2011年04月25日

成田文男氏が死去

プロ野球ロッテのエースとして活躍し、最多勝に2度輝いた成田文男(なりた・ふみお)氏が21日午後6時36分、肝不全のため岐阜市内の病院で死去した。64歳だった。東京都出身。葬儀は済ませた。
 東京・修徳高から1965年に東京オリオンズ(現ロッテ)入団。2年目に8勝、翌年は14勝、4年目の68年から3年連続20勝以上をマークした。この間、69年8月16日の阪急戦(西宮球場)で球団初のノーヒットノーランを達成。70年には25勝(8敗)を挙げて最多勝のタイトルを獲得し、リーグ優勝に貢献した。
 73年に21勝(10敗)で再び最多勝。右腕から切れ味鋭いスライダーを投げ、1歳年下の木樽正明投手とともにチームを支えた。オールスター戦には入団2年目の66年から8年連続で出場した。
 80年に日本ハムへ移籍。救援などで貢献し、82年を最後に引退した。プロ17年間で通算534試合に登板して、175勝129敗8セーブ、1657奪三振、防御率3.20。投手ながら通算15本塁打を放った。(時事通信) 


読売V9の陰に隠れてはいたが、1960〜70年代のロッテは強かった。投手王国を築き上げていたのだ。その中心にいたのが彼であった。速球とスライダーが武器。
中学時代はビートたけしの同級生で、たけしも所属していた野球部のエース。たけしも、とんでもない投手だったと述懐していたのを記憶している。1964年、修徳高を初めての甲子園へと導いた。

やや成績にムラがあるが、20勝以上4回は立派な記録である。皮肉にも、低迷した74年にロッテは日本一に。この時を境に、エースの座は村田兆治へと移っていくことになるのだが。日本ハムでも中継ぎとして優勝に貢献している。

当時のエース級には200勝を達成した選手が何人もいるので、やや陰に隠れている感があるが、175勝は大投手といって差し支えない成績だ。





ktu2003 at 19:00コメント(1)トラックバック(2)プロ野球  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 成田文男 ロッテ  [ 幸せのかけら ]   2011年04月27日 03:30
下町のエース 21日、成田文男さんも亡くなっていた。 スライダーとバッティング。 成田文男氏が死去 プロ野球ロッテのエースとして活躍し、最多勝に2度輝いた成田文男(なりた・ふみお)氏が21日午後6時36分、肝不全のため岐阜市内の病院で死去した。64歳だった。東京都
2. 昭和の隠れた大投手・成田文男の逝去を悼む  [ 平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ ]   2011年04月29日 19:08
親愛なるアッティクスへ 今頃・・・で恐縮なのですが、一昨日だったか、元、ロッテオリオンズの成田文男投手が逝去されたそうですね。 「誰?」と思われる方も多いかもしれませんが、この名前は70年代に福岡で少年時代を過ごした者にはなかなかに印象深い名前です。

コメント一覧

1. Posted by tenjin95   2011年04月25日 20:48
> 管理人様

懐かしい名前をお聞きしたと思いましたら、訃報でしたか。残念でございます。ご指摘の通り、20勝以上4回というのは、立派な成績です。心から哀悼の意を表します。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ