部ブログ ]   2008年02月08日 15:03
以下の呼びかけを転載します。 呼びかけ文 「裁判所の決定まで無視したグランドプリンスホテル新高輪に対する要請への賛同を呼びかけます」         2008.2.3   発起人  非戦つうしん主宰  毛 利 正 道 東京品川のグランドプリンスホテル新...
18. 街宣右翼よりも、タチが悪い日教組  [ 憂国、喝! ]   2008年02月11日 10:56
グランドプリンスホテル新高輪が、日教組に会場の利用を断った問題では、色々な意見があるようなので、もう少し掘り下げて私見を述べたい。まず、ホテルが断った後、日教組と日教組関係者の反応は、どのようなものだったのか。それは、私からすると、街宣右翼よりもタチの悪....
19. 鳩山法相「冤罪」発言は、志布志事件「実行説」を前提とする確信犯〜反省しない警察へのエールと判明  [ 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊) ]   2008年02月16日 13:40
鳩山法相が検察長官会同で志布志事件冤罪と呼ぶべきではないと発言したこと(※1)について擁護する意見がある。つまり鳩山法相は、冤罪の定義を厳密に考え、無実の罪で罰を受けた場合(いったん服役した富山人違い事件)に限定しているから、裁判で無罪になった志布志事件...

コメント一覧

1. Posted by FAD   2008年02月05日 06:15
TBありがとうございました。こちらからも#11としてTBさせていただきました。
折角なので少々コメントします。この西武系企業に政治的な意図など全く無いでしょうから「自殺」したとも思っていないでしょう。そんな企業を社会に括り付けるためのキーワードがコンプライアンスやCSRだったはずですが、どうもそれも怪しい、といったことに今回よく分かりました。
ところで、過去には「教研集会でxxを報告」なんてありましたが、そんなニュースも出ないほど日教組は影響力も中身も萎えてしまったんでしょうかね。そちらの方が気になりますね。
2. Posted by 虎哲   2008年02月05日 08:28
ありがとうございます。
>政治的な意図
明確な思想的背景を持っていない、という無自覚が怖いです。だというのに、これを「良識」と称賛する意見がTBされたブログの中にも見受けられますが、かえって彼らも迷惑でしょうね(笑)。

>影響力
そういえばそうですね。よく探せばどこかでは伝えられているかもしれませんが。
3. Posted by 日本人   2008年02月05日 11:14
反日カルト団体に会場を使わせないのはあたりまえ。
暴力団やオウム等反社会団体に貸さないのとまったく同じこと。
4. Posted by 虎哲   2008年02月05日 17:22
>会場を使わせないのはあたりまえ
こういう考え方をするのなら中国や北朝鮮は一切批判しないでくださいね。敵と同じことを言っているのにも気がつかないとしたら、右翼以下ですよ。
5. Posted by 日本人   2008年02月05日 19:22
日本教職員チュチュ思想研究会連絡協議会。
槇枝元日教組委員長。
北朝鮮から勲章をありがたくいただく。
6. Posted by 小粒   2008年02月09日 11:16
「テロがありそうだからやめようか」となればなぜダメなのですか? 別にいいと思いますが。
まあ、政府と会場は信頼関係がしっかり醸成されているでしょうから、こんなことにはならないでしょうけど。

大きな混乱がなくても、ナーバスな受験生には迷惑でしょうね。晴れの門出の結婚式にも迷惑でしょうね。私が教師なら、静かな環境を優先する施設に受験生を泊めてやりたいですね。プリンスとしては、ホテル業は心理的・内面的な信用・信頼が命綱であって、裁判所の四角四面の判断だけでは成り立ちませんということでしょう。

「集会の自由」。憲法ですよね。一民間企業と基本的には関係ありません。単に民事上の契約問題で当事者同士の事。損害賠償支払いと、左巻き市民の今後の潜在的利用を失う可能性を受けてでも下した企業判断であって、プリンスはマスコミ等の大騒ぎに閉口してるでしょうね。
7. Posted by 虎哲   2008年02月09日 12:45
ありがとうございます。
>迷惑
迷惑を発生させるのは右翼です。日教組ではありません。まずここは確認しないといけない。結果的に右翼の阻止行動が実った、という事態にはなっている。そこを重視したいのですよ。
>心理的・内面的な信用
問題は、特定の勢力の嫌がらせ等に対する姿勢、だと思いますがね。プリンスホテルはそういえば、総会屋との関わりで問題になった企業ですね。
>一民間企業と基本的には関係ありません
「集会の自由」を確保できていない社会が日本近辺にもいくつもあるじゃないですか。これについては私はナーバスでいたいと思います。プリンスホテルに特段の政治的な意図がないだけに、余計懸念されるんですよね。
8. Posted by 小粒   2008年02月10日 00:27
こちらこそありがとうございます。

右翼が迷惑なのは論を待たず、確認するまでもありません。騒音については日教組は無害です。

右翼としては集会中止までは望まなかったとも言えるでしょう。なにしろ騒いでなんぼの集団が、その機会を奪われたわけですから。

客への配慮を蔑ろにしてでも、右翼へ断固とした姿勢を示せと強制する権利は誰にもありません。客への配慮と右翼への断固とした姿勢が両立できればベストですが、無理と判断して一方を捨てた。捨てたのが右翼への断固とした姿勢だったからといってプリンスを責めることもできませんね。

政治的意図がないから健全なのです。プリンスに政治的意図・介入があったのなら、今回の件は全く別の問題をはらむことになってしまいます。

憲法=国家権力の乱用を縛るですから、「集会の自由」についても国民個人がナーバスに注視することは大事なことですね。
9. Posted by 虎哲   2008年02月10日 00:57
>右翼へ断固とした姿勢を示せと強制する権利
これはちょっとおかしいと思いますね。だったら総会屋や暴力団の恫喝に対しても同じことがいえてしまいますよ。不当な要求に対しては毅然とした対応をとる、そしてもしその上で不当な圧力がかかるのだとしたら、警察がいるわけですからね。

>政治的意図がないから健全
そういう意図なしに、厄介なものを単に「怖がって」しまう。「客への配慮」といいますが、結局自分たちが厄介なものをしょいたくない、ということなんですよ。気持ちはわかります。もちろん怖いですよね。右翼などの圧力は。
ただ、政治的でも何でもないそうしたことが、結果的に「自由」への侵害になってしまうことがある、と申したいのです。
私がナーバスでありたい、というのはそういう意味です。



10. Posted by 小粒   2008年02月10日 03:19
「総会屋や暴力団の恫喝にも同じことがいえる」 何が同じなのですか? 全く違いますね。総会屋や暴力団の恫喝は犯罪です。犯罪に泣き寝入りしてはいけないのは当たり前。右翼の街宣活動は犯罪ではありません。「言論の自由」の範疇です。警察にお願いしても取り締まってはもらえません。睨み合うまでが限界なのです。

「不当な要求には毅然と対応する」 右翼が街宣活動で何か不当な要求をしていますか? 自分達のイデオロギー・政治信条を叫んでいるだけですよ。

「怖い」「厄介ごとはいやだ」というのは、確かに客への配慮という大義名分を掲げて逃げている部分はあるでしょうね。ただ、怖いもの・厄介なものから逃げる自由もあるのです。自由が侵害されていくと憂慮する人達がいるなら、その人達が立ち上がってはどうでしょう。まさにプリンスを批判するマスコミ等に言いたいですよね。
11. Posted by 虎哲   2008年02月10日 10:14
ありがとうございます。
>右翼の街宣活動は犯罪ではありません。
騒音になれば犯罪ではなくとも「迷惑行為」にはなるし、集会の邪魔をするのなら「威力業務妨害」に問われる可能性もあります。右翼はそのさじ加減をはかってやっているので警察も悩んでいるようですが、取締や対応そのものが不可能、というわけではありませんよ。だから様々なイベントや集会においても、会場・主催者・警察が協議しているのではないですか?

>怖いもの・厄介なものから逃げる自由
私はその気持ちはよくわかるのです。しかし結果的にその選択が世の中全体に悪い影響を与えてしまうことがある。この自由が「集会の自由」に優越するものとは私は思いません。
12. Posted by 小粒   2008年02月10日 14:01
ならば、プリンスの宿泊客や利用客が全く不快な思いをすることのないよう、街宣活動を完全に取り締まれたと思いますか? それができるくらいならプリンスは拒否していませんよ。

右翼の街宣活動は迷惑・邪魔です。日教組等左翼組織の街頭デモも迷惑・邪魔です。大音響の選挙カーも立派に迷惑・邪魔です。右翼だけを例外視はできません。果たしてこれらを禁止したらどうでしょう?先に書いておられた日本近辺の社会になってしまいますよ。

「自由」に優先順位をつけるのですか? その思想も中国や北朝鮮の現状ですね。
13. Posted by 虎哲   2008年02月10日 18:20
ありがとうございます。
>宿泊客や利用客が全く不快な思い
たとえば政治家のパーティーや、外国要人の宿泊でも右翼が押しかけることはありうる。プリンスホテルならそういうこともあるでしょう。その時彼らの利用を断るのかどうか。それと日教組の集会を区別する理由はないかと存じます。

>右翼だけを例外視
左翼のデモでも届出を警察に出していないとできません。一定の規制は行われています。右翼だからだめ、左翼だからいい、というつもりはありません。

>「自由」に優先順位
ある「自由」と別の「自由」が対立したとき、出番があるのが裁判所だと思います。裁判所の判断を尊重する、というのも自由主義社会では大事なルールです。そういう意味で「優先順位」をつけるのは、中国や北とはまったく違う思想です。
14. Posted by 小粒   2008年02月11日 02:56
右も左もその他もあらゆる街頭活動は、規制があろうがなかろうが迷惑を伴います。一方で「言論の自由」の壁は厚く、又尊重すべきでもあります。今回の場合、右翼街宣活動に対して、警察は睨みをきかせるまでが限界。よってプリンスの宿泊客・利用客を、騒音等から完全に守るべく街宣活動を取り締まることはできない。ということは理解されたと考えてよろしいですか?

日教組を区別する???  書かれていることがずれてきていませんか? というより全く別の話になると思われますが?

裁判所の判断???  これも前回と変わっていますよ。裁判は全く別の話です。個人の見解として「集会の自由」が優先される旨述べられたので、それでは中国・北朝鮮と同じですね、と申しているのですよ。

なるべく話をそらさず直球でいきましょう。もちろん当方も心掛けますよ。
15. Posted by 虎哲   2008年02月11日 09:26
ありがとうございます。
>街宣活動を取り締まることはできない
だからプリンスホテルの対応は正当化できる、という立場なのでしょうか?街宣活動にそこまで肩入れすることもない、と私は考えているのですがね。
あなたはどこに議論の落としどころを見出そうとされているのですかね?論争大いに結構ですが、ブログというシステムですから字数にも限界があります。ご意見あればあなたのブログ等でもまとまったご見解をください。

>「集会の自由」が優先される
そうです。しかしこれは中国・北朝鮮と同じでは断じてありません。これは譲れませんね。両国では集会の自由は認められていませんから。それから裁判所の話とは別、とおっしゃいましたが、私個人の見解は自由主義のルールにもとづいた見解でもありますから、裁判所と話を分ける、というあなたの論法にも納得できません。

16. Posted by 虎哲   2008年02月11日 10:16
さきほど落としどころ、と申しましたが、私は対立をここで解消する必要はない、と考えております。最初にあなたが書き込んだ点については、右翼の行為を懸念しての契約破棄、という企業判断よりも、「集会の自由」は優先される。というのが私の考えであります。これが中国・北朝鮮と一緒、といわれたら両国も驚くでしょうね。

右翼の街宣活動が「迷惑行為」とはお考えのようですが、より好ましい方法で政治的意見を表明する権利は、この日本では認められているはず。したがって「迷惑行為」を「政治的自由」として重視する見解は私はとりません。

これに反対するかどうかはあなたのご見識だと思いますが、一連のご意見によっては私の見解を変えるに至らない、と考えております。
そういう対立が残るのもいい、ではありませんか。

17. Posted by 虎哲   2008年02月11日 10:23
それからお断りですけれども、お答えいただいても私から再度の意見表明はこの欄からは行いません。
あなたのご意見、ご批判も論点としては重要だと思います。どういう「自由」が重視されるべきか、というのは本問題に限った話ではありませんしね。また別の問題でも議論できれば結構かと存じます。

この点、当ブログの管理者である私の判断で決めさせていただきました。これも一つの「自由」です(笑)。

なお何かご意見があるようなら、繰り返しですがブログやサイト、その他の手段で表明されてはいかがでしょうか。そういう「自由」も万人に認められておりますし、お知らせいただければ読みたいと思います。
18. Posted by 小粒   2008年02月11日 22:57
何か色々とお怒りのようですが、平和なブログで対立だなんて・・・ 我々地球市民なんだから、もっと穏やかにいきましょう。大人気ない態度は「徒然日記」なんて味のあるブログが泣いちゃいますよ。

論破されるのを嫌がっておられるのかな、ともお見受けしますが、個人ブログに批判したり、論戦を挑んだりなんて、当方そんな攻撃的な人間ではないのでご心配なく。名前の通り「小粒」ですから(笑)。

書きっぱなしにしたり、曖昧にはぐらかしたりせず、認識を確認しながら話を進めていきましょうというだけのことです。でないと会話にならない。制限あるネットのやり取りだからなおさらです。
19. Posted by 小粒   2008年02月11日 22:58
一部集約しますが、当方が「断固とした姿勢を強制する権利はない」と言うと、「それはおかしい。総会屋や暴力団の恫喝も同じだ。警察に頼ればいい」と返してこられた。当方が「犯罪に断固たる姿勢は当然。街宣活動は犯罪ではない。警察は手を出せない」と言うと次です。「迷惑行為・・」「威力業務妨害・・」「取り締まりは不可能ではない・・」等々屁理屈で返してこられる。そして当方が仕方なく「ならば今回の街宣活動は取り締まれましたか?」と尋ねたら、はぐらかして「日教組を区別する・・」?のようなことを返してこられる。そして個人の見解として「自由の優先順位」を述べられたのに、都合が悪くなったのか「裁判所の・・」とすり替えられる。ちょっと度が過ぎると思いましたので指摘させて頂きました。素直に認めるべきは認めた上で同意なり反論なりを返さないと、それこそ中国・北朝鮮の態度と同じですよ。
20. Posted by 小粒   2008年02月11日 22:59
繰り返しますが、「宿泊客・利用客を、騒音等から完全に守るべく街宣活動を取り締まることはできなかった」には同意いただけますね。そこで仰るように、プリンスの対応は正当だということです。プリンスとすれば、警察(現在の法整備)は騒音等から守ってくれない。ならば自分のお客を騒音等から一体誰が守ってくれるのか。誰も守ってくれませんね。結局自分のお客なのだから自分で守らなけらばいけない。民間社会人として日々懸命に就業する人間なら、プリンスに恨みでもない限り、この苦渋の対応は多かれ少なかれ理解できると思います。プリンスホテルに何の興味もないですし、西武グループには余り良いイメージはないですが、民間企業の人間としては身につまされますね。
21. Posted by 小粒   2008年02月11日 22:59
街宣に肩入れする? 迷惑なものになぜ肩入れしないといけないのですか? もう少し読解を深めて下さいね。

「より好ましい方法で政治的意見を表明しろ」と言われるのはどうでしょうか。それならば、道路を占拠して練り歩くデモ、大音響の選挙カー、これらも他の好ましい方法があるでしょうね。何が好ましいか考えは人それぞれであり、右翼自身が街宣が一番好ましいと考えているなら仕方ないことです。また届出や規制があれば良いとするのも違うでしょう。迷惑なものは迷惑であり、理屈ではありません。人間の体験や実感なのです。要するに迷惑抜きに街頭活動を行うのは不可能と言えます。仰るところの「政治的自由」と「迷惑行為」は重なってしまうということなのです。
22. Posted by 小粒   2008年02月11日 23:00
例えば憲法の基本的人権というのを存じておられますか? その中に「集会の自由」がありますが、他の自由より優先するなどと書いてあるのは寡聞にも見たことがありません。そして裁判というのは、この憲法をはじめとした法律に基づいて判決を導くのです。「集会の自由」が優先されるのなら、他の自由とぶつかる訴訟の場合、絶対に「集会の自由」を訴えたほうが勝つということになってしまいます。 大変失礼ですが、「集会の自由」が優先するというのは論外です。引くに引けなくなって突っ張っておられるのか、いずれにしてもこんな低レベルのやり取りは早めに切り上げましょうね。
23. Posted by 小粒   2008年02月11日 23:00
中国・北朝鮮には「集会の自由」がないとか誰がそんな話をしているのですか? 仮に大虎哲帝国の独裁者になられたとすると大虎哲帝国憲法では「集会の自由」を優先されるのですよね。当方が仮に大小粒帝国の独裁者になったとすると大小粒帝国憲法は、自由に優先順位などない素晴しい日本国憲法をそのまま拝借します。自由という基本的人権に優先順位をつけるなどというのは恐ろしい独裁思想なのですよ。つまり中国や北朝鮮の現状と同じなのです。

失礼ですが虎哲さんは学生さんでしょうか? 色々勉強することがお有りのようです。お耳に痛いこと・失礼な言い回し等あったならば、どうぞお許し下さい。連休でお休みになっていたかもしれない所、お付き合いありがとうございました。大変楽しかったですよ。では失礼いたします。
24. Posted by dreamworker   2008年02月12日 18:09
横からすみませんが、いささかずれてるかなと思って・・・。

コメント11の虎哲さんの書き込み、

>>怖いもの・厄介なものから逃げる自由
>私はその気持ちはよくわかるのです。しかし結果的にその選択が世の中全体に悪い影響を与えてしまうことがある。この自由が「集会の自由」に優越するものとは私は思いません。

これに対して12で「自由」に順位をつけるのか、と小粒さんは返されてますが、
実は、上の文章を読む限り、虎哲さんは「怖いもの・厄介なものから逃げる自由」が「集会の自由」に優越するとは思わないと述べているにとどまり、「集会の自由」が「怖いもの・厄介なものから逃げる自由」よりも「常に」優越するとは言っていないように思います。それは当然状況にもよるでしょう。
25. Posted by dreamworker   2008年02月12日 18:14
つまり「世の中全体に悪い影響を与えてしまうことがある」場合、「怖いもの・厄介なものから逃げる自由」をたてに「集会の自由」を脅かすのはどうか、というのが虎哲さんの見解だと私は解釈しました。
勿論今回の事例が「世の中全体に悪い影響を与えてしまう」かは「個人的見解」でしょうが、今回の事例に関しては、プリンスの判断を斥けた裁判所の判断もあったことから考えて「集会の自由」が優先される、としてもおかしくはないかと。

よって16で虎哲さんが書いているように、
>最初にあなた(=小粒さん)が書き込んだ点については、右翼の行為を懸念しての契約破棄、という企業判断よりも、「集会の自由」は優先される。というのが私の見解であります。
と、事例を限定してとらえた形での「個人的見解」だと私は読みましたが。
それを「大虎哲帝国憲法」では「集会の自由」が優越する…などと批判されても、的外れというかなんというか…。
26. Posted by dreamworker   2008年02月12日 18:16
ま、虎哲さんも、「集会の自由」が全面的に優先されるわけではない、ということに関して説明不足ではないかと思いますが、それくらいはわかってくれる、と考えたのだとしたら、ちょっと甘かったかもしれません(笑)。

それと、プリンスに同情する意見にはやや疑念があります。去年3月の時点では使用に合意していたわけですから。日教組の集会にまつわる問題はしばしばニュースなどでもとりあげられているわけで、今頃になって契約を破棄するのは、企業判断としてはあまりにも拙劣ですね。契約の前に調べておくのがまともな企業というものではないですか?
自分の客を守る意識があるのであれば、そもそも最初から断っておけばよかったものを。。。などといったら虎哲さんに怒られるか(苦笑)

お目汚しで失礼いたしました。しかし400字制限は書きにくい感じがしますね…。
27. Posted by 虎哲   2008年02月12日 19:49
ありがとうございます。批判コメントがまたきたか、と緊張しましたよ(笑)。別の方からのご意見なので改めてお答えいたします。

「集会の自由」が無前提に他の自由に優越する、と言ったつもりはなかったのですがね。かなり大切な権利、とは思いますが。説明不足だったのはそうかもしれません。
「認めるべきは認め」ましょう。

>最初から断っておけばよかったものを
そう本文には書きました。だから怒るどころかまったくその通りです。そういう「自由」はホテル側にあるでしょうし。

当方にTBいただいているあるブログを読んで考えたことですが、日教組に何も問題がなかった、というつもりもないですね。民間ホテルを予定したのが初めてだった。このあたりにいろんな背景があるのかも。
28. Posted by dreamworker   2008年02月13日 00:21
こちらこそありがとうございます。
「怒られるかな」というのは、小粒さんの解釈が正しかった場合ですね(笑)
「集会の自由」がなによりも優先するという考えをお持ちなら、当然虎哲さんは怒る、ということになるでしょうから。
つまりはそうでなかった、ということで…。

とはいえ私も読んでいて「なんかかみ合ってへんな」と思って、じっくり読んでみてその理由に気づいたわけですが。
あわてず読解していくことの大切がよくわかりました。小粒さんにも感謝しましょう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新トラックバック
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ