2008年03月30日

選抜8日目&阪神開幕連勝

大会も佳境に入ってきたが・・・。

千葉経大付7−2常葉菊川
・経大が初回にホームランなどで3点を先制。6回にも長短打で3点を挙げて一方的に試合を決めた。常葉としてはペースをつかむ前にリードを握られ、反撃ができなかった。

長野日大2−0北大津
・またしても長野の機動力が生かされた。3回の先制は2・3盗からスクイズ、というもの。北大津はこの2試合左投手相手だったが、右投手に代わった今回はあたりがとまった。長野日大は準優勝した中原監督時代の松商学園以来の長野勢春ベスト8。

東洋大姫路1−0八頭
・お互いの投げあいの結果、東洋がかろうじて勝ちを拾った。八頭は内野安打2本ではどうにもならなかった。鳥取勢は全国レベルの打力をどうつけるか、が課題だ。

秋の神宮で決勝を戦ったチームが両方とも消えた。それも完敗である。各チームの力関係が、一冬へて変わっている、ということなのか。
北大津の敗退は残念だ。もっと上位にいけてれば旋風、といわれだだろうに。

さて阪神は開幕2戦目。
初回に2点を先行したがすぐ迫られ、7回には金本のホームランが出、8回には新井のタイムリーが出ても、その次の回に追いすがられた。しかしそういう試合展開を迎えても勝ちが計算できるのが阪神のリリーフ陣である。久保田・藤川で抑え、先発岩田にプロ初勝利をもたらした。
この2試合みていると、攻撃に関しては小技や作戦の多様化を進めており、昨年までのように無策ではないことがうかがえる。しかしいい投手にあたったらどうか。

高校野球 - livedoor Blog 共通テーマ



ktu2003 at 01:40コメント(0)トラックバック(0)高校野球  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ