2008年08月27日

ペシャワール会職員の日本人、遺体で発見

一旦は「解放」という情報も流れたのだが・・・・。

昨日アフガニスタンで拉致された、との報道があったペシャワール会職員の伊藤和也さんだが、今日になって遺体となって発見された、との情報が入った。身元も確認されたという。

ペシャワール会といえば、アフガニスタンに80年代から支援活動を行っているNGO。代表の中村哲氏の講演を聴いたことがある。本当に現地に長く根付いて、地道な活動を続けてきた団体である。
伊藤さんは、農業技術を伝えるために5年ほどこの活動に携わってきて、現地で厚い信頼を得ていた、という。
つまり、恐らく日本人では現地の状況をもっとも知り尽くした団体・個人が取り組んでいる活動である。。
「ペシャワール会が襲われるなら、現地で支援活動できる団体はない」とまで言われている、と報道は伝えていた。にも関わらず今回の事態に至ったのは、現地の治安の悪化が背景にあるとみられている。

タリバン政権の崩壊後も、情勢は落ち着かず、最近ではタリバン側が盛り返していて、多国籍軍にも多くの死傷者が出ているとか。イラクが若干先が見えてきた中、その陰に隠れて手がつけられなくなっているのが、アフガンの現状である。隣国パキスタンの政情不安も、影を落としている。まったく、ブッシュ政権は世界に戦争の種を撒き散らしただけで、その幕を閉じようとしているのだ。

今回の事件の犯人については、見方が分かれていて、タリバン勢力が犯行を認めた、とする報道もあれば、政治的なものではない現地住民間のトラブルか犯罪に巻き込まれた、という意見もある。

地道に戦乱の地で社会の再建に取り組んでいた人の死、本当に残念でならない。

しかし気になったのは、外務省の情報収集能力。いくら紛争地帯とはいえ、ちょっと独自ルートがなさすぎではないか。かりに犯人側と交渉できていたら、と考えても大いに不安がある。戦争のない日本は、そういう面でも「平和ボケ」になってしまうのか。いや、戦争の危機がないと養われない能力ではないと思うのだが。

http://tb.maglog.jp/ext/p-365528-7-27403
http://d.hatena.ne.jp/katchan/20080828#1219881193

 



ktu2003 at 22:09コメント(2)トラックバック(11)国際ニュース  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. アフガニスタンで伊藤和也さんの死体確認、JICAは支援見直しか?  [ 朱に交われば修羅シュシュシュ! ]   2008年08月27日 22:51
アフガンで誘拐の伊藤さん、遺体で発見 ※日テレNEWS24  8/27 16:34更新 アフガニスタンで日本のNGO「ペシャワール会」の職員・伊藤和也さん(31)が誘拐された事件で、ペシャワール会の現地事務所は日本時間27日午後、NNNの電話取材に対し、伊藤さんが遺....
2. アフガンのNGOの伊藤さんのニュースを受けて・・  [ FullOfL ]   2008年08月28日 00:31
アフガニスタンで日本のNGO「ペシャワール会」ボランティアの伊藤和也さん(31)が、拉致されて、つい先刻ですが、殺害されたとの記事を読みました。マシンガンのようなものに打たれて、とのことでどうも処刑などではなく、事故に近いものだったようです。 アフガンに...
3. 伊藤和也さんこそ「国民栄誉賞」に値する 合掌  [ 日本の片隅で「バカ!」と叫ぶ ]   2008年08月28日 11:12
今朝の読売新聞に、伊藤和也さんが2003年6月に書いたペシャワール会への入会動機を記した文章が全文で掲載されているので是非読んで欲しい。 「現地行かなければ何も始まらない」伊藤さん入会動機全文 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080828-OYT1T0008...
4. アフガン 伊藤さん 遺体発見  [ 王様の耳はロバの耳 ]   2008年08月28日 12:29
アフガン東部、伊藤さんの遺体発見…上半身に銃弾30発(読売新聞) - goo ニュース 昨日夕刻5時のTVニュースでは日本人らしい遺体が発見されたと伝えていました。付近に日本人が伊藤さん以外居なければ「伊藤さん」という事になるのでしょうが政府は26日の誤報もあり慎...
5. アフガニスタン ペシャワール会伊藤さん拉致事件  [ RE:SUKI ]   2008年08月28日 13:32
NGOペシャワール会の日本人伊藤和也さんがアフガニスタン東部で拉致されました。 8月26日アフガニスタン東部ジャララバード近郊のダラエ・ヌールで事件は発生。アフガン人運転手と伊藤さんの2名が銃を持った4名に拉致とのこと。運転手は解放されています。 パ...
6. アフガンで伊藤和也死亡  [ kaizinBlog ]   2008年08月28日 15:33
「イトウ」と呼ばれ地元にとけこむ 伊藤さんのアフガニスタン生活は4年8カ月に及んだ。「このままアフガンに根付くんじゃないか」と所属するペシャワール会の仲間が思うほど現地にとけ込んでいた。 アフガンにわたったのは26歳の冬。ペシャワール会の同僚たちによ...
7. 伊藤和也さん、遺体で発見  [ MEPHIST ]   2008年08月28日 17:03
「アフガン邦人男性拉致」政府確認 アフガニスタン東部のジャララバード近郊で日本のNGO(非政府組織)「ペシャワール会」(本部・福岡市...
8. 【テロ】アフガニスタンで誘拐された伊藤さんの遺体発見  [ 【本音トーク】 EVOLUTION ]   2008年08月28日 19:20
アフガニスタン東部で日本の非政府組織「ペシャワール会」の農業専門家、伊藤和也さんが誘拐された事件で、アフガニスタン警察が日本人男性の射殺体を発見したと発表しました。現地日本大使館員の方が身元の確認をしたそうです。事態は最悪の結末で終結してしまいました。深...
9. 伊藤和也さんを悼みご冥福を祈ります。  [ えびす顔の造花問屋社長からの手紙 ]   2008年08月29日 22:51
 アフガニスタンで拉致されたペシャワール会のボランティアワーカー伊藤和也さんがご遺体で発見されました。最悪の結果です。  手元に4年前の同会会報NO.80(2004年7月7日発行)があります。伊藤さんは当時、農業用水路建設に携わっていて、その様子を載せて...
10. NGO「ペシャワール会」邦人 遺体発見の衝撃  [ 800字コラム【僕の伝言板 】 ]   2008年08月30日 11:16
アフガニスタンは中近東と南西アジアの境界に位置する内陸国。かつてシルクロードの中継地として栄え、日本ではバーミヤン遺跡の巨大な石仏などで知られている。1970年代から度重なる戦禍に見舞われ、その後20年以上も混乱が続いた。今、アフガニスタンは戦乱の歴史を乗り越
11. 「テロとの戦い」は武力ではなく  [ 緑の雨が降るごとく ]   2008年09月14日 17:50
日本のNGOペシャワール会の伊藤和也さんがアフガンで拉致殺害された事件について。 報道を最初に聞いた時から無事な開放を祈っていましたが、悲しい結果となってしまいました。 亡くなった伊藤さんがどれほど恐ろしい思いをしたか、無念であったかを考えると胸が痛みます...

コメント一覧

1. Posted by pfaelzerwein   2008年08月31日 18:09
「かりに犯人側と交渉できていたら」 ― ざっと報道を見る限り誘拐される途上、村人によって追い詰められてことになっていますね。そうなると交渉どころの状況ではないようです。

リンクにあるように「伊藤さんの取り組みはタリバンも認めていた」と、たとえ現地での地道な活動でもあっても、タリバンにとっては敵でしかないと思うのですがどうなのでしょう。
2. Posted by 虎哲   2008年08月31日 23:42
ありがとうございます。
>交渉どころの状況
私は外務省が交渉できなかったことを批判しているのではなく、かりにそれが可能だったとしても、対応がちゃんとできたのか怪しい、ということを述べています。
今回交渉できなかったことを問題にはしていません。

>タリバンにとっては敵でしかない
タリバン政権時代も会は活動を続けていて、その時は何とかうまくやっていたわけですね。当時はタリバンを弁護する発言すら会から出ていたりもしました。
その時代とタリバン自体が変わった、ということはあるかもしれません。その原因は何なのか、という視点も大切でしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ